ジェズス復帰まで約3週間? グアルディオラが明言2018.01.13 14:16 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティに所属するブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスは、3週間以内に復帰できる見込みのようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽ガブリエウ・ジェズスは、昨年12月31日に行われたプレミアリーグ第21節のクリスタル・パレス戦(0-0でドロー)に先発出場。しかし、立ち上がりに左ヒザを痛めると、一度はプレーを再開したものの、ピッチに倒れ込み、涙を浮かべながらピッチを後に。23分にアグエロとの負傷交代を余儀なくされた。

▽シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、ジェズスが3週間以内に復帰できそうであることを明かした。また、13日に行われるチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦1stレグのバーゼル戦には万全な状態に戻れることに期待を寄せている。

「昨日(木曜日)、彼はドクターのラモン・クガートがいるバルセロナに訪れていた。復帰まではあと2、3週間だと思う」

「チャンピオンズリーグのバーゼル戦には万全な状態で迎えることを期待している」

コメント

関連ニュース

thumb

プレシーズンツアー参加中のGKハート、指揮官は「解決策を探す」

▽マンチェスター・シティの元イングランド代表GKジョー・ハート(31)に関して、同クラブのジョゼップ・グアルディオラ監督が「解決策を探す」とコメントしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽2006年夏に加入したジョー・ハートはこれまで公式戦348試合に出場しているが、グアルディオラ監督が就任した2016-17シーズン以降は、トリノやウェストハムにレンタルされ、クラブもGKクラウディオ・ブラーボとGKエデルソンを獲得するなど、事実上の戦力外となっている。 ▽そんな中、今回のプレシーズンツアーに帯同しているジョー・ハートにグアルディオラ監督が言及。「解決策を探す」として以下のようにコメントしている。 「我々はジョーの解決策を模索中だ。できなかった場合、彼は我々と共にすることになる。彼は私が見てきた中でもベストなプロフェッショナルだ。現時点では、彼は我々の下にいるよ」 ▽“解決策”ということはジョー・ハートは“問題点”ということなのだろうか。いずれにせよ、退団の可能性は高そうだ。 2018.07.20 15:44 Fri
twitterfacebook
thumb

シティのU-20オランダ代表MFコンゴロがヘーレンフェーンに完全移籍

▽ヘーレンフェーンは18日、マンチェスター・シティのU-20オランダ代表MFロドニー・コンゴロ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなっている。 ▽2014年にフェイエノールトからシティに移籍したコンゴロは、ハダースフィールドでプレーするオランダ代表DFテレンス・コンゴロを兄に持つセントラルMF。U-15からU-20までオランダ代表に選出されてきた経歴を持つ。シティではトップチーム出場歴がない中、2017-18シーズンはドンカスター・ローバーズにレンタル移籍し、リーグ1(イングランド3部相当)で35試合に出場し3アシストを記録していた。 2018.07.18 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、高額過ぎてコバチッチ断念か

▽マンチェスター・シティの中盤補強が難航している。 ▽シティは今夏、ナポリからイタリア代表MFジョルジーニョの獲得を狙ったが、最終的にチェルシーが制す格好に。そこで、出場機会を求めた移籍希望を口にしたレアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)を新たにリストアップした模様だ。 ▽伝えられるところによれば、そのシティはさっそくレアル・マドリーに接触。だが、レアル・マドリーから移籍金として8000万ポンド(約118億4000万円)を要求され、それの支払いに難色を示したという。 ▽また、シティはサウサンプトンに所属するガボン代表MFマリオ・レミナ(24)の獲得にも興味を示している様子。しかし、獲得に動くかどうか不透明な状況とみられる。 2018.07.18 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

GKジョー・ハート、シティのプレシーズンツアーにメンバー入り

▽マンチェスター・シティの元イングランド代表GKジョー・ハート(31)が、クラブのプレシーズンツアーに帯同することが分かった。 ▽シティは17日、アメリカへのプレシーズンツアーに向けたメンバー28名を発表した。メンバーにはロシア・ワールドカップに出場した選手らはほとんど含まれておらず、若手を中心にDFバンジャマン・メンディやDFアイメリク・ラポルテ、MFレロイ・ザネに今夏新加入のMFリヤド・マフレズらがメンバー入りを果たした。 ▽そんな中、イギリス『スカイ・スポーツ』は、GKジョー・ハートに注目。2006年夏に加入した同選手はこれまで公式戦348試合に出場しているが、近年ではGKクラウディオ・ブラーボやGKエデルソンの加入により居場所を追われてトリノやウェストハムにレンタルしていた。 ▽シティとの契約が2019年6月30日まで残っているため、今回のメンバー入りは当然のものなのだが、指揮官ジョゼップ・グアルディオラはエデルソンに全幅の信頼を寄せ、セカンドGKもブラーボと、ハートが出場する余地はほとんどないように思える。全くチャンスがないわけではないが、このまま飼い殺しされるぐらいならば移籍した方が同選手のためではあるが…。 2018.07.17 22:29 Tue
twitterfacebook
thumb

ジョルジーニョ逃したシティ、コバチッチを注視

▽マンチェスター・シティが、レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)獲得を検討しているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 ▽ナポリに所属するイタリア代表MFジョルジーニョの獲得を目指してきたシティ。6月上旬には、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が「我々はシティのリーダーたちと良い関係を築けている」とコメントしたことで、契約間近とみられていた。 ▽しかし現在では、ナポリ前指揮官のマウリツィオ・サッリ監督がチェルシー行きが確定的と見られており、教え子のジョルジーニョも同クラブへの移籍が濃厚と伝えられている。一転して振られた形となったシティは、ジョルジーニョ以外の候補者の検討を迫られている。 ▽そういった中で挙がっているのが、コバチッチだ。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が昨シーズンを通してコバチッチを追跡しており、高い評価を下しているという。また、コバチッチ本人も6月下旬にマドリーからの移籍希望を表明していた。 ▽マドリーとコバチッチの契約は2021年まで残っており、契約解除金は3億ユーロ(約394億円)。そのため、マドリーが法外の移籍金を要求する可能性も否定できない。しかし、もしコバチッチに移籍許可が下りれば、競合しているとされるチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドよりも、シティが有力だろうと記事は伝えている。 2018.07.14 15:20 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース