横浜FMがポステコグルー監督の右腕・クラモフスキー氏をヘッドコーチに招へい2018.01.13 13:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは13日、ヘッドコーチにピーター・クラモフスキー氏(39)が就任することを発表した。

▽クラモフスキー氏は、UEFA、FIFAのプロライセンスを持っており、パース・グローリーやアデレード・ユナイテッドでフィットネスコーチ、メルボルン・ビクトリーではアシスタントコーチを務めていた。

▽また、U-17、U-20オーストラリア代表でアシスタントコーチを務めると、2014年から2017年まではアンジェ・ポステコグルー監督の下でA代表でもアシスタントコーチを務めていた。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月24日は、横浜FMで活躍する「和製アンリ」

◆伊藤翔 【Profile】 国籍:日本 クラブ:横浜F・マリノス 誕生日:1988年7月24日 ポジション:FW 身長:184㎝ 体重:76㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月24日は、横浜F・マリノスのFW伊藤翔だ。 ▽高校在学中だった2006年にアーセナルのトライアウトを受けた伊藤翔は、当時監督を務めていたアーセン・ヴェンゲルに、同クラブのレジェンドであるティエル・アンリに喩えられたことから、「和製アンリ」として日本でも知名度を上げた。 ▽高校卒業後、フランスのグルノーブルに入団。しかし、在籍3シーズン半で出場機会は5試合にとどまり、2010年6月に清水エスパルスに移籍した。日本デビューは同年11月の水戸ホーリーホック戦。その後2013年のサガン鳥栖戦での自身初のハットトリックなど3年半で公式戦67試合に出場した伊藤は2014年に横浜FMに活躍の場を映した。 ▽横浜FMではすぐにレギュラーの座を勝ち取り、ここまで公式戦159試合に出場。今月18日に行われたベガルタ仙台戦ではキャリア2度目のハットトリックを達成し、歴史的勝利の立役者となった。 ※誕生日が同じ主な著名人 久保田利伸(歌手) カール・マローン(元バスケットボール選手) バリー・ボンズ(元プロ野球選手) マーティン・キーオン(元サッカー選手) 兵藤大樹(お笑い芸人/矢野・兵藤) 坂本昌行(ジャニーズ/V6) 三浦淳寛(元サッカー選手、サッカー解説者) 須藤理彩(女優) 水川あさみ(女優) ダニエレ・デ・ロッシ(サッカー選手/ローマ) エムレ・モル(サッカー選手/セルタ) 2018.07.24 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京5発大勝で9戦負けなし! 横浜FM終盤巻き返すも及ばず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第17節のFC東京vs横浜F・マリノスが、22日に味の素スタジアムで行われ、5-2でFC東京が勝利した。 ▽リーグ8試合負けなしの2位FC東京が、連勝中の10位横浜FMをホームに迎えた一戦。 ▽FC東京は、1-0で勝利した前節の柏レイソル戦からスタメンを2名変更。大森、富樫に代えて、田邉、ディエゴ・オリヴェイラを起用した。 ▽横浜FMは、8-2で快勝した前節のベガルタ仙台戦からスタメンを変更せず。全く同じメンバーで試合に臨んだ。 ▽試合の立ち上がりは、ボールを持つ横浜FMに対してFC東京がカウンターを狙うという構図が続く。すると、ターゲットとなっているディエゴ・オリヴェイラが、ボックス手前左でFKを獲得する。 ▽8分、キッカーを務めるのは太田。左足で直接狙うと、精度の高いシュートがDF中澤の頭を超えて鋭く曲がり、ゴール左上を捉える。GK飯倉の反応も及ばず、明日23日に31歳の誕生日を迎える男の一振りで貴重な先制点を奪い切った。 ▽さらに26分にも、FC東京が決定機を作り出す。ディエゴ・オリヴェイラのキープから田邉にボールが渡り、田邉がボックス手前中央やや遠い位置からグラウンダーのシュートを放つ。すると、最前線に入っていたディエゴ・オリヴェイラの脚に当たってコースが変わり、ボールはゴール左に吸い込まれた。 ▽そして前半終了間際の45分にも、田邉が最終ラインの裏に抜け出す。飛び出したGK飯倉をかわして角度のないところからシュートを放つと、ボールは無人のゴールに転がり込んだ。 ▽FC東京が3-0のリードで迎えた後半、横浜FMは攻撃のテコ入れを図る。52分、喜田に代えて、ウーゴ・ヴィエイラを投入。点取り屋を起用して攻勢を強めていく。しかし、主導権を奪い切ることはできず。54分にディエゴ・オリヴェイラのシュートが右ポストを叩くなど、FC東京のぺースが続く。 ▽すると60分、FC東京が勢いそのままにチャンスを迎える。高萩からのパスを受けた東が、ボックス右からダイレクトシュートを狙う。これがまたしてもネットを揺らし、チームの4点目となった。64分にも、FC東京の左CKから混戦が生まれ、最後は岡崎が押し込んで自身のJ1初ゴールとする。 ▽それでもその後、ボックス左に侵攻した天野が米本に倒され、横浜FMがPKを獲得。 キッカーのウーゴ・ヴィエイラが落ち着いて沈め、一矢報いる得点とした。それでも圧倒的なアドバンテージを得ているFC東京は、ディエゴ・オリヴェイラに代えて永井を投入。よりカウンター色を強め、勝ち切る戦いにシフトしていく。 ▽試合終了間際の89分、横浜FMマリノスがさらに意地を見せる。ボックス内でウーゴ・ヴィエイラがキープし、こぼれたボールに山田が反応。足先に当ててネットを揺らした。 ▽結局、試合は5-2のスコアで終了。この結果、FC東京は9試合負けなしに。横浜FMは前節の快勝の勢いを削がれるような、手痛い敗北を喫した。 2018.07.22 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】最強の矛と盾が激突! 対照的なスタイルの両クラブが信念をぶつけ合う《FC東京vs横浜FM》

▽中断期間中の補強選手の登録も完了する22日の明治安田生命J1リーグ。2位のFC東京は、第17節で10位の横浜F・マリノスをホームの味の素スタジアムに迎える。 ◆“試合巧者”として臨むべき一戦~FC東京~ ▽中断明けの重要な一戦、第16節柏レイソル戦で数人の主力を欠く事態に見舞われながらも1-0での勝利を手にしたFC東京。FWディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑への依存が囁かれる中で、その2枚抜きで白星を手にしたことは大きい。また、前線だけでなく最終ラインに若手DF小川諒也、岡崎慎を配置していたことも不安視されていたが、両者ともに戦力であることを十分に示していた。堅守速攻の手堅い戦いで積み上げてきたスタイルを変化させず、底上げてきたことが確認できた一戦だ。とはいえ、FC東京の現在の勝ち点は「31」。首位サンフレッチェ広島が「40」、3位の川崎フロンターレが「30」であることを考えると、気を引き締めなくてはならない日々が続く。次の対戦相手は、第16節でベガルタ仙台に8-2の大勝を収めた横浜FMだ。FC東京に必要なことは、相手の勢いを逆手に取る試合巧者ぶりを発揮することだろう。ベストメンバーで臨める横浜FM戦、ホームの後押しを受け、優勝争いに相応しいクラブであることを改めて証明したい。 ◆アタッキング・フットボールの体現~横浜F・マリノス~ ▽横浜FMは、中断明け最初の一戦で仙台に8-2と大勝。チームトップの7得点を挙げているFWウーゴ・ヴィエイラを押し退けてスタメン起用されたFW伊藤翔がハットトリックを記録するなど、確実に上積みを感じさせた試合だ。ポステコグルー監督の標榜する攻撃サッカーを体現し、同じくアクションフットボールを目指す相手を正面から撃破していた。しかし、調子そのままに勝利を重ねたい横浜FMにとって厄介なことに、FC東京は仙台とは全く違った特徴を持つチームだ。堅守を軸にした現実的なサッカーをどう崩していくのかが課題となる一方で、強力な2トップを相手にハイライン戦術を機能させることができるのか。逆に、FC東京戦でチームのスタイルを貫き勝利を手にすれば、大きな自信となる。上位浮上を目指す上で、底力の試される一戦だ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆FC東京[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180720_38_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太<hr>▽コンディションの不安が伝えられていたFW永井謙佑、DFチャン・ヒョンス、GK林彰洋が復帰する見込みだ。また、契約の関係上、前節は出場出来なかったFWディエゴ・オリヴェイラも復帰できるため、ベストメンバーを組むことが可能となっている。 ◆横浜F・マリノス[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180720_38_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、金井貢史、山中亮輔 MF:喜田拓也、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、伊藤翔、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー<hr>▽横浜FMも負傷等は伝えられておらず、快勝した前節から大きな変更は行わないものとみられる。FWウーゴ・ヴィエイラに関してはセンターフォワードのファーストチョイスとなる可能性もあるが、前節ハットトリックの結果を残したFW伊藤翔を外すことは考え難い。 【注目選手】 ◆永井謙佑(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180720_38_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains, LTD.<hr></div>▽FC東京の注目プレーヤーは、中断明け2戦目で復帰濃厚なFW永井謙佑だ。FC東京加入初年度となる今シーズンは、キープ力に優れるFWディエゴ・オリヴェイラとの好連係を構築してここまで4ゴールを記録。その快足と運動量を武器に最前線から猛プレスをかけ、幾度となく裏抜けを狙う。ハイラインを維持する横浜FMが最終ラインの裏のケアを怠れば、永井の脚がピッチを切り裂くだろう。 ◆扇原貴宏(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180720_38_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽横浜F・マリノスの注目プレーヤーは、正確な左足で相手の急所を突くMF扇原貴宏だ。MF天野純、喜田拓也、DF山中亮輔らロングキックを得意とする選手の中でも、よりバランス感覚に優れる扇原。味方を動かしつつ、自らも得点に絡んでいくことが可能だ。FC東京の強固な守備を崩す為、扇原の的確な揺さぶりが必要不可欠となる。 ◆失点数2位vs得点数1位 ▽FC東京のリーグ戦の失点数は、ここまで「13」で2位タイ。対する横浜FMは得点数「31」でリーグトップに立っている。両クラブのスタイルを如実に表しているこれらの数字は、まさに試合展開を象徴するものとなるだろう。アクションを起こす横浜FMがいかにして崩し切るか、それに対応するFC東京がどのように凌ぎ、どのタイミングで必殺のカウンターを繰り出すのか。最強の矛と盾が激突するFC東京vs横浜FMは、19:00にキックオフを迎える。 2018.07.21 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMがセルビア人DFツェティノヴィッチを完全移籍で獲得! デゲネク後釜に

▽横浜F・マリノスは19日、リーグ・ドゥ(フランス2部)のRCランスからセルビア人DFドゥシャン・ツェティノヴィッチ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽2006年に母国のマチュヴァ・シャバツでプロキャリアをスタートしたツェティノヴィッチは、186cm、79Kgの屈強なセンターバック。その後、ディナモ・ヴラニェ(セルビア)、グラスホッパー(スイス)、ファドゥーツ(リヒテンシュタイン)、ハウゲスン(ノルウェー)といった国内外のクラブを渡り歩き、2015年からフランス2部のRCランスでプレー。昨シーズンは公式戦35試合に出場し2ゴールを記録していた。 ▽横浜FMへの加入が決定したツェティノヴィッチはクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「まず初めに、横浜F・マリノスでプレーする機会を与えていただいたことに感謝します。今回の話を聞いたとき、日本に来て素晴らしいクラブでプレーすることに対する迷いはありませんでした。フランスのRCランスでの時間も素晴らしいものでしたが、この新しいチャレンジに対して準備はできています」 「Jリーグはフットボールのレベルが高いことで知られています。ワールドカップでの日本の戦いを見て、日本代表が素晴らしいチームだと思いました。ラウンド16で敗退したことはとても残念でしたが、フットボールの質と選手たちのメンタリティにとても感銘を受けました。誠実でとても勤勉で粘り強い日本人選手の特徴は、私の性格と通じるところがあり、Jリーグでプレーすることは私に非常にあっていると思います」 「日本のファン・サポーターはコロンビア戦のあと、自分たちの使用したエリアを綺麗な状態に戻すという素晴らしい事例を世界中に示しました。このような光景をフットボールの世界で見たことがありません!これは普通では考えられないことで、日本の偉大なメンタリティを示しました。私は日本が妻と息子にとっても最適な場所であると確信しています。日本の文化に触れることがとても楽しみです」 「横浜F・マリノスでプレーする機会を得られたことをとても誇りに思います。 チームに合流することが楽しみでなりません。フランスのプレシーズンではとてもハードにトレーニングを積んできました。ファン・サポーターの皆さんとスタジアムで会うことを楽しみにしています。私はいまとても素晴らしい気持ちですし、F・マリノスでの新たなスタートを待ちきれません」 ▽なお、横浜FMではロシア・ワールドカップでオーストラリア代表としてプレーしたDFミロシュ・デゲネクがセルビアのレッドスター・ベオグラードに旅立っており、ツェティノヴィッチがその後釜を担うことになる。 2018.07.19 17:21 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMがとんでもゴールラッシュ!! 伊藤のハットトリックなどで大量8点を奪い仙台を圧倒《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、ベガルタ仙台vs横浜F・マリノスが18日に行われ、8-2で横浜FMが勝利した。 ▽今年はロシア・ワールドカップのために、中断期間が設けられ5月20日を最後におよそ2カ月ぶりの再開となったJ1。この間に各チームは補強や人員の整理を行った。 ▽両チームとも大きな戦力強化はなかったものの、ホームの仙台は板倉が累積で出場停止。横浜FMはミロシュ・デゲネクがレッドスター・ベオグラードに移籍し守備の要を欠いている。 ▽そんな中、仙台は大岩や奥埜、石原らが先発出場。横浜FMは金井や天野、伊藤らがスタメンとなった。中断前に勝利を挙げている両チーム。勝って連勝なるか。 ▽試合は早々に動く。2分、カウンターで左サイドを駆け上がった遠藤にボールが渡ると、クロスをゴール前でフリーになっていた仲川がシュート。一度GKにブロックされるものの、ディフレクトを天野が押しこんで横浜FMが先制した。 ▽さらに12分、再び左サイドから攻める横浜FMは山中のクロスをGKより先に伊藤がつま先で合わせて追加点。第15節でも5得点で大勝した横浜FMがこの試合でも攻撃力を見せつける。 ▽攻撃の手を緩めない横浜FM。31分には味方のパスをボックス手前で受けた仲川がゴール左隅をつくシュートを沈めて3点目。さらにその2分後の33分には、敵陣右サイドでボールを奪った仲川がボックス内で潰れると、こぼれ球を拾った伊藤が丁寧に押し込んで4点目を奪った。 ▽横浜FMが大量リードして迎えた後半だが、トリコロールの攻撃はとどまることを知らなかった。52分、右サイドからのクロスを遠藤が抑えると、パスを受けた山中がボックス手前左から豪快に左足を振り抜き強烈な弾丸シュートを突き刺した。 ▽まだまだ横浜FMの攻撃は続く。59分、右サイド松原のスルーパスを仲川が受けると、折り返しを伊藤が押し込んで6点目。これで伊藤はハットトリックを達成した。 ▽横浜FMはなおも攻める。71分に得た右CK。天野のクロスを金井が身体で押し込み7点目。しかしその直後、仙台も途中出場のジャーメイン良が意地の一発を沈めて1点を返す。 ▽だが、81分にはこちらも途中出場のオリヴィエ・ブマルのゴールで横浜FMが8点目を奪った。 ▽90分に仙台が蜂須賀のゴールで2点目を決めるも焼け石に水。横浜FMが大量8得点を奪い、仙台を圧倒した。 2018.07.18 21:40 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース