横浜FMがポステコグルー監督の右腕・クラモフスキー氏をヘッドコーチに招へい2018.01.13 13:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは13日、ヘッドコーチにピーター・クラモフスキー氏(39)が就任することを発表した。

▽クラモフスキー氏は、UEFA、FIFAのプロライセンスを持っており、パース・グローリーやアデレード・ユナイテッドでフィットネスコーチ、メルボルン・ビクトリーではアシスタントコーチを務めていた。

▽また、U-17、U-20オーストラリア代表でアシスタントコーチを務めると、2014年から2017年まではアンジェ・ポステコグルー監督の下でA代表でもアシスタントコーチを務めていた。

コメント

関連ニュース

thumb

川崎Fへの移籍発表から1週間…齋藤学、移籍理由や横浜FMへの思いを明かす

▽横浜F・マリノスから川崎フロンターレへの移籍を決断した日本代表MFMF齋藤学が心境を明かした。 ▽横浜FMの下部組織で育ち、2008年にプロデビューを果たした齋藤は、2011年にFC愛媛へと期限付き移籍。その後横浜FMに復帰すると、2016シーズンの明治安田生命J1リーグでは33試合10ゴールを奪うなどチームの主力として活躍。昨シーズンからはジュビロ磐田に移籍した元日本代表MF中村俊輔の背番号「10」を引き継ぎキャプテンとしても任命されていた。 ▽しかし、齊藤は昨年9月に右ヒザ前十字じん帯を損傷。全治8カ月と発表されており、昨シーズンは明治安田生命J1リーグ25試合1ゴール、YBCルヴァンカップ2試合、天皇杯2試合2ゴールという成績にとどまった。現在はまだ完治していない中、今月12日に同選手の川崎Fへの完全移籍が発表された。 ▽驚きの移籍発表から1週間が経過した19日、齋藤学は自身のインスタグラム(manabu011)を更新。移籍を決断した理由や経緯を説明し、8歳から過ごしてきた横浜F・マリノスへの思いをつづった。 「僕はサッカーが好きで、プロの選手として成長したくて、純粋にその想いに駆られ今回、この道を選ぶことにしました」 「居心地の良いところにいるよりも新しいところに行く怖さ。正直、不安はあるし、緊張するし。それでもここまで叩かれて、戻る場所を無くすことになってまでも、挑戦すると決めました」 「みんなで一丸となって勝利した試合があった。悔しい思いをした試合もあった。あらゆることを「マリノス」で得て、学んだ。だからこそ、自分自身こうして移籍するなんて1つも想ってなかったです」 「でも、自分の成長のためにマリノスを離れる決断をしました。マリノスでも成長出来るだろ? そう思う方がいるのもわかります。でも僕の中では、サッカー選手としてこれまで積み上げてきたものやチーム内での立場、ここで一度リセットして、いちから始めることがさらなる成長に繋がると、悩み抜いた上に判断しました」 「そして、これだけは言えます。10番もキャプテンも中途半端な気持ちで背負っていません。日々その重みを感じながら、怪我する前はピッチで、怪我してからもピッチ外で、マリノスがどうすれば良いチームになるか自分なりに考え行動してきました」 「僕はマリノスが大好きです。だって、自分の全てが、詰まった、8歳から過ごしてきたクラブですよ。 「屑、死ね、裏切り者、怪我治るな」など何を言われてもしょうがない。そう思っていましたが、ひとつだけ言わせてもらいたい。今までマリノスの選手として闘ってきたことこれだけは否定されたくない」 「たくさんの人を失望させ傷つけてしまって、すみません。叱咤激励の投稿、コメント、ほぼ読ませていただきました。こんな中でも応援してくれている人がいること、どんなに嬉しかったか。ありがとうございました」 「最後に、横浜F・マリノスに関わる全ての皆さん、今まで本当にありがとうございました。長い間、お世話になりました」 「そして、川崎フロンターレの皆さん、お世話になります。誠心誠意 全力を尽くしてプレーします! よろしくお願いします」 2018.01.20 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FM、カイケのブラジルへの期限付き移籍を発表

▽横浜F・マリノスは18日、ブラジル人FWカイケ(29)が2018シーズンにECバイア(ブラジル)に期限付き移籍することを発表した。 ▽2016年3月にフラメンゴから横浜F・マリノスへと加入したカイケは2016シーズン、明治安田生命J1リーグで23試合に出場し4得点。2017年1月にはサントスへとレンタル移籍していた。ブラジルに復帰した2017シーズンは、リーグ戦26試合に出場し3ゴールを記録した。 ▽なお、カイケの新天地となるECバイアは、2017シーズンのブラジル・セリエAを12位で終えている。 2018.01.18 17:32 Thu
twitterfacebook
thumb

アタッキングフットボール展開へ! 横浜FMのポステコグルー監督が就任会見

▽横浜F・マリノスは14日の新体制発表会後、2018シーズンから指揮を執るアンジェ・ポステコグルー監督の就任発表会見を行った。 ▽同会見にはポステコグルー監督と横浜マリノス株式会社代表取締役社長の古川宏一郎氏、チーム統括本部スポーティングダイレクターのアイザック・ドル氏が登壇した。ポステコグルー監督の挨拶は新体制発表会で済ませたことにより、質疑応答のみが実施。ポステコグルー監督は、目指すサッカースタイルやJリーグでのチャレンジについて、古川宏一郎氏とアイザック・ドル氏は補強のポイントやポステコグルー監督招へいの理由について明かした。 <span style="font-weight:700;">──横浜FMでどのようなサッカーを見せたいか</span> <span style="font-weight:700;">◆アンジェ・ポステコグルー監督</span>(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fm_anje_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「私のサッカーは常に攻撃的なサッカーをしてきました。横浜FMに来たからアタッキングフットボールという訳ではなく、ここ20年間変わらない私のスタイルを見せたいです。試合に来て頂ければ分かると思います」 <span style="font-weight:700;">──MF齋藤学選手という中心選手が移籍したが今の戦力をどう捉えているか</span> 「我々としては齋藤学選手には残って欲しかったですけど、選手自身の判断もあります。1つだけ言えることは計画は何も変わらないということです。彼が残っていたとしても最初の半年間はケガによりプレーできませんし、齋藤選手が居る居ないにかかわらず、これからのプランは変わりません。今のチームで自分の落とし込み方次第で良いチームにすることができると思います」 <span style="font-weight:700;">──昨年までの横浜FMをどのように分析し、どのようなアプローチで攻撃的なチームにしていく予定か</span> 「昨年デゲネクというオーストラリア代表の選手がマリノスに居たことで1年間試合を観ることができたのはすごく良かったです。アタッキングフットボールを作る土台はある程度できていると感じています。キャンプ1日目からしっかりと落とし込めるようにチームを作っていきたいと感じています」 <span style="font-weight:700;">──チームの顔と言えるMF齋藤学が居なくなったことによる影響は</span> <span style="font-weight:700;">◆古川宏一郎 代表取締役社長</span>(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fm_furukawa_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「今日の新体制発表会という形で今シーズンどのようなメンバーでどのように戦っていくかというお話をさせて頂いたばかりですけど、監督やスポーティングダイレクターのアイザックが説明したことに共感して頂いたファンの方々を観て今年このメンバーで頑張っていけると思っています」 <span style="font-weight:700;">──補強のポイントについて</span> <span style="font-weight:700;">◆アイザック・ドル スポーティングダイレクター</span>(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fm_izac_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「今月だけでなく、去年から1番のプライオリティを考えました。齋藤学はケガがあり、今シーズンは半年間プレーすることができない状態で今回の補強を敢行しました。同じポジションに2人の選手を持ち、レギュラー争いをしながらやっていくことを考えて、若い選手だけでなく国際経験のある選手も獲得しました。1月末までまだ時間があるので、新しい選手の獲得も含めてチームがレベルアップさせることを考えています」 <span style="font-weight:700;">──ポステコグルー監督がここまで分析してきた中で新しく補強したいポジションはあるか</span> ポステコグルー監督「今アイザックから話があったようにあと1枠というところでもう1人できれば攻撃的な選手が欲しいです。チームに違いを見出せる選手が見つかり、選手としても人としてもプラスになるのであればそういう選手は獲得したいと思っています」 <span style="font-weight:700;">──昨年を見て土台はできていると言ったが、その中で1番変えなくてはいけないポイントは</span> ポステコグルー監督「リーグ戦で5位、天皇杯でも準優勝したことで土台はあると思います。1つのポイントだけでなく選手に自信を持ってプレーさせることを心がけるようにキャンプの初日からそのような雰囲気があるチームにしていきたいです。それができれば、自ずと攻撃的なチームになると信じています」 <span style="font-weight:700;">──オーストラリア代表のようなボールを握るサッカーを展開するか</span> ポステコグルー監督「もちろん攻撃的な部分ではやはりボールを持っていないとダメだと思います。相手を圧倒するようなチームにするにはボールを持つことの大切さだということは変わりません」 <span style="font-weight:700;">──ポゼッションで鍵を握りそうな選手は</span> ポステコグルー監督「ただ1人というわけではなく、グループ・チームとして全員が自信を持ってプレーできる環境を作っていきたいです。今現時点でこの選手が鍵になるというのは特にありません。そういうメンタリティから少しずつ変えていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──ポステコグルー監督を招へいした理由は</span> アイザック・ドル氏「ロングリストとショートリストがありました。その中でディスカッションして、マネジメントを1番に考えました。あとは日本のサッカー、日本の文化、横浜F・マリノスの特徴を理解しているかです」 古川宏一郎氏「若い選手が多いということで監督として求めることにコーチング・マネジメントを軸にインタビューを重ねてきました。私自身、この監督と働きたいと思いました」 「彼の私への最初の質問が『優勝を目指しますか?』という質問でした。彼はここ数年オーストラリア代表の監督をしていたので、選手を招集してキャンプをして、チームが解散してというサイクルを送ってきました」 「彼は毎日選手と練習をして、毎週の試合に備えてというサイクルに早く戻りたいと言いました。そしてそのサイクルの中で優勝を目指していきたいという勝利の飢えみたいなものを感じ、若い選手を育てて次のステージにつなげて行ってくれるだろうと確信し、この人にしようと決めました」 <span style="font-weight:700;">──Jリーグ全体の印象は</span> ポステコグルー監督「アジアの中で、組織的にもリーグの強さでもトップレベルだと感じています。非常に難しいリーグだと思います。ただ、先ほどの新体制発表会でも言った通り、我々自身勝てると信じてチームを作っていく中で、他のチームはどのチームであろうとリスペクトしながら戦っていくことに変わりはありません」 <span style="font-weight:700;">──オーストラリア代表監督を辞めて、横浜F・マリノスに決めた理由について</span> ポステコグルー監督「監督としても人としても成長したい、挑戦したいというのが常にありました。オーストラリア代表で4年間過ごした時間の中で、アジアカップを制したり、ワールドカップ出場を決めたことなど良い思い出ばかりです。その中でこのようなチャレンジをこのようなタイミングで来るとは思っていませんでした」 「日本の文化を学びながら、いろいろやっていかなくてはいけません。このチャレンジを非常に楽しみにしています。オーストラリアの方たちみんながこの質問の答えを聞きたいとは思いますけど、具体的な理由というよりは新しいチャレンジをしたいというのが気持ちです」 ▽ポステコグルー氏はこれまでオーストラリアのサウス・メルボルンやブリスベン・ロアーなどで指揮。ブリスベン・ロアー時代には、2011年にAリーグプレミアシップ優勝へと導き、Aリーグチャンピオンシップでは同年から連覇を達成した。2013年からはオーストラリア代表を率い、2015年のアジアカップで同国史上初の優勝に導いた。しかし、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループBを3位。最終的に本大会行きを決めたが、11月21日に辞任していた。 2018.01.14 23:50 Sun
twitterfacebook
thumb

履正社高校から入団のFW町野修斗、前線の多きライバルにも「勝負強さは負けない」

▽横浜F・マリノスは14日に新体制発表会を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。 ▽履正社高校から入団したFW町野修斗が会見終了後、メディア陣による囲み取材に応対。自身の持ち味に名前でもあるシュートを挙げ、勝負強さで負けないと強気な姿勢を見せた。 <span style="font-weight:700;">◆FW町野修斗</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">──今日の日を迎えて</span> 「前日から緊張していました。乗り越えられました」 <span style="font-weight:700;">──結構緊張するタイプか</span> 「こういう場は慣れていないので、緊張しますね」 <span style="font-weight:700;">──自身のプレースタイルは</span> 「持ち味は名前にもあるシュートです。足元の技術にも自信はあるので、中盤の作りにも参加して最後はゴール前で仕事ができる選手になりたいです」 <span style="font-weight:700;">──選手権出場を逃してそこから高めようと取り組んできたことは</span> 「もう1度武器でもあるシュートを練習して決定力をもっと上げられるように取り組んできました。心を整理してプロという舞台で活躍できるように1からやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──前線でのライバルは多いと思うが、自身が勝っていると思う部分は</span> 「勝負強さを持っているとは思っています。肝心な時に今まで決めてこれたので、プロの世界はもっと厳しいですけど、勝負強さは負けないと思います。足りない部分として、90分フルに戦えるかと聞かれるとまだまだ厳しいと思うので1試合通して戦えるようになりたいです」 <span style="font-weight:700;">──横浜FMへの入団を決断した理由は</span> 「試合にも遠いところから足を運んで頂いて、自分に期待してくれているなというのを感じました」 「キャンプで練習参加した時に喜田(拓也)選手から一緒にやろうと言ってくれて嬉しかったですし、僕も一緒にやりたいと思いました」 2018.01.14 23:48 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿児島城西高校から加入のDF生駒仁、横浜FM加入の理由に「一番は中澤佑二選手の存在」

▽横浜F・マリノスは14日に新体制発表会を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。 ▽鹿児島城西高校から加入したDF生駒仁が会見終了後、メディア陣による囲み取材に応対。横浜FMを選んだ理由に元日本代表DF中澤佑二の存在を挙げた。 <span style="font-weight:700;">◆DF生駒仁</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">──今の率直な気持ちは</span> 「すごく緊張しましたし、いよいよ始まるなという気持ちです」 <span style="font-weight:700;">──進路を決めるに当たって横浜FMを選んだ理由は</span> 「一番は中澤佑二選手の存在が大きいです。サッカーの面でももちろんですけど、サッカーに対する体のケアも含めて見習えば成長できると思ったのでこのクラブに決めました」 <span style="font-weight:700;">──自身のプレースタイルは</span> 「ヘディングとロングフィードが得意だと思っています」 <span style="font-weight:700;">──選手権出場を逃してからここまで取り組んできたことは</span> 「プロの舞台で活躍するにはまず体を作らなくてはいけないので、筋力トレーニングをしてきました」 <span style="font-weight:700;">──同期には同じポジションの西山大雅がいるが</span> 「自分が初めて代表に入った時に共にプレーして、自分には持っていないものをたくさん持っていました。自分もマリノスに入ると決めた時から彼と同じポジションですし、意識して負けたくないなという気持ちがあります」 2018.01.14 23:45 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース