川崎F、昨シーズンに引き続きキャプテンにFW小林悠、副キャプテンにGKチョン・ソンリョン、MF谷口彰悟、MF大島僚太2018.01.13 16:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽川崎フロンターレは13日、昨シーズンに引き続き2018シーズンにおけるキャプテンがFW小林悠、副キャプテンがGKチョン・ソンリョン、MF谷口彰悟、MF大島僚太に決定したことを発表した。

▽キャプテン・副キャプテンにそれぞれ任命された4選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆小林悠
「昨年に引き続きキャプテンを務めさせていただくことになりました。優勝という素晴らしい目標を達成しました。今年の目標も優勝です。目標を達成するためにはチーム全員の力、フロンターレをサポートしていただく全ての皆さんの力が必要になります。チームとして常に100%の力を発揮することが出来れば、勝ち獲れると信じています。「常勝=川崎フロンターレ」という歴史を作っていきたい。頼りないキャプテンですが、誰よりもフロンターレで優勝をしたいという気持ちをもっています。今年もよろしくお願いします」

◆チョン・ソンリョン
「昨年に続き、副キャプテンの機会を与えてもらい感謝しています。昨年は失点を大幅に減らすことができました。それはチームみんなの意識の高さが導いた結果だったと思います。自分達は意識高くプレーすること、考えて行動していくことが出来れば、目標を達成できると信じています。ピッチの外でも中でも話をしながらいい雰囲気でシーズンを進めていきたいと思います。よろしくお願いします」

◆谷口彰吾
「昨年のあの喜び、一体感を今年も味わいたいと思います。目標に向かってみんなで進んでいくからこその強さを実感できました。今年も非常に厳しいシーズンが続いていきますが、チームの連帯感、一体感を大切に進んでいきたいと思います。よろしくお願いします」

◆大島僚太
「昨年に引き続き、副キャプテンを務めさせていただくことになりました。1年間のシーズンを通して、チームは良い時も悪い時もあると思います。思った事、気がついた事をみんなで話しえるようなチームの一体感を大切にして行きたいと思います。よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FM10番主将の生え抜きMF齋藤学がJ王者川崎Fに完全移籍! 「恩を仇で返してしまうことに…」

▽川崎フロンターレは12日、横浜F・マリノスの元日本代表MF齋藤学(27)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽横浜FMの下部組織で育ち、2008年にプロデビューを果たした齋藤は、2011年にFC愛媛へと期限付き移籍。その後は横浜FMに復帰すると、2016シーズンの明治安田生命J1リーグでは33試合10ゴールを奪うなどチームの主力として活躍。昨シーズンからはジュビロ磐田に移籍した元日本代表MF中村俊輔の背番号「10」を引き継ぎキャプテンとしても任命されていた。 ▽しかし、齊藤は昨年9月に右ヒザ前十字じん帯を損傷。全治8カ月と発表されており、昨シーズンは明治安田生命J1リーグ25試合1ゴール、YBCルヴァンカップ2試合、天皇杯2試合2ゴールという成績に。現在まで完治していない中で、昨季J1王者への移籍となった。 ▽斎藤は、両クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「8歳から育ててもらい、愛媛FCでの1年を除き18年間お世話になったF・マリノスを離れる決断をしました」 「昨年、キャプテン、10番と責任をもらいながらも、不甲斐ないプレーや満足のいく結果を残せない僕に、たくさんの声援を送っていただいたこと。9月の大怪我の際も、本当にたくさんの声、手紙、千羽鶴、ビックユニフォーム。本当に本当に勇気付けられ、辛いリハビリも日々続けてこれました。この移籍は、その恩を仇で返してしまうことになってしまいました」 「僕はこの移籍を挑戦と捉えてます。より難しいところにチャレンジしたいという想いが、今まで育ててもらったクラブでもない、キャプテンでもない、また一から自分を作っていきたいという想いが、F・マリノスを離れるという決断を後押ししました」 「F・マリノスで、優勝するという想いは道半ばにして僕はチームを離れますが、横浜F・マリノスというクラブが強くなっていくことを願っています。選手、スタッフ、会社の方々、ファン・サポーター、スポンサーの企業の皆さまへ感謝の想いとF・マリノスに関わる皆さんに良き日が訪れますように」 「今まで育ててくれたマリノスアカデミーのコーチたち、ここまで成長させてくれてありがとうございました。どんな時でも諦めず、最後まで一緒に闘ったファン、サポーターの皆さん、今まで本当に多くのご声援をありがとうございました」 「これから先もずっとF・マリノスのユニフォームを着てチームメイトと共に闘いキャプテンとしてプレーしていたことは、僕の誇りです」 ◆川崎フロンターレ 「横浜F・マリノスから移籍してきました齋藤学です。まずはしっかりと怪我をなおし、最高のプレーができるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 2018.01.12 15:17 Fri
twitterfacebook
thumb

J1王者・川崎FがFW小林悠やMF大島僚太、MF中村憲剛、MF阿部浩之、MF家長昭博ら19名との来季契約合意を発表!

▽川崎フロンターレは10日、所属する19名と2018シーズンの契約で合意に至ったことを発表した。 ▽発表によると、年間最優秀選手と得点王に輝いたFW小林悠(30)を筆頭にチームの中心として活躍したDF車屋紳太郎(25)やMF谷口彰悟(26)、MF大島僚太(24)、MF中村憲剛(37)らが契約を更新。また昨シーズンから加入し、J1初優勝に貢献したMF阿部浩之(28)とMF家長昭博(31)とも合意に至った。 ▽2018シーズンの契約に合意した選手は以下の通り。 GK 安藤駿介(27) 新井章太(29) DF 登里享平(27) 奈良竜樹(24) 車屋紳太郎(25) 武岡優斗(31) タビナス・ジェファーソン(19) 舞行龍ジェームズ(29) MF 谷口彰悟(26) 田坂祐介(32) 阿部浩之(28) 大島僚太(24) 中村憲剛(37) 長谷川竜也(23) 森谷賢太郎(29) 田中碧(19) 家長昭博(31) FW 小林悠(30) 知念慶(22) 2018.01.10 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

J1王者・川崎FのDFエウシーニョが新契約に合意 「1つでも多くのタイトルを取れるように」

▽川崎フロンターレは10日、DFエウシーニョ(28)が新契約に合意したことを発表した。契約期間は2018年2月2日から2019年1月1日まで。 ▽2015シーズンから川崎Fでプレーするエウシーニョは、加入3年目を迎えた昨シーズンの明治安田生命J1リーグで21試合5得点を記録。YBCルヴァンカップでも2試合2得点を記録しており、天皇杯にも1試合出場している。 ▽2018シーズンも川崎Fでプレーすることが決定したエウシーニョは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「日本そして川崎フロンターレに戻って来れて、とても幸せに思ってます! また新たな年2018年が始まります。しっかりみんなで団結しながらトレーニングを積んで、良い準備をしていきたいと思います。この2018年シーズンも1つでも多くのタイトルを取れるように、サポーターの皆さんも含め全員で最後の最後まで一緒に戦いましょう」 2018.01.10 16:23 Wed
twitterfacebook
thumb

J1王者の川崎F、山形からMF鈴木雄斗を完全移籍で獲得 昨季J2で31試合5ゴール

▽川崎フロンターレは7日、モンデティオ山形に所属するMF鈴木雄斗(24)の完全移籍加入を発表した。 ▽大分トリニータや柏レイソル、横浜F・マリノスユースに在籍歴を持つ神奈川県横浜市出身の鈴木は、2012年に水戸ホーリーホックでプロキャリアをスタート。2016年から山形に加わり、2017シーズンは明治安田生命J1リーグ31試合5ゴールを記録した。 ▽来シーズンからJ1王者の川崎Fでプレーすることになった鈴木は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆川崎フロンターレ 「はじめまして、鈴木雄斗です。J1チャンピオンチームの一員となることをとても誇りに思います。とにかく試合に出て活躍し、チームに一日でも早く貢献したいと思います。よろしくお願いします」 ◆モンテディオ山形 「山形でプレーした2年間は貴重な時間でした。チームの目標には届かず不甲斐ない状況が続きましたが、熱い応援にいつも背中を押してもらっていました。短い文章では書ききれませんが、この2年間本当に感謝しています。ありがとうございました。山形での経験を糧に、皆さんにこれからも応援頂けるよう挑戦します!」 2018.01.07 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

元日本代表FW森本貴幸、川崎Fから福岡へ! 「J1昇格に貢献できるように」

▽アビスパ福岡は7日、川崎フロンターレに所属する元日本代表FW森本貴幸(29)の完全移籍加入を発表した。 ▽神奈川県川崎市出身の森本は、2004年に東京ヴェルディでプロキャリアをスタート後、カターニャ(イタリア)、ノヴァーラ(同)、アル・ナスルSC(UAE)、ジェフユナイテッドを経て、2016年に地元の川崎Fに加入。主にストライカーのバックアップ役を務め、2017シーズンは明治安田生命J1リーグ11試合3ゴールをマークした。 ▽来シーズンから福岡でプレーすることになった森本は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「今シーズンより、川崎フロンターレから加入することになりました森本貴幸です。これまで培ってきた全てのものを出し、アビスパ福岡のJ1昇格に貢献できるように頑張っていきたいと思います。宜しくお願いします」 ◆川崎フロンターレ 「2年間、お世話になりました。大好きな街、川崎に戻ってきてプレーすることが出来て良かったです。自分自身の成長の為に新しいチャレンジに挑みます。またいつか、川崎に戻ってきたいと思います。これからもよろしくお願いします」 2018.01.07 10:00 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース