ミシャ監督を迎えた札幌が選手背番号を発表!菅野孝憲は「1」、 駒井善成は「14」、三好康児は「41」2018.01.13 17:14 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽北海道コンサドーレ札幌は13日、2018シーズンの新体制発表会を開催。選手背番号を発表した。

▽昨シーズンは5年ぶりにJ1で戦った札幌は、見事にJ1残留。今シーズンはサンフレッチェ広島や浦和レッズで指揮を執ってきたミハイロ・ペトロヴィッチ監督を迎えた。

▽戦力としては、GK菅野孝憲(京都サンガF.C.)、MF駒井善成(浦和レッズ)、MF三好康児(川崎フロンターレ)を期限付き移籍で獲得。MF白井康介(愛媛FC)、FW宮吉拓実(サンフレッチェ広島)を完全移籍で獲得した他、昨シーズンは期限付き移籍で加入していたDF横山知伸(大宮アルディージャ)、DF菊地直哉(サガン鳥栖)を完全移籍で獲得した。

▽主な新加入選手の背番号では、菅野が「1」、駒井が「14」、三好が「41」、白井が「18」、宮吉が「31」を着用。また、DF福森晃斗が「24」から「5」に変更した。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.菅野孝憲☆←(京都サンガF.C.)※期限付き移籍
21.阿波加俊太☆←(愛媛FC)※期限付き移籍復帰
25.ク・ソンユン

DF
2.横山知伸☆←(大宮アルディージャ)※完全移籍
3.田中雄大
4.河合竜二
5.福森晃斗※背番号変更
15.☆←(サガン鳥栖)※完全移籍
20.キム・ミンテ
32.石川直樹
35.進藤亮佑
37.濱大耀

MF
6.兵藤慎剛
7.ジュリーニョ
8.深井一希
10.宮澤裕樹
14.駒井善成☆←(浦和レッズ)※期限付き移籍
17.稲本潤一
18.チャナティップ
19.白井康介☆←(愛媛FC)※完全移籍
26.早坂良太
27.荒野拓馬
41.三好康児☆←(川崎フロンターレ)※レンタル移籍
44.小野伸二

FW
9.都倉賢
11.ヘイス
13.内村圭宏
31.宮吉拓実☆←(京都サンガF.C.)※完全移籍
38.菅大輝
40.藤村怜☆←(北海道コンサドーレ札幌U-18)※昇格
48.ジェイ

コメント

関連ニュース

thumb

浦和DF槙野智章「都倉選手すいません」←札幌FW都倉賢「俺にバイシクル決めないでよ」…一体なにが!?

▽浦和レッズに所属する日本代表DF槙野智章が、北海道コンサドーレ札幌のFW都倉賢にあるプレーについて謝罪している。 ▽浦和レッズは21日、明治安田生命J1リーグ第9節で北海道コンサドーレ札幌を本拠地・埼玉スタジアム2002に迎えた。浦和にとっては暫定監督として指揮していた大槻毅体制ラストマッチ、札幌にとってはミハイロ・ペトロヴィッチ監督の古巣戦となった一戦は、ゴールレスドローで終了したが、その試合中にある珍プレーが生まれた。 ▽それは66分のシーン。札幌GKク・ソンユンのクリアボールの競り合い時に槙野と都倉が接触すると、最初に槙野が転倒。さらにバランスを崩した都倉が仰向けで倒れた槙野に引っかかり、槙野を乗り越えるように仰向けでピッチに転倒すると、絡まった槙野が半回転。すると、槙野の左足が都倉の股間に直撃してしまった。 ▽両者は昨シーズンのJ1第19節にも接触プレーから退場者を出したことが。その時は、槙野にレットカードが提示され、両チームがヒートアップする事態になったが、この時ばかりは笑いながら両者握手を交わしてプレーを再開した。 ▽さらに槙野は同試合翌日の22日に自身のインスタグラム(makino.5_official)を更新。今回の珍プレーの流れが分かる写真と共に「都倉選手すいません。まさか、こうなるとは…ボール間違えました。笑」と投稿。これに対して、都倉はツイッター(@tokurasaurus)で槙野の同投稿に「俺にバイシクル決めないでよ」(※絵文字省略)と返信している。 2018.04.22 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和、ミシャ率いる好調・札幌とゴールレスドロー…大槻毅体制ラストマッチを4連勝で締めくくれず《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節の浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌が21日に埼玉スタジアム2002で行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽ここまで3勝2分け3敗で10位に位置する浦和(勝ち点11)と、4勝2分け2敗で4位につける札幌(勝ち点14)の一戦。前節の清水エスパルス戦を2-1で勝利して大槻毅体制リーグ戦3連勝を飾った浦和は、その一戦から先発メンバーを2人変更。清水戦で途中交代したマウリシオと菊池に代えて、岩波とマウリシオを起用した。 ▽一方、前節の柏レイソル戦を2-1で勝利して3連勝を飾った好調・札幌は、その一戦から先発メンバーを4人変更。契約上の理由によって出場できない駒井と宮吉らに代えてチャナティップと宮澤らを起用した。 ▽19日にかつて鹿島アントラーズでリーグ3連覇を達成したオズワルド・オリヴェイラ氏の招へいを発表した浦和にとっては、大槻体制のラストマッチ、札幌にとってはミハイロ・ペトロヴィッチ監督の古巣戦となった一戦。 ▽試合は序盤から互いに敵陣へと侵攻するが、思うようにシュートまで結びつけることができない立ち上がりとなる。そんな中、札幌は17分、宮澤からパスを受けた三好がボックス手前からシュートを放つも、GK西川にセーブされる。 ▽対する浦和は20分、柏木からの右CKが相手DFに当たってゴール前へ抜けると、遠藤がボレーシュート。しかし、これがGKク・ソンユンの正面に。絶好機を逃してしまう。 ▽34分にはこぼれ球を拾った流れから岩波がワンツーでボックス右に抜け出し、鋭いクロスから浦和がチャンスを迎えるも決め切れず。ゴールレスで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、まずは浦和が54分、橋岡からのクロスを武藤がヘディングシュート。一方の札幌は直後、福森のパスを受けた三好がボックス手前右に持ち込み、右足を振り抜くもどちらもGKに処理されてゴールは生まれない。 ▽終盤に差し掛かると浦和が攻勢を強める。65分には柏木の左CKを槙野が頭で合わせる。しかし、これは枠を捉えることが出来ない。74分には興梠の落としを受けた長澤がミドルシュート。GKク・ソンユンに弾かれたボールはゴール方向に向かったが、勢いは弱くGKク・ソンユンに対処された。 ▽その後は互いにゴールへ迫った両者だが、最後までスコアは動かずにそのまま試合終了。浦和は4試合無敗も大槻監督体制ラストマッチを勝利で飾れず。一方の札幌は6試合無敗を継続している。 2018.04.21 18:21 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌FWジェイが古巣アーセナルのヴェンゲル監督退任にツイート「超越した存在」…後任アンケートも実施中

▽北海道コンサドーレ札幌の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイドが、22年間の長期政権を終えるアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督に向けてメッセージを送った。自身のツイッター(@jaybothroyd)に投稿している。 ▽ジェイは、アーセナルの下部組織出身だったが、2000年にコベントリー・シティへと移籍。ヴェンゲル監督がトップチームを率いていたものの、昇格することはなく他クラブへと移籍した。 ▽その後はペルージャやチャールトン、ウォルバーハンプトン、ストーク・シティ、カーディフなど様々なクラブへ移籍。2015年2月にムアントン・ユナイテッドからジュビロ磐田へと移籍し、Jリーグに挑戦。2017年7月から札幌でプレーしている。 ▽アーセナル退団後にイングランド代表にまで上り詰めたジェイは、ツイッターを通じてヴェンゲル監督の偉大さを綴った。 「アーセン・ヴェンゲルがシーズンの終わりに辞める。驚いたよ。アーセンは、アーセナル、そしてイングランドのサッカーにとって超越した存在だった」 「彼は素晴らしい人間であり、偉大なことを達成した偉大な監督だ」 ▽しかし、最後には思わぬメッセージも。パリ・サンジェルマンのツイッターアカウント(@PSG_English )を使い、「次はパリ・サンジェルマンだ! 幸運を祈る」とヴェンゲル監督の次の行き先?をほのめかしている。 ▽なお、ジェイは自身のツイッター上でヴェンゲル監督の後任監督に関するアンケートを実施中。ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー)、マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス)、レオナルド・ジャルディム(モナコ)、トーマス・トゥヘル(フリー)が項目として設定されている。 2018.04.21 10:27 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】4連勝を目指す両者、かつての指揮官を迎える浦和が大槻体制ラストマッチ《浦和vs札幌》

▽21日、明治安田生命J1リーグ第9節が行われる。埼玉スタジアム2002では、浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌が行われる。 <span style="font-weight:700;">◆再会</span> ▽3勝2分け3敗で10位の浦和が、4勝2分け2敗の札幌をホームに迎える一戦。札幌の指揮官は昨シーズン途中まで浦和を率いていたミハイロ・ペトロヴィッチ監督だ。 ▽長年ホームとしてきた埼玉スタジアム2002にかつての指揮官を迎える浦和。選手やスタッフだけでなく、スタジアム、ファンのことまで知り尽くした指揮官との再会戦となる。 <span style="font-weight:700;">◆大槻毅のラストダンス</span>〜浦和レッズ〜 ▽堀孝史監督の解任に際し、暫定指揮官に就任した大槻毅監督。オズワルド・オリヴェイラ監督の就任が発表され、今節が最後の指揮となる。 ▽リーグ戦は未勝利の状態から3連勝。18日に行われたYBCルヴァンカップでもガンバ大阪に勝利し、公式戦4連勝と復調。チームが結果を残している中での退任となるが、新政権に良い形でチームを渡すためにも、勝利で終えたいところだ。 ▽選手たちの気持ちも同じだろう。勝ち癖を付けて行きたいところでもあり、4連勝となれば勢いにも乗れるだろう。そして、かつての指揮官を迎えるだけに、一層勝ちたい気持ちは強いはず。“ミシャチルドレン”の奮起にも期待だ。 <span style="font-weight:700;">◆かつてのホームで悪者になれるか</span>〜北海道コンサドーレ札幌〜 ▽前述のとおり、ペトロヴィッチ監督にとっては家に帰って来ることとなる。チームは浦和と同様に3連勝中。YBCルヴァンカップでもジュビロ磐田を相手に逆転勝利を収め、勢いに乗っている。 ▽チームは札幌に帰らずに磐田から埼玉へと移動。調整ももんだいなくできているだろう。開幕から時間も立ち、チーム戦術も浸透し、浦和を相手にミラーゲームを仕掛ける可能性もある。 ▽指揮官や選手は変わっているものの、チームのことを知り尽くしているペトロヴィッチ監督が土のような準備をするのか。指揮官の腕の見せどころだろう。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>[3-4-1-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180420_24_tw22.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:遠藤航、マウリシオ、槙野智章 MF:橋岡大樹、阿部勇樹、長澤和輝、宇賀神友弥 MF:柏木陽介 FW:興梠慎三、武藤雄樹 監督:大槻毅 ▽大槻体制のラストマッチとなる試合。[3-4-2-1]の布陣で臨むこととなるだろう。スターティングメンバーは前節の清水エスパルス戦とほぼ同じになると予想。左ウイングバックに日本代表の活動で負傷していたMF宇賀神友弥が復帰すると予想。トップ下にMF柏木陽介を配置し、FW興梠慎三とFW武藤雄樹が2トップを組むことになるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆北海道コンサドーレ札幌</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180420_24_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ク・ソンユン DF:進藤亮佑、キム・ミンテ、福森晃斗 MF:宮吉拓実、荒野拓馬、宮澤裕樹、菅大輝 MF:三好康児、チャナティップ FW:都倉賢 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ▽古巣との対決となるペトロヴィッチ監督だが、メンバーを変更してくるだろう。負傷離脱していたMF宮澤裕樹が復帰濃厚。また、DF福森晃斗も復帰するとみられる。3戦連発中のFW都倉賢を1トップに、ミシャサッカーに欠かせないMF三好康児、MFチャナティップが2列目に入ると予想する。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆DF橋岡大樹</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180420_24_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽浦和の注目選手は、大槻監督に見出され結果を残しているDF橋岡大樹だ。本職はセンターバックながら、右ウイングで起用。前節はアシストも記録し、浦和復活の兆しとなっている。足をつってもピッチに立ち続けた前節。恩師である大槻監督を白星で送り出したい気持ちは強いはずだ。豊富な運動量で右サイドを駆けまわる姿に注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆FW都倉賢</span>(北海道コンサドーレ札幌)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180420_24_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽札幌の注目選手は3戦連発中のFW都倉賢だ。シーズン序盤はゴールが奪えなかったものの、ここ3試合は貴重なゴールを連発。どれもが目を見張るシュートであり、札幌の活力になっていることは間違いない。今節も自身のゴールでチームを4連勝に導けるか。 <span style="font-weight:700;">◆4連勝を掴むのはどちらか</span> ▽指揮官のラストマッチとかつての指揮官の帰還。互いに4連勝をかけて、埼玉スタジアム2002で激突する。 ▽浦和は内容こそ良いものではないが、最後まで粘り強くプレーすること、勝利への執念はこの3試合で見せている。チームをV字回復している中での退任が決定したが、チームを復調させた大槻監督を勝利で送り出したいのは、選手だけでなく浦和サポーターも同じはず。大声援が鳴り響くことは間違いない。 ▽一方で、ヒール役として埼玉スタジアム2002に戻ってくるペトロヴィッチ監督。しかし、札幌にとってはクラブ新記録となるJ1での4連勝がかかっている。浦和が大槻監督のためにという気持ちならば、札幌はペトロヴィッチ監督のためにという気持ちだろう。かつてのホームで、敵として勝利をおさめる姿を見たいはずだ。 ▽勢いにのるためにも勝利が欲しい両チーム。どちらの気持ちが勝るのか。試合は21日(土)の16時にキックオフを迎える。 2018.04.20 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

またもやエースの一撃! 宮吉&三好躍動の札幌、都倉の3戦連発逆転弾で3連勝! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第8節の柏レイソルvs北海道コンサドーレ札幌が14日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、札幌が2-1で逆転勝利を収めている。 ▽ここまで3勝2分け2敗で7位につける柏(勝ち点11)と、3勝2分け2敗で札幌(勝ち点11)が激突した。前節のサガン鳥栖戦を2-1で勝利して2試合ぶり白星を飾った柏は、その一戦から先発メンバーを2人変更。小泉とクリスティアーノに代えて大谷と江坂を起用した。 ▽一方、前節の湘南ベルマーレ戦を1-0で勝利して今季初の連勝を飾った札幌は、その一戦から先発メンバーを3人変更。福森と宮澤、チャナティップに代えて石川と兵藤、宮吉を起用した。 ▽試合はホームの柏が立ち上がりから攻勢に出る。5分、右サイドからカットインした伊東からパスを受けたキム・ボギョンがボックス右にスルーパス。斜めに走り込んだ亀川が右足でシュートを放つも、ここはGKク・ソンユンに阻まれる。 ▽それでも柏は9分、江坂のパスを受けた亀川がボックス左で鋭い切り返しから対峙した駒井の転倒を誘発。そのまま右足を振り抜くと、相手DFの足に当たってゴールへ吸い込まれた。 ▽早い時間帯に先制点を許した札幌だったが、すぐさま反撃。13分、ボックス右外で三好がパスを受けると、左足でクロスを供給する。これを中央に走り込んだ初先発の宮吉が頭でゴール左隅へ流し込み、1-1と試合を振り出しに戻す。 ▽1点ずつを取り合うと、両者の攻防は徐々に激しさを増す。札幌は19分、ボックス右でボールを持った菅が対峙した2人の間を突破しようと試みる。最後はゴール前右にこぼれたボールを詰めていた三好が右足でシュートを放つも、GK桐畑の好守に阻まれてしまい、逆転とはならない。 ▽桐畑のセーブに助けられた柏は31分、ボックス右に走り込んだキム・ボギョンのクロスをニアサイドの中川がヘディングシュート。しかし、右ポストに当たり、江坂のシュートも相手DFに阻まれてゴールとはならなかった。 ▽1-1で試合を折り返すと、後半開始早々に札幌が柏を脅かす。47分、ボックス右外で駒井が縦への仕掛けからクロスを供給。中央でフリーとなった宮吉がジャンピングボレーを放つが、GK桐畑に弾かれる。こぼれ球を都倉が押し込もうとしたが、シュートはわずかにゴール右へと外れた。 ▽その後、札幌は三好、駒井の積極的な仕掛けから柏守備陣を悩ませる。対する柏は64分、江坂に代えてクリスティアーノを投入して攻撃の活性化を図る。 ▽それでも柏の攻撃にしっかりと対応する札幌は79分、兵藤からの左CKを中央の石川がヘディングで合わせる。これがゴール右を捉えるも、GK桐畑が横っ飛びセーブ。逆転ゴールを許さない。 ▽それでも札幌は87分、都倉の左サイドからのクロスがファーサイドに流れると、三好がキープ。左足での浮き球クロスを都倉が頭で合わせてゴール右へ。エースの3試合連続ゴールで札幌が2-1と逆転に成功する。 ▽その後、札幌は最後まで柏の攻撃を許さずに試合終了。初先発の宮吉、エース・都倉のゴールで逆転勝利を収めて3連勝を飾った。 2018.04.14 16:06 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース