酒井フル出場のマルセイユが3発完勝で新年のリーグ初戦を白星で飾る!《リーグ・アン》2018.01.14 03:02 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マルセイユは13日、リーグ・アン第20節でレンヌと対戦し、3-0で勝利した。日本代表DF酒井宏樹はフル出場した。

▽上位追走を目指す4位マルセイユ(勝ち点38)が、9位レンヌ(勝ち点25)のホームに乗り込んだ一戦。新年最初のリーグ戦を勝利で飾りたいマルセイユは、酒井やトヴァン、ルイス・グスタボ、ラミなど主力メンバーを揃ってこの試合で起用した。

▽クープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦の再戦となった一戦は、立ち上がりこそボールポゼッションで上回るマルセイユが攻勢を見せたが、レンヌもカウンターから決定機を迎えるなど、試合は一進一退の展開となる。

▽すると27分、マルセイユはボックス右から仕掛けたトヴァンがメクセルに倒され、PKを獲得。しかし、トヴァンのPKはGKコウベクの完璧なPKストップに阻まれた。決定機を逃したマルセイユだったが35分、左クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったトヴァンがゴール前にパスを供給。これをジェルマンが右足で流し込み、先制に成功した。

▽先制点で勢いづくマルセイユは、45分にも右サイドを持ち上がったジェルマンのクロスをボックス内に走り込んだサンソンがゴール右へダイレクトシュートを突き刺し、追加点を奪った。

▽後半も一進一退の展開が続く中、マルセイユは68分にパイエを下げてアンギッサを投入。さらに75分には、ジェルマンを下げてエンジエをピッチに送り出した。すると82分、エンジエのヒールパスで左サイドに抜け出したグスタボのクロスをファーサイドのトヴァンがヘディングで流し込み、3点目を奪った。

▽リードを広げたマルセイユは、その後も危なげない試合運びで試合をクローズ。ジェルマンの1G1Aの活躍などで3発完勝のマルセイユが、2018年のリーグ初戦を白星で飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

「コンフェデ杯で優勝して戻ったら…」ルイス・グスタボ、バイエルン退団の理由を明かす

▽マルセイユに所属するブラジル代表MFルイス・グスタボが、バイエルン時代にヴォルフスブルクへ移籍した時の理由について明かした。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽ブラジルでプロデビューを飾ったグスタボは、ホッフェンハイムを経て2011年にバイエルン入り。主力として2012-13シーズンには3冠に貢献するなど、バイエルンの中盤を支えていたが、2013年にジョゼップ・グアルディオラ監督が就任すると、一転して構想外に。2013年8月にヴォルフスブルクへ移籍し、今シーズンからはマルセイユでプレーしている。 ▽当時はブラジル代表でも定位置を確保し、2013年のコンフェデレーションズカップ優勝にも貢献したグスタボ。しかし、同大会直後にバイエルン退団を決断するある出来事があったようだ。以下のように明かしている。 「僕が彼のことを知る前から、彼には僕のことについて考えがあったんだ。僕がバイエルンでプレーしていた2013年の開幕前に、ブラジル代表としてコンフェデレーションズカップに出場していたんだ。そして優勝してクラブに戻ると、代理人からグアルディオラは僕を起用する気がないことを告げられたんだ」 「監督が信頼してくれないクラブに留まる必要はなかった。それは確かなことだよ」 2018.04.16 16:08 Mon
twitterfacebook
thumb

両監督が退席する前代未聞の一戦はマルセイユが逆転勝利!酒井宏はフル出場で勝利に貢献《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは15日、リーグ・アン第33節でトロワと対戦し、3-2で勝利した。酒井は右サイドバックでフル出場している。 ▽ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのRBライプツィヒ戦を5-3で勝利し、逆転での準決勝進出を決めた4位のマルセイユ(勝ち点63)は、その試合から先発を4人変更。ミトログルやマキシム・ロペス、B・サール、ブバカル・カマラに代えてジェルマン、アンギッサ、エンジエ、ラミを先発で起用した。 ▽試合は開始早々に動く。1分、GKのロングフィードをダルビオンが頭で落とすと、ニヴェがワンタッチで左サイドのスペースへパス。これを再び受けたダルビオンのダイレクトクロスをグランディシルがヘディングで叩き込み、トロワが先制した。 ▽先制を許したマルセイユだが、11分に反撃。バイタルエリア右手前でFKを獲得すると、パイエのスルーパスをボックス右で受けたエンジエがダイレクトシュート。左ポストに当たったボールはそのままゴールに吸い込まれた。 ▽1-1で迎えた後半も早い時間にスコアが動く。48分、最終ラインでパスを受けたアマヴィからインターセプトに成功したグランディシルがボックス右からシュート。これはGKプレが弾くも、こぼれ球をニヴェが押し込み、トロワが勝ち越しに成功した。 ▽再びリードを許し、反撃に出たいマルセイユだだったが、53分に審判に対して執拗に抗議を行ったルディ・ガルシア監督が退席処分に。一方のトロワも、63分にジャン=ルイ・ガルシア監督が退席処分となった。 ▽両監督が退席する異様な展開となる中、1点を追うマルセイユは69分にエンジエを下げてミトログルを投入。さらに72分には、サンソンを下げてマキシム・ロペスをピッチに送り出した。 ▽すると、マルセイユは75分に自陣からドリブルで持ち上がったパイエのパスをボックス右で受けたミトログルが切り返しから左足を振り抜く。このシュートがゴール左に突き刺さり、再び試合を振り出しに戻す。 ▽オープンな展開となった試合終盤、マルセイユが逆転に成功する。85分、左サイドを突破したアマヴィのクロスをファーサイドのトヴァンが左足のボレーで合わせると、これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽その後、マルセイユは87分にジェルマンを下げてアブデヌールを投入。5バックを敷き逃げ切りにかかる。94分には、左CKからニアネのへディングシュートを浴びたが、これもグスタボのブロックで難を逃れた。 ▽結局、試合はそのまま3-2で終了。両監督が退席する前代未聞の一戦を制したマルセイユが、3位リヨンを追走に成功した。 2018.04.16 02:49 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユ酒井宏樹の加入後初ゴールを同僚が祝福「試合中だけど泣きそうになった」

マルセイユのマキシム・ロペスが、ライプツィヒ戦で加入後初ゴールを挙げた酒井宏樹を祝福した。<br><br>12日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグでマルセイユはホームにライプツィヒを迎えた。初戦を0-1で落としたマルセイユだが、後半アディショナルタイムの酒井のゴールなどで5-2と勝利し、2試合合計5-3で準決勝進出を決めた。<br><br>酒井のダメ押しゴールをアシストしたM・ロペスはフランスメディア『レキップ』のインタビューで同選手のバースデーゴールを称賛している。<br><br>「直前のコーナーキックの場面ではピンチに立たされていたが、あの5点目で試合は決まった。ヒロキが得点を奪った時、試合中だったけれど涙が出そうになった。実際には出なかったけれど、泣きたいと思った。それにヒロキにとって最高の誕生日だ。ロッカールームで彼をもう一度祝福するよ」<br><br>リュディ・ガルシア監督も「彼の誕生日であり、ヒロキが(マルセイユで)初ゴールを決めた日にもなった。それによって余裕ができたし、我々としても嬉しかったよ」とコメントするなど酒井の加入後初ゴールを称える声が絶えない。<br><br>ヨーロッパリーグベスト4にコマを進めたマルセイユは、南野拓実が所属するザルツブルクと決勝進出を懸けて激突する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.15 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井マルセイユvs南野ザルツブルクの日本人対決実現! アーセナルはアトレティコと激突!《EL》

▽13日、ヨーロッパリーグ(EL)の準決勝組み合わせ抽選会が行われた。 ▽準決勝では、DF酒井宏樹が所属するマルセイユとMF南野拓実が所属するザルツブルクの日本人対決が実現。また、CSKAモスクワを破ったプレミアリーグの強豪アーセナルは、スポルティング・リスボンとの対決を制したアトレティコ・マドリーと対戦することとなった。 ▽準決勝1stレグは4月26日、2ndレグは5月3日に行われる。 ◆準決勝カード(左側が1stレグのホームチーム) マルセイユ vs ザルツブルク アーセナル vs アトレティコ・マドリー 2018.04.13 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹が28歳バースデー弾で移籍後初ゴール! 攻撃陣爆発のマルセイユがライプツィヒ撃破で14年ぶりのベスト4進出!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、マルセイユvsRBライプツィヒが12日に行われ、ホームのマルセイユが5-2で勝利した。この結果、2戦合計5-3としたマルセイユのベスト4進出が決定した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場し94分に移籍後初ゴールを決めた。 ▽5日にライプツィヒホームで行われた両者の初対決は得意の高速カウンターが炸裂したホームチームがヴェルナーのゴールで1-0の先勝を収めた。 ▽ホームで逆転を目指すマルセイユだが、先週末のモンペリエ戦では相手の堅守をこじ開けられず、ゴールレスドロー。CL出場圏外の4位転落に加え、公式戦2試合連続無得点と調子を落とす。この2ndレグに向けては1stレグから先発2人を変更。アンギッサ、オカンポスに代わって負傷明けのエースFWトヴァン、マキシム・ロペスが起用された。なお、この日が28歳のバースデーとなった酒井は3バックの右に入った。 ▽一方、ホームで先勝も直近のリーグ戦ではレバークーゼンにホームで1-4の大敗と不安を残す形でこの試合を迎えたライプツィヒは1stレグから先発2人を変更。絶対的司令塔のフォルスベリ、エースFWヴェルナーがベンチスタートとなり、カンプルとサビツァーが代役を担った。 ▽試合は立ち上がりから互いにゴールを奪い合う激しい展開に。開始2分、右サイドをドリブルでこじ開けたナビ・ケイタからの折り返しをボックス中央のオギュスタンが巧みなキープから落とすと、これをブルマが右足のダイレクトシュートで流し込んだ。 ▽痛恨のアウェイゴールを献上したマルセイユだがすぐさま追いつく。6分、右CKの場面でパイエのアウトスウィングのボールをニアのカマラが頭で合わすと、ゴール前の混戦からミトログル、相手DFイルザンカーと当たったボールがネットに吸い込まれた。さらに9分には自陣からのロングカウンターでパイエのフィードに抜け出したサンソンがボックス内で続けてシュートもGKグラーチのファインセーブに遭う。だが、このこぼれ球をブナ・サールが左隅に蹴り込んだ。 ▽この連続得点で2戦合計2-2としたもののアウェイゴール数でビハインドに立つマルセイユは果敢にゴールを目指す。17分にはボックス手前でミトログルからパスを受けたパイエが鮮烈な左足のミドルシュートを突き刺すが、ここはパスを出した後に相手DFを引き倒したミトログルがファウルを取られてゴールは認められず。 ▽その後、肩を脱臼したB・サールが負傷交代を強いられ、DFラミを投入したマルセイユは酒井を右ウイングバックに上げる。積極的に相手を押し込んでいく中、38分にゴールを奪う。相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーのパイエがゴールに向かうボールを入れると、トヴァンが巧みなヒールでのワンタッチで合わせた。そして、2戦合計スコアを3-2としてマルセイユが最高の形で前半を終えた。 ▽迎えた後半も立ち上がりにミトログルに続けて決定機が訪れるなど、良い入りを見せたマルセイユだったが、ギリシャ代表FWは2度の決定機をフイにしてしまう。すると55分、ボックス内で細かい仕掛けを見せたオギュスタンに見事なコントロールシュートを決められ、2戦合計スコアで逆転を許す。 ▽それでも、諦めずに攻勢を続けるマルセイユは60分、ボックス手前右から中央に切り込んだパイエが右足アウトの絶妙なシュートをゴール左上隅に突き刺し、2戦合計4-3で再び勝ち越しに成功した。 ▽その後、互いに交代カードを切った中でマルセイユペースが続くもなかなかカウンターチャンスを決め切れず、相手に望みを与えてしまう。試合終了間際の93分にはボックス内に抜け出したポウルセンに決定機を許すが、ここはGKプレの好守で凌ぐ。すると、この試合のラストプレーで酒井が大仕事を果たす。94分、ゴールキーパーまで攻撃参加した相手CKの場面でクロスを跳ね返すと、マキシム・ロペスのスルーパスに抜け出した酒井が相手陣内右サイドから無人のゴールヘロングシュートを流し込み、移籍後初ゴールを記録。28歳の誕生日を自らのゴールで祝うとともにダメ押しの5点目を奪った。 ▽そして、攻撃陣爆発でライプツィヒとのシーソーゲームを制したマルセイユが2戦合計5-3で14年ぶりとなるベスト4進出を果たした。 2018.04.13 06:30 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース