デ・ブライネ、幼少期はリバプール大好きっ子だった2018.01.13 17:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティで評価を高めるベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ。幼き日の夢の1つを未だ叶えられていないことがわかった。イギリス『ミラー』が報じている。

▽デ・ブライネは、スペイン代表MFダビド・シルバと共に二大プレーメーカーとして抜群の存在感を発揮。ジョゼップ・グアルディオラ監督からべた褒めされるなど、不動の地位を確立している。

▽この活躍を続けていけばより明るい将来が待っていてもおかしくないデ・ブライネだが、“今の状況”だと到底叶えられない夢を幼少期に抱いていたようだ。

▽日々、ゲンクのユースで練習に励む当時のデ・ブライネ少年は、インタビューで将来の夢について次のように応えたという。

「僕のお気に入りのチームはリバプールです」

「好きな選手はマイケル・オーウェン。僕もいつかあのクラブでプレーしたいです」

コメント

関連ニュース

thumb

フラメンゴ、シティからコロンビア代表FWマルロス・モレノをレンタル! 今季はジローナにレンタル中も出場機会恵まれず

▽フラメンゴは16日、マンチェスター・シティからジローナにレンタル移籍中だったコロンビア代表FWマルロス・モレノ(21)がレンタル移籍で加入することを発表した。契約期間は2018年12月までとなる。 ▽アトレティコ・ナシオナル下部組織出身のモレノは、高い身体能力と前線の複数ポジションをこなせるユーティリティ性を武器とする若きアタッカー。 ▽2015年にアトレティコ・ナシオナルのコパ・リベルタドーレス制覇に貢献した同選手は、2016年夏にシティへ完全移籍で加入。昨シーズンはデポルティボ、今季は提携先のジローナへいずれも1年間のレンタル移籍で加入。だが、今季のリーグ戦の出場はわずか2試合にとどまり、出場機会を求めて南米の地に舞い戻ることになった。 2018.01.17 04:30 Wed
twitterfacebook
thumb

シティのトップターゲットはシャフタールMFフレッジ! 選手自身は移籍に前向き

▽マンチェスター・シティの来夏のトップターゲットはシャフタールに所属するブラジル代表MFフレッジ(24)のようだ。イギリス『デイリー・テレグラフ』が伝えている。 ▽2013年にインテルナシオナルからシャフタールに加入したフレッジは、セントラルMFの主力として公式戦142試合に出場し13ゴール12アシストを記録。ボールを運べて捌けるうえ、シュートセンスにも優れる万能型MFはブラジル代表としても6キャップを記録している。 ▽現在、フレッジにはシティ、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルに加え、ナポリやインテル、アトレティコ・マドリー、パリ・サンジェルマンなど8~10のビッグクラブが獲得に関心を示している模様だ。 ▽しかし、その中で最も強い興味を示しているのがシティのようだ。シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督はフレッジの才能を高く評価しており、今季終了後の退団が見込まれるコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレに代わる、ブラジル代表MFフェルナンジーニョの新たなポジション争いのライバルとして同選手を迎え入れたい意向のようだ。 ▽また、シャフタールと2023年まで契約を残すフレッジだが、先日にイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でシティ行きへの関心を認めている。 「先日、友人がシティとグアルディオラが僕に関心を示しているというニュースを知らせてくれた。ヨーロッパで自分が知られた存在になっていることは嬉しいよ」 「だけど、僕はシャフタールと5年契約にサインしたばかりだ。もちろん、どこからオファーが届けば、代理人を通じて知らされるし、家族と話し合うつもりだ。ただ、今のところは落ち着いているよ」 「だけど、正直なところ、僕は彼(グアルディオラ)からの連絡を待っている。きっと彼の下で自分が大きく成長できると思うし、イングランドは世界最高のリーグで、プレーすることを夢見ている場所だ」 ▽なお、グアルディオラ監督と相思相愛とみられるフレッジに関しては、4000万ポンド(約61億円)ほどの金額で獲得が可能なようだ。 2018.01.17 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

13試合しか出てないのに…ポグバ、アシスト数でデ・ブライネと共にトップに立つ

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバの活躍が数字としても際立ち始めている。 ▽ポグバは、15日に行われたプレミアリーグ第23節のストーク・シティ戦で2アシストを記録。ユナイテッドを3-0の快勝劇に導く活躍で、イギリス『BBC』選定のマン・オブ・ザ・マッチに選定された。 ▽これにより、ポグバの今シーズンにおけるプレミアでの成績は、3ゴール9アシスト。アシスト数において、マンチェスター・シティ勢のケビン・デ・ブライネやMFリロイ・ザネと並ぶトップに浮上した。 ▽だが、特筆すべきは出場数だ。ポグバは故障や出場停止で13試合の出場にとどまっているが、デ・ブライネは全23試合、ザネは21試合でプレー。それを考慮すれば、ポグバの凄みがより増してくる。 ◆プレミアリーグのアシストランキング※上位 【9】 ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) リロイ・ザネ(マンチェスター・シティ) 【8】 ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ) 【7】 デレ・アリ(トッテナム) リヤド・マフレズ(レスター・シティ) 【6】 マーク・オルブライトン(レスター・シティ) セサル・アスピリクエタ(チェルシー) クリスティアン・エリクセン(トッテナム) アーロン・ラムジー(アーセナル) モハメド・サラー(リバプール) 2018.01.16 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシでもC・ロナウドでもネイでもない! 名将ハインケスが語る“断トツ”で欧州最高の選手

▽バイエルンの指揮官を務めるユップ・ハインケス監督が、マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)に惜しみない賛辞を送っている。『ESPN』が伝えた。 ▽ハインケス監督は、2012-13シーズンにバイエルンでブンデスリーガ、DFBポカール、チャンピオンズリーグの3冠を達成してフットボール史上最強とも評されるチームを形成し、その年に勇退。しかし、今シーズンにバイエルンがカルロ・アンチェロッティ監督を解任すると、代打としてシーズン限りバイエルン指揮官に復帰している。 ▽そのハインケス監督が、ドイツ『キッカー』のインタビューで、現在の欧州最高と評価する選手として、デ・ブライネの名前を挙げた。 「デ・ブライネは、昨年は十分ではなかった。だが、今の彼になら私はあらゆる全てを捧げるよ」 「彼は現在、断トツで欧州最高の選手だ」 ▽現在、シティを率いるのはバイエルン勇退時に自身の後任となったジョゼップ・グアルディオラ監督。さらに、デ・ブライネはブンデスリーガでもプレーしていた経験があるため、注視しているのかもしれない。 2018.01.16 14:49 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、シティ初黒星もリーグ戦は諦める

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、マンチェスター・シティのリーグ戦での今シーズン初黒星について言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽公式戦17試合無敗を継続してプレミアリーグで首位を独走するシティ(勝ち点62)は、14日に行われたプレミアリーグ第23節でリバプールのホームに乗り込んだ。試合は先制点を許したシティが、前半のうちにザネのゴールで試合を振り出しに戻すも、その後チームは3失点。終盤の2ゴールで1点差に詰め寄ったが、反撃は及ばず。3-4で敗れたシティが今シーズン初黒星を喫した。 ▽一方、リーグ戦2位のユナイテッドは、同節でストーク・シティを3-0で撃破したことにより、勝ち点を50に伸ばして首位との勝ち点差を12に縮めた。それでもモウリーニョ監督はストーク戦後、シティの独走態勢は変わらないと主張。首位との勝ち点差は気にせず、自分たちの戦いに目を向けていくことを重要視した。 「未だに首位との勝ち点差は大きい。首位を独走している状態は変わらない。我々も首位に立っていたことがあるが、彼らはプレッシャーもなく、自信を持ってプレーできる。多少のエラーや躓きがあっても余裕がある位置にいる。自信と運命をコントロールできるかは、彼ら次第だ」 「我々にとって勝ち点差は関係ない。重要なことは毎試合勝利することとできる限り最高の順位で終われるように努力することだ。それと同時に最高なチームを作らなくてはいけない。来シーズンは今シーズンの継続であり、今シーズン終了時に良いレベルに達することができれば、それが来シーズンの躍進を助けてくれる」 2018.01.16 11:30 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース