シメオネ、チーム管理が最も難しかったのは「補強ができなかったとき」2018.01.13 22:48 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
13日のリーガエスパニョーラ第19節、アトレティコ・マドリーは敵地イプルアでのエイバル戦に臨む。前日会見に出席したディエゴ・シメオネ監督は、イプルアのような狭いピッチでは、守備から攻撃のトランジションが鍵を握るとの見解を示している。

「エイバルは興味深いフットボールを実践しているね。コンパクトにまとまり、良質な2トップと良い飛び出しを見せるサイドの選手がいる。私たちのアイデアは明確で、守備から攻撃のトランジションをうまく扱っていきたい。あそこのピッチでは、それが決定的な要素となる」

この冬にFIFAの補強禁止処分が解除され、FWジエゴ・コスタ、MFビトロを加えたアトレティコだが、シメオネ監督は処分中のチーム管理が困難なものであったことを告白した。

「私にとって最も難しかったのは、補強ができなくなり、所属する選手たちを説得しなければならなかったことだった。偉大な選手たちには成長を続けることを促し、若手には訪れるチャンスを逃してはならないと説いたよ。現在は、大切な選手たちをしっかりと扱っていかなければならない」


提供:goal.com

コメント



欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース