U-21日本代表、グループステージ突破! 板倉の2試合連続ゴールでタイ撃破《AFC U-23選手権》2018.01.13 22:29 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-21日本代表は13日、AFC U-23選手権のグループB第2節でU-23タイ代表と対戦し、1-0で勝利。連勝でグループステージ突破を決めた。

▽初戦のU-23パレスチナ代表戦に1-0で勝利した森保監一督率いる日本は、U-23北朝鮮代表に0-1で敗れたタイと激突した。連勝を飾ってグループステージ突破を決めたい日本はパレスチナ戦から先発メンバーを4人変更。浦田、庄司、三好、小松に代えて、原、遠藤、髙木、田川を起用した。

▽試合は日本が序盤から攻勢に出ると13分、スルーパスに反応した田川がボックス内でGKと一対一を迎えるが、決め切ることができない。直後にもボックス右に侵攻した田川がシュートを放つなど積極的な姿勢を見せる日本は15分、神谷の右CKをファーサイドの立田が右足で合わせるも、GKムアンナムに右足でブロックされる。

▽前半半ばに差し掛かってもボールを保持して攻撃を組み立てる日本は22分、敵陣中央へ切れ込んだ髙木のスルーパスを受けた田川がボックス内でシュートを放つが、ボールはゴールの上を通過。チャンスを決め切れない日本はその後、攻めあぐねるもどかしい時間帯が続く。

▽その後、日本はタイに自陣への侵攻を許す回数が増えるが、決定的なチャンスを作らせずにゴールレスで試合を折り返す。

▽迎えた後半、日本はサイドから攻撃を構築。56分にはボックス右手前でパスを受けた髙木が反転して左足を振り抜くも、これはGKの正面に飛んでしまう。

▽先制点が欲しい日本は攻勢を強めたいものの、プレスを強めるタイに苦戦し、なかなかボックス付近に近づくことができない。82分にはボックス手前でパスを受けた井上が鋭くボックス内に侵攻し、浮き球のラストパス。反応した田川がボックス左からボレーシュートを放つが、左サイドネットに外れる。

▽フィニッシュの精度に欠き、ゴールを奪えない日本。それでも89分、ボックス右手前の井上が右足でクロスを送ると、ファーサイドの田川が頭で中央に折り返す。これをゴール前に走り込んだ板倉が右足で押し込み、日本は待望の先制点を奪う。

▽終盤に先制点を奪った日本はその後、タイの攻撃を凌いで試合終了。板倉の2試合連続ゴールで勝利を収めた日本がグループステージ突破を決めた。一方のタイはグループステージ敗退が決定した。

▽なお、グループBのもう一試合であるU-23パレスチナ代表vsU-23北朝鮮代表は、1-1の引き分けで終了。日本は16日に首位通過を懸けてU-23北朝鮮代表と対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

U-21日本、前節ハットの上田のゴールでUAEとドロー!大会を2位で終える《ドバイカップU-23》

▽U-21日本代表は20日、ドバイカップU-23第3節で開催国のU-23UAE代表と対戦し1-1で引き分けた。この結果、日本は2位で大会を終えた。 ▽初戦のU-23ウズベキスタン代表戦を2-2のドローで終えた日本は、第2節のU-23クウェート代表との試合では上田綺世のハットトリックなどで5発圧勝し、グループ首位に立った。 ▽大会最終戦となる第3節は、これまでと同じ[3-6-1]の布陣を採用。GK小島亨介に、バックに板倉滉、大南拓磨、立田悠悟の3人。中盤には中山雄太、杉岡大暉、長沼洋一、松本泰志、三好康児、岩崎悠人が起用され、ワントップに小川航基が入った。 ▽ボールロストが目立ち、序盤から攻め込まれた日本は23分に、右からのクロスに小川が飛び込みゴールに迫る。25分には、再び小川がゴール至近距離で絶好のチャンスを迎えたが、シュートは相手GKのビッグセーブに遭う。 ▽ゴールレスで迎えた後半立ち上がり早々に、大南が自陣のペナルティエリアで相手を倒してしまいPKを献上。これにより1点ビハインドを負った日本はそこから果敢に攻める。 ▽すると71分、左サイドの杉岡のグラウンダーのクロスを途中出場の上田綺世が押し込んで同点に追いついた。 ▽その後も互角の戦いを見せた日本はGK小島のファインセーブもありながら1-1でドロー。 ▽もう一方の、U-23クウェート代表vsU-23ウズベキスタン代表は1-0でウズベキスタンが勝利したため、3試合を終えてウズベキスタンが勝ち点7で首位。日本は勝ち点5で2位で大会を終えた。 2018.11.21 04:00 Wed
twitterfacebook
thumb

上田のハット&小川の2戦連発弾などでクウェートを粉砕した日本が大会初勝利!《ドバイカップU-23》

▽U-21日本代表は17日、ドバイカップU-23の第2節でU-23クウェート代表と対戦し、5-0で大勝した。 ▽14日に行われた初戦のU-23ウズベキスタン代表戦を2-2のドローに終わった日本は、その試合からキャプテンを務めるMF中山雄太(柏)以外の先発10人変更。[3-6-1]の布陣を採用した日本は、GKに山口瑠伊、3バックは右から橋岡大樹、中山雄太、小林友希。2ボランチに神谷優太と伊藤洋輝を並べ、ウィングバックは右に長沼洋一、左に菅大輝を起用。最前線に上田綺世、2シャドーに旗手怜央と久保建英を配置した。 ▽試合が動いたのは27分、久保とのパス交換でボックス右深くから侵入した長沼がマイナスの折り返しを供給。これを旗手がダイレクトでゴールに流し込み、日本が先制した。 ▽先制した日本は41分、右サイドをドリブルで突破した長沼が相手GKとDFの間にクロスを入れると、ゴール前に抜け出した上田がワンタッチで流し込み、待望の追加点を奪った。 ▽2点のリードで後半を迎えた日本は、前半終了間際のセットプレーで相手選手と接触したGK山口に代えてGK谷晃生をピッチに送り出す。すると56分、右サイドでの細かなパス交換から長沼がクロスを上げると、ボックス中央でフリーの上田がヘディングシュートをゴール左隅に叩き込んだ。 ▽攻撃の手を緩めない日本は、直後の58分にも神谷の左CKから上田がヘディングシュートを狙ったが、これは右ポストに弾かれた。それでも73分、最前線でパスを受けた上田がボックス中央から侵入すると、相手DFに寄せられながらもゴール右隅にシュートを流し込み、試合を決定づける4点目。 ▽さらに81分には、伊藤達哉の左CKから小川航基がヘディングシュートでゴールネットを揺らし5点目。結局、試合はそのままタイムアップ。上田のハットトリックなどで日本が大勝で今大会初勝利を飾った。 ▽なお、日本は20日に開催国のU-23UAE代表と対戦する。 U-23クウェート代表 0-5 U-21日本代表 【日本】 旗手怜央(前27) 上田綺世(前41) 上田綺世(後11) 上田綺世(後28) 小川航基(後36) 【メンバー】 GK:山口瑠伊(→46分 谷晃生) DF:橋岡大樹、中山雄太(→63分 立田悠悟)、小林友希 MF:長沼洋一、伊藤洋輝(→78分 板倉滉)、神谷優太(→70分 松本泰志)、菅大輝 MF:久保建英(→78分 伊藤達哉)、旗手怜央(→70分 岩崎悠人) FW:上田綺世(→78分 小川航基) 2018.11.18 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ウズベク戦ゴールの神戸DF藤谷壮、ケガでU-21日本代表離脱…《ドバイカップU-23》

▽日本サッカー協会は16日、UAEでのドバイカップU-23に参戦中のU-21日本代表からヴィッセル神戸に所属するMF藤谷壮がケガのためチームを離脱したことを発表した。なお、追加招集はない。 ▽藤谷は14日に行われた第1戦のU-21ウズベキスタン代表戦に先発出場。先制点を許した17分に藤谷のクロスが直接決まり、同点ゴールを奪ったが、ハーフタイムで途中交代していた。試合は2-2の引き分けに終わっている。 ▽日本は、17日に第2戦でクウェートと、20日に第3戦でUAEと対戦する。 2018.11.16 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ウズベキスタンにリベンジならず…U-21日本は2度追いつきドロー《ドバイカップU-23》

▽U-21日本代表は14日、ドバイカップU-23の初戦でU-21ウズベキスタン代表と対戦し2-2のドローに終わった。 ▽森保一監督が率いるU-21日本代表だが、キリンチャレンジカップ2018のベネズエラ代表戦、キルギス代表戦に臨むため、横内昭展コーチが監督代行を務める。 ▽試合は14分に先制を許すも、17分に藤谷壮のクロスが直接決まり同点に。29分に再びリードを許すも、45分には小川航基がPKを決めて、2-2とした。 ▽この世代の日本は、M-150カップ決勝、AFC U-23選手権の準々決勝でウズベキスタンに敗れており、アジアを勝ち抜く上での宿敵となっていたが、引き分けに終わった。 ▽日本は、17日に第2戦でクウェートと、20日に第3戦でUAEと対戦する。 U-21ウズベキスタン代表 2-2 U-21日本代表 【日本】 藤谷壮(前17) 小川航基(前45) 【メンバー】 GK:小島亨介 DF:板倉滉、大南拓磨、立田悠悟 MF:藤谷壮(→46分 長沼洋一)、中山雄太、松本泰志、杉岡大暉 MF:三好康児、伊藤達哉(→61分 岩崎悠人) FW:小川航基(→81分 上田綺世) 2018.11.15 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

東京五輪世代U-21日本代表メンバー発表! MF久保建英、MF三好康児らが招集《ドバイカップU-23》

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、UAEでのドバイカップU-23に臨むU-21日本代表メンバー23名を発表した。 ▽U-21日本代表は、A代表を兼任する森保一監督が指揮。同代表は2020年に自国開催となる東京オリンピックに参加する世代だ。 ▽今回のメンバーには、17歳のMF久保建英(横浜F・マリノス)やMF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、MF三好康児(北海道コンサドーレ札幌)らが招集。海外からは、GK山口瑠伊(エストレマドゥーラUD)やMF伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)が招集された。 ▽U-21日本代表は、14日(水)にU-23ウズベキスタン代表と、17日(土)にU-23クウェート代表と、20日(火)にU-23UAE代表と対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆U-21日本代表メンバー GK 小島亨介(早稲田大) 滝本晴彦(柏レイソル) 山口瑠伊(エストレマドゥーラUD/スペイン) DF 板倉滉(ベガルタ仙台) 大南拓磨(ジュビロ磐田) 立田悠悟(清水エスパルス) 橋岡大樹(浦和レッズ) 小林友希(ヴィッセル神戸U-18) MF 中山雄太(柏レイソル) 三好康児(北海道コンサドーレ札幌) 長沼洋一(FC岐阜) 伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ) 藤谷壮(ヴィッセル神戸) 岩崎悠人(京都サンガF.C.) 松本泰志(サンフレッチェ広島) 杉岡大暉(湘南ベルマーレ) 菅大輝(北海道コンサドーレ札幌) 齊藤未月(湘南ベルマーレ) 伊藤洋輝(ジュビロ磐田) 久保建英(横浜F・マリノス) FW 小川航基(ジュビロ磐田) 上田綺世(法政大) 田川亨介(サガン鳥栖) 2018.11.07 15:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース