武藤が今季4ゴール目もフュルクルクのハット許したマインツ逆転負け《ブンデスリーガ》2018.01.14 01:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マインツは13日、ブンデスリーガ第18節でハノーファーとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。マインツのFW武藤嘉紀は81分までプレーし、今季4点目を記録している。

▽前半戦最終戦となった前節ブレーメン戦を2-2の引き分けに持ち込んだ15位マインツ(勝ち点17)は、背中の負傷が癒えて5試合ぶりに前節復帰した武藤が[3-5-2]の2トップの一角で引き続きスタメンとなり、この冬に獲得したデ・ヨングが中盤のアンカーで先発となった。

▽11位ハノーファー(勝ち点23)に対し、互角の攻防で立ち上がったマインツは、19分にピンチ。セットプレーからアントンのヘディングシュートを許したが、GKゼントナーがファインセーブで凌いだ。

▽すると26分、武藤が先制ゴールを奪う。左クロスを受けたボックス中央の武藤が左足でボールをスライドし、DFを外して左足を振り抜くと、シュートがゴール右に決まった。

▽武藤の今季4ゴール目で先制したマインツはさらに31分、右サイドからのFKをファーサイドのハックがヘディングシュートで流し込んで追加点を奪った。

▽しかし33分に左CKからフュルクルクにヘディングシュートを決められて1点差に詰め寄られたマインツは、37分にデ・ヨングがボックス内のクラウスを倒してPKを献上。これをフュルクルクに決められ、試合を振り出しに戻されて前半を2-2で終えた。

▽迎えた後半、56、58分と立て続けにフュルクルクに決定機を許したマインツは、68分に勝ち越しのチャンス。左CKからニアのハックがヘディングシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。

▽すると75分に逆転される。シュートのルーズボールをボックス中央のフュルクルクに拾われて左足でネットを揺らされた。

▽フュルクルクのハットトリックで2点差をひっくり返されたマインツは、武藤に代えてこの冬に獲得したウジャーを投入。すると84分、ドナーティのミドルシュートでゴールに迫るも、わずかに枠の左に外れた。このまま2-3で敗れたマインツは、6戦勝利から見放される格好となった。
コメント
関連ニュース
thumb

原口と浅野が先発のハノーファー、原口先制アシストも浅野が決定機逸… 終盤のPK被弾でドロー《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは8日、ブンデスリーガ第14節でマインツとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ハノーファーのFW原口元気はフル出場、FW浅野拓磨は79分までプレーしている。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦を落として2連敗となった17位ハノーファー(勝ち点9)は、浅野が第3節以来、原口が4試合ぶりの先発となった。 ▽10位マインツ(勝ち点18)に対し、[3-5-2]を採用したハノーファーは原口が中盤の右、浅野が右インサイドMFの位置で先発となった。 ▽開始5分にマテタに決定的なヘディングシュートを許したハノーファーだったが、立て続けにチャンスを生み出していく。まずは8分、ロングボールに抜け出した浅野が落としたボールをボックス右のヴァイダントがシュート。しかし、枠の外に外してしまった。 ▽続く9分、今度は浅野に決定機。ボックス左ゴールライン際からヴァイダントがマイナスに折り返したクロスを浅野がダイレクトでシュート。だが、枠の上に外れてしまった。 ▽それでも12分、ハノーファーが押し切る。原口が右サイドから上げたクロスをヴァイダントがボレーで合わせてネットを揺らし、先制ゴールとなった。 ▽リードして以降は原口が自陣に下がって5バックを形成し、マインツの攻撃を凌いでいく展開に。27分には原口が右サイドからカットインしての左足シュートで牽制した。ハーフタイムにかけてはハノーファーが集中した守備でチャンスを与えず、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、発煙筒の煙がピッチ内に充満したことで開始早々、数分間の中断となった。 ▽視界が開けてリスタートとし、引き続きハノーファーが重心を低くして応戦する中、61分にラツァにポスト直撃のミドルシュートを浴びてしまう。 ▽耐えるハノーファーは75分、浅野に決定機。ヴァイダントのスルーパスに抜け出した浅野がGKと一対一に。しかし、シュートはGKに止められてしまった。 ▽79分には浅野を下げ、DFのエレスを投入して逃げ切りを図ったハノーファーだったが、87分にPKを献上してしまう。ボックス右に侵入したマテタに対し、オストルツォレクが身体を当てるとPK判定となった。 ▽そしてこのPKをブロシンスキに決められ、ハノーファーは同点に追い付かれてしまう。結局、10分あった追加タイムで勝ち越しゴールを奪えなかったハノーファーは、今季3勝目を逃している。 2018.12.10 01:36 Mon
twitterfacebook
thumb

宇佐美が終盤出場のデュッセルドルフ、マインツに惜敗で降格圏脱せず《ブンデスリーガ》

▽デュッセルドルフは11月30日、ブンデスリーガ第13節でマインツをホームに迎え、0-1で惜敗した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は80分から出場している。 ▽前節バイエルン戦をルケバキオのハットトリックで引き分けに持ち込んだ17位デュッセルドルフ(勝ち点9)は、宇佐美が4試合ぶりにベンチスタートとなった。 ▽10位マインツ(勝ち点15)に対し、デュッセルドルフは8分に決定機。注目のルケバキオがロングボールに抜け出してシュート。飛び出したGKの股間を抜けてゴールへ向かったが、戻ったブロシンスキにゴールライン前でクリアされた。 ▽その後もルケバキオが攻撃を牽引するデュッセルドルフは20分にそのルケバキオがボックス左からGKを強襲するシュートを浴びせれば、続く35分にはショートカウンターの流れからヘニングスもGKを強襲するシュートを放ち、先制ゴールに近づいていく。 ▽主導権を握りながらもゴールレスで迎えた後半、デュッセルドルフは53分に右CKからフリーのカミンスキがヘッド。しかし、ミートしきれず枠に飛ばせなかった。 ▽後半に入ってルケバキオのボールタッチが減ったデュッセルドルフが膠着状態を強いられると、67分に失点する。スルーパスでボックス左に侵入されたマテタにシュートを流し込まれた。 ▽失点を受けてルケバキオに代えラマンを投入したデュッセルドルフは71分にCKからツィンマーマンが打点の高いヘッドでゴールに迫ったが、GKゼントナーのファインセーブに阻まれた。 ▽その後はゴールに迫れない状況が続いたため、80分に宇佐美を右サイドに投入。すると88分、宇佐美の正確なロングフィードから決定機。しかしボックス内でパスを処理したヘニングスのシュートはGKゼントナーのファインセーブに阻止されてしまった。 ▽続く90分にはラマンの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、ここもGKゼントナーに止められ、0-1でタイムアップ。降格圏に沈むデュッセルドルフは勝ち点を積み上げることができなかった。 2018.12.01 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

“スーパーサブ”のパコ弾などでドルトムントが逃げ切り、クラブ記録の12戦無敗スタート《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは24日、ブンデスリーガ第12節でマインツとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽代表ウィーク前の前節バイエルンとのデア・クラシカーを3-2で制して首位固めに成功したドルトムント(勝ち点27)は、4日後にチャンピオンズリーグのクラブ・ブルージュ戦を控える中、ロイスやサンチョ、ヴィツェルら主力を起用した。 ▽2連勝中の9位マインツ(勝ち点15)に対し、[4-2-1-3]で臨んだドルトムントは3トップに右からサンチョ、ゲッツェ、ラーセンと並べ、トップ下にロイスを配した。 ▽そのドルトムントが押し込む流れで推移すると、まずは4分にCKからアカンジのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKの守備範囲に飛んでしまう。さらに10分、右クロスからロイスがヘディングシュートと、良いリズムで試合を運んでいく。 ▽そんな中20分、ディフェンスライン裏を取られてマテタにボックス左からシュートを許したが、GKビュルキが好守で凌いだ。 ▽その後は21分にヴィツェルが左足ミドルで、27分にアーロンがミドルシュートでGKビュルキを襲うなど、一進一退の攻防で推移。ハーフタイムにかけてはマインツの前に好機を生み出せなかったドルトムントはゴールレスで前半を終えた。 ▽後半開始直後、マテタに際どいシュートを許したドルトムントは、なかなかシュートチャンスを作ることができない。そこで64分、ゲッツェに代えてスーパーサブのアルカセルを投入。すると66分、そのアルカセルのゴールでドルトムントが試合を動かした。サンチョのスルーパスでボックス右に抜け出したロイスの折り返しをアルカセルが押し込んだ。 ▽しかし70分、すかさず同点に追いつかれてしまう。ハックのスルーパスがヴィツェルに当たってコースが変わると、ボックス中央で拾ったクアイソンにGKとの一対一を制された。さらに74分、マテタに際どいミドルシュートを打たれたドルトムントだったが、76分に勝ち越す。ボックス手前右からピシュチェクの放ったコントロールシュートがゴール右上に決まった。 ▽終盤にかけては押し込まれたドルトムントだったが逃げ切り。12戦無敗スタートのクラブ記録を樹立し、首位固めに成功している。 2018.11.25 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

元オーストリア代表MFイヴァンシッツが35歳で現役引退! 多くの国を渡り歩いた天才MF

▽元オーストリア代表MFアンドレアス・イヴァンシッツ(35)が現役引退を発表した。同選手が5日に自身のSNSで明かした。 ▽母国のレジェンド、“アンドレアス・ヘルツォークの再来”と評された天才型の攻撃的MFは19年のキャリアに幕を閉じることに際して以下のようなコメントを残している。 「今日、19年を過ごしてきたプロキャリアを終える決断をした。このスポーツは僕に多くのものを与えてくれた」 「勝利、敗北、情熱、興奮、異なる国の異なるチームに加入すること。だけど、素晴らしいことはいつか終わりを迎えるものなんだ。家族やクラブ、監督やスタッフ、チームメート、そのすべてに大きな感謝を示したい」 「そして、僕のキャリアを通じて常にサポートしてくれたすべてのファンに感謝したい。あなた方はいつでも自分がホームにいることを感じさせてくれたんだ。そのことは生涯忘れない。本当に素晴らしい旅立った。みんな、ありがとう!」 ▽母国の名門、ラピド・ウィーンでプロキャリアをスタートしたイヴァンシッツは、その後パナシナイコスやマインツ、レバンテで活躍。その後、メジャーリーグサッカーのシアトル・サウンダーズでのプレーを経て2017年からはビクトリア・プルゼニでプレー。だが、昨季限りで同クラブとの契約が終了した後はフリーの状態が続いていた。 ▽また、高精度の左足を生かしたプレースキックを売りとする攻撃的MFは、オーストリア代表として通算69試合に出場して12ゴールを記録。母国オーストリアとポーランドの共催となったユーロ2008本大会でもプレーしていた。 2018.11.07 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マインツ、U-21スペイン代表DFアーロンを買い取り2023年まで契約延長

▽マインツは5日、U-21スペイン代表DFアーロン・マルティン(21)をエスパニョールから完全移籍で買い取り、2023年6月30日まで契約したことを発表した。 ▽今夏、エスパニョールから加入した左サイドバックのアーロンは、今季ここまでブンデスリーガで9試合、DFBポカールに1試合先発し、レギュラーとして活躍している。契約条項により、公式戦10試合に出場すると完全移籍に切り替わるとのことで、エスパニョールには600万ユーロ(約7億7000万円)が支払われるという。なお、今後アーロンの出場試合数が増えると、最大で1200万ユーロまで移籍金が増額するとのことだ。 ▽エスパニョールの下部組織出身であるアーロンは、U-16からU-21までスペイン代表に選出されてきた。2016年10月にエスパニョールでトップチームデビューを飾り、昨季はリーガエスパニョーラ32試合に出場していた。 2018.11.06 02:32 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース