長谷部リベロでフル出場もフランクフルトはフライブルクにドロー《ブンデスリーガ》2018.01.14 01:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトは13日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクとホームで対戦し、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ外だった。

▽前半戦最終戦となった前節シャルケ戦を2-2の引き分けに持ち込まれた8位フランクフルト(勝ち点26)は、風邪で欠場が続いていた長谷部が3バックの中央で先発となった。

▽リーグ戦5戦負けなしの13位フライブルク(勝ち点19)に対し、フランクフルトがボールを保持する展開となると、10分にロングフィードに抜け出したアラーがGKを強襲するシュートを浴びせた。

▽続く13分のピンチをヴォルフのゴールライン上でのスーパークリアで凌いだフランクフルトは、18分のピンチを長谷部が防ぎ、均衡を保っていく。

▽すると28分、右CKの流れからゴール前に飛び込んだアラーがスライディングシュートを流し込んでフランクフルトが先制した。

▽ハーフタイムにかけてもアラーのシュートやガシノビッチのシュートで追加点に迫ったフランクフルトが主導権を握ったまま前半を終えた。

▽迎えた後半開始6分、左CKからコッホのヘディングシュートで同点とされたフランクフルトは、フライブルクに互角の攻防に持ち込まれていく。

▽思うように攻撃を展開できないフランクフルトは、79分に久々のチャンス。右クロスをアラーがヘディングシュート。しかし、枠の右に外してしまった。

▽結局、決め手を欠いたフランクフルトは勝ち越しゴールを奪えずに1-1で引き分け。勝ち点2を失っている。

コメント

関連ニュース

thumb

鎌田大地、前半戦出場4試合もレンタルはなしか…コバチ監督「順応しなければならない」

フランクフルトのMF鎌田大地はレンタルに出される可能性は低そうだ。ドイツ『フランクフルター・ルンドシャウ』が報じた。<br><br>鎌田は昨夏、サガン鳥栖からフランクフルトへと加入。夏のプレシーズンマッチでは確かな結果を残しているかに見えたが、シーズンが始まるとなかなかチャンスが与えられず。前半戦が終わってわずか4試合の出場にとどまっている。<br><br>21歳と将来有望なだけに他クラブで経験を積む可能性も否定できなかったが、ニコ・コバチ監督はレンタルでの放出に否定的な姿勢を見せているという。<br><br>時間がかかっていることを認めながら「彼は順応しなければならない」とコメント。さらに、「貸し出すのは彼に依存した問題ではない」とクラブが決定権を持っていることを強調した。<br><br>出場はおろか、ベンチ入りも難しくなっている鎌田。後半戦でチャンスは巡ってくるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.01.08 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部誠、ひざの問題を乗り越えた?「前より調子ははるかに良い」と強調、契約延長も視野に

フランクフルトに所属する日本代表の主将、MF長谷部誠の調子は良さそうだ。ドイツ誌『キッカー』で自身の状態や将来について話している。<br><br>昨年の3月に行われたバイエルン戦でひざを負傷し、手術を強いられた長谷部だが、その影響で今シーズン前半戦もコンスタントに試合に出場することができなかった。一部のドイツメディアでは、33歳のベテランは今シーズン限りで引退を表明する可能性も伝えられていた。<br><br>しかし、長谷部はスペインのウィンターキャンプで「前より調子ははるかに良いです」と報告。「すごく時間がかかりました。前半戦は(コンディションは)良いときと悪いときがありましたが、このようなケガの場合、それが普通だと思います。ですが、今は気分が良いですし、調子が良いことをこれからピッチでも示したいです」と状態が大きく改善された様子をうかがわせている。<br><br>フランクフルトとの契約は今夏に満了となる。夏以降の去就については「興味深いオファーが届けば、すべてを想像できます」と、日本への復帰やアメリカに向かうことも考えられるという。だが、「今はまだ何も決まっていませんが、当然今後もフランクフルトでプレーすることを望んでいます」と現クラブとの延長を優先する考えを強調。「家族はフランクフルトやドイツがとても居心地良いです。何度も繰り返してきましたが、僕は現役引退後ドイツに残ることを希望しています」とあらためて引退後は生活の拠点をドイツに置くつもりだと言及している。<br><br>前半戦を8位で終えたフランクフルトだが、長谷部は「もちろん、来シーズン、欧州の大会に参加することは夢です」とコメントした。「昨シーズンも、みんなとヨーロッパリーグに参戦したいと話していましたが、結局叶いませんでした。夢を見ることも良いですが、謙虚に取り組んでいかないといけませんね」と語り、「攻撃をもっと上手くやらないといけません。攻撃は前方のフォワードたちだけの仕事ではなく、後方のGKの位置から始まるものですからね」と課題も指摘している。<br><br>一方、クラブの強化を担当するフレディ・ボビッチ取締役は同選手について「マコトはトップ級のプロ選手」と称賛している。「健康であれば、我々にとってものすごく貴重な選手だ。彼のコンディションや安定性に関して、様子を見ていきたい。当然、彼の将来について、これからの数週間に彼と話し合うことになるだろう」と契約延長の交渉を検討していることを示唆した。来シーズンもフランクフルトに残る可能性が高まっているかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.04 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

欠場続く長谷部誠がDFBポカールで復帰か? コバチ監督が明かす

▽風邪により戦列を離れていたフランクフルトの日本代表MF長谷部誠が、DFBポカールで復帰する可能性があるようだ。ニコ・コバチ監督が前日会見で明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽長谷部は、右ヒザのケガの影響もあり出場機会が限られている中、先日からは風邪の影響で戦列を離れており、リーグ戦ここ3試合を欠場している。 ▽フランクフルトは、20日に行われるDFBポカール3回戦でハイデンハイムと対戦。その試合で、長谷部が復帰する可能性があるとコバチ監督が明かした。 「長谷部誠はトレーニングに復帰している。ハイデンハイム戦の選択肢の1つだ」 ▽フランクフルトは、MFマルコ・ファビアンやMFオマール・マスカレルなど負傷者を抱えており、DFダビド・アブラアムも負傷。3選手ともハイデンハイム戦は欠場となる見込みだ。 2017.12.20 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

2位シャルケ、長谷部&鎌田ベンチ外のフランクフルトにナウドのラストプレー弾で辛くもドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第17節、フランクフルトvsシャルケが16日に行われ、2-2で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地は共にベンチ外となっている。 ▽前節ハンブルガーSV戦を2-1と逆転勝利した8位フランクフルト(勝ち点25)は、ここ2試合連続ベンチ外の長谷部と鎌田が引き続きベンチ外となった。 ▽対する2位シャルケ(勝ち点29)は、前節アウグスブルク戦を3-2と打ち勝ってここ10試合負けなしと好調。首位バイエルンを9ポイント差で追う中、アウグスブルク戦のスタメンから2選手を変更。ディ・サントとマッキーニーに代えてシェプフとコノプリャンカを起用した。 ▽試合は開始1分にフランクフルトが先制する。レビッチが左サイドでボールをキープしてボックス左のガシノビッチへ。ガシノビッチが中に入れたクロスをヨビッチが押し込んだ。 ▽失点を受けて前がかったシャルケだったが、フランクフルトの守備を崩しきれない状況が続く。28分にようやくコノプリャンカが左サイドからのカットインシュートでゴールに迫ると、36分に決定機。右サイドのスペースを突いたコノプリャンカのグラウンダークロスにアリが合わせるも、シュートは威力を欠いてGKにキャッチされてしまった。 ▽さらに追加タイム1分にもシャルケにビッグチャンス。ブルクシュタラーの折り返しをボックス右のシェプフがダイレクトでシュート。枠を捉えていたが、GKフラデツキーのビッグセーブに阻まれてしまった。 ▽後半も1点を追うシャルケが仕掛けたものの、こう着状態を打破できなかったことから56分にアリに代えてディ・サントを投入した。 ▽しかし65分、スタンブリのパスをカットしたガシノビッチがショートカウンターを発動。ボックス左深くまでえぐって入れたパスを最後はアラーが決めて、フランクフルトに追加点が生まれた。 ▽2点を追う展開となったシャルケはシェプフに代えてエンボロを投入。ハーフコートゲームに持ち込むと、77分にナスタシッチが直接FKでゴールを脅かす。そして、82分に1点を返した。マックス・マイヤーのフィードをボックス左で受けたブルクシュタラーの折り返しをファーサイドのエンボロが押し込んだ。 ▽終盤にかけても攻勢に出たシャルケは、与えられた4分の追加タイムが過ぎた95分に同点に持ち込む。ロングボールで混戦を生むと、パワープレーで前線に上がっていたナウドがペナルティアーク中央からゴール右へ蹴り込んだ。 ▽直後にタイムアップとなり、シャルケは勝ち点1をもぎ取り、フランクフルトは勝ち点2を失った。 2017.12.17 04:20 Sun
twitterfacebook
thumb

伊藤途中出場のHSVが長谷部&鎌田ベンチ外のフランクフルトに惜敗《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第16節、ハンブルガーSVvsフランクフルトが12日に行われ、1-2でフランクフルトが勝利した。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場せず、FW伊藤達哉は67分からプレーした。また、フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地はそれぞれベンチ外となった。 ▽前節ヴォルフスブルク戦を0-0で引き分け、2戦連続ゴールレスドロー中の15位HSV(勝ち点15)は、ヴォルフスブルク戦で3試合ぶりに先発した伊藤はベンチに戻り、11試合ぶりにベンチスタートで出場機会のなかった酒井高は引き続きベンチスタートとなった。 ▽対する9位フランクフルト(勝ち点22)は前節バイエルン戦を0-1と惜敗。前節共にベンチ外だった長谷部と鎌田は引き続きベンチ外となった。 ▽開始3分にアブラアムがコスティッチとの競り合いで右足首を痛め、サルセドとの交代を強いられたフランクフルトに対し、HSVが9分に先制する。右CKからレビッチに競り勝ったパパドプーロスがヘディングでねじ込んだ。 ▽それでも16分、鋭いカウンターを狙うフランクフルトが同点に追いつく。チャンドラーの右クロスを受けたボックス右のヴォルフがDFを交わして右足を強振。強烈なシュートがGKの手をすり抜けてネットを揺すった。 ▽さらに24分、勢い付くフランクフルトが逆転する。ヴォルフのパスを受けたチャンドラーの右クロスをゴール前に飛び込んだガシノビッチが右足で押し込んだ。 ▽ハーフタイムにかけてもオープンな攻防が続いた前半はフランクフルトが1点をリードしたまま終了した。 ▽迎えた後半、攻勢に出たHSVは開始5分に決定機。FKの流れからルーズボールをゴール前のアルプがボレー。しかし、ゴール至近距離からの強烈なシュートはGKフラデツキーのビッグセーブに阻まれた。 ▽さらに54分、コスティッチのシュートをボックス内でカットしたディークメイアーがネットを揺らすもオフサイドに阻まれた。 ▽その後、67分にワルドシュミットに代えて伊藤を右サイドに投入したHSVは、75分に伊藤の右サイドゴールライン際からのクロスをエクダルがヘディングで合わせるも、威力を欠いてGKにセーブされる。 ▽終盤にかけてもHSVが攻勢に出たが、GKフラデツキーがゴールを許さずフランクフルトが勝利。日本人対決が実現しなかった試合はフランクフルトに軍配が上がった。 2017.12.13 06:57 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース