元パラグアイ代表MFアランダ、自国クラブに加入 昨季まで2年間千葉でプレー2018.01.13 17:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パラグアイリーグのサンタニは13日、昨シーズンまでジェフユナイテッド千葉でプレーした元同国代表MFアランダ(32)の加入を発表した。

▽アランダは、2014年のブラジル・ワールドカップに臨むパラグアイ代表メンバー。2016年に千葉入りし、守備的MFとしてだけでなく、人格者としても知られる。

▽初年度の2016シーズンは明治安田生命J2リーグ27試合に出場。昨年はJ2リーグ16試合2ゴールをマークしたが、シーズン終了後の退団が発表されていた。

▽なお、サンタニによれば、アランダは既にチームのトレーニングに合流しているという。

コメント

関連ニュース

thumb

ルーク・ショーが新たに5年契約締結!週給は推定2200万円

▽マンチェスター・ユナイテッドは18日、イングランド代表DFルーク・ショー(23)と新たに5年契約を結んだことを発表した。契約期間は2023年6月30日までで、1年間の延長オプションも付いている。 ▽2014年夏にサウサンプトンから加入したショー。度重なるケガの影響で2015-16シーズンは丸々棒に振るなどなかなか芽が出なかったが、加入から5年目を迎えている今季はここまで公式戦9試合に出場し、左サイドバックでレギュラーの座を掴んでいる。 ▽クラブでの好調ぶりから、9月には1年以上ぶりにイングランド代表に招集され、スペイン代表とのUEFAネーションズリーグでは1アシストを記録。23歳のイングランド代表DFは新たな再スタートを切っている。 ▽なお、イギリス『BBC』などによると、新契約を結んだショーは週給15万ポンド(約2200万円)を受け取る見込みだ。 2018.10.19 02:40 Fri
twitterfacebook
thumb

元G大阪指揮官クルピ、5度目のアトレチコ・ミネイロ監督に就任

▽アトレチコ・ミネイロは18日、レヴィー・クルピ氏(65)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2019年末までとなる。 ▽アトレチコ・ミネイロは17日、今夏に就任したチアゴ・ラルギ監督を解任を発表。後任として白羽の矢が立ったのが、同クラブで過去4度の監督経験を持つクルピ氏だった。 ▽かつてセレッソ大阪を率いたクルピ氏は、母国ブラジル帰国後もフルミネンセやサントスなど名門クラブで指揮を執り、今シーズンからガンバ大阪の監督に就任。 ▽若手の育成や攻撃的サッカーの構築を期待されたが、明治安田生命J1リーグでは第17節終了時点で4勝3分け10敗と開幕から低迷が続き、7月に成績不振を理由に解任されていた。 2018.10.19 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フラメンゴ、ブラジル代表MFパケタのミラン行きを公式発表!

▽フラメンゴが、ブラジル代表ルーカス・パケタ(21)のミラン移籍を公式に認めた。 ▽フラメンゴは17日に記者会見を開き、エドゥアルド・ボンデイロ会長の口から直々にパケタのミラン移籍が決定したことが発表された。パケタは今季のブラジル・セリエA終了をもってミランに合流する見込み。クラブは会見で「11歳の頃からこのクラブにいたアイドルを失うことは辛いが、経済面やスポーツの面から見ると素晴らしい取引だった」とコメントしている。 ▽フラメンゴ出身のパケタはブラジル人独特のしなやかさとテクニックを武器にオフェンシブMFを主戦場にするゲームメーカーだ。2016年にトップチームに昇格を果たすと同時に2020年まで契約を延長。プロデビューを飾った昨シーズンはケガに泣いたが、今季はここまでリーグ戦25試合で9ゴールと、現在3位につけるフラメンゴを牽引している。 ▽なお、ブラジル『Globoesporte』によると、移籍金は3500万ユーロ(約45億円)+ボーナスとなる模様。バルセロナやレアル・マドリー、パリ・サンジェルマンにマンチェスターの2クラブなどのビッグクラブも興味を示していたようだが、ミランが争奪戦を制しセレソンの逸材の獲得に漕ぎ着けた。 2018.10.18 14:29 Thu
twitterfacebook
thumb

シャルケが重鎮の36歳ナウドと2020年まで契約延長

▽シャルケは17日、元ブラジル代表DFナウド(36)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。現行の契約から2年更新した格好だ。 ▽2016年に夏にブレーメンからシャルケに加入した198cmの長身センターバックであるナウドは、シャルケでの在籍2シーズンで公式戦75試合に出場して9ゴール4アシストを記録。昨季はブンデスリーガでフルタイム出場を果たし、7ゴールを挙げてチームを2位に押し上げていた。 ▽36歳ながらその年齢を感じさせないパフォーマンスを続けるナウドはシャルケとの契約延長について以下のように語っている。 「シャルケでプレーし続けられることがとにかく嬉しい。素晴らしいファンが支える、素晴らしいクラブだ。これからもこのクラブでプレーすることを楽しみにしている」 2018.10.18 05:10 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、クロアチア代表DFイェドバイと2023年まで契約延長

▽レバークーゼンは17日、クロアチア代表DFティン・イェドバイ(22)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽右サイドバック兼センターバックのイェドバイは、2014年6月にローマからレバークーゼンへレンタル移籍し、翌年の1月に完全移籍していた。レバークーゼンではこれまで公式戦84試合に出場して3ゴール3アシストを記録。昨季は負傷もあってブンデスリーガ10試合の出場に留まり、今季はここまで3試合に出場している。 ▽2014年9月にデビューしたクロアチア代表ではこれまで16試合に出場。ロシア・ワールドカップでは1試合に出場していた。 2018.10.17 22:40 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース