横浜FMがポステコグルー監督の右腕・クラモフスキー氏をヘッドコーチに招へい2018.01.13 13:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは13日、ヘッドコーチにピーター・クラモフスキー氏(39)が就任することを発表した。▽クラモフスキー氏は、UEFA、FIFAのプロライセンスを持っており、パース・グローリーやアデレード・ユナイテッドでフィットネスコーチ、メルボルン・ビクトリーではアシスタントコーチを務めていた。

▽また、U-17、U-20オーストラリア代表でアシスタントコーチを務めると、2014年から2017年まではアンジェ・ポステコグルー監督の下でA代表でもアシスタントコーチを務めていた。

コメント

関連ニュース

thumb

川又J1200試合目をゴールで祝うも…終盤のゴールで横浜FMが磐田に勝利!アウェイ通算200勝目《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節ジュビロ磐田vs横浜F・マリノスが22日に行われ、2-1で横浜FMが勝利した。 ▽暫定11位の磐田(勝ち点33)と、15位の横浜FM(勝ち点29)の対戦。前前節から中村が復帰した磐田だが、リーグ戦ここ3試合は未勝利。4試合ぶり勝利を目指す今節は、前節のセレッソ大阪戦と同じ11人で臨む。中村は今季初の古巣対決だ。 ▽対する横浜FMもここ5試合で黒星と白星を交互に並べ波に乗れない状態。2試合ぶり勝利に向けて、前節浦和レッズ戦からの変更点は1点。イッペイ・シノヅカに代えて松原を起用した。 ▽まずは磐田がチャンスを迎える。4分、横浜FMのGK飯倉のパスミスを拾った山田がセンターサークル内からシュートを狙う。GKが前に出ていた隙を突いたシュートだったが、精度を欠いて枠を外れた。続く6分には、右サイドの中村のFKからこぼれ球を大井が押し込みにかかるも、ここは相手のブロックに遭った。 ▽ピンチを凌いだ横浜FMは8分にワンチャンスをモノにする。右サイドに流れた大津のクロスを、ボックス逆サイドで完全にフリーになっていた遠藤が右足インサイドで丁寧にボレーで合わせてネットに突き刺した。 ▽この先制点から横浜FMに決定的なシーンが再三訪れる。まずは9分、後方からの浮き球パスを伊藤がボックス内で胸トラップからシュートに運ぶと、17分には左サイドでボールを持った遠藤がカットインして左45度からシュート。さらに21分には、相手のパスミスを奪った遠藤がボックス左に侵入。DFを躱しながら左足でトライするが大きく枠を外してしまった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽このまま後半に入り、両チームとも攻撃にテコ入れ。磐田は小川と宮崎を代えてエレンと川又を、横浜FMは伊藤を下げてウーゴ・ヴィエイラを投入した。 ▽するとこの途中出場のストライカーが互いにチャンスを迎える。61分、横浜FMは最終ラインの松原のロングパスから、ウーゴ・ヴィエイラがゴール前に侵攻。相手に囲まれながらも左足を振り抜いて放ったシュートは左ポストを直撃した。かたや磐田は、前半と同じように右サイドの中村のFKから、最後に川又がネットを揺らすがオフサイドを取られゴールは認められなかった。 ▽それでも68分、J1通算200試合目の男が魅せた。三度右サイドでFKを獲得した磐田は、キッカーは今度は櫻内が務めた。櫻内が右足で上げたクロスに、川又がダイビングヘッドで押し込んで同点に。メモリアルゲームを自身のゴールで祝った。 ▽同点ゴールで勢いに乗る磐田は、75分にスルーパスを受けた大久保がボックス右からシュートを放つがGK飯倉にファインセーブされてしまう。その流れのまま左サイドから上げられたクロスに合わせたのも大久保。しかしこのヘディングシュートは惜しくも枠の右に逸れてしまった。 ▽肝を冷やした横浜FM。後半はここまでチャンスがなかったが迎えた86分、相手のクリアボールを拾ったドゥシャンから、山中にパスが渡る。山中はボックス手前左の位置から左足を振り抜くと、GKの前でワンバウンドしたシュートは遮る手をヒラリと躱してゴールイン。土壇場で横浜FMが勝ち越しに成功した。 ▽その後、ドゥシャンが遅延行為を取られ2枚目のイエローカードで退場してしまうハプニングも起きたが、横浜FMが勝利。2試合ぶりの勝利でアウェイ通算200勝目を手にした。一方の磐田はこれで4試合白星なしとなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 17:57 Sat
twitterfacebook
thumb

武藤弾で浦和が4戦ぶり勝利! 痛恨敗戦の横浜FMはPO圏16位柏と勝ち点並ぶ…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節の横浜F・マリノスvs浦和レッズが、16日に日産スタジアムで行われ、2-1で浦和が勝利した。 ▽14位・横浜FM(勝ち点29)は、3-1で勝利した直近のYBCルヴァンカップ準々決勝ガンバ大阪戦からスタメンを2名変更。松原、喜田に代えて、山中、そして日本代表帰りの天野を起用した。 ▽リーグ3試合未勝利の10位・浦和(勝ち点32)にとって、1-2で敗北した前節のセレッソ大阪戦以来2週間ぶりとなる公式戦。この試合に向けては、最後尾にGK西川、3バックに岩波、マウリシオ、槙野、中盤に橋岡、長澤、青木、宇賀神、2シャドーに武藤、マルティノス、最前線に興梠を起用した。 ▽サイドチェンジを繰り返して攻撃を組み立てる浦和が、9分にチャンスを迎える。右サイドの橋岡がクロスを供給すると、ボックス左の興梠が胸トラップで落としコンパクトにシュートを放つ。しかし、これはGK飯倉のファインセーブに阻まれた。 ▽その後、浦和がやや優勢に試合を進め横浜FMは思うように攻撃が構築できない。それでも18分右サイドを突破した仲川が低く速いクロスを入れると、ニアに飛び込んだ伊藤がボールを捉える。枠を外れたものの惜しいシーンを迎えた横浜FMは、ここから盛り返していく。 ▽続く20分、天野の相手陣内からのスルーパスに抜け出した仲川がボックス内で一対一を迎える。軍配はGK西川に挙がったものの、立て続けに浦和ゴールを脅かした。 ▽しかし、横浜FMが良い時間帯に得点を奪えずにいると、前半終了間際に痛いしっぺ返しを食らう。43分、ボックス手前左からの浦和ボールのFKの場面で、ボールがボックス手前中央の宇賀神にこぼれる。宇賀神が思い切りよく右足を振り抜くと、地を這うシュートがゴール右隅を射抜いた。 ▽前半は、横浜FMが1点のビハインドを背負ったところで終了。リードしている浦和は、ハーフタイム中にマルティノスに代えて荻原を投入し、守備面での改善を図って後半を迎えた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽しかし、前からのプレス強度が下がった浦和は再び横浜FMにチャンスを作られ始める。53分に左CKからの流れで仲川がボックス内からボレーシュートを放てば、58分にもボックス手前でボールを受けた仲川のシュートが浦和ゴールを襲う。どちらもGK西川に阻まれたが、横浜FMがボールを持つ時間が長くなり始める。 ▽押し切りたい横浜FMは65分に大津に代えて、ウーゴ・ヴィエイラを投入。すると、この采配が的中する。69分、天野のスルーパスに抜け出した遠藤が、左サイドからボックス内中央に折り返す。1トラップしたウーゴ・ヴィエイラが細かいドリブルで対面のDFマウリシオの体勢を崩し、起用に応える得点を沈めた。この得点は、ウーゴ・ヴィエイラにとっての今シーズン10点目となっている。 ▽しかし、79分に浦和が横浜FMのハイライン戦術を逆手に取るようにして流れを引き戻す。センターサークル付近でボールを持った青木が、ロングフィードを供給。うまく抜け出してボックス内でGK飯倉との一対一を迎えた武藤が、ゴール右に流し込んで勝ち越し弾とした。また、この日誕生日の青木がバースデーアシストを記録した。 ▽もう一度スコアを振り出しに戻したい横浜FMは、試合終了間際にウーゴ・ビエイラがボックス手前中央から独力で抜け出してシュートを放つなど攻勢をかけたが、これ以上ネットを揺らすことはできず。2-1のスコアのまま試合が終了した。 ▽この結果、横浜FMは勝ち点26で15位・サガン鳥栖、そして入れ替えプレーオフ圏の16位・柏レイソルと並ぶ事態に。対する浦和は、4試合ぶりの白星で9位に浮上した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.16 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

日本代表デビューから2日…横浜FMのMF天野純が入籍

▽横浜F・マリノスは14日、日本代表MF天野純(27)が13日に入籍したことを発表した。 ▽天野は、クラブ公式サイトで以下のように報告している。 「私事ではありますが、このたび9月13日に入籍いたしました。奥さんに、これからもカッコイイ姿をみらせれるように日々努力し、サッカーと向き合っていきたいと思います。これからもよろしくお願いします」 ▽横浜MF下部組織出身の天野は、順天堂大学に進学後、2014年に横浜FMに入団。今シーズンはここまで公式戦30試合5ゴール6アシストを記録している。また、今月2日にキリンチャレンジカップに臨む日本代表に追加招集されると、11日に行われたコスタリカ代表戦で代表デビューを飾った。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.14 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

伊藤翔の公式戦3連続複数得点でG大阪圧倒の横浜FMが準決勝進出! 決勝進出を懸けて鹿島との名門対決《YBCルヴァンカップ》

▽2018Jリーグ YBC ルヴァンカップのプライムステージ準々決勝第2戦の横浜F・マリノスvsガンバ大阪が9日に日産スタジアムで行われ、ホームの横浜FMが3-1で快勝した。この結果、2戦合計7-1とした横浜FMの準決勝進出が決定した。 ▽5日に行われたG大阪ホームの第1戦では主力を起用したアウェイの横浜FMが伊藤の2ゴールの活躍などで、代表組不在で若手主体のG大阪相手に4-0のスコアで先勝した。 ▽4強進出に王手をかけた横浜FMは前回対戦から先発2人を変更。畠中とオリヴィエ・ブマルに代えてチアゴ・マルチンス、遠藤渓太を起用した。一方、奇跡の逆転突破を目指すG大阪は菅沼、野田、一美とアデミウソンの2トップを除き7選手を変更。今野、倉田、遠藤保仁とリーグ戦の主力を起用した。 ▽立ち上がりから互いに攻め合う姿勢を見せると、12分に最初のゴールが生まれる。ボックス右に抜け出した遠藤渓太がゴールライン際で折り返すと、これをニアに走り込んだ伊藤が右足で合わす。このシュートは左ポストを叩くもこぼれ球に反応した仲川が無人のゴールへ流し込み、ホームの横浜FMが先制に成功した。 ▽畳みかけるホームチームは19分、松原のスルーパスに抜け出した仲川が今野を振り切ってボックス内に侵入すると、古巣対戦のGK鈴木がやや無謀な飛び出しで仲川を倒す。これをキッカーの伊藤が冷静に決めて瞬く間に2点目を奪取した。 ▽2戦合計0-6と逆転突破は絶望的も意地を見せたいG大阪は29分に古巣対戦のアデミウソンが際どいミドルシュートを放つが、ここは相手GK飯倉の好守に遭う。前半終盤にかけてもリスクを冒した攻めに出るが、横浜FMの粘り強い守備を崩し切れない。 ▽横浜FMの2点リードで折り返した試合は、後半立ち上がりにホームチームのミスからアウェイチームにようやく1点が生まれる。52分、左サイドのタッチラインを割りそうだったボールをイッペイ・シノヅカが無理にバックパスで戻すと、一瞬動きが止まった守備陣の連係ミスを突いた一美がこのパスをカット。そのまま持ち込んでGKをかわして無人のゴールへ流し込んだ。 ▽2戦合計で初めて失点を喫したものの試合をコントロールする横浜FMはハーフタイムに仲川に代えて投入したユン・イルロクに続き65分には喜田、大津を下げてウーゴ・ヴィエイラ、中町を予定通りのタイミングで投入。一方、G大阪は今野やアデミウソンを下げて高江、中村と若手をピッチに送り出す。 ▽後半は互いに決定機が多い展開となったが両GKの奮闘によって2-1の状況が続くも、84分にはボックス手前でクリアボールに反応した伊藤が見事な左足のダイレクトシュートをゴール右隅に流し込み、公式戦3試合連続で複数得点を記録した。その後、試合終了間際にはGK飯倉との接触で胸部を強く打った中村が担架でピッチを後にするアクシデントに見舞われたものの、試合はこのまま3-1でタイムアップ。 ▽2戦合計7-1とG大阪を圧倒した横浜FMの準決勝進出が決定。なお、来月行われる準決勝の対戦相手は川崎フロンターレを破った鹿島アントラーズとなった。 2018.09.09 21:07 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF生駒仁が富山に育成型期限付き加入

▽横浜F・マリノスは7日、DF生駒仁(19)がカターレ富山に育成型期限付き移籍することを発表。期間は2019年1月31日まで。富山では背番号33を着用する。 ▽鹿児島県出身の生駒は、2018年に鹿児島城西高校から入団。今シーズンはここまで、公式戦に出場していない。 ▽生駒は、両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「横浜F・マリノスのファン、サポーターの皆さんこの度カターレ富山に期限付き移籍することになりました。選手としても人間としても成長する為に強い覚悟を持って頑張ってきます」 ◆カターレ富山 「横浜F・マリノスのから来ました生駒仁です。シーズン途中ではありますが、チームの勝利の為に全力でプレーしますので共に戦いましょう。よろしくお願いします」 2018.09.07 15:40 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース