横浜FM、GK飯倉大樹とDF金井貢史ら4選手と契約更新2018.01.13 13:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは13日、GK飯倉大樹(31)とGK杉本大地(24)、DF下平匠(29)、DF金井貢史(27)との契約を更新したことを発表した。▽横浜FM下部組織出身の飯倉は2005年にトップチーム昇格。昨シーズンは明治安田生命J1リーグに34試合、天皇杯に4試合出場した。

▽杉本は2007年に京都サンガF.C.から加入。昨シーズンはYBCルヴァンカップに6試合、天皇杯に2試合出場した。

▽下平は2014年に大宮アルディージャから加入。昨シーズンはJ1リーグに5試合、ルヴァンカップに3試合、天皇杯に5試合出場した。

▽金井は2016年にジェフユナイテッド千葉から加入。昨シーズンはJ1リーグで21試合2ゴールを記録した。また、天皇杯には1試合出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

次期ギリシャ監督候補に横浜FM指揮官ポステコグルー監督が浮上! すでにギリシャ連盟関係者が接触か

▽横浜F・マリノスで指揮を執るアンジェ・ポステコグルー監督(53)が、ギリシャ代表の新監督候補に挙がったようだ。オーストラリア『The Sydney Morning Herald』が伝えている。 ▽ギリシャ代表は、現在開催中のUEFAネーションズリーグのリーグC・グループ2で2位につけているが、直近に行われた首位のフィンランド代表戦で敗戦し、グループBへの昇格が厳しい状態となってる。そんな中、ギリシャメディアでは、近日中にも代表を率いるミヒャエル・スキッベ監督(53)の解任が行われると報じられており、その後任候補の最上位にポステコグルー監督の名が挙がっているようだ。 ▽『The Sydney Morning Herald』によれば、ギリシャサッカー連盟(HFF)とポステコグルー監督の間で合意に達した事項はいまのところ無く、今季終了までは横浜FMを離れることはないとのこと。しかし、同監督は今回のオファーに興味を示しており、今季限りで横浜FMを離れて自身の母国に戻る可能性を考慮しているという。 ▽なお、HFFがポステコグルー監督に接触したのは今回が初めてではなく、同監督オーストラリア代表監督を辞任した2017年にも就任を熱望していた。 2018.10.19 02:26 Fri
twitterfacebook
thumb

決勝カードは湘南vs横浜FMに決定! 昇格組湘南がファイナル到達《YBCルヴァンカップ》

▽2018JリーグYBCルヴァンカップ決勝進出の2チームが決定した。 ▽決勝進出を果たした2チームは、17年ぶりの優勝を目指す横浜F・マリノスと、初の優勝を狙う湘南ベルマーレだ。両クラブは10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で激突する。 ▽横浜FMはJ1リーグ年間3回、1stステージ4回、2ndステージ1回、天皇杯2回、リーグカップ(現ルヴァン杯)1回、計11個のタイトルを誇る。対する湘南は、J2リーグ制覇を2回成し遂げている。 ◆決勝戦 ▽10月27日(土) 《13:05》 湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス [埼玉スタジアム2002] 2018.10.14 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島あと一歩及ばず…! 逃げ切った横浜FMが17年ぶり決勝へ《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズが、14日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計4-3で横浜FMが決勝進出を決めた。 ▽20日に県立カシマサッカースタジアムで行われた第1戦では、横浜FMが2-1で勝利。横浜FMは、その試合から全くスタメンを変更せずに勝ち抜きを目指した。 ▽一方、巻き返しが必要な鹿島はスタメンを3名変更。内田、中村、セルジーニョに代えて、山本、西、金森を先発させた。 ▽試合の立ち上がり、お互いに積極的にゴールに迫っていく。5分に遠藤渓が左サイドから惜しいクロスを供給して横浜FMがチャンスを作れば、10分にはボックス内へのパスに反応した安西がダイレクトシュートを放ち鹿島も応戦。スコアこそ動かないものの、激しくアップダウンが繰り返される。 ▽すると20分、横浜FMが先に結果を出す。ボックス手前中央の天野がミドルシュートを放つと、鹿島DFにブロックされたボールがボックス内にこぼれる。反応したウーゴ・ヴィエイラが、右足でゴール左下隅に沈めた。 ▽最低でも2点以上が奪わなければ敗退となる鹿島は盛り返そうとするが、横浜FMがそれを許さない。右サイドの仲川が幾度かタイミングの良い駆け上がりを見せるなど、横浜FMが牽制しつつ時計の針を進めていく。 ▽34分、横浜FMが効率的に攻撃を繰り出していく。ボックス手前中央でボールを持った遠藤渓がボックス左にスルーパスを供給。天野が最終ラインの裏に抜け出してファーサイドに折り返し、仲川が無人のゴールに流し込んだ。 ▽0-2のビハインドで試合を折り返した鹿島は、ハーフタイム中に永木に代えてセルジーニョを投入。フォワードの枚数を増やし逆転を目指していく。 ▽すると53分、ボックス手前右で鹿島がFKを得ると、遠藤康のクロスに町田が頭で合わせてネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定でこの得点は認められない。 ▽徐々に鹿島の勢いが増してきた61分、横浜FMは前半からハードワークしていた大津に代えて喜田を送り出しちゅばんの活性化を図る。 ▽しかし、直後の62分に痛恨のミスから鹿島の得点を許すことに。ボールを持ったGK飯倉が中途半端なショートパスを蹴り、土居がカット。落ち着いてゴール右を捉えて点差を縮めた。 ▽さらに70分、またしても鹿島が決定機を迎える。左サイドを駆け上がった途中出場の山口がボックス内中央に山なりのクロスを供給。DFドゥシャンのマークを剥がしたセルジーニョが、指揮官の起用に応える同点弾を決め切った。 ▽この得点で、2戦合計スコアは4-3で横浜FMがリード。しかし、アウェイゴールは2点ずつで並び、勝負は1点を争う状況に変貌した。 ▽その後、守備の意識を強めた横浜FMを相手に鹿島のリスクを冒した攻撃が続く。84分、鹿島は金森に代えて高さのある昌子を投入。ディフェンスリーダーを約3か月ぶりに復帰させた。 ▽しかし、守備を固めた横浜FMからこれ以上得点を奪うことができず。試合は2-2の引き分けに終わった。この結果、2戦合計4-3で横浜FMが勝ち抜けを決めている。 ▽2001年以来17年ぶりに決勝進出を果たした横浜FMは、湘南ベルマーレvs柏レイソルの勝者と対戦。決勝戦は、10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で開催される。 2018.10.14 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

同点の歓喜から一変、鹿島後半ATに同点も2分後に失点…横浜FMがアウェイで2G奪い先勝!《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第1戦の鹿島アントラーズvs横浜F・マリノスが10日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-1で横浜FMが勝利した。 ▽準々決勝で昨季ファイナリストの川崎フロンターレを下した鹿島は、直近のリーグ戦でも川崎Fと対戦。2位と3位の上位対決はゴールレスドローに終わった。AFCチャンピオンズリーグでも準決勝まで勝ち上がっている鹿島は、この試合では直近の川崎F戦からスタメンを5選手変更。GK曽ヶ端や内田、中村や土居が先発に起用された。 ▽一方、ガンバ大阪に2戦合計で7-1と大勝して準決勝に進んだ横浜FMは現在リーグ戦3連勝中。優勝した2001年以来の決勝進出を目指す今回は、直近の北海道コンサドーレ札幌戦からのスタメン変更は1点のみ。畠中に代わり、ドゥシャンが先発となった。 ▽試合はオープンな展開になる。まずは横浜FMが3分に天野が得たFKでチャンスを得る。ボックス外左からのFKでキッカーは山中。難しい角度からのFKを得意の左足で直接狙うとこれが右ポストを直撃。序盤からヒヤリとする場面を作られた鹿島も19分、左サイドの安西のスルーパスに反応した土居がゴール前に飛び込んだが、こちらのシュートもポストに嫌われてしまった。 ▽28分には、鹿島はレオ・シルバがボックスの端からのシュートでトライ。徐々に鹿島がペースをつかむようになると迎えた32分、敵陣でボールを奪った中村がセルジーニョを経由して再びゴール前でパスを受けると、スライディングにきたチアゴ・マルチンスに倒される。リプレイではチアゴ・マルチンスの足は当たっていないように見えたが、主審はPKの判定。しかしこのPKを務めた土居のシュートはクロスバーをたたいてしまい、絶好のチャンスを逸してしまった。 ▽鹿島はさらに43分にも、安西のクロスが相手のチアゴ・マルチンスの足に当たってゴール前のセルジーニョの下にこぼれたが、股下を狙ったシュートはGK飯倉に読まれてしまいネットを揺らすことは出来なかった。再三のチャンスをモノにできない鹿島は逆に前半アディショナルタイムに、横浜FMのウーゴ・ヴィエイラにボックスへの侵入を許すと、個人技からシュートに持っていかれる。だが、このシュートはGKの正面に飛び、前半はゴールレスで終えた。 ▽後半も立ち上がりから激しいボールの奪い合いを見せる。52分に右サイドのクロスから土居がヘディングシュートに合わせるなど良い入りを見せた鹿島だったが60分、松原と衝突した中村が負傷交代。代わって金森がピッチに送られた。 ▽ここまで若干守勢を強いられていた横浜FMも66分、左サイドを突破した遠藤のグラウンダーのクロスにウーゴ・ヴィエイラがニアで合わせてシュートに繋げたが惜しくも枠の左に外れてしまった。73分にも再びウーゴ・ヴィエイラがドリブルシュートでトライするが、今度は安西がシュートブロックに入り枠に飛ばすことは出来なかった。 ▽だが、ここに来て攻勢を強めてきた横浜FMがついに試合を動かした。76分、相手のハンドでゴール正面でFKを獲得すると、天野が壁の隙間を突くシュートをゴール左隅に流し込み、アウェイチームが均衡を破った。 ▽アウェイゴールを奪われてしまったか今は85分、途中出場の金森がレオ・シルバとのコンビネーションからシュートに運ぶも、ドゥシャンのクリアに遭う。横浜FMもその直後にカウンターからゴール前に侵攻するも追加点とはならない。 ▽このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム、鹿島の左CKの場面。永木のクロスに犬飼が相手に挟まれながらもヘディングシュートを叩き込み土壇場で同点に追いついた。 ▽しかし、ここでもまだ終わらなかった。同点弾から2分後、ボックス手前でFKを得た横浜FMは、山中が低弾道のシュートを放つと、GK曽ヶ端がこれをファンブル。そのこぼれ球をウーゴ・ヴィエイラが押し込み、勝ち越しゴールを決めた。 ▽その直後にホイッスルが鳴り試合終了。横浜FMがセットプレー2発でアウェイで勝利。鹿島は次戦、少なくとも2点は必要となった。 2018.10.10 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMが前半中に逆転! 札幌下し今季初3連勝で残留に前進《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節の横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌が、5日に日産スタジアムで行われ、2-1で横浜FMが勝利した。 ▽連勝中の11位・横浜FM(勝ち点35)は、5-2で快勝した前節のベガルタ仙台戦からスタメンを変更せず。DFドゥシャンの出場停止が続いている中、現状のベストメンバーを送り出した。 ▽前節サガン鳥栖を2-1で下して連敗を2試合でストップさせた4位・札幌(勝ち点44)は、その試合からスタメンを2名変更。福森、宮澤に代えて、キム・ミンテ、チャナティップを起用した。 ▽お互いに素早く大味な攻撃を試みる立ち上がり、7分に横浜FMが大チャンスを迎える。札幌が自陣内でパスミスを犯すと、ボールは素早くボックス中央のウーゴ・ヴィエイラの下へ。しかし、ディフェンスとの間合いを図りつつウーゴ・ヴィエイラが右足のつま先で放ったシュートはGKク・ソンユンに阻まれた。 ▽直後の8分にもボックス手前左でボールを持った山中がミドルシュートを狙うなど横浜FMの攻撃が目立つ展開が続くが、札幌もギリギリのところで対応。反撃に出たい札幌は、15分に三好のパスに抜け出したチャナティップのクロスにジェイが合わせたが、オフサイドの判定で得点にはならない。 ▽さらに、17分にもボックス手前からチャナティップがゴール右下隅を射抜きネットを揺らしたが、ゴール前でオフサイドポジションに居たジェイがGK飯倉のブラインドになっていたとして得点は認められず。札幌は立て続けにぬか喜びすることとなった。 ▽それでも21分、盛り返している札幌が勢いそのままに得点を奪い切る。右サイドをドリブルで侵攻するジェイが、ボックス手前からカットインして右足を一閃。ゴール左に流し込んだ。 ▽先制を許した横浜FMは、ここからギアを上げ直す。ボックス手前中央でパスを受けたウーゴ・ヴィエイラが、素早くボックス内右にボールを供給。待ち構えていた仲川がチェックに来た札幌DFを交わし、確実に決め切った。 ▽さらに42分にも横浜FMに決定機。左サイド深い位置まで侵攻した山中がグラウンダーのボールを中央に折り返すと、ウーゴ・ヴィエイラがニアに飛び込む。身体を寄せた札幌DFの対応も間に合わず、横浜FMが前半中に逆転した。 ▽先制しながらも1-2のビハインドで折り返しを迎えることとなった札幌は、ハーフタイム中に早坂に代えて石川を投入。守備の立て直しを図り後半に入っていく。 ▽しかし、後半の立ち上がりは攻勢に出る横浜FMがボールを保持。追い付きたい札幌は前線のジェイやチャナティップに素早く当ててからの崩しを図るが、危険なゾーンに入り込むことができず。 ▽それでも、横浜FMもなかなか点差を広げることができない。63分にボックス手前やや右で得たFKの場面では天野が左足で直接狙ったが、シュートは枠の上を通過。試合は膠着状態が続く。 ▽札幌は、72分に深井に代えて古巣対戦となる兵藤を、76分に三好に代えて宮吉を起用。3枚のカードを使い切り、攻撃のテコ入れを図った。 ▽すると78分、ボックス右からの宮吉のシュートがGK飯倉に弾かれ札幌が右CKを獲得。キッカーの菅がファーに蹴り込むと、進藤が頭で合わせる。得点とはならなかったが、高い打点のヘディングシュートが横浜FMゴールを脅かした。 ▽しかし結局、同点弾を奪い切ることは叶わないままタイムアップ。2-1で横浜FMがリードしたまま試合は終了した。 ▽この結果、横浜FMは今シーズン初の3連勝を飾り、順位を暫定9位に上げている。対する札幌は連勝を飾ることができず。暫定3位浮上を逃した。 2018.10.05 21:35 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース