ミシャ監督を迎えた札幌が選手背番号を発表!菅野孝憲は「1」、 駒井善成は「14」、三好康児は「41」2018.01.13 17:14 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽北海道コンサドーレ札幌は13日、2018シーズンの新体制発表会を開催。選手背番号を発表した。

▽昨シーズンは5年ぶりにJ1で戦った札幌は、見事にJ1残留。今シーズンはサンフレッチェ広島や浦和レッズで指揮を執ってきたミハイロ・ペトロヴィッチ監督を迎えた。

▽戦力としては、GK菅野孝憲(京都サンガF.C.)、MF駒井善成(浦和レッズ)、MF三好康児(川崎フロンターレ)を期限付き移籍で獲得。MF白井康介(愛媛FC)、FW宮吉拓実(サンフレッチェ広島)を完全移籍で獲得した他、昨シーズンは期限付き移籍で加入していたDF横山知伸(大宮アルディージャ)、DF菊地直哉(サガン鳥栖)を完全移籍で獲得した。

▽主な新加入選手の背番号では、菅野が「1」、駒井が「14」、三好が「41」、白井が「18」、宮吉が「31」を着用。また、DF福森晃斗が「24」から「5」に変更した。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.菅野孝憲☆←(京都サンガF.C.)※期限付き移籍
21.阿波加俊太☆←(愛媛FC)※期限付き移籍復帰
25.ク・ソンユン

DF
2.横山知伸☆←(大宮アルディージャ)※完全移籍
3.田中雄大
4.河合竜二
5.福森晃斗※背番号変更
15.☆←(サガン鳥栖)※完全移籍
20.キム・ミンテ
32.石川直樹
35.進藤亮佑
37.濱大耀

MF
6.兵藤慎剛
7.ジュリーニョ
8.深井一希
10.宮澤裕樹
14.駒井善成☆←(浦和レッズ)※期限付き移籍
17.稲本潤一
18.チャナティップ
19.白井康介☆←(愛媛FC)※完全移籍
26.早坂良太
27.荒野拓馬
41.三好康児☆←(川崎フロンターレ)※レンタル移籍
44.小野伸二

FW
9.都倉賢
11.ヘイス
13.内村圭宏
31.宮吉拓実☆←(京都サンガF.C.)※完全移籍
38.菅大輝
40.藤村怜☆←(北海道コンサドーレ札幌U-18)※昇格
48.ジェイ

コメント

関連ニュース

thumb

ACLの勢い継続! 鹿島、公式戦3連勝でついに4位浮上! 札幌は連敗で7位転落…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節の北海道コンサドーレ札幌vs鹿島アントラーズが23日に札幌ドームで行われ、2-0で鹿島が勝利した。 ▽ここまで11勝8分け6敗で5位につける札幌(勝ち点41)と、11勝6分け9敗で7位につける鹿島(勝ち点39)が激突した。前節の川崎フロンターレ戦を0-7で大敗して連勝が「3」でストップした札幌は、その一戦から先発メンバーを3人変更。キム・ミンテ、早坂に代えて石川、白井を起用した。 ▽一方、前節の湘南ベルマーレ戦を2-1で勝利し、18日にAFCチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦でも天津権健(中国)に3-0で勝利して2戦合計スコア5-0でクラブ初の準決勝進出を決めるなど、チームの雰囲気が良好の鹿島。直近の天津権健の先発メンバーからは内田、三竿、安部、セルジーニョに代えて西、永木、安西、土居を起用した。 ▽6日に北海道胆振東部地震が発生して以降、初の札幌ドームでの試合。キックオフ前には両チームによる黙祷が行われた。 ▽勝ち点「2」差の両者による試合。序盤から互いに積極的に敵陣へと攻め込む中、鹿島がチャンスを作る。7分、右サイドに流れた鈴木からパスを受けた遠藤が、ボックス右外から右足でクロス。ニアサイドの土居が頭で叩きつけたが、ボールは右ポストに嫌われた。 ▽立ち上がりを経過しても札幌を押し込む鹿島は15分にもこぼれ球を拾ったレオ・シルバがシュートを放つも、GKク・ソンユンに対処される。それでも24分、鈴木がボックス中央から左に流れると、遠藤のフリーランを見逃さずに切り返しからボックス右へ浮き球のパスを供給。これに抜け出した遠藤が右足インサイドでピッタリと合わせ、ゴールネットに突き刺した。 ▽先制点を奪った鹿島は、攻勢を強める札幌の反撃を跳ね返しながら追加点を狙う。31分、相手のCKからカウンターを発動。セカンドボールを拾った土居がそのまま敵陣へと攻め上がり、ボックス左へスルーパス。走り込んだ鈴木がシュートを放つが、ここはGKク・ソンユンが立ちはだかる。しかし、そのこぼれ球を拾った西がボックス左外から中央の鈴木にパスを送り、鈴木が中央へクロスを送ると、待ち構えていた土居が合わせるも、今度は左ポストに嫌われてしまう。 ▽前半終盤こそ札幌が敵陣へ侵攻する場面を増やしたが、鹿島の堅いディフェンスを崩すことができず、鹿島リードで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、リードを広げたい鹿島にチャンス到来。47分、ボックス左外から中央へ切り込んだ安西が相手DFに倒されてPKを獲得する。これをキッカーの鈴木が冷静にゴール左へ蹴り込んで、鹿島が2-0とリードを広げた。これで鈴木はリーグ戦10ゴール目。キャリア初のシーズン2ケタゴールに到達した。 ▽2点ビハインドと苦しくなった札幌。しかし51分、石川のボール奪取からボックス左手前の深井が絶妙なパスでボックス中央へ。走り込んだ都倉がシュートを放つも、懸命に戻った犬飼がスライディングでブロック。それでもボールはゴール方向へ飛んだが、体制を崩しながらもGKクォン・スンテが足で止められてしまう。 ▽このチャンスを決めることができなかった札幌は、62分に早坂、66分に三好を投入して攻撃の活性化を図る。しかし、試合を締めにかかる鹿島の前にうまくチャンスを作ることができない。 ▽札幌が攻めあぐねていると終盤、鹿島が畳みかける。81分、ボックス右外へのパスに走り込んだ鈴木が中央へ切れ込みながら、ボックス手前に落とす。走り込んだレオ・シルバが右足でゴール右を丁寧に狙うも、ここはGKク・ソンユンに弾かれる。 ▽その後は鹿島が交代枠も使いながら時間を消費し、試合をクローズ。2-0で勝利した鹿島は公式戦3連勝で4位浮上。一方の札幌は連敗で7位に転落した。 2018.09.23 20:58 Sun
twitterfacebook
thumb

元浦和や札幌のエメルソンが今年いっぱいで現役引退

▽浦和レッズや北海道コンサドーレ札幌、川崎フロンターレで活躍したブラジル人FWエメルソン(39)が、12月に現役引退するようだ。ブラジル『globo』が報じている。 ▽ブラジルの名門・サンパウロ出身のエメルソンは2000年から2005年にかけて日本で活躍。札幌では2000年にJ2優勝、浦和では2003年にリーグカップ優勝を経験し、2004年にはJリーグ優秀選手賞と得点王を受賞。通算121得点を記録した。その後、カタールのアル・サッドや母国フルミネンセ、フラメンゴなどを転々とし2011年にコリンチャンスに加入。コリンチャンスでは2012年に日本で開催されたクラブ・ワールドカップでチェルシーを下し優勝を果たしている。 ▽さらにその後は、2度目のフラメンゴ移籍やポンチ・プレッタを経て、2018年にコリンチャンスに復帰。12月に40歳の誕生日を迎えるエメルソンは、今年いっぱいでの引退を決めたようだ。 ▽『globo』によれば、コリンチャンスはエメルソン引退に際し引退試合を行うことを決定。試合日は同選手の誕生日の翌日の12月7日。なお、その試合のチケット代は全てNGOや貧しい地域社会に寄付されるという。 2018.09.20 18:55 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎F、2009年以来の7得点! 9年前の相手指揮官は奇しくも…

▽川崎フロンターレが2009年以来となる1試合7ゴールの大勝を飾った。 ▽川崎Fは15日、明治安田生命J1リーグ第26節で北海道コンサドーレ札幌をホームに迎えた。試合は序盤こそ札幌に押し込まれたものの、28分にMF家長昭博が自ら放ったシュートのこぼれ球を巧みに左上隅を射抜くゴールで川崎Fが先制点を奪う。すると2分後にはボックス右手前のFW小林悠からのクロスをMF中村憲剛が難しい体勢から上手くファーサイドに流し込んで追加点。40分にもMF阿部浩之がゴールネットを揺らして川崎Fが3-0で試合を折り返した。 ▽迎えた後半も川崎Fの勢いは止まらず。57分にはこの日がリーグ戦初先発となったMF下田北斗、58分に小林、86分にFW知念慶が得点を奪い、最後はこの日がプロ初出場となったMF田中碧のJ1デビュー戦ゴールで締めくくり、川崎Fが7-0で勝利を収めた。 ▽前回川崎Fが7得点で勝利したのは、現在日本サッカー協会(JFA)技術委員長を務める関塚隆氏が率いていた2009年10月25日のJ1第30節のこと。その時の対戦相手は、奇しくも今回7失点の屈辱を味わった札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督が当時率いていたサンフレッチェ広島だった。ちなみに、その時の得点者はFWジュニーニョ×2、FW鄭大世(現・清水エスパルス)、MF田坂祐介、FWレナチーニョ(VONDS市原)、MF中村憲剛、DF登里享平であった。 ▽2009年以来に7ゴールを奪った川崎Fは、1試合未消化で現在首位の広島に勝ち点6差で2位に位置。次節は2016シーズンまで川崎Fを指揮していた風間八宏監督率いる名古屋グランパスと対戦する。 ◆2009シーズンJ1第30節 ▽10月25日 川崎フロンターレ 7-0 サンフレッチェ広島 【川崎F】 ジュニーニョ(前18) 鄭大世(後16) 田坂祐介(後25) レナチーニョ(後29) 中村憲剛(後40) 登里享平(後41) ジュニーニョ(後44) ◆川崎FがこれまでJリーグで7得点を挙げた試合 2018/9/15 J1第26節vs北海道コンサドーレ札幌 7-0 〇 2009/10/25 J1第30節vsサンフレッチェ広島 7-0 〇 2007/10/28 J1第30節vsFC東京 7-0 〇 2006/3/11 J1第2節vs京都サンガF.C. 7-2 〇 2003/9/23 J2第35節vsサガン鳥栖 7-1 〇<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

札幌、青森山田高の主将MF檀崎竜孔が加入内定

▽北海道コンサドーレ札幌は18日、青森山田高校に在学するMF檀崎竜孔(だんざきりく/18)の2019シーズン加入内定を発表した。 ▽檀崎は、青森山田高校の主将で10番。キレのあるドリブルとスピードを生かした突破と決定力が特長的なMFだ。 ▽現在は、プレミアリーグEASTでも青森山田高校の一員としてプレー。得点ランキングトップの14ゴールを記録している。 ▽なお、代表歴においても今年、U-18日本代表に選出。SBSカップ国際ユースサッカーに出場している。 2018.09.18 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月18日は、日韓W杯の活躍が印象的な元日本代表MFのバースデー

◆稲本潤一 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1979年9月18日 所属クラブ:北海道コンサドーレ札幌 ポジション:MF 身長:181㎝ 体重:77kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月18日は、北海道コンサドーレ札幌に所属する元日本代表DF稲本潤一だ。 ▽ガンバ大阪育成出身の稲本は、1997年に17歳6カ月の当時最年少記録でJ1デビュー。代表としてもエリート街道を歩み、2000年にA代表デビューを遂げ、2002年の日韓ワールドカップで印象的な活躍を披露したことは今も語り草だ。2001年にはイングランドの名門アーセナルに移籍。その後、フルアムやWBA、カーディフ、ガラタサライ、フランクフルト、レンヌ、川崎フロンターレを経て、2015年から北海道に籍を置く。プライベートでは2012年にモデルの田中美保と結婚。仲良し夫婦として、世間の注目を集めている。 ※誕生日が同じ主な著名人 栗原勇蔵(サッカー選手/横浜F・マリノス) 北本久仁衛(サッカー選手/ヴィッセル神戸) 伊藤優汰(サッカー選手/アルビレックス新潟) 森島康仁(サッカー選手/栃木ウーヴァFC) マックス・マイヤー(サッカー選手/クリスタル・パレス) ルイス・ホルトビー(サッカー選手/ハンブルガーSV) 遠藤彰弘(元サッカー選手) 井原正巳(元サッカー選手) ソル・キャンベル(元サッカー選手) 福田彩乃(タレント) 中井貴一(俳優) うじきつよし(タレント) 2018.09.18 07:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース