鹿島DF三竿雄斗、一般女性と入籍&第一子となる長男誕生2018.01.13 15:22 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿島アントラーズは13日、DF三竿雄斗の一般女性との入籍および第一子となる長男の誕生を発表した。

▽三竿はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「私事ではありますが、かねてよりお付き合いしていた女性と昨年6月に入籍し、12月に第一子の男の子が誕生しました。守るべき家族ができたので、より一層の責任を持ってチームに貢献できるよう、日々努力していきたいと思います」

▽2017年に湘南ベルマーレから加入した三竿は、明治安田生命J1リーグに2試合、YBCルヴァンカップに1試合出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

鹿島、FWペドロ・ジュニオールが中国2部へ 今季終了までの期限付き移籍

▽鹿島アントラーズは13日、ブラジル人FWペドロ・ジュニオール(31)が武漢卓爾職業足球倶楽部に期限付き移籍することを発表した。期間はシーズン終了までとなる。 ▽ペドロ・ジュニオールは、2007年の大宮アルディージャ入り後、アルビレックス新潟やガンバ大阪、FC東京、ヴィッセル神戸などJリーグ複数クラブでプレー。2017年から鹿島に加わったが、故障もあり、今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ7試合でノーゴールと本来の力を出し切れていなかった。 ▽1年半で鹿島に別れを告げることになったペドロ・ジュニオールは、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「自分のキャリアにおいて新たな挑戦をしたく、この移籍を決断しました。サポーターの皆さまにはいつも力強い応援と声援をいただき、感謝しています。クラブに幸運が訪れることを、心より祈っています」 ▽武漢卓爾職業足球倶楽部は中国2部のクラブ。ペドロ・ジュニオールはメディカルチェック等のため、11日に離日している。 2018.07.13 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島、日本代表DF植田直通がベルギーへ セルクル・ブルーシュと基本合意

▽鹿島アントラーズは12日、日本代表DF植田直通(23)のセルクル・ブルージュKSV完全移籍で基本合意に達したと正式発表した。植田は15日に離日。メディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ。 ▽2013年に大津高校から入団した植田は以降、鹿島で着実に力をつけ、2016年にリオ・デジャネイロ オリンピックの日本代表に選出。2015年にA代表初招集を受けると、2017年のEAFF E-1サッカー選手権でデビューを果たしたが、メンバー入りのロシア・ワールドカップで出番がなかった。 ▽セルクル・ブルージュは、1899年創設のベルギー北西部ブルージュに本拠を置くクラブ。今シーズンから1部参戦を果たす昇格クラブであり、過去に3度のリーグ優勝を誇る。 ▽今シーズンもここまで日本代表DF昌子源と共に鹿島の主力センターバックを務めてきた植田。ロシアW杯終了後の海外挑戦決定を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「アントラーズでは5年半プレーさせてもらいましたが、試合に出られない時も、出ている時も、何ものにも変え難い濃密な時間を過ごすことができました。チームメート、スタッフ、フロントの方々と一緒に戦えたことは僕の財産ですし、いつも熱い声援を送ってくれるサポーターの皆さまがいたからこそ、ここまで成長できたと断言できます」 「しかし、自分にはサッカー選手として世界で活躍するプレーヤーになりたいという目標があり、今回のW杯をベンチから見て、世界の舞台で戦う選手たちと勝負するためには、もっともっと成長しなくてはいけないという思いを強くしました。シーズン途中の大切な時期にチームを離れることになり、本当に申し訳なく感じています。皆さんに成長した姿を見せられるよう、またいつか、素晴らしい形で再会できるよう、自分らしく戦ってきたいと思います。これまで応援していただき、本当にありがとうございました」 2018.07.12 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

昌子源にフランス1部のストラスブールが興味…日本代表の敗退で動きが具体化?

鹿島アントラーズの日本代表DF昌子源に、ストラースブールが興味を抱いているようだ。地元紙『DNA』や『ラルザス』では、25歳のセンターバックの獲得にフランス・リーグアンに所属する同クラブが乗り出す可能性があると報じられている。<br><br>報道によれば、ストラスブールは先月ロシア・ワールドカップ(W杯)前に行われたスイス対日本のテストマッチにスカウトを派遣。その目的は以前伝えられたメスからの退団が決定しているGK川島永嗣ではなく、その試合には出場しなかった昌子の視察だったという。<br><br>『DNA』曰く、ストラスブールが獲得に乗り出した場合、鹿島が求める移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)、現在の年俸は税引き後推定50万ユーロ(約6000万円)とのこと。また、「現時点交渉はまだ始められていないが、月曜日に日本のW杯敗退が決まったことで、交渉が開始されることが考えられる」と指摘されている。<br><br>昨シーズンは15位に終えたストラスブールだが、70年代には日本代表元監督のイビツァ・オシム氏や昨シーズンいっぱいでアーセナルを去ったアーセン・ヴェンゲル氏らが現役時代の一部を過ごしたクラブ。後者は1978-79シーズン、同クラブ唯一のリーグ優勝を経験している。<br><br>以前、ドイツのブレーメンからの興味が伝えられた昌子の新天地はストラスブールとなるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.05 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

両側膝蓋じん帯損傷の鹿島MFレアンドロ、7月10日に再来日

▽鹿島アントラーズは29日、MFレアンドロの再来日を発表した。 ▽両側膝蓋じん帯損傷の手術のために4月23日にブラジルへ一時帰国していたレアンドロ。今回7月10日に再来日することが決定し、同月11日にチームへ合流することを伝えている。 ▽なお、レアンドロの全治は6月11日時点で全治約3カ月から4カ月と診断されていた。 ▽1年間の期限付き移籍を経て、2018年に鹿島に完全移籍を果たしたレアンドロ。今シーズンは明治安田生命J1リーグに3試合出場、AFCチャンピオンズリーグでは1試合1ゴールを記録している。 2018.06.29 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

黒崎久志氏、トップチームコーチとして12年ぶりに鹿島帰還

▽鹿島アントラーズは20日、トップチームのコーチに黒崎久志氏(50)が就任したことを発表した。 ▽黒崎氏は現役時代鹿島アントラーズや京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)、ヴィッセル神戸などでプレー。その後は指導者として2004年と2005年に鹿島の下部組織で経験を積んだ。2010年から2012年でアルビレックス新潟の監督を務め、2014年からは大宮アルディージャのヘッドコーチを務めていたが、2017年5月に解任されていた。 ▽鹿島のコーチに就任した黒崎氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今回、クラブからオファーをいただき、スタッフとしては12年ぶりにアントラーズへ戻ってくることになりました。もう一度このチームに携わることができ、大変光栄に思います。常に勝利を求め、鹿島が鹿島であるために監督をサポートし、これまで培った経験を含め、コーチとしての役割を全力で果たしていきたいと思います。アントラーズを愛する皆さん、応援のほど、よろしくお願いします」 2018.06.20 19:00 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース