バルサMFアルダ・トゥランが母国復帰…イスタンブールBBへ2年半のレンタル2018.01.13 21:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは13日、トルコ・スーパーリーグのイスタンブール・バシャクシェヒルとトルコ代表MFアルダ・トゥラン(30)のレンタル移籍で合意したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。イスタンブール・バシャクシェヒルも発表している。

▽アルダは、ガラタサライの下部組織出身で、2005年1月にトップチームへ昇格。2011年8月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍すると、2015年7月にバルセロナへと加入した。

▽しかし、バルセロナは当時、FIFA(国際サッカー連盟)から補強禁止処分を受けていたために2106年1月まで選手登録ができず。その後、試合出場を果たしたアルダだったが、翌シーズンもレギュラーポジションを掴めず。今シーズンはここまで公式戦の出場機会がなかった。バルセロナでは通算55試合に出場し15ゴール11アシストを記録していた。

▽アルダのレンタル期間は2年間となり、2020年6月までの契約。その後、買取オプションもついている。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、ラフィーニャ獲得に近づく...買い取りオプション付きレンタル移籍で決着か

インテルが、バルセロナMFラフィーニャ・アルカンタラ獲得に乗り出している。スペイン『ムンド・デポルティボ』『アス』など複数メディアが報じている。<br><br>インテルはラフィーニャ獲得に半年レンタル+2000万ユーロ(約27億円)の買い取りオプションでオファーを提示した模様。バルセロナは4000万ユーロ(約54億円)以上を要求しており、交渉は難航しているとみられていた。<br><br>加えてインテルが買い取りオプションではなく買い取り義務を条件に入れることを望んでいたとされるバルセロナだが、ラフィーニャ自身が移籍を希望している事情もあり、ここにきて姿勢を軟化させているようだ。インテルはラフィーニャに4年半契約を準備しているという。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、シティやパリSGを抑えて今季欧州で唯一無敗を維持するチームに

バルセロナはシーズン前半戦を終え、欧州主要リーグで唯一無敗を維持するチームとなっている。<br><br>リーガエスパニョーラで宿敵レアル・マドリー(4位/未消化1試合)に勝ち点19差をつけ、首位を独走しているバルセロナ。19試合16勝3分けと圧倒的な強さを誇っている。<br><br>またバルセロナは、公式戦において、29試合で無敗を貫いている。エルネスト・バルベルデ監督は、ジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督がバルセロナ時代に残した記録(28試合)を上回った。<br><br>なお、国内リーグとチャンピオンズリーグの試合で、バルセロナはここまで最高の成績を残している。1位バルセロナ(20勝5分け)、2位マンチェスター・シティ(25勝2分け2敗)、3位パリ・サンジェルマン(22勝2分け2敗)、4位リヴァプール(16勝11分け2敗)、5位アトレティコ・マドリー(13勝10分け2敗)が上位を占めている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 23:02 Tue
twitterfacebook
thumb

「あの事件を起こした後でも欲しがってくれた」スアレス、2014年夏のバルサ移籍を回顧

ルイス・スアレスは、3度目の噛みつき事件を起こした直後にもかかわらず、2014年夏にバルセロナ移籍が成立した当時のことを振り返った。<br><br>2014年のブラジル・ワールドカップのイタリア戦でDFジョルジョ・キエッリーニの肩に噛みついたスアレスは、4カ月間フットボールに関わる全ての活動を禁止される。しかし、この事件によりウルグアイ代表FWは長期の出場停止を余儀なくされるも、直後にバルセロナ移籍が決定した。同選手はこの時の心境を『プレイヤーズ・トリビューン』で打ち明けた。<br><br>「あのことがあった後、すぐにいろいろなことが頭の中をよぎった。10分後ぐらいに(ディエゴ・)ゴディンが得点を奪ったけれど、心から喜べなかった。なぜならその時からすでに今後のことを考えてしまっていた。控え室に帰った後、最初に妻と話した。彼女は僕がやったとこを問い詰めてきたんだ。僕は真実を受け入れられなくって、悲観的になったし、泣きもした」<br><br>「バルサへの移籍も終わったと思ったよ。ワールドカップやバルサに行くという夢もすべて消えてしまったと思ってしまった。でも、その数日後にスビ(アンドニ・スビサレッタ)と話して、こんな問題を起こした僕をバルサはまだ欲しがっていると言ってくれた。涙が出てきたよ」<br><br>「あの時に僕がやってしまった過ちを、そのあとに受けた処分を彼らは受け入れてくれた。バルサは僕にとってとても居心地の良い場所だ。それに、僕はいつでもこのことに感謝している」<br><br>2014年夏にリバプールからバルセロナに渡ったスアレスはこれまでに2度のリーグ優勝、3度のコパ・デル・レイ制覇、さらにチャンピオンズリーグとクラブワールドカップの優勝に1度ずつ貢献している。<br><br>提供:goal.com 2018.01.16 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

フィーゴ、バルサ入りのコウチーニョを激励 「成功を祈る」

▽ポルトガルのレジェンドであるルイス・フィーゴ氏がバルセロナ移籍を果たしたブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョにエールを送った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽コウチーニョは6日、5年半契約でのバルセロナ加入が決定。推定総額1億6000万ユーロ(約217億8000万円)という史上3番目の高額移籍金でもフットボール界を沸かせた。 ▽『Omnisport』のインタビューに応じたフィーゴ氏は、インテルで共演こそならなかったものの、「夢」だと語るバルセロナ入りを実現させた後輩のコウチーニョを激励した。 「コウチーニョのことを嬉しく思う。インテルで彼と会ったことがあるからね。彼とプレーはできなかったが、彼は素晴らしい少年だった。だから、彼の成功を願っている」 2018.01.16 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍金1億ユーロ超え6人目の誕生に…ドイツ代表レジェンド「1億の価値があるのはただ1人」

世界中でリオネル・メッシだけに1億ユーロ(約135億円)の価値があるとドイツのレジェンド、ルディ・フェラー氏が語った。<br><br>今冬、フィリペ・コウチーニョが1億6000万ユーロ(約217億円)でリバプールからバルセロナに移籍。ガレス・ベイル、ポール・ポグバ、ウスマン・デンベレ、キリアン・ムバッペ、そして昨夏史上最高額の2億2200万ユーロ(約290億円)で移籍したネイマールに続き、ブラジル代表MFは1億ユーロを超えた6人目の選手となった。しかし、同選手らの移籍金は適正価格から大きく外れたものだとフェラー氏は『南ドイツ新聞』で指摘している。<br><br>「私にとって、1億ユーロを超える選手はただ1人。もちろんそれは、リオネル・メッシだ。私はペップ・グアルディオラの意見に賛同する。彼はベストプレーヤーを選ぶとしたら(クリスティアーノ)ロナウドや(ロベルト)レヴァンドフスキも候補に挙がるが、メッシは別次元だと言っていた」<br><br>また、現在レバークーゼンのスポーツディレクターを務めるフェラー氏は、多くのクラブが狙う20歳のレオン・ベイリーについて「バイエルン・ミュンヘン相手にだけは&ldquo;ノー&rdquo;と言う」とするも、ビッグクラブからオファーがあれば経済面、チームバランス等を考えて判断すると、売却を否定しなかった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 11:59 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース