長谷部リベロでフル出場もフランクフルトはフライブルクにドロー《ブンデスリーガ》2018.01.14 01:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトは13日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクとホームで対戦し、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ外だった。

▽前半戦最終戦となった前節シャルケ戦を2-2の引き分けに持ち込まれた8位フランクフルト(勝ち点26)は、風邪で欠場が続いていた長谷部が3バックの中央で先発となった。

▽リーグ戦5戦負けなしの13位フライブルク(勝ち点19)に対し、フランクフルトがボールを保持する展開となると、10分にロングフィードに抜け出したアラーがGKを強襲するシュートを浴びせた。

▽続く13分のピンチをヴォルフのゴールライン上でのスーパークリアで凌いだフランクフルトは、18分のピンチを長谷部が防ぎ、均衡を保っていく。

▽すると28分、右CKの流れからゴール前に飛び込んだアラーがスライディングシュートを流し込んでフランクフルトが先制した。

▽ハーフタイムにかけてもアラーのシュートやガシノビッチのシュートで追加点に迫ったフランクフルトが主導権を握ったまま前半を終えた。

▽迎えた後半開始6分、左CKからコッホのヘディングシュートで同点とされたフランクフルトは、フライブルクに互角の攻防に持ち込まれていく。

▽思うように攻撃を展開できないフランクフルトは、79分に久々のチャンス。右クロスをアラーがヘディングシュート。しかし、枠の右に外してしまった。

▽結局、決め手を欠いたフランクフルトは勝ち越しゴールを奪えずに1-1で引き分け。勝ち点2を失っている。

コメント

関連ニュース

thumb

PK献上&肘打ち一発退場の長谷部誠に独メディアは辛口…コバチ監督も「起きてはいけない」

フランクフルトは21日に行われたブンデスリーガ第31節でヘルタ・ベルリンにホームで0-3と完敗。この一戦でPKを献上し、終盤には退場となった長谷部誠に対するドイツメディアの評価は低かった。<br><br>来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を視野に入れていたフランクフルトだが、この敗戦により勝ち点46と7位のまま。この試合では昨年12月から公式戦15試合連続フル出場とチームの不可欠な存在となっていた長谷部は57分にPKを献上すると、0-2の状況の80分には相手FWデイヴィ・ゼルケに肘を振ってしまい、一発退場となった。<br><br>そしてやはりドイツメディアはそのパフォーマンスを辛口評価。『キッカー』『ビルト』はそろって長谷部のプレーを「5」としている。『ビルト』では「ゼルケとの大したことのない一対一の競り合いを主審はPKに値するファウルと判定。肘打ちでの一発退場は妥当」とのコメントが記された。<br><br>また、採点を行わないものの学校の成績に例える形での評価を展開する『フランクフルター・ルンドシャウ』は、長谷部について「ブラックな土曜日だった。すべてがうまくいかなかった。ゼルケが大げさに倒れたかもしれないが、PKを献上。そして彼のヒューズがすべてぶっ飛んだ。ゼルケに肘を振ったのだ。彼にそういうことは起きてはいけない」と寸評。「チームに迷惑をかけ、終盤戦では欠場になる。愚かな行為だった」と数試合の出場停止処分が科される可能性も言及された。<br><br>なお長谷部に絶大な信頼を寄せてきたフランクフルトのニコ・コバチ監督は、その行為に驚きを覚えたようだ。試合後、「彼にそういうことは起きてしまってはいけない。年齢的にもね」とベテラン選手が感情に流されてしまったことを非難した。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.23 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ヒジ打ち被害者のゼルケが、翌日の長谷部誠の対応を明かす「偉大な行為」

▽フランクフルトの日本代表MF長谷部誠がヒジ打ちで一発退場となったが、その後の対応を被害者のヘルタ・ベルリンFWダビー・ゼルケが明かした。ドイツ『BZ』が報じた。 ▽事件は21日に行われたブンデスリーガ第31節のフランクフルトvsヘルタ・ベルリンで起こった。まずは0-0で迎えた56分、ゼルケの抜け出しに対応した長谷部が、ボックス内でファウルを犯したとしてPKの判定に。微妙なジャッジはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によって決定された。さらに0-2で迎えた79分、右サイドで長谷部がドリブルで運ぶと、後ろからチェイスしたゼルケに対し、ヒジ打ちを見舞い、長谷部は一発退場となっていた。 ▽この件に関し、ゼルケがコメント。ヒジ打ち後の長谷部の対応を明かし、称賛の言葉を送った。 「僕は頬骨を完全にヒジ打ちをされた。そして倒れ込んだことで、まだ頭が痛いよ。そのおかげで、問題はなかったけど、ピッチを去ることになったんだ」 「信じられなかったのは、その後にドーピング・コントロールに行かなくてはいけなかったことだよ」 「長谷部は僕に電話をかけてきて、謝罪したんだ。偉大な行為だね。僕は怒っていないし、ヒジ打ちを訴えるつもりもなかった。それがフットボールだよ」 ▽また、VARに寄って獲得したPKについても言及。PKで間違いないとの見解を語った。 「シミュレーションにも見えたかもしれないけど、実際には僕が向きを変えた時に彼のヒジが当たって、僕が倒れたということだ。つまり、僕のPKだったということだよ」 2018.04.23 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

PK献上&肘打ちで一発退場の長谷部誠…独メディアも辛辣評価「神経をすり減らした象徴」

フランクフルトはブンデスリーガ第31節で、ヘルタ・ベルリンに0-3と完敗。この試合で退場となった長谷部誠に、地元メディア『Frankfurter Neue Presse』が伝えた。<br><br>来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指すフランクフルトは、本拠地「コメルツバンク・アレーナ」にヘルタを迎えた。しかし、前半にチャンスを決めきれずにいると、57分に長谷部がPKを献上し失点。さらに77分に追加点を許す。<br><br>するとその2分後、長谷部がボールを持って運んでいったところにダヴィー・ゼルケがプレス。ややファウル気味の寄せに長谷部は苛立ち、肘を振ってしまう。これがゼルケの顔面に直撃し、一発退場となった。数的不利に陥ったフランクフルトは、後半アディショナルタイムにも失点し、ホームで完敗となった。<br><br>この敗戦を、『Frankfurter Neue Presse』は「フランクフルトはすべてが間違っていた」とし、<br><br>「ヘルタは無害だった。しかし、失点後は完全に混乱し、不安定な戦いだった。(ニコ)コバチのチームはコミットしていたにも関わらず、最初の45分でゴールを奪えなかった。象徴的なのが、神経をすり減らしたハセベの行動だ」<br><br>そして、来季のCL出場権を目指すよりも、7位という順位をキープするために戦うべきと提言している。<br><br>「今や、7位の座が危うくなることに注意しなければならない。フランクフルトが欧州カップ戦出場権を獲れず、半分以下の順位で終えれば、それは腹立たしいことだ」<br><br>リーグ戦直近4試合で3敗目を喫したフランクフルト。4位レバークーゼンとの差は「5」となっている。残り3試合は、バイエルン・ミュンヘン、残留争いを繰り広げるハンブルガーSV、そして2位シャルケと難しい対戦が続くことになる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部がヒジ打ちで一発退場! PKも献上しチームは完敗…《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは21日、ブンデスリーガ第31節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、0-3で完敗した。フランクフルトのMF長谷部誠は先発し、79分に一発退場している。MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽前節レバークーゼン戦を1-4と惨敗して7位に後退したフランクフルト(勝ち点46)は、3日前に行われたDFBポカール準決勝ではシャルケに1-0と辛勝し、2年連続決勝進出を決めた。そのフランクフルトは長谷部が3バックの中央で先発となった。 ▽9位ヘルタ(勝ち点39)に対し、ポゼッションする展開で立ち上がったフランクフルトは9分に決定機。クリアミスをボックス中央で拾ったヨビッチがシュートに持ち込むも枠の上に外してしまう。さらに19分、相手のミスパスをカットしたヨビッチのラストパスをガシノビッチがシュートしたが、バーを直撃した。 ▽相手のミスに付け入ることができなかったフランクフルトは、一進一退の攻防を強いられた中、34分にチャンドラードがミドルシュートでオンターゲットを記録。しかし、ゴールを割れずに前半を終えた。 ▽迎えた後半、55分にフランクフルトは長谷部がPKを献上してしまう。ボックス左に進入したゼルケに対し、長谷部が手をかけて倒したと判定された。これをゼルケに決められ、フランクフルトは先制を許してしまう。 ▽失点を受けて前がかるフランクフルトは、69分にファビアンがGKヤルシュテインを強襲するシュートを浴びせるも、77分に追加点を許す。ゼルケにディフェンスライン裏を取られてネットを揺らされた。リプレーで見るとオフサイド気味だったが、認められた。 ▽そして厳しい判定にイライラを募らせた長谷部が79分に爆発する。ゼルケにファウルを受けてカッとなり、ヒジ打ちを見舞って一発退場となった。10人となったフランクフルトは追加タイムにも失点し、0-3で完敗。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が絶望的な状況となった。 2018.04.22 01:52 Sun
twitterfacebook
thumb

「久しぶりにどん底でチームとは反対に上手くいってへん」…フランクフルト鎌田大地、苦しい現状に胸中明かす

▽フランクフルトに所属するMF鎌田大地が、苦しい現状に対して心境を明かした。 ▽2015年に東山高校からサガン鳥栖に入団した鎌田は、ルーキーながらJ1リーグに21試合出場して3ゴールを記録。翌年には7ゴールを挙げるなど、攻撃センスを発揮し続けると、2017年6月にフランクフルトへ移籍した。 ▽フランクフルト加入以降、2017年8月12日のDFBポカール1回戦で公式戦初先発を飾り、続く20日にはフライブルクとのブンデスリーガ開幕戦にも出場して、ドイツ生活も順調かに思われた。しかし、そこから出場機会は激減。昨年末からはベンチ入りすらままならない状況が続き、ここまで公式戦4試合の出場に留まっている。 ▽そんな中、DFBポカールで勝ち進むチームは、18日に行われたシャルケとの準決勝でも1-0で勝利して2年連続の決勝進出が決定。しかし、この日も鎌田はベンチ外。試合後、鎌田は自身のインスタグラム(kamadadaichi)でチームの決勝進出を祝福しながら、出場機会を得ることができていない現状に心境を明かしている。 「ポカール2年連続決勝進出。チームメイト全員をリスペクトです」 「僕自身これまでのサッカー人生でこんなにチームが上にいるのは初めてで上にいるチームはこーいうことなのかと初めて経験できてます。でも自分は久しぶりにどん底でチームとは反対に上手くいってへん」 「こんな感覚は久しぶりで世界に出たからこそ味わえてるんやなと。素晴らしいことやしこっちで世界のサッカーが出来て素晴らしい選手達とできるこの環境」 「自分達みたいなのがこっちで成功することが大事やし自分の為にも日本の未来の為にも若い自分達世代が今耐え時かなと」 「今夜は素晴らしかった。自分のイメージ通りのサッカー人生がおくれるように頑張り続けます!」 2018.04.20 09:25 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース