FC東京新加入の6名が抱負! MF大森晃太郎「タイトルを獲れるように」2018.01.14 00:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽FC東京は13日に新体制発表会を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。

▽今シーズンからFC東京に加入するのは、MF大森晃太郎、FW富樫敬真、FWディエゴ・オリヴェイラ、FW矢島輝一、FW原大智、MF品田愛斗の6名。それぞれが挨拶を行い、抱負を語った。

◆FWディエゴ・オリヴェイラ
(C)CWS Brains,LTD.

「こんばんは。柏レイソルから来ました。ディエゴ・オリヴェイラです。ポジションはフォワードです。積極的に前で勝負を仕掛けてチームに貢献ができるように、チームの目標を達成できるように協力していきたいと思います」

◆FW富樫敬真
(C)CWS Brains,LTD.

「こんばんは。横浜F・マリノスから加入した富樫敬真です。ポジションはフォワードをやってます。攻守ともにアグレッシブにプレーして、相手の嫌なことを、仲間が楽になるようなプレーをひたすらやり続けることが僕の仕事だと思っています。FC東京らしい位置、もっと上に行けるように全力で貢献していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします」

◆FW矢島輝一
(C)CWS Brains,LTD.

「こんばんは。中央大学から加入しました、矢島輝一です。ポジションはフォワードです。スクールの頃からお世話になった、FC東京という素晴らしいクラブでプロとしての第一歩を踏み出せることを大変嬉しく思っています。1日でも早く味スタでゴールを決めて、ファン・サポーターの皆様と喜びを分かち合い、青赤の選手として認めてもらえるように頑張っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします」

◆FW原大智
(C)CWS Brains,LTD.

「こんばんは。FC東京U-18から昇格しました、フォワードの原大智です。特徴は高さを生かしたヘディングと、裏に抜け出してゴールを決めることです。ニックネームは、”タイチ”と呼んでいただけると嬉しいです。僕も輝一君と同じでスクールの頃からやってきた大好きなチームなので、大好きなサポーターの前でゴールを決めて恩返しをしたいという気持ちです。応援よろしくお願いします」

◆MF大森晃太郎
(C)CWS Brains,LTD.

「こんばんは、大森です。ヴィッセル神戸から加入しました。ポジションはミッドフィルダーで、特徴は推進力です。ニックネームは”モリモリ”です。タイトルを獲れるように頑張ります。よろしくお願いします」

◆MF品田愛斗
(C)CWS Brains,LTD.

「こんばんは。FC東京U-18から昇格しました、MF品田愛斗です。ポジションはミッドフィルダーです。”マナト”と呼んでください。今シーズンは、自分なりに課題と向き合って、チームのタイトル獲得に貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

【J1ピックアッププレビュー】継続か、転換か――異なる意図持つ両クラブが激突《柏vsFC東京》

▽ロシア・ワールドカップ開催に伴う約2カ月の中断期間を経て、18日に再開のときを迎える明治安田生命J1リーグ。2位につけるFC東京は、第16節で9位に位置する柏レイソルのホーム、三協フロンテア柏スタジアムに乗り込む。 ◆加藤望監督体制、本格始動〜柏レイソル〜 ▽上位を目指していた柏は中位を彷徨い、中断直前に下平隆宏前監督が退任、加藤望監督が後を引き継いだ。すると、中断前最後の一戦、第15節名古屋グランパス戦で勝利。良い形で夏前を締めた柏は、中断期間中に負荷の高いトレ―ニングを行い徹底的に加藤イズムを浸透させた。補強に関しても、名古屋に移籍したDF中谷進之介の後釜としてフルミネンセ(ブラジル)からDFナタン・ヒベイロを獲得するなど、派手な変化はしていない。現有戦力のレベルアップを図る方針を貫いた。しかし、天皇杯3回戦ではモンテディオ山形に敗北。下平前監督体制同様、チャンス時に決め切れなかった敗戦に、加藤監督は「危機感として持てていない甘さ」、「選手に伝え切れてない甘さ」と“甘さ”が抜けていないとコメントしている。“苦い”経験を糧に、しぶとく勝ち切るという姿勢を示せるか。そういった部分で長所を持つFC東京を相手に、柏の底力が試される。 ◆エース欠く戦い〜FC東京〜 ▽好調を継続している2位のFC東京は、主にバックアッパーを務めていたDF丸山祐市とDF吉本一謙を中断期間中に放出。長谷川健太監督との再タッグとなるFWリンスを獲得し、攻撃の戦力は拡充したものの、センターバックの陣容には不安を抱えている。また、そのFWリンスも柏戦では登録が完了しないため、出られず。エースFWディエゴ・オリヴェイラも柏からの期限付きで加入しているため、契約上の関係で起用することができない。さらに、主力FW永井謙佑も負傷により欠場が濃厚なほか、チームに経験をもたらしてきたFW前田遼一も6月23日に負傷し、全治4週間と伝えられている。中断以前、以降でガラリと風向きが変わることも多いJリーグ。開幕からの好調を引き継ぎ優勝を目指すのであれば、このタイミングでの勝利は必須だ。槍を欠くFC東京に求められるのは、第一に守備の部分でこれまで通りのプレーを見せること。そして、攻撃の部分で出場機会の少なかった選手のモチベーションを引き出し、チームとしての戦いを示すことだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆柏レイソル[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180717_22_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:中村航輔 DF:小池龍太、パク・ジョンス、中山雄太、亀川諒史 MF:栗澤僚一、大谷秀和、キム・ボギョン FW:伊東純也、江坂任、クリスティアーノ 監督:加藤望<hr>▽MF小泉慶が累積警告により出場停止。また、MF中川寛斗は5月2日の第12節以来ベンチ入りすらしておらず、状態が危ぶまれている。フォーメーションに関しては、これまで用いていた[4-2-3-1]ではなく、加藤監督が基軸とする[4-3-3]が濃厚だ。 ◆FC東京[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180717_22_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:大久保択生 DF:室屋成、岡崎慎、森重真人、太田宏介 MF:橋本拳人、米本拓司 MF:大森晃太郎、高萩洋次郎、東慶悟 FW:富樫敬真 監督:長谷川健太<hr>▽9得点でエースとして活躍するFWディエゴ・オリヴェイラが、契約上の関係で出場できない。また、FW永井謙佑、FW前田遼一に加え、正守護神のGK林彰洋、ロシアW杯で全3試合に出場した韓国代表DFチャン・ヒョンスも負傷による欠場が濃厚とされている。永井が欠場した場合はフォアチェックの質が特に落ちるため、中盤の枚数を増やした[4-2-3-1]でより守備的なMF米本拓司が起用されると予想。チャン・ヒョンスの抜けたセンター・バックのポジションには、これまでサイドバックに配されていたDF岡崎慎の起用が濃厚だ。 【注目選手】 ◆FW江坂任(柏レイソル)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180717_22_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽柏の注目選手は、復活の兆しを見せているFW江坂任だ。鳴り物入りで柏に入団し10番を託されている今シーズン、序盤はゴールから見放される時期が続いていた。しかし、5月中の4試合では4ゴールを記録。チャンスメーカーとしてのタスクを任されながら、点取り屋としても抜群のパフォーマンスを披露している。巻き返しのきっかけとすべく臨む一戦、「チャンスは作れているが、決め切れない」という課題が挙げられる柏において、エースの爆発は不可欠な要素だ。 ◆DF太田宏介(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180717_22_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains, LTD.<hr></div>▽FC東京の注目選手は、精度の高いクロスが持ち味のDF太田宏介だ。Jリーグ屈指のホットラインを形成するFW伊東純也とDF小池龍太が太田の対面になることが予想されるこの試合、そのエリアでキーとなる攻防が繰り広げられるだろう。また、FWディエゴ・オリヴェイラのキープ、FW永井謙佑の裏抜けという選択肢が取れない場合、FC東京は武器の1つであるクロスを有効に使わなければならない。プレースキッカーを任せられる程の太田の左足を見せることで、牽制と攻撃を同時に行うことができる。当初に疑問視されていた守備面で安定した働きを披露し、持ち味の攻撃性能を存分に発揮することができれば、勝ち点3が限りなく近付く。 ◆継続か、転換か ▽中断前に結果を残し続けてきたFC東京と、内容と結果が伴わなかった柏。メンバーをあまり入れ替えることなく堅守速攻の手堅い戦いを継続してきたFC東京は、大きな軸とするFWディエゴ・オリヴェイラを欠き、危うい状況だ。攻撃的サッカーを一貫して掲げつつも新機軸への転換を図る柏は、風穴を開けることができるのだろうか。再開後のシーズンを占う柏vsFC東京は、19時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">柏vsFC東京をDAZNで観よう!</a><hr></div> 2018.07.17 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「プレーをしっかりと見せたい、ピッチで戦いたい」FC東京のMF梶山陽平、新潟へ期限付き移籍

▽アルビレックス新潟は16日、FC東京からMF梶山陽平(32)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は7月17日から2019年1月31日まで。背番号は「13」に決定している。 ▽FC東京下部組織出身の梶山は、2004年にトップチーム昇格。2013年にはパナシナイコス、大分トリニータへの期限付き移籍を経験した。在籍16年目を迎えた今シーズンはここまでYBCルヴァンカップで3試合1得点、U-23チームで明治安田生命J3リーグ5試合に出場していた。 ▽新潟への期限付き移籍が決定した梶山は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「FC東京から加入することになりました梶山陽平です。J1昇格という目標達成に向けて、チームの雰囲気や流れを変えられるような貢献をできるように頑張りたいと思います。 応援よろしくお願いいたします」 ◆FC東京 「優勝争いをしている中でチームを離れてしまい申し訳ありません。ただ、サッカー選手として『自分のプレーをもう一度しっかりと見せたい、ピッチで戦いたい』という気持ちが強く、チャレンジしようと決めました。これまで応援してもらってきたことに恥じないようなプレーをしたいと思っています。チームは変わりますが、また自分のプレーを観てもらえるように、頑張ります。東京は必ず優勝できると信じています」 2018.07.16 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

リンス、長谷川健太監督と再タッグ! 甲府からFC東京へ期限付き移籍

▽FC東京は5日、ヴァンフォーレ甲府からブラジル人FWリンス(30)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年7月5日から2019年1月1日まで。背番号は「13」に決定している。 ▽2014年から2015年までガンバ大阪でプレーしていたリンスはその後、母国のフィゲイレンセやポンチ・プレったでのプレーを経て、2017年8月にヴァンフォーレ甲府に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで16試合5得点を記録していた。 ▽G大阪時代に指導を受けていた長谷川健太監督が指揮するFC東京への加入が決定したリンスは、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FC東京 「新たな挑戦のため移籍を決めました。チームの目標を達成できるように最大限の努力をし、結果に貢献出来るように精一杯頑張りたいと思います。応援よろしくお願いいたします」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「ヴァンフォーレ甲府でプレーする事ができ、全ての関係者の皆様に感謝の気持ちで一杯です。 約1年間に渡りプレーさせて頂き、沢山の経験をしました。この積み重ねた想いは消えることはありません。 一時的にチームを離れることになりますが、今季ここまで上手く結果を出すことが出来ず、サポーターの皆様には大変申し訳なく思います。しかし、これからもお互いに頑張り続けることが大切だと思います。ヴァンフォーレ甲府の幸運を願っています。本当にありがとうございます」 ▽また、甲府の佐久間悟代表取締役GMは、以下のようにコメントしている。 「過密日程でもあり、また負傷者も多数出ている中、クラブの中心選手であるリンス選手が移籍してしまうこととなり残念です。クラブとしては次の選手登録期間に向けて選手補強をする予定です」 2018.07.05 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京の元日本代表DF丸山祐市、名古屋へ完全移籍「成長した姿を魅せられるように」

▽名古屋グランパスは4日、FC東京から元日本代表DF丸山祐市(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽丸山は2012年に明治大学から入団。2014年には湘南ベルマーレへの期限付き移籍を経験した。復帰した2015年に明治安田生命J1リーグで20試合に出場すると、同年8月に日本代表に初選出。2016年10月にはロシア・ワールドカップ(W杯)アジア3次予選のオーストラリア代表戦で途中出場してA代表デビューを飾った。その後もクラブでは主力としてプレーし続けていたが、今シーズンはここまでJ1リーグ9試合、YBCルヴァンカップ3試合、天皇杯1試合の出場にとどまっていた。 ▽名古屋への完全移籍が決定した丸山は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスに関わる全ての皆さん、初めまして丸山祐市です。まず始めに、僕を必要としてくれた風間監督をはじめ、スタッフ・関係者の皆さまに感謝しています。今回シーズン途中の移籍ということで、非常に難しい判断ではありましたが、名古屋グランパスの熱意に押され決断致しました。風間監督が目指しているサッカーに1日も早く順応できるよう頑張りたいと思います。また、チームの現状を変えられるように、自分の100%の力を出して戦いたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「この度、名古屋グランパスに移籍することになりました。シーズン途中にチームを離れることを大変申し訳なく思っています。また優勝できる可能性のある中での、移籍は大変難しい決断でした。この半年間を振り返ると、チームが好調を維持している中で、僕自身このままでいいのか、不安や迷いなどの想いが強くありました。たくさん悩み、考え抜いた中で、新しい環境でチャレンジし、一選手としてもっと成長したいと思い移籍を決めました」 「東京でプロ生活をスタートして、東京のアカデミーを含めた9年半、東京の選手としてプレーできた誇り、味の素スタジアムでプレーできた喜び、数え切れないほどの、たくさんの経験をさせてもらいました。今の自分があるのも、これまで僕に関わっていただいた監督、スタッフ、選手、関係者のみなさんのおかげだと思っています」 「チームが良い時も悪い時も、味の素スタジアムでは勿論、遠いアウェイの地でも、熱い応援で後押し・勇気をくれたファン・サポーターのみなさまには感謝の言葉しかありません。FC東京の丸山祐市ではなくなりますが、成長した姿を魅せられるように頑張ります。9年半、ありがとうございました」 2018.07.04 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京のFW前田遼一が負傷、全治4週間

▽FC東京は29日、FW前田遼一の負傷離脱を発表した。 ▽前田は、23日のトレーニング中に負傷。左腹斜筋筋損傷、肋軟骨損傷で全治4週間の見込みだ。 ▽36歳の前田はここまで明治安田生命J1リーグ13試合に出場。7月11日に行われる次戦、天皇杯3回戦のアルビレックス新潟と対戦する。 2018.06.29 17:05 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース