ミシャ監督を迎えた札幌が選手背番号を発表!菅野孝憲は「1」、 駒井善成は「14」、三好康児は「41」2018.01.13 17:14 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽北海道コンサドーレ札幌は13日、2018シーズンの新体制発表会を開催。選手背番号を発表した。

▽昨シーズンは5年ぶりにJ1で戦った札幌は、見事にJ1残留。今シーズンはサンフレッチェ広島や浦和レッズで指揮を執ってきたミハイロ・ペトロヴィッチ監督を迎えた。

▽戦力としては、GK菅野孝憲(京都サンガF.C.)、MF駒井善成(浦和レッズ)、MF三好康児(川崎フロンターレ)を期限付き移籍で獲得。MF白井康介(愛媛FC)、FW宮吉拓実(サンフレッチェ広島)を完全移籍で獲得した他、昨シーズンは期限付き移籍で加入していたDF横山知伸(大宮アルディージャ)、DF菊地直哉(サガン鳥栖)を完全移籍で獲得した。

▽主な新加入選手の背番号では、菅野が「1」、駒井が「14」、三好が「41」、白井が「18」、宮吉が「31」を着用。また、DF福森晃斗が「24」から「5」に変更した。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.菅野孝憲☆←(京都サンガF.C.)※期限付き移籍
21.阿波加俊太☆←(愛媛FC)※期限付き移籍復帰
25.ク・ソンユン

DF
2.横山知伸☆←(大宮アルディージャ)※完全移籍
3.田中雄大
4.河合竜二
5.福森晃斗※背番号変更
15.☆←(サガン鳥栖)※完全移籍
20.キム・ミンテ
32.石川直樹
35.進藤亮佑
37.濱大耀

MF
6.兵藤慎剛
7.ジュリーニョ
8.深井一希
10.宮澤裕樹
14.駒井善成☆←(浦和レッズ)※期限付き移籍
17.稲本潤一
18.チャナティップ
19.白井康介☆←(愛媛FC)※完全移籍
26.早坂良太
27.荒野拓馬
41.三好康児☆←(川崎フロンターレ)※レンタル移籍
44.小野伸二

FW
9.都倉賢
11.ヘイス
13.内村圭宏
31.宮吉拓実☆←(京都サンガF.C.)※完全移籍
38.菅大輝
40.藤村怜☆←(北海道コンサドーレ札幌U-18)※昇格
48.ジェイ

コメント

関連ニュース

thumb

9人の札幌、無敗記録は「11」でストップ…ウェリントン2G2Aの活躍で神戸が完勝! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節のヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌が20日にノエビアスタジアム神戸で行われ、4-0で神戸が勝利した。 ▽前節のジュビロ磐田戦を2-0で制した7位・神戸(勝ち点19)は、1-1で引き分けたミッドウィークのYBCルヴァンカップ サガン鳥栖戦からスタメンを総入れ替え。最後尾にGKキム・スンギュ、最終ラインに渡部、チョン・ウヨン、高橋、ティーラトン、中盤に三田、藤田、田中、大槻、最前線にウェリントン、渡邉を起用した。 ▽リーグ11試合負けのない3位・札幌(勝ち点26)も、0-3で完敗したミッドウィークのYBCルヴァンカップ 清水エスパルス戦からスタメンを総入れ替え。最後尾にGKク・ソンユン、最終ラインに福森、キム・ミンテ、進藤、中盤に深井、宮澤、駒井、チャナティップ、菅、三好、最前線に都倉を起用した。 ▽9分、神戸が右CKを獲得。キッカーの藤田が右足で質の高いクロスを供給すると、DFキム・ミンテのマークを振り切ったウェリントンが頭でボールを捉える。高い打点から放たれたヘディングシュートがゴール右隅を捉え、神戸が先制に成功した。 ▽同点を目指す札幌はサイドからのクロスを主体に攻め込もうとするが、神戸の強固な守備に苦しみなかなかシュートに繋げることができない。 ▽すると23分、神戸がまたしても札幌ゴールに襲い掛かる。ボックス左でボールを持った田中が、中央にグラウンダーのボールを折り返す。ウェリントンが右足のダイレクトシュートを放つと、札幌DFに当たって軌道の逸れたボールがネットを揺らした。 ▽37分、札幌は右CKを獲得。キッカーの福森がインスウィングでファーにボールを供給すると、後方にポジションを取っていた菅が左足でボレーシュートを放つ。しかし、このシュートは枠を捉えることができず、得点には繋がらない。 ▽ビハインドで折り返した試合、札幌はハーフタイム中に2枚替えを敢行。三好、菅に代えてジェイ、石川を送り出し、無敗記録の継続を目指していく。 ▽すると、徐々に札幌の決定機が増加し始める。53分、ボックス右のキム・ミンテがファーサイドにクロスを供給し、反応したジェイのヘディングシュートが左ポストに直撃。こぼれ球に詰めた進藤のシュートも神戸DFにブロックされたものの、神戸ゴールを脅かしていく。 ▽しかし直後の55分、札幌に漂い始めた得点の匂いを、神戸がかき消す。GKキム・スンギュのゴールキックが最前線まで届くと、ウェリントンが頭でディフェンスラインの裏に落とす。抜け出した渡邉がGKク・ソンユンとの一対一を制し、リードを3点に広げた。 ▽64分、右サイドを持ち上がる途中出場の藤谷に対し、キム・ミンテが厳しくチェックにいき倒してしまう。すると、このプレーでキム・ミンテに2枚目のイエローカードが提示されて退場に。劣勢の札幌は10人で戦うこととなった。 ▽さらに73分にも、三田からスライディングでボールを奪った宮澤が2枚目のイエローカードを貰い退場。札幌の選手たちの抗議も空しく、続けざまの退場により9人での戦いとなってしまう。 ▽圧倒的に数的不利を抱える札幌は神戸からボールが奪えず、試合は一方的な展開に。76分に田中のボレーシュートが左ポストを叩けば、81分には枠こそ捉えなかったものの藤谷のミドルシュートが札幌ゴールを脅かす。 ▽試合終了間際の87分、三原の縦パスをボックス手前のウェリントンがヒールで逸らす。ボックス内に抜け出した渡邊がシュートを放ち、スコアが4-0となったところで試合は終了を迎えた。 ▽この結果、神戸は好調のクラブを下して連勝を飾ることに。対する札幌は、クラブ記録を更新していた無敗記録を「11」でストップさせることとなった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.20 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

白熱の上位対決は互いに譲らず! 3位・札幌にドローもFC東京が6戦無敗で2位キープ!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第14節のFC東京vs北海道コンサドーレ札幌が13日に味の素スタジアムで行われ、0-0で引き分けに終わっている。 ▽ここまで8勝2分け3敗で2位につけるFC東京(勝ち点26)と、7勝4分け2敗で3位に位置する札幌(勝ち点25)の一戦。前節の川崎フロンターレとの多摩川クラシコを2-0で勝利して直近5試合を4勝1分けと好調を維持しているFC東京は、その一戦から先発メンバーを2人変更。丸山と田邉に代えてチャン・ヒョンスと大森を起用した。 ▽一方、前節のガンバ大阪戦を2-0で勝利して10試合無敗中の札幌は、その一戦から先発メンバーを1人変更。出場停止の三好に代えて負傷から復帰したジェイを起用した。 ▽首位猛追へ負けられない両者の一戦。試合は2分にアウェイの札幌がいきなりFC東京ゴールに迫る。2分、中盤でセカンドボールに反応した深井がダイレクトで相手最終ラインの背後へ。ジェイが抜け出してGK林といきなり一対一を迎えたが、シュートはわずかにゴール右外へと外れた。 ▽対するFC東京は9分、左サイドでのパス周りから太田がボックス左外からクロス。ニアサイドで永井が頭で合わせたが、シュートはゴールの上を通過した。 ▽序盤から激しく繰り広げられる攻防。そんな中、FC東京は29分にカウンターから大森が相手最終ラインの裏へスルーパスを送る。これに快速を飛ばしてボックス内に走り込んだ永井がゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定が下される。 ▽一方の札幌は35分、敵陣中央左からジェイがボックス左に浮き球を供給。走り込んだ菅が胸トラップから左足でシュートを放ち、こぼれ球を都倉が押し込むも、菅が胸トラップの際に手が当たっていたのを主審がしっかりと見逃さず、ハンドの判定が下された。 ▽ゴールレスで試合を折り返すと、前半終了間際から押し込んでいたFC東京が札幌を押し込む。51分、ボックス右外の室屋がボックス右にパスを送る。東が走り込んで中央へ折り返し、最後は永井がニアサイドで合わせるも、ゴール右外へと外れた。さらに53分、カウンターから東の縦パスを受けた永井が右サイドのオープンスペースに展開。これに受けた室屋が独走してボックス中央に侵攻してGKとの一対一を迎えたが、GKク・ソンユンの好守に阻まれた。 ▽ややFC東京の勢いに押されかけている札幌は63分、ボックス右手前でFKを獲得。キッカーの福森が左足を振りぬいてゴール左隅を狙うも、GK林に弾かれた。 ▽互いに譲らない試合展開が続く。ホームのFC東京は75分、太田の左CKにニアサイドにフリーで飛び込んだ高萩がヘディングシュート。しかし、シュートはわずかにゴール右へ。その後もホームチームが数多く敵陣に侵攻したものの、疲労からか最後のところで崩しきれず。 ▽試合終盤にこそ札幌が立て続けにゴールを脅かしたものの、激しい攻防は最後までスコアが動かずゴールレスドローで終了。ホームのFC東京は勝ちきれずも6戦無敗で2位をキープ。一方の札幌は11戦無敗も2位浮上とはならなかった。 2018.05.13 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】首位を追いかける上位対決、FC東京は“ストップ・ザ・都倉”なるか《FC東京vs札幌》

▽13日、明治安田生命J1リーグ第14節が開催される。味の素スタジアムではFC東京vs北海道コンサドーレ札幌が行われる。 <span style="font-weight:700;">◆下馬評を覆す上位対決</span> ▽ホームのFC東京は勝ち点26の2位、一方アウェイの札幌は勝ち点25の3位。勝ち点差1で迎える上位対決は、シーズン開幕前には予想されていなかった展開だ。 ▽長谷川健太監督を迎えたFC東京は、開幕3試合を1分け2敗と勝利なし。スタートで躓き、厳しいシーズンが予想されたが、その後は4連勝、第8節のセレッソ大阪戦では敗れるも、その後の5試合も4勝1分けと好調を維持している。 ▽対する札幌はミハイロ・ペトロヴィッチ監督を招へい。同じく開幕3試合を1分け2敗と低調なスタートになったが、第4節からは10戦無敗。7勝3分けと勝ち点を積み上げた。“シックスポインター”となる両者、無敗を続けるのは。 <span style="font-weight:700;">◆昨季のイメージを払拭できるか</span>〜FC東京~ ▽5戦無敗と好調を維持しているFC東京だが、今節の相手である札幌には、昨シーズンのリーグ戦2試合で連敗を喫している。 ▽その要因は、不安定な守備。しかし、その点は新指揮官の長谷川監督の下、ピッチ内での規律を高め、今シーズは安定した守備を見せている。さらに、リーグ戦4試合続けて欠場していた韓国代表DFチャン・ヒョンスが戦列復帰。チームとしては大きな後押しとなるはずだ。 ▽前節の川崎フロンターレとの“多摩川クラシコ”では2-0と快勝。圧倒することはできなかったが、しっかりと結果を残した。ミッドウィークのYBCルヴァンカップは控え選手を起用し、アルビレックス新潟に土壇場で逆転負け。久々の敗戦となったが、今節には影響ないだろう。昨シーズン勝てなかった札幌に勝利し、広島の背中を追いかけたい。 <span style="font-weight:700;">◆無敗継続への大事な一戦</span>~北海道コンサドーレ札幌~ ▽札幌は前述の通りここまで10戦無敗を継続。クラブ史上最高の状態でシーズン中盤を迎えている。 ▽昨シーズンFC東京にはリーグ戦で2勝。その大きな要因は、エースのFW都倉賢だ。2試合で1得点2アシストの活躍を見せた都倉は、今シーズンのJ1リーグでも既に5得点を記録。シーズン序盤はFWジェイにポジションを譲っていたが、出場機会が増えるとゴールも増えた。 ▽一方で、シャドーとして攻撃を牽引していたMF三好康児が出場停止で欠場。11戦無敗に向け、チームの攻撃面がどう機能するかがカギを握る。ペトロヴィッチ監督はサンフレッチェ広島、浦和レッズ時代に味の素スタジアムで9試合を指揮。6勝3分けと無敗なだけに、今節も勝利したいところだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆FC東京</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180512_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:大森晃太郎、橋本拳人、髙萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 ▽ケガで離脱していたチャン・ヒョンスが復帰。4月の月間MVPを受賞したFWディエゴ・オリヴェイラ、直近5試合で3ゴールのFW永井謙佑が2トップを組むと予想。左サイドバックにはDF太田宏介が入ると見る。 <span style="font-weight:700;">◆北海道コンサドーレ札幌</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180512_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ク・ソンユン DF:進藤亮佑、キム・ミンテ、福森晃斗 MF:駒井善成、深井一希、宮澤裕樹、菅大輝 FW:宮吉拓実、都倉賢、チャナティップ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 出場停止:三好康児 ▽札幌は[3-4-2-1]のシステムと予想。出場停止のMF三好康児の代わりにはFW宮吉拓実が入ると予想する。その他、前節ゴールのMF深井一希とMF宮澤裕樹がボランチでコンビを。右ウイングバックには、キーマンでもあるMF駒井善成が引き続き起用されるだろう。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆DFチャン・ヒョンス</span>(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180512_20_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽FC東京の注目選手は5試合ぶりに復帰濃厚の韓国代表DFチャン・ヒョンスだ。不在時にもチームのディフェンスラインはしっかりと仕事を果たしていたが、チャン・ヒョンスの復帰は大きなプラス材料となるだろう。昨シーズンやられていた都倉を抑え込めるか。チャン・ヒョンスと都倉のマッチアップにも注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆FW都倉賢</span>(北海道コンサドーレ札幌)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180512_20_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽昨シーズンのFC東京戦で1得点2アシストのエースFW都倉賢に注目だ。今シーズンも自身の特徴を活かしたゴールを連発。派手なゴールが多い印象だが、試合を通しての前線での奮闘が実を結んでいる印象だ。都倉の最近の活躍で代表待望論も一部で挙がっているが、チームが維持する調子とともに、自身のゴールで無敗を継続させたい。 <span style="font-weight:700;">◆独走する広島の背中を追えるのは</span> ▽首位を独走中の広島を勝ち点差8で追うFC東京、勝ち点差9で追う札幌の一戦。しっかりと勝利を収め、広島の背中を追い続けたい思いは、両チーム共に同じはずだ。互いに好調を維持していることもあり、白熱の一戦となるだろう。 ▽昨シーズンのイメージが有るだけに、精神的には札幌の方が有利とも思えるが、FC東京は指揮官が交代。戦い方も変わっているため、簡単には昨シーズンと同じ展開にはならないだろう。それでも、ミシャサッカーで攻撃的に進化している札幌を抑えるのも簡単ではない。互いに良さを出すことが、勝利への近道だろう。 ▽広島への挑戦権が懸かっているとも言える一戦。試合は13日(日)の16時にキックオフを迎える。 2018.05.12 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1第14節プレビュー】広島を追うFC東京と札幌が激突! 低迷の名門横浜FMvsG大阪のプライドを懸けた一戦にも注目!

▽明治安田生命J1リーグ第14節の8試合がが12日、13日に行われる。 ▽ワールドカップによる中断期間前最後の2試合となったJ1。リーグは変わらずの強さを見せる首位のサンフレッチェ広島に、FC東京や北海道コンサドーレ札幌が食らいつくという様相を呈している。今節はそのFC東京と札幌の上位対決が実現。新監督の下で好調の両チームが、広島に圧力を掛けんと鎬を削る。 ▽その広島はアウェイでベガルタ仙台と対決。連勝を懸けて鷲と熊が相まみえる。また、横浜F・マリノスvsガンバ大阪のオリジナル10対決も注目。下位に低迷する名門同士が互いのプライドをぶつけ合う魂の一戦だ。 ▽なお、セレッソ大阪vs鹿島アントラーズは7月25日に予定されているため、8試合の見どころをこんぱくとにまとめて紹介する。 ◆2015年以来の対戦は連敗脱出をかけた一戦 清水エスパルス vs 湘南ベルマーレ [5月12日(土)14:00] ▽連敗中同士の一戦。第11節でホーム初勝利を飾った清水は、ファン・ソッコ中心の守備で湘南の攻撃を抑え、再び勝ちロコを披露したい。一方の湘南はイ・ジョンヒョプとアレン・ステバノヴィッチの2トップが清水を襲う。 ◆イニエスタ獲得噂浮上の神戸が高橋祥平の待つヤマハに乗り込む ジュビロ磐田 vs ヴィッセル神戸 [5月12日(土)14:00] ▽GWで調子を上げた磐田。古巣戦となる高橋祥平は5試合ぶりクリーンシートへ貢献したいはずだ。一方、神戸はGWに勝利なし。しかし、イニエスタ獲得の噂で世界の注目の的に。5試合ぶり白星でアピールしたいところだ。 ◆昨季ライバルが生き残りかけ相まみえる V・ファーレン長崎 vs 名古屋グランパス [5月12日(土)14:00] ▽昨季J2上位を争った両クラブがJ1の舞台で激突。今季は長崎が3連敗、名古屋が11戦未勝利と共に苦しい戦いが続いている。下位対決制し生き残りに抜け出すのは片方のみ。白熱の激闘が幕を開ける。 ◆江坂任vs家長昭博 2015年大宮の躍進を支えた2人が再会 柏レイソル vs 川崎フロンターレ [5月12日(土)15:00] ▽前節黒星で未だに連勝がない柏と今季初の連敗を喫した川崎F。柏は、2戦発中の江坂が昨季王者から得点を奪い、ホームでリスタートを切れるか。それとも川崎Fの家長昭博が連敗ストップへ躍動なるか。2015年に大宮の躍進を支えた二人が再会 ◆連勝仙台か、3失点広島か ベガルタ仙台vs サンフレッチェ広島 [5月12日(土)16:00] ▽前節リーグ戦6試合ぶりに勝利した仙台はルヴァン杯でも横浜FMを下し首位浮上。公式戦2連勝で首位広島を迎え撃つ。一方、現在リーグ戦3連勝の広島だが、ルヴァン杯ではG大阪に敗れ3位に。後半の3失点が気になるところだが…。 ◆新船頭の舵取り…先に船酔いから覚めるのはどっちだ 横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 [5月12日(土)19:00] ▽低迷する名門が激突。攻撃志向を貫く横浜FMは柏戦以外全試合で得点しているが守備が追いつかない。対するG大阪も攻撃に重きを置くチームだが、前節は完封負け。新監督の慣れない舵取りの中、先に船酔いから覚めるのはどちらか。 ◆浦和W杯前最後のホームゲーム、ファンに勝利を 浦和レッズ vs サガン鳥栖 [5月13日(日)14:00] ▽W杯前最後のホームゲームとなる浦和。オズワルド・オリヴェイラ監督の下再起を図るも前節の鹿島凱旋は返り討ちに遭ってしまった。一方の鳥栖は前節の清水戦で8戦ぶり勝利。昨季の対戦は1勝1分けとリーグ初の連勝へ悪くない相手だ。 ◆注目の上位対決! 絶好調D・オリヴェイラが札幌に襲いかかる FC東京 vs 北海道コンサドーレ札幌 [5月13日(日)16:00] ▽FC東京は前節、王者川崎F撃破でリーグ5戦負けなし。特にディエゴ・オリヴェイラは4月のMVPに選ばれノリノリだ。対する札幌は連勝中も三好康児が出停に。主力を欠き団結が求められる。 2018.05.11 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

都倉がJ通算100ゴール! 札幌がクラブ最長10戦無敗、G大阪はアウェイ6戦全敗《J1》

▽5日に札幌厚別公園競技場で行われた明治安田生命J1リーグ第13節の北海道コンサドーレ札幌vsガンバ大阪は、ホームの札幌が2-0で勝利した。 ▽クラブレコードの9試合負けなしで3位につける札幌は、三好、チャナティップ、都倉が先発復帰。一方、今シーズン初連勝で降格圏脱出の15位に位置するG大阪は、今野が負傷から復帰後初先発を飾っている。 ▽互いに攻め手を探り合う展開で立ち上がった試合は7分、札幌にチャンス。敵陣左サイドで得たFKから福森が左足でクロスを供給する。ファーサイドでフリーの都倉が頭で合わせるが、惜しくもゴール右に逸れる。 ▽その中で、やや守勢のG大阪は10分、ゴール前でクロス処理を試みたGK林の顔面に飛び込んできた都倉の足先が直撃するアクシデント。このまま交代かに思われたが、数分間の治療を経て、プレーを再開する。 ▽ボールの主導権を握った戦いでG大阪を押し込む札幌は22分、ボックス左のスペースでボールを収めた都倉が中央にラストパス。フリーの宮澤だが、至近距離のシュートはGK林のファインセーブに阻まれてしまう。 ▽それでも、優勢の札幌が39分に均衡を破る。左サイドでボールを拾った菅がバックパス。福森がダイレクトでクロスを送ると、ニアサイドのチャナティッブが潰れ、浮いた球を深井が左足で押し込んだ。 ▽全体的に重いG大阪は、その後も劣勢の戦況に。前半アディショナルタイム7分にはファビオの縦パスからファン・ウィジョに好機が巡ってくるが、振り向きざまの左足シュートは左ポストを叩く。 ▽後半の頭から今野を下げてケガ明けの長沢を投入したG大阪は、その立ち上がりから反撃。50分、藤春の折り返しからファン・ウィジョの右足ボレーを放つと、58分にも米倉がゴールに迫る。 ▽こぼれ球への反応で優位に立つG大阪は、58分にもボックス左にドリブルで侵攻した倉田がシュート。60分にも長沢の高い位置でのボール奪取から倉田に決定機が巡ってくるが、これも生かせない。 ▽攻勢のG大阪は、ボールの主導権でも札幌を圧倒。だが、札幌は72分、シュートブロックされたボールを拾った駒井がクロスを供給する。ボックス中央の都倉がオーバーヘッドで合わせ、G大阪を突き放した。 ▽都倉のJ通算100ゴールとなるシーズン5得点目で加点の札幌は、G大阪の反撃を凌ぎきってリーグ2連勝を飾り、10戦無敗のクラブレコードを更新。G大阪は今シーズン初のアウェイ白星とはならなかった。 2018.05.05 16:00 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース