元パラグアイ代表MFアランダ、自国クラブに加入 昨季まで2年間千葉でプレー2018.01.13 17:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パラグアイリーグのサンタニは13日、昨シーズンまでジェフユナイテッド千葉でプレーした元同国代表MFアランダ(32)の加入を発表した。

▽アランダは、2014年のブラジル・ワールドカップに臨むパラグアイ代表メンバー。2016年に千葉入りし、守備的MFとしてだけでなく、人格者としても知られる。

▽初年度の2016シーズンは明治安田生命J2リーグ27試合に出場。昨年はJ2リーグ16試合2ゴールをマークしたが、シーズン終了後の退団が発表されていた。

▽なお、サンタニによれば、アランダは既にチームのトレーニングに合流しているという。

コメント

関連ニュース

thumb

マルコ・シウバ解任のワトフォード、マラガやルビン・カザン率いたハビ・グラシア氏が新監督就任

▽ワトフォードは21日、ハビ・グラシア新監督(47)の招へいを発表した。契約期間は2019年6月30日までの1年半となる。 ▽今シーズンのプレミアリーグでここまで7勝5分け12敗の10位につけているものの、直近11試合でわずか1勝と苦しむワトフォードは21日、今季就任したマルコ・シウバ監督(40)の解任を発表。一部では成績不振に加え、昨年にエバートンが新監督を探していた際に、同監督がクラブの許可なしに接触したことで幹部との確執が生まれていたとの報道も挙がっていた。 ▽一方、ワトフォード再建が託されたスペイン人指揮官のグラシア新監督は、アルメリアやオサスナ、マラガなどを指揮し、2016年5月にルビン・カザンの指揮官に就任。就任1年目となった昨シーズンは、ロシア・プレミアリーグで9位に終わり、シーズン終了後に契約を解消していた。 2018.01.22 04:31 Mon
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、今季就任のマルコ・シウバ監督を解任 直近11試合でわずか1勝

▽ワトフォードは21日、マルコ・シウバ監督(40)の解任を発表した。 ▽ポルトガル人指導者のマルコ・シウバ氏は、複数の自国クラブを率いた後、2017年夏からワトフォードを指揮。今シーズンのプレミアリーグでここまで7勝5分け12敗の10位につけているものの、直近11試合でわずか1勝と苦しんでいる。 ▽なお、クラブは「チームの保守と成功のため、変化が必要と判断した」とコメント。後任については、迅速に擁立するとしている。 2018.01.21 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島FWオルシーニ、期限付きでパラグアイのクラブへ

▽徳島ヴォルティスは21日、FWオルシーニ(23)がスポルティボ・ルケーニョ(パラグアイ)に期限付き移籍することを発表した。契約期間は2019年6月30日までとなる。 ▽アルゼンチン人のオルシーニは、2016年に徳島入りすると、同年に日本代表MF本田圭佑が実質的なオーナーを務めるオーストリアのSVホルンに期限付き移籍。2017年7月からファジアーノ岡山に期限付き移籍していた。 ▽新シーズンも引き続き期限付き移籍で徳島を離れることになったオルシーニは、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「徳島の皆さん、このたびオファーをいただいたパラグアイへのレンタル移籍となりましたが、常に結果を出せるよう頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします」 2018.01.21 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルがオーバメヤン獲得の正式オファー…ドルトムントが確認

▽アーセナルが、ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)獲得に向けたオファーを提示したことが判明した。ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが明かした。 ▽FWアレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が近づいているとみられるアーセナルでは、トレードとしてユナイテッドからMFヘンリク・ムヒタリアンの加入が濃厚になっているが、さらなる前線強化のため、オーバメヤンへの関心も伝えられていた。 ▽ヴァツケCEOは、アーセナルからオーバメヤン獲得に向けたオファーが届いたことを確認している。ドイツ『ルールナハリヒテン』が伝えた。 「アーセナルからピエール=エメリク・オーバメヤンに対する最初のリクエストがあったことを確認できる。オファー額についてはコメントしない」 ▽伝えられるところによれば、アーセナルのオファーは5000万ユーロ(約67億7000万円)。ドルトムントは6000万~7000万ユーロ(約81億2000万~95億円)を求めると言われているが、取引は進展するのだろうか。 2018.01.21 12:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ムヒタリアンとアーセナルが合意 サンチェスと等価トレード

▽アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドのMFヘンリク・ムヒタリアン(28)が合意に達したようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ムヒタリアンに関しては、アーセナルFWアレクシス・サンチェス(29)のマンチェスター・ユナイテッド移籍に伴うトレード要員になるということが伝えられてきた。これまでの報道によれば交渉がやや難航している模様だったが、今回の報道によればついに合意に達したようだ。『BBC』によれば、ユナイテッドとアーセナルはどちらも移籍金を得ることなく、選手同士の等価トレードとなる。 ▽世界有数のアタッカーと認知されているサンチェスは、今季限りでのアーセナルの契約延長が進展せず、移籍が濃厚とみられてきた。一方、ムヒタリアンは2016年の夏に加入したユナイテッドと2020年までの契約を交わしていたが、一貫性のあるパフォーマンスを発揮できず、ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況だった。 2018.01.21 08:27 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース