長谷川健太監督迎えたFC東京が新体制発表! 新加入FWディエゴ・オリヴェイラは9番を着用! 石川直宏の「18」はMF橋本拳人が継承2018.01.13 21:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽FC東京は13日、2018シーズンの新体制発表会見を行い、各選手の背番号を発表した。▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグを13位で終えたFC東京。新シーズンに向けては、ガンバ大阪時代の5年間で主要タイトルを4つ勝ち取った実績を持つ、長谷川健太監督を招へい。そして、同監督の愛弟子であるMF大森晃太郎をヴィッセル神戸から完全移籍で獲得した。また、横浜F・マリノスから期限付き移籍でFW富樫敬真、柏レイソルから期限付き移籍でFWディエゴ・オリヴェイラを獲得した。

▽主な新戦力の背番号ではその大森が「39」、富樫は「17」、ディエゴ・オリヴェイラが「9」となった。主な既存メンバーの背番号では、MF橋本拳人が引退したMF石川直宏の背番号を継承し、「37」から「18」に変更、V・ファーレン長崎へ移籍したDF徳永悠平の「22」はDF山田将之が引き継いだ。また、MF久保建英が「41」から「15」に、韓国代表DFチャン・ヒョンスが「14」から「48」変更となった。

▽長谷川健太新監督の下で飛躍を誓うFC東京は、同日から始動。1月14日から沖縄キャンプをスタートさせ、2月24日の明治安田生命J1リーグ第1節で浦和レッズをホームに迎える。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.大久保択生
30.廣末陸
33.林彰洋
50.波多野豪

DF
2.室屋成
3.森重真人
4.吉本一謙
5.丸山祐市
6.太田宏介
22.山田将之※背番号変更
25.小川諒也
26.柳貴博
29.岡崎慎
48.チャン・ヒョンス※背番号変更

MF
7.米本拓司
8.髙萩洋次郎
10.梶山陽平
15.久保建英※背番号変更
18.橋本拳人※背番号変更
19.平岡翼
27.田邉草民
28.内田宅哉
31.ジャキット※背番号変更
35.鈴木喜丈
38.東慶悟
39.大森晃太郎☆←(ヴィッセル神戸)※完全
40.平川怜
44.品田愛斗☆←(FC東京U-18)※昇格
51.リッピ・ヴェローゾ

FW
9.ディエゴ・オリヴェイラ☆←(柏レイソル)※期限付き
11.永井謙佑
17.富樫敬真☆←(横浜F・マリノス)※期限付き
20.前田遼一
23.矢島輝一☆←(中央大学)※新加入
24.原大智☆←(FC東京U-18)※昇格

コメント

関連ニュース

thumb

清武のビューティフル弾でC大阪がFC東京を撃破で4試合ぶり白星! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第30節のFC東京vsセレッソ大阪が、20日に味の素スタジアムで行われ、1-0でアウェイのC大阪が勝利した。 ▽AFCチャンピオンズリーグ出場を目指す3位・FC東京(勝ち点46)は、前節2-1で勝利した名古屋グランパス戦からスタメンを1名変更。出場停止のチャン・ヒョンスに代えて丹羽を起用した。 ▽一方、3試合未勝利の9位・C大阪(勝ち点41)は前節0-1で敗れたガンバ大阪戦からスタメンを3名変更。松田、山村、オスマルに代えて田中、柿谷、杉本が起用した。 ▽先にチャンスを作ったのはホームのFC東京。14分、敵陣中央でディエゴ・オリヴェイラとのワンツーで抜け出した永井がボックス中央からシュートを放つ。しかし、Gkキム・ジンヒョンの好セーブに遭い、先制点は奪えない。 ▽その後は両チームともにゴール前まで迫るものの決定的なチャンスを作れず、ゴールレスで折り返す。 ▽後半に入り、先制点が欲しいFC東京は永井を中心に速攻を試みるが、C大阪のDF陣に最後のところで防がれてしまう。 ▽防戦一方だったC大阪は65分、自陣右サイドから清武が前線へロングフィードを送る。これに反応した水沼がボックス右からシュートを放つも、枠には飛ばない。 ▽FC東京は攻撃の活性化を図るべく69分に永井に代えてリンスを投入。直後の70分、リンスが右サイド深い位置でボールを収めると室屋にパスを送る。室屋がそのままドリブルでボックス右に侵攻し、最後はソウザに倒されるもPKは貰えない。 ▽劣勢が続いたC大阪だったが84分、ボックス中央やや右から水沼がシュートを放つも、DFに当たってボールはボックス左にいた清武の下へ。そのこぼれ球を清武がダイレクトでボレーシュートを放つとゴールネットを揺らし、アウェイのC大阪が終盤に先制する。 ▽同点に追いつきたいFC東京は90分、自陣中央右サイドから室屋がロングフィードで前線に走り込んでいたリンスにパスを通す。リンスがGkキム・ジンヒョンを抜いてシュートもボールはサイドネットに。 ▽試合はこのまま1-0で終了。勝利したセレッソは守備陣の奮闘もあり4試合ぶりの白星で7位浮上。決めてを欠いたFC東京は、ACL争いに向け痛すぎる1敗となった。 2018.10.20 21:49 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京U-23MFリッピ・ヴェローゾがグロインペインにより全治約3~4週間

▽FC東京は12日、ブラジル人MFリッピ・ヴェローゾ(21)がグロインペイン症候群により全治約3~4週間と診断されたことを発表した。 ▽そけい部の違和感により別メニューでのトレーニングを行っていたリッピ・ヴェローゾ。チームドクターによる診察の結果、今回の離脱が明らかになった。 ▽リッピ・ヴェローゾは、2017年夏にパルメイラスからFC東京に移籍。主にFC東京U-23でプレーしており、今シーズンは明治安田生命J3リーグ22試合4ゴールを記録していた。 2018.10.12 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

永井が久々ゴールで恩返しに大森移籍後初弾! 名古屋下したFC東京が9戦ぶり勝利で4位浮上《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節の名古屋グランパスvsFC東京が、7日に豊田スタジアムで行われ、2-1でFC東京が勝利した。 ▽暫定でJ1J2入れ替えプレーオフの16位に沈む連敗中の名古屋(勝ち点31)は、1-3で敗北した前節の川崎フロンターレ戦からスタメンを1名のみ変更。エドゥアルド・ネットに代えて、青木を起用した。また、離脱が続いていたガブリエル・シャビエルがベンチ入りした。 ▽リーグ8試合勝ちのない5位・FC東京(勝ち点43)は、0-2で敗北した前節の清水エスパルス戦からスタメンを2名変更。田邉、リンスに代えて、大森、永井を起用した。 ▽戦前の予想に反し、立ち上がりはFC東京が前がかりに試合を進行。5分には、左サイド浅い位置からのFKの場面でキッカーの太田がクロスを供給。森重がボックス内で放った強烈なヘディングシュートはGKランゲラックのファインセーブに阻まれたが、試合最初の決定機を作り出した。 ▽直後、持ち前の攻撃的なサッカーを体現できないでいる名古屋にアクシデントが発生。宮原がFC東京の選手との接触によりプレー不可能な状態に。12分に長谷川との交代を強いられている。 ▽その後、名古屋は最前線のジョーをターゲットにやや前に出ることができるようになるが、FC東京の激しいチェックに遭い決定的なシーンまで至らない。逆に21分には、大森の左サイドからのクロスから混戦が生まれボックス内の永井が左ポストを掠めるシュートを放つなど、FC東京が惜しいシーンを作り出す。 ▽FC東京のプレスが落ち着きポゼッションを握り始めた名古屋。29分には和泉の右サイドからのクロスにジョーが頭で合わせる。これは枠を捉えなかったものの、徐々にゴールに迫っていく。 ▽前半の終盤、守勢に回るFC東京は前線でディエゴ・オリヴェイラが孤立。シュートチャンスを減少させていき、試合は立ち上がりとは真逆の展開に変化する。 ▽ゴールレスで突入した後半、FC東京が再びギアを上げ直す。しかし、48分にディエゴ・オリヴェイラがボックス手前中央から放ったシュートは枠のわずかに右。さらに、直後にも左足で放ったシュートもGKランゲラックにセーブされたが、ディエゴ・オリヴェイラが中央に構えチャンスに絡む回数が増加する。 ▽DF中谷を中心として最後の部分で得点を許さない名古屋は、58分にビッグチャンスを迎える。中盤での細かい繋ぎから左サイドでボールを受けたジョーが、マイナス方向にグラウンダーで折り返す。すると、トップスピードで飛び込んだ小林が左足で合わせたが、FC東京DFの決死のブロックに遭い得点にはならない。 ▽名古屋が攻撃に人数を割いてきた後半半ば、FC東京は永井やディエゴ・オリヴェイラが絡み幾度かカウンターを繰り出す。すると65分、右サイドでボールを持ったディエゴ・オリヴェイラが縦に突破。エンドラインギリギリでクロスを上げると、ボックス中央の永井がスルーし走り込んだ大森がダイレクトシュートを放つ。これがネットを揺らし、待望の先制点となった。また、大森にとっては移籍後初の得点となっている。 ▽名古屋は、直後に青木に代えてガブリエル・シャビエルを投入。攻撃の要を復帰させて巻き返しを図る。 ▽しかし68分、FC東京が名古屋を攻撃に移らせない。東からのパスを右サイドで受けた永井が、ドリブルで中央へカットインして左足を一閃。強烈なシュートがバーに当たってネットに突き刺さり、リードを2点に広げた。永井は4月28日の第11節名古屋戦以来約5か月振りに得点を決め、古巣との相性の良さを示している。 ▽わずか3分間で2点のビハインドを背負うこととなった名古屋は、75分に金井に代えて秋山を投入。3枚のカード全てを使い切り勝ち点奪取を目指した。94分、前田が右サイド浅い位置から大きくクロスを蹴り込む。すると、ボールはDFチャン・ヒョンスの頭に当たりGK林は反応できず。OGで名古屋が1点を返した。 ▽しかし、名古屋が同点弾を奪取する時間は与えられないまま試合は終了。この結果、名古屋は3連敗を喫し14位浮上のチャンスを逃すことに。対するFC東京は、8試合ぶりの勝利で4位に浮上した。 2018.10.07 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京DF小川諒也が接触事故…双方にケガはなし

▽FC東京は4日、DF小川諒也が交通事故を起こしたことを発表した。 ▽クラブの発表によると、小川は9月28日(金) 14時15分頃東京都東久留米市前沢五丁目7番地付近の交差点で信号待ちのため停車。青色に変わった後、追い越し車線(右車線)へと動き出そうとしたところ、前方で停車中の車両(中型オートバイ)と接触した。中型オートバイを運転していた男性および小川にケガはなかった模様。事故発生後は速やかに警察等、関係各所に連絡をして対応したとのこと。 ▽接触事故を起こした小川は、クラブを通じて謝罪している。 「この度、私の不注意で接触事故を起こしてしまいました。運転をされていた方には心よりお詫び申し上げます。またご報告が遅くなってしまったことに関しても、大変申し訳なく思っています。再びこのような事故を起こしてしまい、ファン・サポーターの皆様をはじめ、応援していただいている方にご心配、ご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ございませんでした。今後は二度と事故を起こさないように最大限の注意を払います」 ▽小川は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで12試合に出場していた。 2018.10.04 19:38 Thu
twitterfacebook
thumb

9月に続いて日本代表に招集されたFC東京DF室屋成「楽しみたい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は4日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ▽FC東京のDF室屋成は、12日(金)にデンカビッグスワンスタジアム(新潟)でパナマ代表と、16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉)でウルグアイ代表と対戦する日本代表に招集。クラブの代表として活躍を誓った。 「日本代表に選出していただき、光栄です。代表でプレーできることを楽しみたいと思います。また、東京の代表として、自分の良さを発揮し、成長につなげられるように頑張ります」 2018.10.04 15:05 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース