川崎F、昨シーズンに引き続きキャプテンにFW小林悠、副キャプテンにGKチョン・ソンリョン、MF谷口彰悟、MF大島僚太2018.01.13 16:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽川崎フロンターレは13日、昨シーズンに引き続き2018シーズンにおけるキャプテンがFW小林悠、副キャプテンがGKチョン・ソンリョン、MF谷口彰悟、MF大島僚太に決定したことを発表した。

▽キャプテン・副キャプテンにそれぞれ任命された4選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆小林悠
「昨年に引き続きキャプテンを務めさせていただくことになりました。優勝という素晴らしい目標を達成しました。今年の目標も優勝です。目標を達成するためにはチーム全員の力、フロンターレをサポートしていただく全ての皆さんの力が必要になります。チームとして常に100%の力を発揮することが出来れば、勝ち獲れると信じています。「常勝=川崎フロンターレ」という歴史を作っていきたい。頼りないキャプテンですが、誰よりもフロンターレで優勝をしたいという気持ちをもっています。今年もよろしくお願いします」

◆チョン・ソンリョン
「昨年に続き、副キャプテンの機会を与えてもらい感謝しています。昨年は失点を大幅に減らすことができました。それはチームみんなの意識の高さが導いた結果だったと思います。自分達は意識高くプレーすること、考えて行動していくことが出来れば、目標を達成できると信じています。ピッチの外でも中でも話をしながらいい雰囲気でシーズンを進めていきたいと思います。よろしくお願いします」

◆谷口彰吾
「昨年のあの喜び、一体感を今年も味わいたいと思います。目標に向かってみんなで進んでいくからこその強さを実感できました。今年も非常に厳しいシーズンが続いていきますが、チームの連帯感、一体感を大切に進んでいきたいと思います。よろしくお願いします」

◆大島僚太
「昨年に引き続き、副キャプテンを務めさせていただくことになりました。1年間のシーズンを通して、チームは良い時も悪い時もあると思います。思った事、気がついた事をみんなで話しえるようなチームの一体感を大切にして行きたいと思います。よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

小林悠、2戦連発! 長崎撃破の川崎Fが4連勝で首位追走《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第17節の川崎フロンターレvsV・ファーレン長崎が22日に等々力陸上競技場で行われ、1-0で勝利している。 ▽ここまで9勝3分け4敗で3位につける川崎F(勝ち点30)と、5勝2分け9敗で15位につける長崎(勝ち点17)の一戦。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を2-1で勝利し、3連勝を飾った川崎Fはその試合と同様の先発メンバーを起用した。 ▽一方、前節のヴィッセル神戸戦を0-1で敗れて連敗を喫した長崎は、その一戦から先発メンバーを2人変更。幸野と米田に変えて澤田とファンマを起用した。なお、今夏シドニーFCから加入したヨルディ・バイスはベンチスタートとなった。 ▽首位追走へポイントロスは避けたい川崎Fと、降格圏から離れるために勝ち星を渇望する長崎の一戦。試合は長崎が川崎Fにボール保持を許す中、13分に島田のクロスを鈴木がヘディングで合わせる。しかし、相手DFに阻まれた。 ▽対する川崎Fは直後に反撃。14分、縦パスを受けた小林の落としをボックス内で阿部がシュート。これはGK徳重にセーブされる。さらにその1分後、ボックス右でボールを持った小林が鋭い切り返しからグラウンダーのクロスを供給。中央の谷口が合わせたがシュートはわずかにゴール左へと外れた。 ▽その後、川崎Fに中村憲剛の直接FKでゴールを脅かされた長崎は21分にチャンスを迎える。敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーの島田がクロスを選択。中央のファンマが頭で合わせるもわずかにゴール上へと外れた。 ▽前半終盤に差し掛かると、川崎Fが短くパスをつないでリズムを作り始めるが、長崎も引き気味のディフェンスで対応。最後のところで相手にやらせず、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、先制点が欲しい川崎Fは48分にエウシーニョ、52分にはボックス右に抜け出した中村憲剛が鋭いシュートを放つもゴールネットを揺らすには至らない。対する長崎は54分、カウンターから右サイドを突破した飯尾がファーサイドにクロス。フリーになった翁長がダイレクトで左足を合わせるるが、シュートはわずかにゴール左外へと外れた。 ▽後半立ち上がりが経過すると、川崎Fは勢いがやや停滞。これを機に長崎は58分、ファンマのパスを受けた鈴木がヒールで澤田へ。これを受けた澤田がボックス右からシュートを放つもGKチョン・ソンリョンにキャッチされる。 ▽嫌な流れが漂い始めた川崎F。しかし、主将の2試合連発でホームチームが先制に成功する。67分、中盤でパスを受けた阿部が粘ると、こぼれ球に反応した中村憲剛が前線へスルーパス。これにいち早く抜け出した小林がGKと一対一を迎えると、右足でのシュートは弾かれたものの、足元に転がってきたこぼれ球を左足ダイレクトで合わせゴール左上へ豪快に突き刺した。 ▽待望の先制点を奪った川崎Fは74分には中村憲剛の右CKに谷口が頭で合わせるもわずかに枠の上。対する長崎は反撃に出ようとボックス付近まで迫るも、シュートまで結びつけることができずそのまま試合終了。 ▽1-0で勝利した川崎Fが4連勝を飾った。さらに首位のサンフレッチェ広島が名古屋グランパス戦で引き分けたため、勝ち点差が「10」から「8」に縮まった。一方の長崎は3連敗を喫している。 2018.07.22 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】王者、首位追走へ4連勝なるか! 勝ち点を渇望する長崎を迎え撃つ《川崎Fvs長崎》

▽今シーズンの明治安田生命J1リーグ折り返し地点となる第17節。22日には川崎フロンターレ(3位/勝ち点30)が、V・ファーレン長崎(15位/勝ち点17)をホームの等々力陸上競技場に迎え撃つ。 ◆スキのない戦いで4連勝へ~川崎フロンターレ~ ▽川崎Fは前節天皇杯での不甲斐ない一戦から一転し、主導権を握りながら北海道コンサドーレ札幌を押し込んで2-1で勝利。中断期間明け初戦に訪れた上位対決を制したことで後半戦に向けて良いムードでリスタートを切った。試合内容でも後半早い時間帯に2-0にした後、勢いを落とさず、守備面でも集中を切らさずに試合終了間際まで進めていた。それだけに鬼木達監督も「欲を言えば3点目をしっかり決めたかった。(試合終了間際の失点について)最後のところはまだスキがあった」と口にしていた。 ▽今節の相手であるV・ファーレン長崎は現在15位に位置。初対戦とはいえ首位追走に向けて取りこぼしの許されない一戦だ。涼しかった北海道とは違い高温多湿の中でのゲームになることが予想されるが、スキのない戦いを90分間続けて4連勝を飾りたいところだ。 ◆現実的な戦いで3連敗阻止へ~V・ファーレン長崎~ ▽一方の長崎は、ヴィッセル神戸戦を0-1で敗れてリーグ戦連敗。中断期間で取り組んできたポゼッション向上の成果を試合を通して発揮することはできなかったが、「自分たちが意図する場面も作れた」と高木琢也監督はポジティブに捉えた。また、守備面でもGK徳重健太を中心としたディフェンスで1失点に抑えることができたのは好材料だ。 ▽しかし、今節の相手は王者・川崎F。ポゼッションでは一枚も二枚も上手な相手に高木監督も「違うような形を考えないといけない」と一度カウンター主体に戻す可能性も示唆。ボールの保持を許す展開が予想されるが、攻守の切り替えでいかに違いを作れるか。また、今節から今夏に獲得したDFヨルディ・バイスとFWハイロ・モリージャスが出場可能であり、どのタイミングで起用するかもポイントになる。降格圏から離れるためにも3連敗は避けたいところだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180721_21_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、守田英正 MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達<hr>▽中3日の中で迎える一戦だが、前節からの変更はなさそうだ。前節先制点を挙げたエウシーニョは右サイド、主将FW小林悠はワントップに入る。なお、ボランチはリーグ戦4試合先発中のMF守田英正が、MF大島僚太とコンビを組む。主力を欠く相手の隙をうまく突いていけるか注目だ。 ◆V・ファーレン長崎[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180721_21_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:徳重健太 DF:徳永悠平、髙杉亮太、田上大地 MF:飯尾竜太朗、黒木聖仁、島田譲、翁長聖 MF:、鈴木武蔵、幸野志有人、 FW:ファンマ 監督:<hr>▽前節に続きMF中原彰吾とMF中村慶太が欠場の見込み。ボランチはMF黒木聖仁とMF島田譲が務めることになりそうだ。また、前節1トップに入ったFW鈴木武蔵が2シャドーの一角に入り、コンディション面を考慮して途中出場となっていたFWファンマが1トップで先発することを予想する。新加入のヨルディ・バイスとハイロ・モリージャスはベンチスタートか。 【注目選手】 ◆FW小林悠(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180721_21_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽4連勝へのカギを握るのは、エース・小林だ。前節では巧みなシュートでチームの2点目を奪取。ロシア・ワールドカップ(W杯)メンバー落選へのうっ憤を晴らした。ここまでリーグ戦5ゴール。昨季得点王&MVPとしてもまだまだ物足りない状況だ。しかし、そんな昨季も第16節時点では6ゴールにとどまっていた。後半戦でのゴールラッシュに向けてまずは2試合連続ゴールでその口火を切りたい。 ◆FW鈴木武蔵(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180721_21_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽一方、長崎のキープレーヤーは、鈴木武蔵だ。今シーズンはここまでリーグ戦5ゴールを記録。前節も得点こそ奪えなかったものの、スピードを生かした攻撃で相手に脅威を与えた。今節はボールを保持して攻撃を組み立てる川崎Fが相手なだけに、数多くのチャンスは訪れないだろう。しかし、相手が前がかりになった際のカウンターでは自身のスピードに間違いなく王者も嫌がるはずだ。また、身長185㎝の高さはセットプレーの守備に難を抱える相手から得点を奪う武器にもなる。決定力不足の課題を抱えたチームを救えるか。 ◆昇格組とのホーム戦に強い川崎F、長崎はいかに先制を許さないか ▽首位追走へ取りこぼしの許されない川崎Fと降格圏から少しでも離れたい長崎の一戦。下馬評では川崎Fに分があるように思えるが、データ的にも川崎Fが有利といえるかもしれない。川崎Fはこれまで昇格組とのホーム戦では2014年以降9勝4分けで13試合連続無敗中。一方の長崎は今シーズンリードを奪われた試合の9試合を全敗中だ。そういう意味でもどちらがいかにして先制点を奪うかが重要となりそうだ。王者・川崎Fが4連勝を飾るか、長崎が勝ち点を奪い3連敗を阻止するか。川崎Fvs長崎は22日の19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">川崎Fvs長崎をDAZNで観よう!</a><hr></div> 2018.07.21 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

首位追走へ負けられない川崎Fが中断明け初戦を白星で飾る!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の北海道コンサドーレ札幌vs川崎フロンターレが18日に札幌厚別公園競技場で行われ、1-2で川崎Fが勝利した。 ▽5位でリーグ中断を迎えた札幌(勝ち点26)は、直近に行われた天皇杯3回戦のアビスパ福岡戦を4-0と快勝。J再開となる今節はMF宮澤とDFキム・ミンテが出場停止となり、川崎Fからレンタル中の三好が契約上の理由で欠場となる。主力選手3人を欠く札幌は、石川、荒野、ジェイを先発に起用。都倉とチャナティップをシャドーに置き、最前線にジェイが入った。 ▽一方、3位でリーグ中断を迎えた川崎Fは、直近に行われた天皇杯3回戦の水戸ホーリーホック戦をPK戦の末に辛勝。その試合のスタメンから齋藤と森谷、舞蹴龍ジェームズに代えて阿部や古巣対決の奈良、そして水戸戦後にチームに合流したロシア・ワールドカップの日本代表メンバーの大島を起用し、現状のベストメンバーで試合に臨んだ。 ▽立ち上がりからボールポゼッションを高める川崎Fに対し、ボールへ積極的なプレスをかける札幌。そんな中7分、川崎Fは阿部とのワンツーでゴール左まで侵攻した小林が左足でシュートを狙うも、これは石川のブロックに阻まれる。 ▽高いボール支配率を維持する川崎Fは24分、中盤でボールを受けた中村が振り向きざまにスルーパスを供給。これに反応した小林がボックス中央から左足でシュートを放つも、GKク・ソンユンのセーブに防がれた。さらに38分にはペナルティアーク内で獲得したFKを中村が直接狙ったが、これはわずかに枠の左に逸れた。 ▽42分、川崎Fは個人技から待望の先制点を手にする。敵陣中央の右でボールを受けたエウシーニョがダイアゴナルな仕掛けを見せると、ペナルティアーク左からシュート。イレギュラーなバウンドをしたシュートはGKク・ソンユンのファンブルを誘いそのままゴールネットを揺らした。 ▽後半も立ち上がりから積極的に札幌ゴールに迫る川崎Fは52分、左サイドの阿部が横パスを供給。ボックス左手前で受けた守田が素早くボックス左へ繋ぐと、これに反応した小林が鋭い切り返しで角度を作ると、右足でコントロールシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽リードを広げられた札幌の反撃は72分、高い位置でボールを奪った福森がアーリークロスを上げると、中央でジェイが頭で合わせるも、GKチョン・ソンリョンが正面でセーブ。さらに75分には、白井のアーリークロスがブロックに入った谷口のオウンゴールを誘ったが、再びGKチョン・ソンリョンの好セーブに阻まれた。 ▽その後も試合巧者の川崎Fは、パス回しで時間を使いながら試合を締めにかかる。一方、札幌は後半アディショナルタイム5分に決定機。ボックス手前で獲得したFKを福森が低弾道で直接狙うと、GKチョン・ソンリョンの弾いたボールを都倉が流し込んだ。 ▽試合終了間際のゴールでスタジアムの雰囲気が一変したが、札幌の反撃はここまで。リーグ連破へ負けられない戦いが続く川崎Fが、中断明けの初戦を勝利で飾った。 2018.07.18 21:17 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】更なる高みへ! 攻撃志向の両者による上位対決《札幌vs川崎F》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)が閉幕し、約2カ月ぶりに再開される明治安田生命J1リーグの第16節。注目は18日の19時に札幌厚別公園競技場でキックオフを迎える5位・北海道コンサドーレ札幌(勝ち点26)vs3位・川崎フロンターレ(勝ち点27)だ。 <span style="font-weight:700;">◆攻撃志向の両者、更なる高みへ</span> ▽札幌は今季ミハイロ・ペトロヴィッチ新体制を迎え、攻撃的サッカーを志向。ミシャの特殊なスタイルをこれまでの堅守速攻に浸透させながら粘り強い戦いを披露し、以前まで昇格と降格を繰り返す「エレベータークラブ」と揶揄されてきたクラブが躍進を見せている。 ▽一方、川崎Fは昨季J1初優勝を成し遂げた攻撃的サッカーの成熟を目指したが、前半戦途中からAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を並行した戦いによる疲労や決定力不足を露呈。それでも苦しみながら勝ち点を積み重ね好位置をキープしている。 ▽札幌はACL出場、川崎Fは連覇へと更なる高みを目指す。攻撃的サッカーを展開する両者の勝ち点差はわずか「1」。2位浮上のチャンスがある上位対決なだけに白熱した一戦になりそうだ。 <span style="font-weight:700;">◆王者相手に問われる真価</span>〜北海道コンサドーレ札幌〜 ▽中断期間に取り組んだのは攻撃面の強化。後方からのビルドアップ、前線のコンビネーションにフォーカスし、ミシャスタイルの練度を高めた。そして1カ月ぶりに迎えた公式戦、天皇杯・3回戦のアビスパ福岡戦ではFWジェイ、FWチャナティップ、FW都倉賢ら前線がゴールを決める好展開で4発快勝。中断期間による取り組みの成果を発揮した。 ▽この勢いのままリスタートを切りたいところだが、J1再開初戦の今節は前節退場のMF宮澤裕樹とDFキム・ミンテが出場停止。さらにMF三好康児が契約上の理由により出場できない。主力3人を欠く苦しい状況の中、王者相手にどれだけ成果を発揮できるか。真価が問われる一戦に、新戦力の台頭にも期待がかかる。 <span style="font-weight:700;">◆3連勝で首位追走へ</span>〜川崎フロンターレ〜 ▽川崎Fは、札幌と対照的にJ1再開への準備が順調とは言えなかった。中断期間ではFW大久保嘉人、MFエドゥアルド・ネットが退団した中、函館キャンプで守備面、キャンプ終了後には攻撃面を確認。しかし、天皇杯・3回戦の水戸ホーリーホック戦では開始4分に先制後追加点を奪えず、試合終了間際には中断期間前から課題に挙がっていたセットプレーから失点を喫して苦戦。PK戦の末、辛くも最低限の結果は手にしたが、J1再開へ攻守に不安を残した。 ▽今節までにどれだけ修正できるか。首位・サンフレッチェ広島に勝ち点10差をつけられているだけに、勝ちながら改善していくことが求められる。相手の主力不在の隙をうまく突き、中断期間前に飾った連勝を継続したい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆北海道コンサドーレ札幌</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180717_300_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ク・ソンユン DF:進藤亮佑、石川直樹、福森晃斗 MF:駒井善成、兵藤慎剛、荒野拓馬、菅大輝 MF:ジェイ、チャナティップ FW:都倉賢 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ▽上述した通り、主力3人が不在。キム・ミンテの位置には石川直樹が務めることになりそうだ。宮澤不在のボランチは兵藤慎剛と荒野拓馬が組むと予想する。2シャドーでは福岡戦でゴールを挙げたジェイ、チャナティップが並び、1トップには古巣対決となる都倉賢が入る。 <span style="font-weight:700;">◆川崎フロンターレ</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180717_300_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、守田英正 MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FWF:小林悠 監督:鬼木達 ▽水戸戦から3人変更。DF奈良竜樹がCBに復帰。MF齋藤学に代わりMF阿部浩之が左サイドに入ると予想。W杯から帰還したMF大島僚太が出場か。ロシアでピッチに立てなかった悔しさを晴らせるか注目だ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MFチャナティップ</span>(北海道コンサドーレ札幌)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180717_300_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽王者撃破に期待がかかるのは13日に完全移籍を勝ち取ったばかりのチャナティップだ。札幌加入2年目を迎えた今シーズンは存在感を高め、13試合3ゴール中。“タイのメッシ”の異名通りテクニックとスピードを武器に王者の守備陣を翻弄できるか。Jリーグデビューから約1年経ったアタッカーに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆MF守田英正</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180717_300_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽一方の川崎Fは今シーズンから加入したルーキーの守田だ。守備職人として期待された守田は、シーズンを追うごとに出場時間を増加させ、売りの守備面だけにとどまらず、気の利いた位置取りや巧みなボール捌きで攻撃面でも貢献。J1初優勝の立役者でもあるエドゥアルド・ネットを放出できたのには、守田に寄せる信頼・期待があったからだろう。後半戦、川崎Fの連覇へのカギを握っていると言っても過言ではない。 <span style="font-weight:700;">◆札幌、4連勝中の厚別で対川崎Fリーグ初白星なるか</span> ▽躍進を続けるホームの札幌だが、実は川崎F相手にJ2時代も含めてリーグ戦で勝利したことは一度もない。また、通算成績でみても1勝4分け16敗。唯一の勝利は2008年3月のナビスコカップ(現・YBCルヴァンカップ)だ。 ▽今節勝利すれば2位浮上の可能性もあるだけになんとしても勝利したい札幌にとっては、データ上では圧倒的不利かに思われる。しかし、今回開催される札幌厚別公園競技場では現在4連勝中と嬉しいデータも。そういう意味では札幌の躍進が本物か試される一戦にもなりそうだ。札幌初勝利か、川崎F無敗継続か。注目の試合は19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">札幌vs川崎FをDAZNで観よう!</a><hr></div> 2018.07.17 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎F、ルヴァン杯準々決勝ホーム戦を味スタで開催する可能性を発表

▽川崎フロンターレは16日、YBCルヴァンカップ準々決勝においてホーム戦を味の素スタジアムで開催する可能性があることを発表した。 ▽29日にオープンドローが行われ、ノックアウトステージの組み合わせが決定する。準々決勝第1戦は9月5日(水)、第2戦は同月9日に開催されるが、川崎Fのホーム開催日が第2戦になった場合、会場が味の素スタジアムになるようだ。本拠地である等々力陸上競技場は、9月6日から9日まで日本学生陸上競技対校選手権大会が開催されているためだという。 ▽チケットの販売詳細に関しては、組み合わせ確定後の7月30日に発表を予定している模様だ。 ▽プレーオフステージまでの日程が終了し、ノックアウトステージ出場クラブが決定。川崎フロンターレをはじめ、鹿島アントラーズ、柏レイソル、横浜F・マリノス、湘南ベルマーレ、ヴァンフォーレ甲府、ガンバ大阪、セレッソ大阪が出場する。 2018.07.17 10:02 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース