川崎F、昨シーズンに引き続きキャプテンにFW小林悠、副キャプテンにGKチョン・ソンリョン、MF谷口彰悟、MF大島僚太2018.01.13 16:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽川崎フロンターレは13日、昨シーズンに引き続き2018シーズンにおけるキャプテンがFW小林悠、副キャプテンがGKチョン・ソンリョン、MF谷口彰悟、MF大島僚太に決定したことを発表した。

▽キャプテン・副キャプテンにそれぞれ任命された4選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆小林悠
「昨年に引き続きキャプテンを務めさせていただくことになりました。優勝という素晴らしい目標を達成しました。今年の目標も優勝です。目標を達成するためにはチーム全員の力、フロンターレをサポートしていただく全ての皆さんの力が必要になります。チームとして常に100%の力を発揮することが出来れば、勝ち獲れると信じています。「常勝=川崎フロンターレ」という歴史を作っていきたい。頼りないキャプテンですが、誰よりもフロンターレで優勝をしたいという気持ちをもっています。今年もよろしくお願いします」

◆チョン・ソンリョン
「昨年に続き、副キャプテンの機会を与えてもらい感謝しています。昨年は失点を大幅に減らすことができました。それはチームみんなの意識の高さが導いた結果だったと思います。自分達は意識高くプレーすること、考えて行動していくことが出来れば、目標を達成できると信じています。ピッチの外でも中でも話をしながらいい雰囲気でシーズンを進めていきたいと思います。よろしくお願いします」

◆谷口彰吾
「昨年のあの喜び、一体感を今年も味わいたいと思います。目標に向かってみんなで進んでいくからこその強さを実感できました。今年も非常に厳しいシーズンが続いていきますが、チームの連帯感、一体感を大切に進んでいきたいと思います。よろしくお願いします」

◆大島僚太
「昨年に引き続き、副キャプテンを務めさせていただくことになりました。1年間のシーズンを通して、チームは良い時も悪い時もあると思います。思った事、気がついた事をみんなで話しえるようなチームの一体感を大切にして行きたいと思います。よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

川崎F、2点先取も追いつかれ未勝利でACL終了…《ACL2018》

▽川崎フロンターレは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループF最終節で蔚山現代(韓国)とホームで対戦し、2-2で引き分けた。 ▽最下位で敗退が決定している川崎Fが、2位蔚山現代(勝ち点8)をホームに迎えた一戦。川崎Fは、0-0で引き分けた直近の明治安田生命J1リーグ第8節ベガルタ仙台戦からスタメンを全員変更し、家長、中村らに代えて齋藤、赤崎らを起用した。また、蔚山現代ではサガン鳥栖から期限付き移籍で加入しているFW豊田陽平らがスタメンに名を連ねた。 ▽試合が始まると、最序盤から川崎Fが試合を動かす。2分、齋藤がドリブルでボックス左に侵攻して放ったシュートは、GKヨ・スー・ヒョクに阻まれたが、こぼれ球に反応した鈴木がネットを揺らした。 ▽さらに25分、ボックス内でボールを受けた鈴木が、GKヨ・スー・ヒョクともつれ合いながらも後方に繋ぐ。しかし、こぼれ球に詰めた登里が枠に飛ばせば得点というシーンで外してしまい、追加点とはならない。 ▽43分、ボックス手前でやや右でボールを受けた長谷川が、左足で巻くようにファーを狙う。シュートは相手DFに当たって軌道が変わり、良い時間での加点に成功する。リードで折り返した試合、川崎Fは後半に入ると立て続けに失点を喫する。 ▽47分、右CKの場面でファーのチョン・ジェヨンが中央に折り返す。飛び込んだパク・ヨンウが押し込みスコアは1点差に。さらに50分、ボックス左でボールを拾ったイ・ヨンジェが右足を振り抜く。鋭いシュートがゴール右隅を捉え、あっという間にスコアをイーブンに戻した。 ▽その後、一進一退の攻防が続いたものの、両クラブともに決勝点を決め切ることはできず。結局、2-2のスコアのまま試合が終了。この結果、川崎Fは2点を追いつかれ、ACLを未勝利で終えることとなった。 2018.04.18 21:04 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台vs川崎Fの上位対決、熱戦の末ゴールレス《J1》

▽14日にユアテックスタジアム仙台で行われた明治安田生命J1リーグ第8節のベガルタ仙台vs川崎フロンターレは、0-0のドローに終わった。 ▽仙台は、出場停止の大岩に代わり、常田がリーグ戦初出場で初先発。対する川崎Fは、エドゥアルド・ネットと小林が欠場となり、守田と知念をスタメン起用した。 ▽2位と5位の上位対決は、互いにボールの主導権を争い合う入りに。その中で、洗練されたコンビネーションサッカーでゴールに迫った川崎Fは、18分に右サイドのエウシーニョがクロスを送る。これに反応したボックス左の家長が頭で合わせるが、惜しくも左ポストの外側を叩く。 ▽続く25分にも、攻勢の川崎Fにビッグチャンス。GKチョン・ソンリョンのフィードキックに反応した知念のポストプレーから阿部のパスをボックス右のスペースに引き出した家長が右足でシュートを放つ。これがゴールの右隅に向かったが、右ポストに嫌われてしまう。 ▽運にも恵まれた仙台もパスサッカーを展開。平岡や金正也がゴールに迫ると、42分に右サイドで谷口の制止を振り切った梁勇基のクロスから野津田がヘディングシュートを放つ。さらに、44分に左サイドから切り込んだ古巣戦の中野が右足でゴールを狙うが、わずか右に外れた。 ▽Jリーグ王者を相手に臆することなくスタイルを貫く仙台は、ゴールレスで迎えた後半の頭にチャンス。後半開始から大久保を起用した川崎Fを尻目に、ドリブルでボックス右に抜け出したジャーメイン良がゴール前にパスを出す。だが、これに味方が合わせられず、不意にする。 ▽こう着状態が続く中、川崎Fは齋藤を途中起用。攻撃の活性化を試みるが、仙台の勢いに後手を踏む展開となり、なかなか厚みのある攻撃を仕掛けられない。結局、試合はゴールレスで終了。2連勝を目指した仙台と4試合ぶりの白星を狙った川崎Fの上位対決は痛み分けに終わった。 2018.04.14 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

21日等々力開催のJ1第9節川崎Fvs鹿島、チケット完売…昨季最終節まで優勝を争った両者

▽川崎フロンターレは13日、21日に等々力陸上競技場で行われる明治安田生命J1リーグ第9節の鹿島アントラーズ戦におけるチケット完売を発表した。 ▽川崎Fはクラブ公式サイトを通じて、「全席種、完売のため、当日券販売およびアップグレードサービス・ダウングレードサービス・遅割は実施いたしません。 予約キャンセルが発生した場合に限り再販売を行う場合があります。最新の情報は『ホームゲームチケット販売状況』または『チケフロ』をご確認ください」とアナウンスしている。 ▽同試合は、近年のJリーグで常にタイトルを争う両者の一戦。昨シーズンのJ1リーグでは、最終節で川崎Fが逆転優勝を成し遂げ、鹿島は首位陥落で連覇を逃す形となっていた。 2018.04.14 10:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】昨季ルヴァンの激闘再び…覚醒匂わす若きストライカーに注目《仙台vs川崎F》

▽14日から15日に明治安田生命J1リーグ第8節が開催される。その中でも注目は、ユアテックスタジアム仙台で行われる2位・ベガルタ仙台(勝ち点14)と、5位・川崎フロンターレ(勝ち点11)の上位対決だ。 <span style="font-weight:700;">◆昨年10月の3連戦で激闘繰り広げた両者</span> ▽両者は昨年10月に3度激突し、激しい戦いを演じた。まずはYBCルヴァンカップ準決勝。1stレグでは仙台が前半だけで3得点。川崎Fも後半に2点を返したが、3-2で仙台が先勝した。迎えた2ndレグでは川崎Fが前半に2得点を奪って、2戦合計スコアで逆転。後半に仙台は1点を返して2戦合計スコアを同点としたが、そのままでもアウェイゴール数の差で決勝進出となった川崎Fが90分にトドメを差して3-1。2戦合計スコア5-4で川崎Fが決勝進出を決めた。 ▽さらに両者は、ルヴァンカップ準決勝の激闘から約1週間後、今度はリーグ戦で対戦。J1初優勝へ負けられない川崎Fと、ルヴァンカップのリベンジを企む仙台の一戦は、MF家長昭博の退場で1人少ない状況を強いられていた川崎Fに対して、仙台が2点を先行した。しかし、川崎Fが終盤に怒涛の3ゴールを決めて大逆転勝利。周知の通り、川崎Fはその後、J1初優勝へと加速していった。 <span style="font-weight:700;">◆昨季リベンジで再び連勝街道へ</span>~ベガルタ仙台~ ▽前節の名古屋グランパス戦を3-2で下した仙台は、2試合ぶり白星で2位浮上。2点を先取した前半には渡邉晋監督も「狙いを共有して、良いゲーム運びをできた」と両サイドからの攻撃に満足感を示した。反撃を許した後半に関しては「賢さ、したたかさは、まだまだ足りない」と反省を口にしたものの、メンバーを数人入れ替えた中でのアウェイ戦勝利に自信を得る戦いができたはずだ。 ▽しかし、今節に関しては不安もある。前節、DF大岩一貴が退場し、守備の要不在で川崎Fとの一戦に臨まなくてはならない。リーグで2番目に少ない失点数を誇るディフェンスをどこまで保つことができるか。川崎Fはここ数試合で結果が出ていないものの、得点チャンスは増加しているだけに調子に乗らせると怖い。それは昨季に思い知らされたはず。集中したディフェンスから川崎Fの隙を突き、再び連勝街道に乗りたい。 <span style="font-weight:700;">◆好相性な相手から復調の糸口を</span>~川崎フロンターレ~ ▽一方の川崎Fは、調子が上がらない。前節のセレッソ大阪戦では先制しながらも、逆転負けを喫してリーグ戦3試合未勝利。順位も5位に転落した。試合内容は良くなりつつあるだけに鬼木達監督が挙げる「2点目を取りにいく姿勢」「セットプレーでの守備」は修正したいところだ。 ▽それでも今節に向けてはポジティブな要素もある。前節のC大阪戦ではMF中村憲剛、MF阿部浩之が休養をとり、MF家長昭博も途中出場。DF車屋紳太郎も合流している。鬼木監督も「苦しい時期」と勝てない我慢の時期が続くが、昨年4戦3勝の仙台から4試合ぶり白星を飾り、復調への糸口を掴みたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ベガルタ仙台</span>[3-5-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_31_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:関憲太郎 DF:平岡康裕、常田克人、金正也 MF:蜂須賀孝治、富田晋伍、永戸勝也 MF:野津田岳人、中野嘉大 FW:石原直樹、西村拓真 監督:渡邉晋 ▽前節から数人を変更。最終ラインにはDF平岡康裕とDF金正也が復帰し、出場停止の大岩のポジションにはDF常田克人がリーグ戦初出場&初先発を予想する。2シャドーには古巣対決となるMF中野嘉大と、前節2ゴールのFW西村拓真が。1トップは今季3ゴール中のFW石原直樹が務める。また、6年ぶり仙台復帰となったMF関口訓充がベンチ入り濃厚だ。 <span style="font-weight:700;">◆川崎フロンターレ</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、エドゥアルド・ネット MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:知念慶 監督:鬼木達 ▽一方、川崎Fは上述通り、前節体調不良で欠場した車屋が復帰。2列目には名古屋戦で途中出場の家長、完全休養の中村と阿部が入る。また、C大阪戦で左足ふくらはぎを痛めたFW小林悠に代わり、知念が先発に入ることになりそうだ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW西村拓真</span>(ベガルタ仙台)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽今季2度目の連勝へカギを握るのは、ここまで3ゴールを記録している西村だ。上述通り、前節ではチームを助ける2ゴール。1点目はボレーシュート、2点目はハーフウェイライン付近からの単独突破から。ここ3試合3ゴールと昨季ルヴァンカップでニューヒーロー賞を獲得した21歳が飛躍を予感させている。ゴールパターンを増やしつつある貪欲なストライカー。川崎Fからゴールを奪い、さらなる自信を掴みたい。 <span style="font-weight:700;">◆FW知念慶</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_31_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方の川崎Fは、23歳のFW知念慶を注目選手に挙げる。前節には今季リーグ戦初ゴール。身体能力を生かしたポストプレーと動き出しは光るものがあり、特に動き出しには中村も太鼓判を押すほど。シュート精度に課題を残すものの、ゴールを量産するだけのポテンシャルを秘めている。そして、今節は中村と同じピッチに立つ可能性が。さらに自身のプロ初ゴールは、昨季ユアスタで行われた仙台とのルヴァンカップ準決勝第1戦。川崎F期待のストライカーから目を離してはいけない。 2018.04.13 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎Fアカデミーの17歳FW宮代大聖、クラブ史上最年少でプロ契約

▽川崎フロンターレは13日、同クラブU-18に所属するFW宮代大聖(17)とのプロ契約締結を発表した。トップチームの公式戦に出場可能となる2種登録選手として登録され、背番号33番を着用する。 ▽東京都出身の宮代は、小学校3年生から川崎Fアカデミーに所属する次世代のストライカー。高校3年生でのプロ契約はクラブ史上初となる。 ▽宮代はクラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「一つの目標でもあったプロサッカー選手になることができて、素直にうれしく思います。ただ、これに満足することなく、ここがスタートラインだと思って、日々トレーニングを重ねて、早く自分のゴールでフロンターレを勝利に導けるように頑張りたいと思います」 2018.04.13 19:16 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース