酒井フル出場のマルセイユが3発完勝で新年のリーグ初戦を白星で飾る!《リーグ・アン》2018.01.14 03:02 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マルセイユは13日、リーグ・アン第20節でレンヌと対戦し、3-0で勝利した。日本代表DF酒井宏樹はフル出場した。

▽上位追走を目指す4位マルセイユ(勝ち点38)が、9位レンヌ(勝ち点25)のホームに乗り込んだ一戦。新年最初のリーグ戦を勝利で飾りたいマルセイユは、酒井やトヴァン、ルイス・グスタボ、ラミなど主力メンバーを揃ってこの試合で起用した。

▽クープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦の再戦となった一戦は、立ち上がりこそボールポゼッションで上回るマルセイユが攻勢を見せたが、レンヌもカウンターから決定機を迎えるなど、試合は一進一退の展開となる。

▽すると27分、マルセイユはボックス右から仕掛けたトヴァンがメクセルに倒され、PKを獲得。しかし、トヴァンのPKはGKコウベクの完璧なPKストップに阻まれた。決定機を逃したマルセイユだったが35分、左クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったトヴァンがゴール前にパスを供給。これをジェルマンが右足で流し込み、先制に成功した。

▽先制点で勢いづくマルセイユは、45分にも右サイドを持ち上がったジェルマンのクロスをボックス内に走り込んだサンソンがゴール右へダイレクトシュートを突き刺し、追加点を奪った。

▽後半も一進一退の展開が続く中、マルセイユは68分にパイエを下げてアンギッサを投入。さらに75分には、ジェルマンを下げてエンジエをピッチに送り出した。すると82分、エンジエのヒールパスで左サイドに抜け出したグスタボのクロスをファーサイドのトヴァンがヘディングで流し込み、3点目を奪った。

▽リードを広げたマルセイユは、その後も危なげない試合運びで試合をクローズ。ジェルマンの1G1Aの活躍などで3発完勝のマルセイユが、2018年のリーグ初戦を白星で飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

バロテッリは来季もフランス? 「マルセイユと良い関係」と敏腕代理人

▽イタリア代表FWマリオ・バロテッリに対して、マルセイユが強い関心を示しているようだ。ミノ・ライオラ代理人が『RMC』に語った。 ▽フランスで復活を遂げたバロテッリは、今夏の移籍が以前から話題になっている。選手本人はしばしばイタリア復帰をにおわせていたが、フランスに残る可能性もありそうだ。 ▽ライオラ氏は「マルセイユとは良い関係だ。ディレクターのことはよく知っている。ただ、まだ何かを言うには早すぎるね」とコメント。「マリオは感情あふれる選手で、それはマルセイユの精神にマッチする。マルセイユの人は情熱的で、マリオも一緒だ。どうなるかみていこう」と述べた。 2018.06.18 03:50 Mon
twitterfacebook
thumb

C・パレス、酒井宏樹獲得へ興味か…今夏ミラン・ナポリ・セビージャらと争奪戦の可能性も

▽マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹(28)に対して、クリスタル・パレスが獲得に興味を示しているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽2016年にハノーファーからマルセイユに加入した酒井。加入初年度から公式戦40試合に出場すると、今シーズンは不動の地位を確立して公式戦50試合に出場した。また日本代表としてもロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に9試合出場してチームの6大会連続6度目のW杯出場に貢献。本大会に出場する23人のメンバーにも名を連ねている。 ▽今回伝えられるところによると、クリスタル・パレスを率いるロイ・ホジソン監督が右サイドバックの補強を画策。フルアムに所属していたイングランド人DFライアン・フレデリックス(25)の獲得を目指していたが、6日にウェストハム行きが発表された。しかし、酒井もショートリストに入っているとのことで、獲得に動く可能性を伝えている。 ▽マルセイユとの現行契約が2021年6月まで残っている酒井。市場価値は1200万ポンド(約18億円)とされており、現在ブライトン、レスター・シティ、ミラン、インテル、ナポリ、セビージャも獲得への興味を抱いてるようで、今夏の移籍市場で争奪戦が繰り広げられる可能性もありそうだ。 2018.06.07 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズ、酒井宏樹同僚の若きプレーメーカー獲得に関心

▽トッテナムがマルセイユに所属するフランス人MFモルガン・サンソン(23)の獲得に関心を示しているようだ。『フランス・フットボール』が伝えている。 ▽2013年にル・マンからモンペリエに加入したサンソンは、卓越した戦術眼と攻撃センスを武器に、すぐさまレギュラーポジションを掴むと、4シーズンに渡ってレギュラーを務めた。その後、2017年1月にマルセイユに完全移籍で加入すると、今季はリーグ戦33試合に出場し9ゴール2アシストを記録するなど、主力として活躍した。 ▽『フランス・フットボール』が伝えるところによれば、トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、セントラルMFを主戦場に2列目のポジションでもプレー可能な得点力あるプレーメーカーを高く評価しており、獲得に関心を示しているという。 ▽なお、サンソンにはチェルシーとアーセナルのロンドン勢に加え、セビージャも獲得に興味を示しているようだ。 2018.06.05 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、グリーズマン後釜にトヴァンを注視!

▽アトレティコ・マドリーが、マルセイユのフランス代表FWフロリアン・トヴァン(25)に興味を示している。スペイン『アス』が報じた。 ▽アトレティコでは、エースのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンにバルセロナ移籍の噂がつきまとっており、先日には当人が6月14日に開幕を迎えるロシア・ワールドカップ(W杯)までに去就が決定となることを示唆していた。 ▽『アス』によるとアトレティコはグリーズマンの慰留に努めているそうだが、万が一の為の“プランB”として後釜を探しているという。その中で最優先となっているのが、日本代表DF酒井宏樹の同僚でもあるトヴァンだ。 ▽トヴァンは今シーズン、公式戦54試合に出場して26ゴール18アシストと大活躍。公式戦49試合29ゴール15アシストを記録したグリーズマンと数字が似通っていると、記事は指摘している。 2018.06.03 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バロテッリ獲得レース参戦のマルセイユが早期決着を目指し交渉開始か

▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユが、ニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)の早期での獲得に向けて動いているようだ。フランス『France Football』が報じている。 ▽フランスで見事に復活を遂げたバロテッリ。今シーズン終了後に契約が切れることから母国イタリアのローマやナポリのみならず、ドルトムントやモナコなども獲得に名乗りを挙げており、今後の去就に注目が集まっている。 ▽そんな中、『France Football』によるとマルセイユがバロテッリ獲得に積極的な動きを見せているようだ。マルセイユは、現在イタリア人指揮官のルディ・ガルシア監督がチームを率いており、昨季はヨーロッパリーグで決勝進出を果たすなど躍進した。 ▽しかし、リーグ戦では最終節まで3位リヨンとチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を争ったが、惜しくも4位でシーズンを終了。今夏に新たなストライカーの獲得を狙うマルセイユは、ニースで公式戦66試合に出場し43ゴールを記録したバロテッリの獲得に着手したという。 ▽また、同紙によるとマルセイユは、7月4日に発表される来季のユニフォームキットのイメージ写真にバロテッリを起用することを目指しており、早期決着を望んでいるようだ。 2018.06.03 05:07 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース