お騒がせ男カッサーノ、復帰に前向き「元選手だなんて思っていない」2018.01.13 23:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(35)が、ピッチに戻ってくるかもしれない。復帰の意思があることを認めている。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えた。

▽昨年夏に無所属だったカッサーノはエラス・ヴェローナと契約を交わした。だが、8日後には現役引退を表明。すぐにこれを撤回したものの、結局退団している。

▽しかしカッサーノは、「ずっと練習を続けていた。自分が元選手だなんて思っていない。真剣なプロジェクトがあれば、復帰する準備はできている」と語った。

▽さらに同選手は「今は85キロだ」と現在の体重を告白。175cmの身長から考えればやや重そうだが、「サンプドリアでプレーしていたときと同じ」とのこと。状態の良さをアピールした。

コメント

関連ニュース

thumb

マラドーナ越えのハムシク弾で逆転勝利のナポリが首位堅守!《セリエA》

▽ナポリは23日、セリエA第18節でサンプドリアと対戦し、3-2で逆転した。 ▽前節のトリノ戦を勝利し、首位に返り咲いたナポリ(勝ち点42)が、ホームにリーグ戦4試合勝利のない6位サンプドリア(勝ち点27)を迎えた一戦。ミッドウィークにコッパ・イタリア5回戦でウディネーゼと対戦したナポリは、その試合からスタメンを7人変更。GKセペやマッジョ、ジリエンスキ、ジャッケリーニらに代えてGKレイナやメルテンス、インシーニェ、アランなどベストメンバーで試合に臨んだ。 ▽試合は開始早々に動きをみせる。2分、バイタルエリア中央手前でFKを獲得すると、ガストン・ラミレスの直接FKがゴール左に突き刺さり、サンプドリアが先制した。 ▽先制を許したナポリの反撃は9分、インシーニェの左クロスをゴール右に走りこんだカジェホンが右足でボレーシュート。しかし、これは相手GKの好守に阻まれた。さらに16分には、メルテンスの左クロスを相手DFの裏に抜け出したファーサイドのカジェホンがボレーシュートで合わせると、GKヴィヴィアーノの弾いたボールをアランが流し込んだ。 ▽同点に追いついたナポリだが、26分にヒサイがボックス内でガストン・ラミレスを倒してしまいPKを献上。このPKをクアリアレッラにゴール真ん中に決められ、サンプドリアに勝ち越しを許した。 ▽再び追う立場となったナポリは、33分に敵陣でのパスカットからカウンター。最後はメルテンスの浮かせたパスをゴール左で受けたインシーニェがダイレクトで流し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽同点弾で勢いづくナポリは39分、スコアとともにクラブの歴史が動く。ボックス内までドリブルで侵攻したアランが相手DFのブロックでボールをロストするも、こぼれ球をゴール右で拾ったメルテンスの折り返しから最後はゴール前のハムシクが押し込んだ。ハムシクはこのゴールでマラドーナ氏の持っていたナポリの最多ゴール記録を“116”に更新した。 ▽迎えた後半は序盤から一進一退の攻防が続く中、ナポリは56分にジョルジーニョを下げてA・ディアワラを投入。さらに70分には、ハムシクを下げてジエリンスキをピッチに送り出した。 ▽膠着状態の続く中、ナポリは77分にマリオ・ルイがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場となる。数的不利となったナポリは、直後にインシーニェを下げてマッジョを投入した。 ▽その後もナポリは、数的不利を感じさせない戦いぶりで試合をクローズ。ナポリのクラブ歴代最多ゴール記録更新となるハムシク弾で逆転勝利したナポリが首位堅守に成功している。 2017.12.24 01:22 Sun
twitterfacebook
thumb

追加タイムのカイセド弾でラツィオが要塞ルイジ・フェラリスを攻略! 上位陣を追走《セリエA》

▽セリエA第15節、サンプドリアvsラツィオが3日に行われ、1-2でラツィオが逆転勝利した。 ▽前節ボローニャに0-3と完敗した6位サンプドリア(勝ち点26/未消化1試合)と、フィオレンティーナにラストプレーのPK被弾で引き分けに持ち込まれた5位ラツィオ(勝ち点29/未消化1試合)による上位対決。 ▽ユベントスを敗るなど、ここまで全勝を誇るルイジ・フェラレリスにラツィオを迎えたサンプドリアが、徐々に攻勢を強めていく流れとなった一戦。 ▽そんななか、ラツィオは15分にパローロがヘディングシュートで、17分にインモービレがコントロールシュートでサンプドリアをけん制していく。 ▽その後もサンプドリアがハイプレスをかけて圧力をかけていくと、ガストン・ラミレスが立て続けにミドルシュートを浴びせてラツィオを脅かした。そして、31分には決定機。ガストン・ラミレス、プラートとつないでボックス右のD・サパタがシュート。枠を捉えていたが、GKストラコシャのセーブに阻まれた。 ▽オープンな打ち合いとなった好ゲームは、36分にはラツィオに決定機。CKの流れからインモービレのミドルシュートが枠を捉えるも、こちらもGKヴィヴィアーノにセーブされる。さらにルーズボールをボックス右のルイス・アルベルトがシュートに持ち込んだが、ゴールライン前のベレシュインスキにカットされた。 ▽ハーフタイムにかけても互いにゴールに迫ったが、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、52分にラツィオに決定機。マルシッチの右クロスを受けたパローロのシュートが左ポストを直撃した。すると56分、サンプドリアが先制する。トレイラの浮き球フィードをクアリアレッラが頭で落とすと、D・サパタがボックス中央で受けてシュートをゴール左に流し込んだ。 ▽その後もオープンな攻防が続くなか、1点を追うラツィオは75分にルーカス・レイバとルリッチに代えてカイセドとJ・ルカクを投入。アタッカーを増やして攻勢を強めると、80分に同点に追いついた。右サイドで得たFKが混戦を生むと、ゴールエリア右にこぼれたルーズボールをミリンコビッチ=サビッチが押し込んだ。 ▽終盤にかけては同点としたラツィオが攻勢に出ると、追加タイム1分に逆転する。ミリンコビッチ=サビッチの意表を突いたスルーパスをインモービレがシュート。GKヴィヴィアーノにセーブされるも、ルーズボールをカイセドが押し込んだ。 ▽エクアドル代表FWのセリエA初ゴールが決勝点となってラツィオが勝利。要塞ルイジ・フェラリスを攻略して上位を追走している。 2017.12.04 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントスが難所で3失点敗戦… 勝利したサンプドリアはホーム戦全勝を維持《セリエA》

▽ユベントスは19日、セリエA第13節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。 ▽代表ウィーク前に行われた前節ベネヴェント戦をイグアインの公式戦4戦連発弾など逆転で退けた2位ユベントス(勝ち点31)はリーグ戦4連勝として首位ナポリに1ポイント差に迫った。そのユベントスは水曜日にチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦を控える中、イタリア代表で失意を受けたGKブッフォンとバルザーリがベンチスタートとなり、キエッリーニとベルナルデスキがスタメンとなった。 ▽前節ジェノヴァ・ダービーを制した今季のホーム戦5戦全勝の6位サンプドリア(勝ち点23)に対し、2列目に右からクアドラード、ベルナルデスキ、マンジュキッチと並べる[4-2-3-1]で臨んだユベントスは、開始2分にベルナルデスキのスルーパスからイグアインが決定的なシュートを浴びせていく。 ▽良い入りを見せたユベントスが能動的に試合を進めていくものの、サンプドリアのタイトな守備の前にシュートに結びつけることはできない。 ▽28分に足首を負傷したプラートに代わってリネティを投入したサンプドリアに対し、引き続き敵陣でのプレーを続けたユベントスは、32分にビッグチャンス。イグアインのスルーパスをボックス右で受けたクアドラードがゴールエリア右まで侵攻してシュート。しかし、GKヴィヴィアーノにセーブされた。 ▽ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず、前半をゴールレスドローで終えた。 ▽迎えた後半も圧力をかけたユベントスだったが、52分に先制される。ベルナルデスキのクリアボールが甘くなってルーズとなると、リヒトシュタイナーに競り勝ったD・サパタにヘディングで押し込まれた。 ▽続く56分にはクアリアレッラのスルーパスを受けたD・サパタに決定的なシュートを許したユベントスだったが、GKシュチェスニーが好飛び出しによるファインセーブで凌いだ。 ▽流れが悪くなってきたユベントスは62分にベルナルデスキに代えてディバラを投入。しかし72分に追加点を許してしまう。ペナルティアーク右でボールを持ったトレイラにミドルシュートを叩き込まれた。 ▽さらに79分、FKの流れからフェッラーリにもゴールを許したユベントスは、終了間際のPKをイグアインが決め、ディバラがドリブルシュートを叩き込んだものの2-3で敗戦。難所ルイジ・フェラリスで今季2敗目を喫し、ナポリとのポイント差は4に広がった。一方、勝利したサンプドリアはホーム戦全勝としている。 2017.11.20 00:58 Mon
twitterfacebook
thumb

サンプ戦でユーベデビューを目指すヘヴェデス「準備はできている」

▽ユベントスのドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデスは、19日に行われるセリエA第13節のサンプドリア戦でのデビューを目指している。イタリア『スカイスポーツ・イタリア』が報じている。 ▽今夏、シャルケから買い取りオプション付きのレンタル移籍でユベントスに加入したヘヴェデスだが、プレシーズンの時期に行った手術の影響や筋肉系の問題で未だ公式戦デビューはお預けとなっている。 ▽だが、ヘヴェデスは『スカイスポーツ・イタリア』のインタビューでサンプドリア戦でのデビューに向けて意気込みを語った。 「ピッチに戻ってこられて嬉しいよ。次の試合でプレーする準備もできている」 「サンプドリアは競争力があるいいチームだね。だけど、ユベントスは常に勝利を求められるチームなんだ。それはバルセロナ相手にでも求められることだよ」 2017.11.17 01:29 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディのドッピエッタとシュクリニアルの古巣弾でインテルが好調サンプドリアを撃破! 長友は84分までプレー《セリエA》

▽インテルは24日、セリエA第10節でサンプドリアをホームに迎え、3-2で勝利した。インテルのDF長友佑都は84分までプレーしている。 ▽3日前に行われた前節ナポリ戦をゴールレスドローで終えて無敗を維持した2位インテル(勝ち点23)は、ナポリ戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽前節クロトーネ戦を5-0と大勝して2連勝とした6位サンプドリア(勝ち点17)に対し、4分にカンドレーバが際どいミドルシュートを浴びせたインテルが良い入りを見せると、13分には長友のフィードを受けたペリシッチがボックス左に侵入して枠内シュートを放った。 ▽続く15分には右サイドで仕掛けたペリシッチがグラウンダーのクロスを送り、ダンブロージオがボレー。これはわずかに枠の右に外れたが18分、インテルが順当に先制した。右CKの流れからルーズとなったボールをシュクリニアルが蹴り込んだ。 ▽シュクリニアルの古巣からのゴールで先制したインテルは、29分にも決定機。GKのキックミスを左サイド低い位置にいたペリシッチがダイレクトでロングシュート。狙い済まされたシュートだったが、惜しくも右ポストに嫌われた。 ▽それでも32分、追加点を奪いきる。右サイドからのヴェシーノのアーリークロスはDFにカットされるも、浮き球のルーズボールをボックス左のイカルディが完璧なボレーシュートで叩き込んだ。続く40分には右CKからイカルディのヘディングシュートが右ポストを直撃したインテルは2点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半からガストン・ラミレスに代えてカプラーリを投入してきたサンプドリアに対して、インテルは54分に3点目を奪う。ボックス右からのペリシッチのクロスをイカルディがボレーで合わせて3-0とした。 ▽その後、63分にペリシッチがバー直撃のシュートを浴びせたインテルは、64分に途中出場のコフナツキにボレーシュートを流し込まれて1点を返されると、67分にはクアリアレッラにボックス右への侵入を許すピンチを迎える。しかし、枠を外れて助かった。 ▽終盤、長友がピッチを後にしたインテルは、85分にプラートの右クロスからクアリアレッラにヘディングシュートを決められて1点差に詰め寄られるも、3-2で逃げ切り。イカルディのドッピエッタとシュクリニアルの古巣弾でインテルが勝利している。 2017.10.25 05:58 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース