鹿島DF三竿雄斗、一般女性と入籍&第一子となる長男誕生2018.01.13 15:22 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿島アントラーズは13日、DF三竿雄斗の一般女性との入籍および第一子となる長男の誕生を発表した。

▽三竿はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「私事ではありますが、かねてよりお付き合いしていた女性と昨年6月に入籍し、12月に第一子の男の子が誕生しました。守るべき家族ができたので、より一層の責任を持ってチームに貢献できるよう、日々努力していきたいと思います」

▽2017年に湘南ベルマーレから加入した三竿は、明治安田生命J1リーグに2試合、YBCルヴァンカップに1試合出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

逆転に次ぐ逆転…! 磐田vs鹿島の白熱シーソーゲームはドロー決着《J1》

▽明治安田生命J1リーグのジュビロ磐田vs鹿島アントラーズが、18日にヤマハスタジアムで行われ、3-3の引き分けに終わった。 ▽8位の磐田(勝ち点21)が11位に沈む鹿島(勝ち点18)をホームに迎えた、中断期間明け最初の一戦。15日に閉幕したロシア・ワールドカップの熱気冷めやらぬままに、両チームが幸先の良いリスタートを目指した。 ▽中断前最後のリーグ戦で湘南ベルマーレに0-1で敗北して連敗を喫していた磐田は、最後尾にGKカミンスキー、最終ラインに大井、新里、高橋、中盤に小川、田口、松浦、宮崎、上原、櫻内、1トップに川又を起用した。 ▽中断前最後のリーグ戦でベガルタ仙台に1-2の敗北を喫し3連勝を逃していた鹿島は、最後尾にGKクォン・スンテ、最終ラインに西、犬飼、町田、安西、中盤に三竿、永木、遠藤、安部、最前線に土居、鈴木を起用。プライドをかけた一戦に臨んだ。 ▽10分、鹿島に決定機が訪れる。相手陣内中央付近でボールを持った安西が、左サイドにスルーパスを供給。抜け出した土井がボックス左で折り返し、安部が飛び込む。しかし、枠を捉えたシュートはGKカミンスキーにセーブされた。 ▽鹿島が逃すと、今度は磐田が決定機を得る。17分、右サイドでボールを持った櫻内がクロスを上げると、上原がボックス内に飛び込む。ボックス内で待ち構えていたDF安西の対応も及ばず、上原がヘディングでJ1初ゴールを奪い切った。 ▽21分、鹿島が反撃に出る。ボックス右に侵攻した土居が、ふわりとしたクロスを供給。しかし、ボックス内の鈴木が至近距離で放ったシュートはGKカミンスキーにまたしても阻まれ、スコアを同点に戻すことは叶わない。 ▽28分、磐田がさらに攻勢をかける。流れるようなパスワークから右サイドボールを持った櫻内がボックス手前中央にボールを送ると、反応した田口がダイレクトで浮き球のスルーパスを通す。しかし、川又のヘディングシュートはGKクォン・スンテに阻まれた。 ▽すると34分、危うい展開を凌いだ鹿島に流れが傾く。右サイドでボールを持った安部が右足でクロスを上げ、ファーで待ち構えていた鈴木が頭で中央に落とす。走り込んだ遠藤が勢いよく左足を振り抜くと、力強いシュートがバーに当たってゴールに突き刺さり、GKカミンスキーの牙城を打ち崩した。遠藤にとってはこれが今シーズンのJ1初ゴールとなっている。 ▽しかし、直後に遠藤が左太ももを抑えてピッチに倒れ込み、担架で外に運び出される。プレー続行不可との判断で38分に中村充との交代を余儀なくされた。それでも、逆転ムードに沸く鹿島がその後も攻勢を保ったまま、前半が終了。1-1のスコアで後半を迎えることに。 ▽53分、ホームの声援を受ける磐田が、気持ちのこもったプレーを見せる。左サイドに抜け出した川又が、ゴールライン際から強引にシュートを放つ。枠を捉えなかったものの、積極的に仕掛けていった。 ▽ところが、69分に磐田がミスからピンチを招く。DF新里のディフェンスラインから出した縦パスが中村充にカットされ、素早くボックス手前の安部にボールが送られる。フリーの安部はGKカミンスキーの動きを見て冷静にチップキックを放ち、待望の逆転弾とした。 ▽しかし77分、磐田が主導権を奪い返す。ボックス手前やや右の松浦がドリブルを仕掛けると、鹿島DFの激しいチェックに遭いボールがこぼれる。後方から反応した途中出場の山田が、右足の強烈なシュートをゴール右に突き刺し再び同点とした。 ▽さらに82分、セットプレーの流れから山田が左サイドからクロスを供給。ニアに飛び込んだ川又が頭で逸らすような形でヘディングシュートを放ち、逆転弾とした。 ▽それでも、鹿島が再び意地を見せる。試合終了間際の88分、縦パスを受けた鈴木が右サイドに展開。走り込んでいた山口がグラウンダーのクロスを折り返すと、土井が右足で合わせて今シーズンJ1初ゴールで同点に。すると結局、試合は3-3のスコアで終了を迎えることとなった。 ▽この結果、共に連敗こそ回避したものの、勝ち切ることができず。シーソーゲームは痛み分けに終わった。 2018.07.18 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島の日本代表DF植田直通のセルクル・ブルージュ移籍が完了…契約期間は4年間

▽ベルギー・ジュピラー・プロリーグのセルクル・ブルージュは17日、鹿島アントラーズの日本代表DF植田直通(23)との正式契約を発表した。契約期間は4年間となる。 ▽植田は、2013年に大津高校から鹿島に入団。1年目はリーグ戦の出場はなかったものの、ナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)でプロデビュー。2年目の開幕戦となったヴァンフォーレ甲府戦でリーグ戦デビューを果たした。 ▽その後は、センターバックのポジション争いを繰り返しながらもコンスタントに出場。2017年12月に日本代表デビューを果たすと、ロシア・ワールドカップのメンバーにも選出されていたが、出場機会はなかった。 ▽フランツ・ショッテ会長は植田の補強について、「ジュピラー・プロリーグの開幕2週間前に強くて優秀な植田の補強は、セルクル・ブルージュにとっての良い移籍だ。23歳にもかかわらず、植田は日本のトップクラブである鹿島アントラーズでレギュラーメンバーとして多くの経験を積んでいるディフェンダーだ。彼の規律、献身性、そしてサッカーのポテンシャルと、植田はセルクル・ブルージュにとって本来の国際移籍となる」とコメント。植田への期待値の高さを語った。 ▽セルクル・ブルージュは、2017-18シーズンのベルギー2部リーグで1位となり、2014-15シーズン以来の1部挑戦となる。 2018.07.18 10:25 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】燃えたぎる同級生指揮官対決! “変化”がテーマの両者の行方は《磐田vs鹿島》

▽熱戦が続いたロシア・ワールドカップも閉幕。約2カ月にわたる中断期間が明け、明治安田生命J1リーグが再開する。第16節では、8位に位置するジュビロ磐田と11位に位置する鹿島アントラーズが対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆かつてのナショナルダービー</span> ▽2連敗で中断期間に入った磐田は、川崎フロンターレからFW大久保嘉人を獲得。今節は出場資格がないものの、チームの攻撃陣には大きな刺激となったはずだ。 ▽対する鹿島は、中断前のベガルタ仙台戦で敗戦。流れを掴めないまま中断期間へと入った。さらに、ロシア・ワールドカップに日本代表として参加したDF植田直通がベルギーのセルクル・ブルージュに完全移籍。さらに、FWペドロ・ジュニオールが中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部へ期限付き移籍と戦力もダウンしている。後半戦を前に、どのようにチームを立て直したかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆上昇気流に乗るため新システム導入</span>~ジュビロ磐田~ ▽中断期間前は開幕2連敗に始まり、なかなか波に乗れない展開が続いた磐田。名波監督は、約2カ月の中断期間を利用して新システムを取り入れた。 ▽これまでは[3-4-2-1]を採用。ケガ人の影響もありベストなシステムを組むことが難しい側面もあったが、[3-5-1-1]に取り組んできた。システムこそ変わっているが、ボールを奪い、早く攻める形は変わっていない。どのような変化を見せるのか、再開初戦に注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆要を欠いて臨む再開初戦</span>~鹿島アントラーズ~ ▽対する鹿島は、前述の通り植田とペドロ・ジュニオールがチームを去った。さらに、日本代表として3試合ワールドカップのピッチに立ったDF昌子源が体調不良で練習をまともにできず、試合出場は難しそうだ。 ▽チームは、レジェンドでもあるジーコ氏をテクニカルディレクターとして招へいし、今後の強化は期待できるが、即効性はあまりないと考えられる。ベンチを温めていた選手たちの奮起が後半戦巻き返しのカギ。チーム力が問われる一戦となりそうだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ジュビロ磐田</span>[3-5-1-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180717_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:カミンスキー DF:高橋祥平、大井健太郎、新里亮 MF:櫻内渚、宮崎智彦、小川大貴 MF:田口泰士、上原力也 MF:松浦拓弥 FW:川又堅碁 監督:名波浩 ▽前述の通り、磐田は新システムである[3-5-1-1]と予想。3バックは変更ないものの、アンカーにこれまで左サイドを務めていた宮崎智彦が入る。右ウイングバックには櫻内渚がそのまま入り、左ウイングバックには小川大貴と予想。田口泰士、上原力也が一列前に上がることとなる。1トップは川又堅碁だが、縦関係で松浦拓弥が控える。前からボールを奪い、早い攻撃を仕掛けられるかが注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆鹿島アントラーズ</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180717_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:クォン・スンテ DF:内田篤人、西大伍、犬飼智也、安西幸輝 MF:遠藤康、三竿健斗、永木亮太、安倍裕葵 FW:鈴木優磨、土居聖真 監督:大岩剛 ▽鹿島はシステム変更はなし。しかし、植田、昌子のCBコンビが欠場濃厚であり、天皇杯のFC町田ゼルビア戦同様に西大伍と犬飼智也がコンビを組むと見る。右には内田篤人、左には安西幸輝を起用。ダブルボランチは三竿健斗、永木亮太とみる。また、両サイドは右に遠藤康、左に安倍裕葵をおき、2トップは鈴木優磨と土居聖真と見る。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF田口泰士</span>(ジュビロ磐田)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180717_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽磐田の注目選手はMF田口泰士だ。新システムになり、ボランチから一列前に入ることが予想される。これまで以上にボール奪取が重要となるが、そこからの攻撃への切り替えが新システムのカギ。ポゼッションをしながら、いかに川又堅碁に良い形でボールを渡すかが重要となる。田口のゲームコントロールが磐田の勝敗のカギを握るだろう。 <span style="font-weight:700;">◆MF三竿健斗</span>(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180717_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽対する鹿島の注目選手は、同じ中盤のMF三竿健斗だ。最終候補まで残りながらも、悔しい日本代表落選を味わった三竿。ロシアの地で発揮できなかった対人守備の強さ、そして攻撃へのリンクマンとして機能できるかを見せつける時はきた。前線の4枚が攻撃に比重を置くためにも、三竿のバランス感覚が発揮されることがカギを握る。 <span style="font-weight:700;">◆燃えたぎるピッチサイドのバトル</span> ▽かつてはナショナルダービーと呼ばれた一戦だが、因縁はもう1つ。清水商業高校の同級生である名波浩監督と大岩剛監督の対決にも注目だ。 ▽指導歴では名波監督に分があるが、同級生の対決に負けたくないのは大岩監督も同じ。選手たちもそのことを理解しているだけに、ピッチ内にも指揮官同士のライバル意識が生まれるはずだ。 ▽決して良い状態で中断期間に入らなかった両チーム。ここから再び連戦が始まるだけに、良いスタートを切りたいところ。果たして、勝利の女神はどちらに微笑むのか。試合は18日(水)の19時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">磐田vs鹿島をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.07.18 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ジーコ氏が鹿島に復帰! テクニカルディレクター就任「一切の妥協はしません」

▽鹿島アントラーズは17日、かつて選手としてもプレーしたジーコ氏がテクニカルディレクターに就任することを発表した。契約期間は2018年12月31日までとなる。 ▽ジーコ氏は、現役時代にフランメンゴ、ウディネーゼでプレーし、1991年に鹿島の前身である住友金属工業蹴球団に加入。Jリーグでも2シーズンプレーした。 ▽Jリーグの開幕戦ではハットトリックを記録するなど実力を発揮し現役を引退。1996年から2002年までは鹿島のテクニカルディレクターを務め、1999年には総監督に就任。2002年からは日本代表監督も務めた。 ▽その後はフェネルバフチェやブニョドコル、CSKAモスクワ、オリンピアコス、イラク代表、アル・ガラファ、FCゴアで監督を務めていた。ジーコ氏はクラブを通じてコメントしている。 「鹿島アントラーズからテクニカルディレクターのオファーを頂き、とても光栄に思うと同時に、日本滞在中に多くの幸せを与えてくれたクラブへ戻れる喜びでいっぱいです。すでに素晴らしい取り組みを行っているクラブに対し、自分が手助けできるという自信を持ってアントラーズへ戻りたいと思います。アントラーズのために全身全霊をささげ、一切の妥協はしません。選手、スタッフ、フロント、サポーター、すべてのアントラーズファミリーに感謝いたします。よろしくお願いします」 ▽なお、ジーコ氏は8月3日に来日予定。その後は、現場に帯同しながらチーム編成や強化に関するサポートを行う。 2018.07.17 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島、FWペドロ・ジュニオールが中国2部へ 今季終了までの期限付き移籍

▽鹿島アントラーズは13日、ブラジル人FWペドロ・ジュニオール(31)が武漢卓爾職業足球倶楽部に期限付き移籍することを発表した。期間はシーズン終了までとなる。 ▽ペドロ・ジュニオールは、2007年の大宮アルディージャ入り後、アルビレックス新潟やガンバ大阪、FC東京、ヴィッセル神戸などJリーグ複数クラブでプレー。2017年から鹿島に加わったが、故障もあり、今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ7試合でノーゴールと本来の力を出し切れていなかった。 ▽1年半で鹿島に別れを告げることになったペドロ・ジュニオールは、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「自分のキャリアにおいて新たな挑戦をしたく、この移籍を決断しました。サポーターの皆さまにはいつも力強い応援と声援をいただき、感謝しています。クラブに幸運が訪れることを、心より祈っています」 ▽武漢卓爾職業足球倶楽部は中国2部のクラブ。ペドロ・ジュニオールはメディカルチェック等のため、11日に離日している。 2018.07.13 10:05 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース