チェルシーDFケイヒルが右足ハムストリングを負傷…指揮官は「深刻ではない」2018.01.14 05:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのイングランド代表DFギャリー・ケイヒルが、13日のレスター・シティ戦で右足ハムストリングを負傷した模様だ。イギリス『Four Four Two』が伝えている。

▽チェルシーは13日、プレミアリーグ第23節でレスターと対戦。試合は、退場者を出し10人となったレスター相手にチェルシーが攻めきれず0-0の引き分けに終わった。その試合で先発出場を果たしたケイヒルは33分、レスターFWジェイミー・ヴァーディとの競り合いの中、右足ハムストリングの痛みを訴えピッチの外に。同選手はプレー続行の意思を示していたが、アントニオ・コンテ監督は大事をとってDFアンドレアス・クリステンセンと交代させた。

▽試合後のコンテ監督のコメントでは、ケガは「深刻なものではない」とのことだが、現在では離脱期間などは明らかにされていない。「選手たちは疲れていた」と同監督が言うように、チェルシーをはじめとするプレミアのビッグクラブは3日~4日の間に1試合を消化するという超過密日程をこなさなければならない。ケイヒルの負傷は疲労も1つの要因だと考えられるが、今後、これ以上の負傷者は避けたいものだ。

コメント

関連ニュース

thumb

クルトワの選択…レアル・マドリーor PSG移籍か、世界最高給GKとして青に染まるか

▽ベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)にレアル・マドリーとパリ・サンジェルマン(PSG)が関心を示しているようだ。ベルギー『HLN.be』が報じた。 ▽クルトワはチェルシーとの契約が来季限りとなっているが、ここまで契約延長のオファーを固辞しているとみられる。著名なベルギー人ジャーナリストであるクリストフ・テルール氏が『HLN.be』で伝えたところによれば、そのクルトワに対してレアル・マドリーとPSGが獲得を考慮しているという。 ▽レアル・マドリーに関しては、かねてからビルバオのスペイン代表GKケパ・アリサバガラの獲得が濃厚とみられていた。しかし22日、ビルバオはケパと2025年まで契約延長し、契約解除金を8000万ユーロ(約108億6400万円)に設定したと発表。これにより、レアル・マドリーは同選手狙いの考えを改め、クルトワに方向転換することを考慮しているとのことだ。ただ、ここまで具体的な提案をチェルシーに出すことはしていないという。 ▽一方のPSGもレアル・マドリーと同様に、クルトワに対する具体的な提案をしていない状況。FWネイマールを史上最高額の2億2200万ユーロで昨年の夏に引き抜いたPSGは、今シーズン終了後に現在モナコからレンタルしているFWキリアン・ムバッペを1億8000万ユーロで買い取る可能性があり、そこからクルトワも狙うとなると、ファイナンシャルフェアプレーに抵触する危険性があるため、二の足を踏んでいるという。 ▽なお、クルトワの契約延長交渉に苦戦しているチェルシーは、週給22万5000ユーロ(約3000万円)を超えるオファーを出している模様。この額はマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアを凌ぐ、GKとしては世界最高額となる給与とのことだ。 ▽クルトワの家族や子どもはマドリッドに住んでいるとのことで、レアル・マドリーから好条件のオファーが届けば理想的とみられているが、果たして今後どのような選択をするのだろうか 2018.01.23 19:44 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、ゼコ退団なら後釜獲得へ…有力候補はスタリッジ?

▽ローマは、退団が噂されるボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)の後釜探しに動いているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じている。 ▽チームのエースとして活躍するゼコには現在、ストライカーの獲得を目指すチェルシーから獲得への関心が寄せられている。また、先日にはゼコがチェルシーと個人合意に至ったことがイタリアメディアによって報じられた。 ▽得点源の流失の危機に見舞われているローマだが、すでに後釜を獲得する準備を進めている模様。『デイリー・スター』によると、その有力候補はリバプールに所属するイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(28)のようだ。 ▽スタリッジは、悪癖の故障離脱が相次ぎ、ユルゲン・クロップ監督の信頼を喪失。今シーズンのプレミアリーグでも出場時間がわずか431分に留まっている。これに対してスタリッジも今夏にロシア・ワールドカップを控えるイングランド代表への滑り込みを見据え、出場機会を求めて移籍を希望しているとの見方が強まっているが、同メディアはインテルへの移籍が濃厚と見ているようだ。 ▽ローマのスポーツディレクター(SD)を務めるモンチ氏は、ゼコが退団する場合、新たな選手を獲得することを明言している。 「我々のプレーヤーに代わるのに適している選手を確保するために毎日働く。私の仕事は常にクラブを強化することだ」 「ゼコが退団するのであれば、別の選手を獲得する」 2018.01.23 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、21歳ブラジル人DFをニューカッスルにレンタルへ…ローマのエメルソン獲得も間もなく完了か

チェルシーは、ケネディをニューカスル・ユナイテッドに期限付き移籍することで合意に達したようだ。<br><br>ケネディは、24時間以内にニューカッスルでメディカルチェックを無事に終えれば、今シーズン終了までの期限付きが完了となる。昨シーズンはローンでワトフォードに加入するも、負傷のため短期間でチェルシーに戻った21歳は、今シーズンも全公式戦で5試合の出場のみと十分な出場機会を得られていない。そして、再びローンでロンドンから離れることになりそうだ。<br><br>ケネディがチェルシーから去ることで、噂されているローマDFエメルソン・パルミエリ獲得に大きく近づいたとされている。負傷明けから限られたプレー時間しか確保できないでいるブラジル人DFに、チェルシーは2500万ポンド(約38億円)を支払うことで交渉はまとまりそうだ。<br><br>また、チェルシーは同じくローマのエディン・ゼコにも強い関心をいだいており、ローマのフロントも「なるようになる」と移籍を否定していない。仮にボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWがチェルシーに加入することになれば、出場機会を求めるミッチー・バチュアイのセビージャ移籍も一気に加速すると見込まれている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 12:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、総額82億円でゼコ&エメルソン・パルミエリをチェルシーに放出へ…モンチSD「オファーを聞く義務がある」

チェルシーは、ローマFWエディン・ゼコとDFエメルソン・パルミエリの獲得に近づいているようだ。ローマのモンチSDが認めている。<br><br>今冬の移籍市場で、ストライカーを探すチェルシー。ピーター・クラウチやアンディ・キャロルの名前が騒がれる中、ローマのゼコに狙いを定めたと伝えられていた。<br><br>そして、チャンピオンズリーグ(CL)ではグループCでチェルシーを抑えて首位通過を果たしたローマだが、エースの売却を許可するようだ。クラブのモンチSDは21日の会見で、放出を許可することを示唆している。<br><br>「ローマは解体されたわけじゃない。もし選手を売却すれば、新たな選手を獲得することは明らかだ。我々には、会社として届いたオファーを聞く義務がある」<br><br>なお移籍金は、ゼコとエメルソンをあわせて5000万ユーロ(約68億円)+ボーナス1000万ユーロ(約14億円)になると見込まれている。なお、ローマ側が要求していたFWミッチー・バチュアイが取引に含まれることはないようだ。<br><br>公式戦直近5試合で2分3敗と勝ちがないローマ。2月にはCL決勝トーナメント開幕も控え、シーズンは架橋に突入するが、このタイミングでエースを失うことになるのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 09:11 Tue
twitterfacebook
thumb

アザール、ターゲットマン探しに奔走のクラブに苦言「他のストライカーは必要ない」

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールがターゲットマンタイプのストライカー獲得に奔走するクラブの補強方針に苦言を呈した。イギリス『デイリー・テレグラフ』が同選手のコメントを伝えている。 ▽予てよりセンターフォワードの選手層に問題を抱えているチェルシーは、今冬の移籍市場でストライカーの獲得を目指している。ここまではウェストハムFWアンディ・キャロル、ストーク・シティFWピーター・クラウチ、ローマFWエディン・ゼコ、バーンリーFWアシュリー・バーンズ、レスター・シティFWイスラム・スリマニとターゲットマンタイプの長身FWをリストアップしている。 ▽チェルシーの攻撃をけん引するエースのアザールは、4-0で大勝した20日のブライトン・ホーヴ・アルビオン戦を引き合いに出し、空中戦に頼らず、地上戦で戦う必要があると主張。クラブの補強方針に対して、苦言を呈している。 「フットボールはシンプルだ。ボールをピッチに置き、僕たちが(ブライトン戦で)見せたようなプレーをすればいいんだ」 「僕たちにはアルバロ・モラタ、ミッチー・バチュアイという非常に優れた2人のストライカーを持っている。仮に、彼らがプレーできない状況であれば、僕がストライカーとしてプレーすることもできる。だから、他のストライカーは必要ないと思う」 「僕たちが多くのチャンスを逃しているから、人々は僕たちに他のストライカーが必要だと主張している。だけど、もし僕たちが多くのゴールを挙げ、リーグ最高の攻撃ユニットであれば、そういった主張は聞こえてこないはずだ。あくまでそういった話題はチーム全体の調子によるし、個人的には今のスカッドに満足しているんだ」 「それに今季最高のチームはどこだい? それはマンチェスター・シティだろ。彼らのジェズス、アグエロという2人のストライカーは決して大きくない。それはシンプルに彼らのプレースタイルに適した人材だからだ。もし、チームがロングボールで戦うならば、ターゲットマンが必要だと思う。だけど、地上戦を選べば、必要なのは小柄な人材だ」 2018.01.23 00:49 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース