アトレティコが乾フル出場のエイバルにガメイロ弾で辛勝《リーガエスパニョーラ》2018.01.14 04:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第19節、エイバルvsアトレティコ・マドリーが13日に行われ、0-1でアトレティコが辛勝した。エイバルのMF乾貴士はフル出場している。

▽前節ラス・パルマス戦を2-1と逆転勝利して3連勝とした7位エイバル(勝ち点27)は、乾が[4-4-2]の左MFで11試合連続スタメンとなった。

▽一方、ジエゴ・コスタのリーガ復帰戦ゴールなどでヘタフェに勝利した2位アトレティコ(勝ち点39)は、4日前に行われたリェイダとのコパ・デル・レイ5回戦2ndレグを3-0と勝利して準々決勝進出を決めた。そのリェイダ戦のスタメンからリュカ以外の10選手を変更。出場停止のジエゴ・コスタ、ガビ、サビッチを除いた主力が先発に戻った。

▽積極的な入りを見せたエイバルに対し、アトレティコは4分にグリーズマンのダイレクトパスでボックス右のスペースを突いたコレアがシュート。しかし、枠の左に外れた。

▽その後も前がかるエイバルの背後を突くアトレティコは、11分に決定機。カウンターに転じて中央を持ち上がったグリーズマンのパスをボックス右のヴルサリコが折り返し、ファーサイドのコケがシュート。しかし、惜しくも枠を捉えきれなかった。

▽それでも27分、コケのスルーパスに反応してボックス右のスペースを突いたグリーズマンの折り返しを、ファーサイドのガメイロが受けてGKとの一対一を制した。

▽順当に先制したアトレティコは、ハーフタイムにかけてもエイバルに隙を見せず、磐石の試合運びで1点をリードしたまま前半を終えた。

▽後半からアレホに代えてオレジャーナを投入したエイバルが押し込む展開としたものの、自陣に引くアトレティコを崩すには至らない。

▽守備を固めて時間を消化するアトレティコは、69分にガメイロに代えてA・フェルナンデスを投入し、逃げ切りを図った。

▽そんな中、78分にエイバルは左CKからようやくパウロ・オリベイラがヘディングシュートで初のオンターゲットを記録。しかし、シュートはGKオブラクの正面を突いた。

▽さらに85分、左サイドの乾がカットインから枠内シュートを浴びせたが、GKオブラクの好守に阻まれてしまう。終盤、猛攻を見せたエイバルはペーニャのヘディングシュートやオレジャーナのボレーシュートでゴールに迫ったが、最後まで得点を奪うには至らず0-1で敗戦。

▽アトレティコが辛勝して2連勝とした一方、敗れたエイバルは8試合ぶりの黒星を喫している。

コメント

関連ニュース

thumb

ビルバオがエイバル退団のMFダニ・ガルシアを獲得

▽アスレティック・ビルバオは3日、エイバルを退団していたスペイン人MFダニ・ガルシア(27)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。契約解除金は7000万ユーロ(約89億5000万円)となっている。 ▽レアル・ソシエダの下部組織出身で、2012年7月からエイバルでプレーしていたセントラルMFのダニ・ガルシアは、エイバルで公式戦221試合に出場して3ゴール5アシストを記録。主将を務め、3部に在籍していたクラブを1部にまで昇格させた立役者で、エイバルを1部に定着させる原動力ともなった。 2018.06.04 02:23 Mon
twitterfacebook
thumb

エイバルSD、乾貴士退団の経緯を語る「契約延長で合意していたが、急に意見変えた」

エイバルのフラン・ガラガルサSD(スポーツディレクター)が、日本代表MF乾貴士が同クラブからベティス移籍に傾いた経緯を説明している。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が伝えている。<br><br>エイバルと今季まで契約を結んでいた乾は、一時期同クラブと契約延長で合意したと報じられたが、結局はベティスへと移籍。ガラガルサSD(スポーツディレクター)は乾のベティス移籍が発表される1日前に会見に出席し、同選手との契約延長交渉が、どのようにして破談となったのかを説明していた。<br><br>「昨年10月29日に彼との契約延長に関する交渉がスタートし、1月4日には返答を待っている状況となった。2月17日、エイバル対バルセロナの前に彼のエージェンシーたちと話をしたよ。エイバルの新たなプランニングは、彼らにとって良いものに映ったようだ」<br><br>「その翌日、私は出張をキャンセルした。乾と新たな契約を結ぶはずだったからね。だが、彼らからは待ってほしいと言われた。乾は私たちにも、チームメートたちにも契約を延長すると言っていたのだが&hellip;&hellip;。しかしその後、彼は新しい挑戦に臨む意思を私たちに伝えたんだよ」<br><br>「おそらく、私たちはもう少し何かができたはずだった。しかし、選手からは口頭合意を得られていたんだよ」<br><br>乾は3年間在籍したエイバル94試合に出場し、11ゴール12アシストを記録。ベティスとも3年契約を結んでいる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.02 23:43 Sat
twitterfacebook
thumb

エイバルの左SBフンカがセルタへフリーで移籍

▽セルタは5月31日、エイバルからスペイン人DFダビド・フンカ(24)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間となっている。フンカはエイバルとの契約が今季限りまでだったため、移籍金は発生しない。 ▽ジローナから2015年夏にエイバルに加入した左サイドバックのフンカは、これまでエイバルで公式戦61試合に出場して11アシストを記録。2017-18シーズンはレギュラーの左サイドバックであるスペイン人DFホセ・アンヘルに阻まれ、リーガエスパニョーラ15試合の出場に留まっていた。 2018.06.01 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

初のW杯に意気込むエイバルMF乾貴士「思いっきりW杯を楽しみたい」

▽日本サッカー協会(JFA)は31日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む代表メンバー23名を発表した。 ▽シーズン終了前に負ったケガが完治していないながらも、代表メンバーに選ばれたエイバルMF乾貴士は、初めてのW杯出場に意気込みを語った。 「怪我をした際に、すぐに帰国を認めてくれて、最後まで自分のために尽くしてくれたエイバルには感謝しかありません、この場を借りて本当に最高の3年間だったことを改めて言いたいです!」 「初めてのワールドカップなので、始まってみないと雰囲気は分かりませんが、日本代表を応援してくれる皆さんのためにも、将来日本代表を目指す子どもたちのためにも、自分自身が思いっきりワールドカップを、サッカーを楽しんでプレーして良い結果を残し、勝利に貢献したいと思います」 2018.05.31 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

乾貴士を恩師が絶賛「見てきた中でも最高の選手。フットボールをよく理解していた」

エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督は、地元紙のインタビューでFW乾貴士を絶賛している。<br><br>2015年にエイバルに加入した乾。スペインの地でも少しずつ信頼を掴んでいき、今季はリーガ・エスパニョーラ34試合に出場し5ゴール2アシストを記録。欧州カップ戦出場権争いを繰り広げたチームで欠かせない存在となった。<br><br>しかし、今季でクラブとの契約は満了。本人もエイバルへの感謝を述べるなど、退団は既定路線となっている。移籍先については明らかにしていないが、来季ヨーロッパリーグに出場するレアル・ベティスへの加入が内定していると噂されている。<br><br>3年にわたって乾を指導したメンディリバル監督は『Diario Vasco』のインタビューで、日本代表FWを絶賛している。<br><br>「イヌイはエイバルにとって良いことだった。ヨーロッパで競い合うために補強を望むチームが、我々の選手を欲しがるのは良いことだね」<br><br>「彼と一緒にできたことは、本当に幸せなことだった。ここにやってきた時は、何もわかっていない選手だったよ。今もスペイン語は話せないが、フットボールは理解できる。見てきた中でも最高の選手の1人だった。私のフットボールをよく理解してくれたね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.28 13:10 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース