反町体制7年目の松本が背番号発表! 復帰のMF岩上祐三は「47」、前田直輝は「25」、復帰のFW前田大然は「7」2018.01.13 22:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽松本山雅FCは13日、2018シーズンの新体制、選手背番号を発表した。

▽昨シーズンは明治安田生命J2リーグを8位で終えた松本。反町康治監督が率いて7シーズン目を迎える今シーズンは、充実の補強を敢行した。

▽アルビレックス新潟からGK守田達弥、愛媛FCからDF浦田延尚、MF藤田息吹、サガン鳥栖からMF中美慶哉、湘南ベルマーレからMF安東輝、名古屋グランパスからFW永井龍を完全移籍で獲得。また、かつて松本でプレーした大宮アルディージャMF岩上祐三、横浜F・マリノスMF前田直輝も完全移籍で加入した。

▽その他、期限付き移籍しブレイクを果たしたFW前田大然が水戸ホーリーホックから、福島ユナイテッドFCへ期限付き移籍していたMF志知孝明が復帰。さらに、MFパウリーニョがジェフユナイテッド千葉から完全移籍で加入した。

▽新加入選手の背番号は、守田が「1」、浦田が「2」、藤田が「6」、中美が「13」、前田が「25」、岩上が「47」を着用。また、復帰した前田が「7」、志知が「17」と以前とは背番号が変更されている。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.守田達弥☆←(アルビレックス新潟)※完全移籍
16.村山智彦
21.鈴木智幸
30.ゴ・ドンミン

DF
2.浦田延尚☆←(愛媛FC)※完全移籍
3.田中隼磨
4.飯田真輝
18.當間建文
22.星原健太
29.下川陽太☆←(大阪商業大学)※新加入
31.橋内優也
33.安川有
34.ジョ・ジヌ☆←(仁川南高校/韓国)※新加入
35.森本大貴☆←(関東学院大学)※新加入
36.武藤友樹☆←(法政大学)※新加入

MF
5.岩間雄大
6.藤田息吹☆←(愛媛FC)※完全移籍
8.セルジーニョ
10.工藤浩平
13.中美慶哉☆←(サガン鳥栖)※完全移籍
14.パウリーニョ(ジェフユナイテッド千葉)※期限付き移籍→完全移籍
17.志知孝明※期限付き移籍復帰/背番号変更
20.石原崇兆
23.岡本知剛
25.前田直輝☆←(横浜F・マリノス)※完全移籍
32.安東輝☆←(湘南ベルマーレ)※完全移籍
37.山田満夫☆←(仙台大学)※新加入
47.岩上祐三☆←(大宮アルディージャ)※完全移籍

FW
7.前田大然※期限付き移籍復帰/背番号変更
9.高崎寛之
11.三島康平
19.山本大貴
38.永井龍☆←(名古屋グランパス)※完全移籍

コメント

関連ニュース

thumb

相模原、松本DF森本大貴を育成型期限付き移籍で獲得

▽SC相模原は13日、松本山雅FCからDF森本大貴(22)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2019年1月31日まで。 ▽森本は2018年に関東学院大学から松本に加入。今シーズンはここまで出場が天皇杯での1試合にとどまっている。 ▽相模原への加入が決定した松本は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆SC相模原 「SC相模原に期限付き移籍をすることになりました。ここまでとても濃い半年間でしたが、今回の移籍で更に一回りも二回りも大きくなって帰ってきます。これからも応援よろしくお願いいたします」 ◆松本山雅FC 「はじめまして。松本山雅FCから移籍加入することになりました森本大貴です。 SC相模原のために全力を尽くしてチームの勝利に貢献できるよう頑張ります。 応援よろしくおねがいします」 2018.06.13 11:15 Wed
twitterfacebook
thumb

九州ダービー制した大分が首位堅守! 3連勝の松本が土壇場ドローの横浜FCを躱して6位浮上《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第17節の3試合が行われた。 ▽大分トリニータvsロアッソ熊本の九州ダービーは、2-1で大分が勝利した。 ▽暫定3位の大分が同16位の熊本をホームに迎えた一戦。先制パンチは大分。23分、右サイド深くからの松本のクロスを馬場が胸トラップで収めると、ゴール前で右足を振り抜きシュートを突き刺した。 ▽後半は、50分に黒木がクロスバー直撃のヘディングシュートを放ち熊本がゴールに迫る。対して大分も64分、後藤がボックス内からシュートを狙うが、GKのファインセーブに遭う。 ▽以降はこう着状態が続いたが、試合終了間際の後半アディショナルタイム、敵陣でボールを奪った大分は鈴木がドリブルで前線へ。ボックス右の後藤にラストパスを送ると、冷静にループシュートを沈めて試合を決める2点目を奪った。 ▽その直後試合終了。バトル・オブ・九州を制した大分が3試合ぶり白星で首位を堅守した。 ▽また、横浜FCvs東京ヴェルディは、2-1で横浜FCが勝利した。 ▽ここ5試合勝ちがない東京Vが先制点を奪う。14分、敵陣中央から渡辺がドリブルで仕掛けボックス手前で左に展開。これを佐藤優がダイレクトで流し込み、ネットを揺らした。 ▽しかし、横浜FCは57分にFKから佐藤謙が同点に持ち込むと、74分にはボックス左の野村のクロスを戸島が合わせて逆転。ここ3試合無敗の横浜FCが粘り強さを見せる。 ▽それでも東京Vも譲らなかった。後半アディショナルタイムに入った95分、ハーフウェイライン付近からのロングフィードを李栄直がバックヘッド気味に合わせると、GKの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。 ▽劇的な展開となった試合はここで終了。横浜FCは惜しくも連勝を逃す結果に。東京Vは2試合連続ドローとなった。 ▽同日行われたもう一試合、松本山雅FCvs栃木SCは、1-0で松本が勝利した。 ▽互いに決定機を作れないまま迎えた後半、松本が右サイドからのスローインでリスタート。岩上のスローインを高崎がワンタッチで落とすと、走り込んだパウリ―ニョがダイレクトシュートを放つ。これがカーブを描きながらゴール左抜突き刺さり、松本が先制。 ▽その後、栃木は大黒のヘディングシュート、松本は石原のシュートで追加点に迫るが、両者に得点は生まれず試合終了。1-0で松本が勝利し、引き分けを挟んで3連勝とした。 ◆明治安田生命J2リーグ第17節日程・結果 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC岐阜 4</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 2</span>-1 愛媛FC 大宮アルディージャ 2-2 カマタマーレ讃岐 ジェフユナイテッド千葉 2-2 レノファ山口FC ファジアーノ岡山 2-2 モンテディオ山形 ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 京都サンガF.C.</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 栃木SC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大分トリニータ 2</span>-0 ロアッソ熊本 横浜FC 2-2 東京ヴェルディ ▽6/20(水) 《19:00》 アルビレックス新潟 vs ヴァンフォーレ甲府 2018.06.03 16:16 Sun
twitterfacebook
thumb

松本退団のMF武井択也、32歳で現役生活に終止符…過去にG大阪や仙台でもプレー

▽昨年限りで松本山雅FCを退団したMF武井択也(32)が現役を引退した。日本サッカー協会(JFA)が3日に発表した移籍リストから抹消され、備考欄に「引退」の2文字が記されている。 ▽武井は2008年、流通経済大学からMF遠藤保仁、MF明神智和、MF二川孝広、MF橋本英郎の“黄金の中盤”を擁するガンバ大阪に入団。西野朗監督の下、主にボランチを務めつつ、マルチロールプレーヤーとしても重宝され、2011年にキャリアハイのJ1リーグ33試合出場を果たした。 ▽2008年にG大阪史上初となるAFCチャンピオンズリーグ優勝を経験した武井は、2014年からベガルタ仙台に活躍の場を求め、2016年から松本へ。だが、昨シーズン限りで契約満了となり、フリーとなっていた。 2018.04.04 07:55 Wed
twitterfacebook
thumb

松本の雪融け遠く…AT2発被弾で山口に追いつかれ今季初勝利逃す《J2》

▽明治安田生命J2リーグのレノファ山口FCvs松本山雅FCが25日に維新みらいふスタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽開幕からリーグ3連勝を飾ったものの直近2試合で1分け1敗と失速気味の4位山口(勝ち点10)は、2-2で引き分けた前節ツエーゲン金沢戦からスタメンを変更せず。現状のベストメンバーで臨んだ。 ▽一方、開幕5試合3分け2敗で未勝利に苦しむ20位松本(勝ち点3)は、1-2で敗北した前節FC町田ゼルビア戦からスタメンを4名変更。岩間、石原、工藤、高崎に代えて、下川、藤田、セルジーニョ、前田、を起用した。 ▽立ち上がり、アウェイの松本が積極的な入りをみせる。試合開始直後の1分、ショートカウンターからボックス手前右の岩上にボールが渡ると、ここから狙う。強烈なシュートはバーに嫌われたが、山口ゴールを脅かしていく。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、41分にアクシデントが発生。永井が倒れ込んで負傷を訴え、担架で運び出される事態に。高崎との交代でピッチを退くことを余儀なくされた。 ▽それでも、前半終了間際の46分、その高崎が立ち込め始めた悪い雰囲気を一変させる。パウリ―ニョと高崎が細かく連係しつつボックス手前を侵攻し、最後はパウリ―ニョがタイミングをずらすようにヒールでラストパス。ボックス手前の高崎が右足を振り抜き、先制に成功した。 ▽直後に折り返しを迎えた試合、松本は引き続き積極的に攻撃をしかけていく。50分にセットプレーのこぼれ球を拾ったパウリーニョがシュートを浴びせれば、57分にもパウリ―ニョが山口陣内中央からミドルシュート。どちらも追加点には繫がらなかったが、優勢に試合を運ぶ。 ▽すると73分、松本が追加点を奪い切る。ボックス手前右でセルジーニョからのパスを受けた岩上が、角度のない位置から右足で狙う。質の高いシュートがGK藤嶋の頭上を越え、ゴール左に吸い込まれた。 ▽反撃に出たい山口は、77分に左CKを獲得する。しかし、キッカーの池上が右足で入れたインスウィングのボールは松本DFに跳ね返され、シュートを放てず。山口にとっては攻撃の糸口が手繰り寄せられない時間が続く。 ▽しかし、試合終了間際にドラマが待っていた。91分、ボックス手前右でボールを持った小野瀬が左足でクロスを上げると、ボックス左にで飛び上がった途中出場の山下が頭で落とす。ボックス内中央で足元にボールを収めたオナイウが、松本DFを背負いつつ振り向きざまにシュートを放ち、点差を1点に縮める。 ▽さらに92分、途中出場の池上がボックス手前中央でパワープレーのこぼれ球を拾うと、素早く左に展開。ボックス左まで上がっていたDF前が右足を振り抜き、土壇場の同点弾とした。 ▽直後に試合が終了。後半ATの立て続けの得点でドローに持ち込んだ山口は、2試合負けなしに。対する松本は今シーズン初の複数得点を生かせず、初白星はお預けとなった。 2018.03.25 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「アルウィンのピッチに立てなかったことが心残りですが…」松本DF星原健太、群馬へ期限付き移籍

▽松本山雅FCは22日、DF星原健太(29)のザスパクサツ群馬への期限付き移籍を発表した。移籍期間は2018年3月21日から2019年1月31日まで。なお、松本と対戦する全ての公式戦に出場することができない。 ▽星原は2017年にギラヴァンツ北九州から加入。今シーズン含めて松本に加入して以降、明治安田生命J2リーグ1試合の出場に留まっている。 ▽群馬への期限付き移籍が決定した星原は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆松本山雅FC 「チームが連戦で忙しいなか突然ではありますが、群馬に期限付き移籍することになりました。練習場などで温かく応援していただいた皆さんにはとても感謝しています」 「アルウィンのピッチに立つことができず、あの熱い応援を受けてプレーできなかったことが心残りですが、自分が試合に出るために群馬に行くことを決断しました。山雅のことは常に気にしていますし、J1昇格を応援しています」 ◆ザスパクサツ群馬 「はじめまして、松本山雅FCから加入しました、星原健太です。試合に出場して、ザスパクサツ群馬のJ2復帰という目標の力になれたらと思います。応援してもらえるに、全力でプレーします。よろしくお願いします!」」 2018.03.22 15:10 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース