レーティング:レアル・マドリー 0-1 ビジャレアル《リーガエスパニョーラ》2018.01.14 02:16 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第19節、レアル・マドリーvsビジャレアルが13日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、アウェイのビジャレアルが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ケイロル・ナバス 5.5
失点は致し方なし。堅実なゴールキーピングを見せた

DF
2 カルバハル 6.0
攻守のバランスを意識した堅実なパフォーマンス。後半は攻撃参加で援護射撃

5 ヴァラン 6.0
身体能力と読みを利かせた守備でリスク管理を怠らず

6 ナチョ 6.0
抜群のプレーリードでバッカとの駆け引きを制す

12 マルセロ 6.0
弾丸ミドルや正確なクロスで攻撃にアクセントを加えた。守備もまずまず

MF
10 モドリッチ 6.5
高い技術と判断でC・ロナウドの2度の絶好機を演出するなど、攻撃の起点となった

14 カゼミロ 5.5
むやみに攻め上がらず、中盤のフィルター役を務めた

22 イスコ 5.5
幾度か決定機を演出したが、より存在感を示したい

(→L・バスケス 5.0)
チャンスを演出した場面もあったが、物足りない

8 クロース 6.5
正確なパスでリズムを作り、今日はシュート意識も高かった

FW
7 C・ロナウド 4.5
フィニッシュに絡む形は良かったが、再三の決定機を逸してブレーキに…

11 ベイル 5.5
前線で起点となったが、なかなか自分の形でフィニッシュに持ち込めなかった

(→アセンシオ 5.0)
流れを変えるようなプレーはなかった

監督
ジダン 5.0
守備面の修正などは見られたが、相変わらずの決定力不足が敗戦の要因に

▽ビジャレアル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アセンホ 7.0
元アトレティとして宿敵相手に再三の好守を連発

DF
2 ガスパール 6.5
自陣に押し込まれる場面が目立ったが、粘り強い守備でマルセロやベイルに対応

23 ボネーラ 6.0
アジリティ不足を何とか経験で埋め粘り強い守備を続けた

3 A・ゴンサレス 6.5
あわやPKというプレーもあったが、ボネーラをサポートしつつ対人守備で存在感

11 ジャウメ 5.5
幾度か自身のサイドからピンチを招いたが、セットした守備では安定していた

MF
28 ラバ 5.0
守備に追われてなかなか攻撃に推進力を与えられず

(→チェリシェフ 6.0)
古巣相手に積極的な仕掛けを見せ、決勝点の起点となった

14 トリゲロス 5.5
堅実に守備はこなしたが、相手の豪華な中盤に対して攻撃面で違いを生めず

8 フォルナルス 6.5
バッカと中盤のつなぎ役に奔走。絶妙なスルーパスで決定機も創出し、値千金の決勝点を奪った

16 ロドリゴ・エルナンデス 6.0
対人の強さを生かした守備で最終ラインをサポート。後半はボール奪取からカウンターの起点に

10 カスティジェホ 6.0
スペースケアや相手サイドバックへの対応などチームプレーに徹する。後半は攻撃でも仕掛ける場面を見せた

(→ルカビナ -)

FW
9 バッカ 5.5
周囲のサポートが少ない中、幾度か得意の飛び出しでチャンスに絡んだ

(→ウナル 5.5)
自身はヒーローになれなかったが、決勝点に関与

監督
カジェハ 6.5
粘り強い戦いでサンティアゴ・ベルナベウから勝ち点3を持ち帰る。チェリシェフ投入も機能

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
アセンホ(ビジャレアル)
▽前半に見事な3本のビッグセーブをみせ、チームに流れを持ってくるなど、キャリアを通じてケガに悩まされ続けてきた実力者が圧巻の輝きを放つ。

レアル・マドリー 0-1 ビジャレアル
【ビジャレアル】
フォルナルス(後42)

コメント

関連ニュース

thumb

グティ、指導者としてレアル・マドリー残留…2年延長で合意か

▽レアル・マドリーの下部組織で監督を務めるグティ氏(41)は、現状維持を決断したようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽選手時代にそのイケメンぶりと茶目っ気のある性格から女性人気の高かったグティ氏は、2013年から指導者キャリアをスタート。2016年夏からレアル・マドリーのユースチームであるフニベルAを率い、数々のタイトルをもたらすと、今シーズンも同カテゴリーのコパ・デル・レイ決勝に勝ち進んでいる。 ▽既報で古巣ベシクタシュとの交渉を行っていたとされるグティ氏だが、来シーズンからフレン・ロペテギ監督がトップチームの指揮を執るレアル・マドリーへの残留を決意。新たに2年間の契約延長で合意に達したという。 2018.06.19 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

“ストイックマン"CR7…エブラ「彼の昼食は無味の鶏とサラダ、水。もはやマシーン」

▽元フランス代表DFパトリス・エブラがマンチェスター・ユナイテッド時代の同僚であるレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの秘話を明かした。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽キャリアを通じて、ワールドカップ(W杯)を除けば獲得可能な栄冠をほぼ全て勝ち取り、ベストプレーヤーの1人としても名高いC・ロナウド。そのポルトガル人スタープレーヤーを巡っては、異常なまでのストイックさが話題に挙がることも少なくない。 ▽かつてユナイテッドの黄金期を共に過ごしたエブラは、いまだ手にしていないW杯トロフィーのために決戦地ロシアで奮闘するC・ロナウドについて言及。笑いを交えながら、そのストイックさが際立つエピソードを回想した。 「みんなに忠告しておく。彼から自宅にランチに招かれたら、『ノー』と言った方が良い。行ったら、テーブルにプレーンのチキンとサラダだけ。それと、ジュースじゃなく、水さ。他に何もなかった」 「食事を終えると、彼はボールを使ってスキルを見せつけ、ボールで遊ぼうと言ってきた。僕は『なんで家に呼んだんだ?』って問いただしたけど、『やろう』って…」 「その後、彼はプールで泳ぎ、ジャグジー、サウナに連れて行かれたんだ。彼はマシーンだ。誰も彼のトレーニングを止めることはできない。だから、彼に家に招待されたら、やめといた方が良い」 「ある日、リオ・ファーディナンドと彼が卓球勝負をした。リオが彼を打ち負かしたんだ。すると、彼は怒り、卓球台を買った。それから2週間の練習に励み、リオにリベンジを果たしたんだ」 「クリスティアーノ・ロナウドは、そういう男さ。だから、彼が何故、あれほどゴールデン・ボールやワールドカップ優勝を望んでいるのか理解できるよ。彼は負けず嫌いなんだ」 2018.06.19 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマールの全盛期はレアル・マドリーで…バルダーノ「C・ロナウドの後継者に」

レアル・マドリーで選手としてプレー。その後、監督やゼネラルディレクターなどを歴任してきたホルヘ・バルダーノ氏が、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールの去就について、自身の見解を述べた。<br><br>昨年の夏にバルセロナからパリSGに移籍したネイマールは、フランスの地でもその能力を遺憾なく発揮。その一方で今後の去就について取り沙汰されており、とりわけレアル・マドリーへの移籍がうわさされている。<br><br>ネイマールの去就について、フランス紙『レキップ』のインタビューで尋ねられたバルダーノ氏は、「ネイマールはR・マドリーで全盛期を迎える」とコメント。ネイマールがR・マドリーで輝く姿をイメージしているようで、続けて以下のように話した。<br><br>「私にとって、ネイマールはクリスティアーノ・ロナウドの正統な後継者だ。今後5年間で全盛を迎える彼のタレント性に賭けたいね」<br><br>ネイマールは現在26歳。パリSGを経由するとはいえ、キャリアの最盛期に元バルセロナのスターが宿敵に移籍するとなれば大きな物議を醸すことになるが、バルダーノ氏の発言は現実になるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.06.18 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

イカルディの将来のカギを握るのはネイマール!?

▽イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』は、インテルFWマウロ・イカルディの去就が意外なスターに影響されるとした。 ▽そのスターとは、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールだ。 ▽記事によると、インテルはイカルディの残留を願っている。妻で代理人のワンダ・ナラが反対の見解を述べることはあるとしても、拒否できないオファーがない限りは残留するとした。 ▽その否定できないオファーがあるとすれば、レアル・マドリーからである。チャンピオンズリーグ3連覇を達成したスペインの白い巨人は、以前からネイマールの獲得が噂されている。これが実現すれば、インテルのエースに手を出す可能性は消えるという考えだ。 ▽インテルの主将は、今後もイタリアでプレーするのか。今後の動向に注目だ。 2018.06.18 04:10 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、2部で大爆発のFWラウール・デ・トーマスと契約延長!「僕の人生以上のクラブ」

▽レアル・マドリーのスペイン人FWラウール・デ・トーマス(23)が、2023年まで契約を延長したことを発表した。ツイッターの自身公式アカウント(@RaulDeTomas9)上で発表した。 ▽8歳の頃にマドリーの下部組織に入団したデ・トーマスは、2013年9月にカスティージャに昇格して以来、コルドバやバシャドリードにレンタル移籍で加入。2017-18シーズンはリーガエスパニョーラ2部に属するラージョでプレーして公式戦32試合24ゴール4アシストの結果を残し、1部昇格に導いていた。 ▽ツイッターを更新したデ・トーマスは、以下のように喜びを伝えている。 「僕らはみんな夢を持っている。幼い頃にこのクラブに最初に入団した時、8歳から始まった。これまでに経験した全てのステップが、達成したい夢に導いてくれていたんだと実感している。レアル・マドリーの選手になるためにね」 「僕の人生以上のクラブ、ありがとう。アラ・マドリー」 ▽スペイン『マルカ』によると、2018-19シーズンにトップチーム昇格を果たすことが濃厚なデ・トーマス。ワールドクラスの選手が揃う中で厳しいポジション争いを繰り広げることとなるが、数少ない下部組織出身の新星FWはインパクトを残すことができるのだろうか。 2018.06.18 00:20 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース