横浜FMがポステコグルー監督の右腕・クラモフスキー氏をヘッドコーチに招へい2018.01.13 13:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは13日、ヘッドコーチにピーター・クラモフスキー氏(39)が就任することを発表した。

▽クラモフスキー氏は、UEFA、FIFAのプロライセンスを持っており、パース・グローリーやアデレード・ユナイテッドでフィットネスコーチ、メルボルン・ビクトリーではアシスタントコーチを務めていた。

▽また、U-17、U-20オーストラリア代表でアシスタントコーチを務めると、2014年から2017年まではアンジェ・ポステコグルー監督の下でA代表でもアシスタントコーチを務めていた。

コメント

関連ニュース

thumb

天皇杯決勝再現カードは痛み分け…横浜FM逃げ切り失敗、C大阪は柿谷弾で敗戦回避《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第1節のセレッソ大阪vs横浜F・マリノスが25日にヤンマースタジアム長居で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽天皇杯決勝の再現カードとなる一戦。FUJI XEROX SUPER CUPで川崎フロンターレを下し、更にはAFCチャンピオンズリーグでは1勝1分けと快調な出だしを切ったC大阪は、[4-4-2]のフォーメーションを採用した。GKにキム・ジンヒョン、守備には右から松田、マテイ・ヨニッチ、木本、丸橋。山口と福満がボランチを務め、サイドは右に水沼、左に山村が張る。そして、2トップは柿谷と杉本という布陣になった。 ▽一方の横浜FMは、新たにアンジェ・ポステコグルー監督を指揮官に据え、新たなスタイル構築を目指す。フォーメーションは[4-3-3]。GK飯倉に、ディフェンスラインは右から松原、中澤、ミロシュ・デゲネク、山中。中盤では喜田をアンカーに、中町と天野がインサイドハーフに。3トップは右に遠藤、左にユン・イルロク、センターにウーゴ・ヴィエイラを起用した。 ▽試合は序盤からラインを高く保つ横浜FMが押し込む展開となる。4分、相手陣内でユン・イルロクがボールを奪うと、最後は中町がミドルシュートでGKを強襲。対してC大阪は6分に華麗なパス回しから柿谷がネットを揺らすも、オフサイドを取られゴールは認められず。 ▽ヒヤリとする場面だったが、横浜FMは冷静にポゼッションサッカーを展開。サイド攻撃を中心に攻撃を組み立てる。すると17分、右サイドの組み立てから、最後は左サイドの山中がボックス手前からミドルシュートを突き刺し、横浜FMが先制した。 ▽ホームで先制点を奪われたC大阪は21分に、味方のスルーパスに抜け出した山口がシュートを狙うが、GK飯倉が足に当ててゴールを守る。 ▽一進一退の攻防が続く中、横浜FMは35分にボックス外のゴール正面の位置でFKを獲得。天野が左足で狙ったシュートはクロスバーを直撃しゴールとはならなかった。 ▽細かくパスを繋ぐ横浜FMだが、前半アディショナルタイムには中澤の横パスを柿谷に奪われあわやと言う場面に。GK飯倉がタイミングよく距離を詰めたことで事なきを得たが、前半はそういったパスミスが少なくなかった。 ▽横浜FMの1点リードで迎えた後半、まずはアウェイチームがチャンスを作る。49分、左サイドを山中が突破。クロスを丁寧に繋ぎ最後は遠藤がシュートを放つも枠の左上へ外れた。その直後にはC大阪にも好機が訪れる。相手のパスを自陣で奪った杉本がドリブルでボックス内へ侵攻。味方のサポートもあったものの、単騎突破を選択。だがシュートは打てなかった。さらに56分には、福満から柿谷、柿谷から杉本と繋いでシュートまで運ぶが、枠を捉えられず。 ▽ピンチを脱した横浜FMは62分、右サイドを抜け出した中町のクロスを天野が合わせるが相手に当たってしまう。その後はC大阪にやや流れを渡しかけた横浜FMだが、71分に自陣でボールを奪いカウンターを発動。中町から遠藤に渡り、遠藤はボックス外右からミドルシュート。GKが弾いたところにユン・イルロクが詰めるがDFにクリアされる。 ▽さらに74分にも再びカウンターからウーゴ・ヴィエイラが狙うがゴールならず。80分には、遠藤に代わって入ったイッペイ・シノヅカがドリブルシュートで存在感を示す。 ▽横浜FMがペースを握り、このまま終わるかに思われた86分、中澤が相手のクロスをクリアミス。ボールを拾った柿谷がゴールに流しこみC大阪が追いついた。 ▽その後、両チームとも残りの交代枠を攻撃に費やしたものの、それ以降ゴールは生まれず1-1のドロー。開幕節屈指の好カードは痛み分けに終わった。 2018.02.25 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 2月25日は、横浜FMの魂! ブラジルで下積み時代を過ごした鉄人

◆中澤佑二 【Profile】 国籍: 日本 誕生日:1978/2/25 クラブ:横浜F・マリノス ポジション:DF 身長:187㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、2月25日は元日本代表DF中澤佑二だ。 ▽1999年にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)でプロキャリアをスタートさせた中澤だが、それまでの下積み時代が長かった。小学6年生の時にサッカーを始めた中澤は、高校卒業後はJクラブからのオファーを貰うため、ブラジルにサッカー留学。だが、帰国してもどのクラブからも声は届かず、母校のサッカー部で練習を積んでいたという。 ▽1998年に練習生としてヴェルディ川崎に入団すると、翌年にプロ契約を結び1年目からレギュラーを獲得。新人王にも輝いた。2002年から現在に至るまで横浜FMで活躍。2003年と2004年の連覇に貢献すると、2004年にはJリーグMVPを獲得。長らく横浜FMを支え続ける“ボンバー”は昨シーズン、フィールドプレイヤーとして歴代1位の140試合連続フル出場を記録した。 ▽代表では歴代4位の110試合に出場。2010年のワールドカップでは2大会ぶりの決勝トーナメント進出に貢献した。 ▽現在39歳の中澤。40歳を迎える今季限りでの引退を以前から明らかにしているが、果たして…。 ※誕生日が同じ主な著名人 ダニエル・パウター(歌手) フィフィ(タレント) パク・チソン(元サッカー選手) 八重樫東(プロボクサー) 越智志帆(歌手/Superfly) ジャンルイジ・ドンナルンマ(サッカー選手/ミラン) 最上もが(元でんぱ組.inc) 2018.02.25 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【Jリーグピックアッププレビュー】天皇杯決勝の再戦…継続か、新スタイルか《C大阪vs横浜FM》

▽25日、明治安田生命J1リーグ第1節のセレッソ大阪vs横浜F・マリノスがC大阪のホームであるヤンマースタジアム長居で行われる。今年元日に行われた天皇杯決勝と同一カードとなる。 <span style="font-weight:700;">◆悲願のリーグタイトル獲得へ~セレッソ大阪~</span> ▽昇格プレーオフを勝ち抜いてJ1に復帰した2017シーズンは、リーグ戦で躍進。リーグ戦で3位の成績を残すと、YBCルヴァンカップ、天皇杯を制し、チーム初タイトルを獲得するとともに2冠を達成した。今シーズンもFUJI XEROX SUPERCUPでリーグ王者の川崎フロンターレを下すと、AFCチャンピオンズリーグでも2試合を終えて1勝1分と好スタートを切っている。 ▽尹晶煥監督は、ここまで色々なメンバーを起用し公式戦3試合を戦ってきた。MF清武弘嗣が開幕直前に長期離脱となるエクスキューズはあるものの、アジアタイルを目指す上で補強も行なっていただけに、しっかりとチームとして戦う準備を行ってきた。痛手とはなるものの、チームに大きな戦力ダウンというイメージは生まれていないはずだ。 ▽今シーズンは悲願のリーグタイトルを目指し、開幕から良いスタートを切れるか。すでに今シーズン4試合目の公式戦となるだけに、実戦でのチームの成熟度では上回っているだろう。 <span style="font-weight:700;">◆強力な盾を武器にイニシアチブを獲れるか~横浜F・マリノス~</span> ▽オーストラリア代表を率いていたアンジェ・ポステコグルー監督を迎えた横浜FM。ここまでの実践を見ても、今までの戦い方を変えてきたことは明白だ。堅守が売りだったチームが、攻撃面でもイニシアチブを取りに行く形は、指揮官がオーストラリア代表でチャレンジしていたことと近い。 ▽「バスを止める」とも表現されるゴール前を固め、相手の攻撃を受けるスタイルだった横浜FMだが、今シーズンはハイラインを設定し、GKを含めた最終ラインからのビルドアップを標榜。サイドバック、サイドハーフ、インサイドハーフが流動的に動き、相手の選手を動かすポジションどりで試合を支配して行くスタイルが見て取れる。 ▽選手間の意思の疎通が重要であり、プレーの再現性を高くする必要があるため、シーズン序盤から結果を残すのは難しいかもしれないが、開幕戦でどのようなサッカーを披露するのか。結果に繋げて自信を持てれば、久々のタイトル獲得も見えてくるだろう。 <span style="font-weight:700;">★予想スタメン</span> <span style="font-weight:700;">◆セレッソ大阪</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180224_33_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、山下達也、丸橋祐介 MF:水沼宏太、山口蛍、ソウザ、高木俊幸 FW:杉本健勇、柿谷曜一朗 監督:尹晶煥 ▽大きな選手の入れ替えもなかった今シーズンのC大阪は、昨シーズン同様に[4-4-2]の布陣を敷いてくるだろう。前述の通り長期離脱となった清武が欠場。代わりに、浦和レッズから加入したFW高木俊幸が左サイドに入ると予想する。直近のACL・広州恒大戦では、FWヤン・ドンヒョン、MF山村和也が2トップを形成したが、開幕戦ではFW杉本健勇、FW柿谷曜一朗が揃って2トップを組むだろう。 <span style="font-weight:700;">◆横浜F・マリノス</span>[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180224_33_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:中町公祐、喜田拓也、天野純 FW:遠藤渓太、ウーゴ・ヴィエイラ、ユン・イルロク 監督:アンジェ・ポステコグルー ▽前任のエリク・モンバエルツ監督が採用していた[4-2-3-1]から、今シーズンは[4-3-3]に並びを変更すると見られる横浜FM。こちらも大きなメンバー変更はなく、昨シーズンの主力選手が起用されるだろう。変更点は、新加入の韓国代表FWユン・イルロクのみ。左ウイングに配置され、サイドからの仕掛け、中央へ切れ込んでのシュートなど、攻撃の幅を広げることができるだろう。アンカーにはMF喜田拓也を配置し、MF中町公祐とMF天野純が攻撃のタクトを振るうとみる。 <span style="font-weight:700;">★注目選手</span> <span style="font-weight:700;">◆FW杉本健勇(セレッソ大阪)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180225_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽開幕戦の注目選手はFW杉本健勇だ。昨シーズンは、最終節で川崎FのFW小林悠に得点王を奪われた。悔しい思いもした中、自身は日本代表にも定着。6月のロシア・ワールドカップ出場を目指すには、今シーズンも結果を残すことが不可欠だ。チームのタイトル、自身の得点王、日本代表選出と多くのものを掴むには、開幕戦からのゴール奪取に期待が懸かる。 <span style="font-weight:700;">◆DF中澤佑二(横浜F・マリノス)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180225_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽横浜FMの注目選手はDF中澤佑二だ。攻撃面で違いを生み出せる選手たちにも注目したいが、今シーズンの横浜FMの成功にはベテランDFの働きが不可欠となる。試合当日に40歳を迎える中澤は、構えて守るだけでなく、今シーズンは攻撃の起点になることも期待される。高いライン設定をすることで、攻撃面ではビルドアップが重視され、パスを裁くこと、前線へのフィードも必要となる。開幕戦でどのようなプレーをするのか。フィールドプレーヤーとして初のJ1通算600試合出場もかかるシーズンだけに、開幕から良いプレーを見せてもらいたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆天皇杯決勝以来の対決</span> ▽両チームの対戦は、2018年1月1日の天皇杯決勝以来となる。90分を終えて1-1、延長戦でC大阪が制した対決だが、互いにこの一戦で結果を残して新シーズンの良いスタートを切りたいところだ。 ▽C大阪は前述の通り、今シーズンの公式戦で3戦無敗。リーグ開幕戦でも勝利し、まだ獲得していないリーグタイトルに向けての好スタートを切りたいところだ。ハードワークと規律は今シーズンも健在で、新たなスタイルを構築中の横浜FMに対して、完成度の高さで上回りたいところだ。 ▽対する横浜FMは、昨シーズンのC大阪戦は4戦4敗。悔しい思いを続けているだけに、心機一転、勝利を収めて良いイメージを持ちたいはずだ。ハイラインの裏を使われる展開が予想されるが、中盤のプレス、両サイドの2レーンを使ったサイド攻撃がC大阪相手に機能すれば、攻撃でイニシアチブを握ることができるだろう。 2018.02.24 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMユースのMF椿直起が3シーズン連続で2種登録! 昨年8月にはマンチェスター・シティに短期研修

▽横浜F・マリノスは22日、ユース所属のMF椿直起(17)の2種登録を発表した。背番号は40番に決定している。 ▽横河武蔵野FCから横浜FMユースに加入した椿は、2016年から2種登録選手としてトップチームに在籍。2017年8月には同僚のFW棚橋尭士と共にマンチェスター・シティへの短期研修に参加し、同年10月にはU-17日本代表としてインドで開催されたU-17ワールドカップにも出場していた。 2018.02.22 11:38 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】ポステコグルーの戦術をどこまで体現できるか、トリコロールが5年ぶりのACL出場権を狙う《横浜F・マリノス》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第8弾は横浜F・マリノスを紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆昨季の堅守にどこまでポステコグルー色を組み込めるか</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ACL出場権争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_marinos_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンは終盤に取りこぼしが目立ち、最終的に5位に終わった横浜FM。試行錯誤の末に見えた形は、確かな土壌となって新シーズンに光を照らした。しかし、その土壌を作り上げたエリク・モンバエルツ前監督が退任し、オーストラリア代表を史上初のアジアカップ制覇に導いた実績を持つアンジェ・ポステコグルー監督が就任した。 ▽戦力にも変化が起きている。攻撃の中心を担っていたMF齋藤学を放出した一方で、経験豊富なFW大津祐樹や、韓国代表FWユン・イルロクらを獲得した。「攻撃的なサッカーを目指す」と宣言したオーストラリア人指揮官が望む補強を着々と進めた。 ▽昨シーズン、前半戦でリーグ最少失点を誇った主力メンバーは軒並み契約延長。モンバエルツ前監督が培った土壌に、ポステコグルー色を出した攻撃の種を植え、上手く成長させることができれば、ACL出場権、はたまたタイトルという花を咲かせる可能性も見えてくる。 <span style="font-weight:700;">◆攻撃陣は充実の補強も守備に不安残る</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:B】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_marinos_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今回のストーブリーグでは、攻撃的サッカーを指向するポステコグルー監督の下、アタッカーの獲得に重きを置いた補強となった。大津やユン・イルロクといった実力者を新たに迎えたほか、アビスパ福岡からFW仲川輝人、レノファ山口からFW和田昌士をレンタルバック。獲得した9選手のうち、5人がFWという陣容となった。 ▽一方で、浦和レッズに完全移籍したMFマルティノスや柏レイソルに完全移籍したDFパク・ジョンスの後釜となり得る即戦力の獲得は達成できていない。「まだ外国人枠が1つ空いている。できれば、そこは埋めたい」とポステコグルー監督が語るように、残り1カ月半の移籍期間で、どこまで補強できるかが2018シーズンを戦う上でカギとなってくるに違いない。<hr>【IN】 DF西山大雅(18)←横浜F・マリノスユース/昇格 MF生駒仁(18)←鹿児島城西高校/新加入 MF堀研太(18)←横浜F・マリノスユース/昇格 MF山田康太(18)←横浜F・マリノスユース/昇格 FW町野修斗(18)←履正社高校/新加入 FWユン・イルロク(25)←FCソウル(韓国)/完全 FW大津祐樹(27)←柏レイソル/完全 FW仲川輝人(25)←アビスパ福岡/期限付き復帰 FW和田昌士(20)←レノファ山口FC/期限付き復帰 【OUT】 GK田口潤人(21)→アルビレックス新潟/完全 DFパク・ジョンス(23)→柏レイソル/完全 MF中島賢星(21)→FC岐阜/契約満了 MFマルティノス(26)→浦和レッズ/完全 FW齋藤学(27)→川崎フロンターレ/完全 FW富樫敬真(24)→FC東京/期限付き<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_marinos_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>FWユン・イルロク(25) 2017シーズン(韓国1部) 30試合出場4得点<hr>▽新加入の韓国代表FWユン・イルロクは、齋藤に似たタイプのウインガーだ。左サイドからカットインし、得意の右足で攻撃の起点になれる点、味方とのコンビネーションでチャンスに繋げられる点は、ポステコグルー監督の言う「違いが生み出せる選手」として大いに期待できる。 ▽昨シーズンはFCソウルでリーグ戦30試合に出場し4得点11アシストを記録。チームが挙げた得点のおよそ4割に絡んでいるというデータもあり、新シーズンは韓国代表FWが攻撃のカギを握るかもしれない。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_marinos_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:ダビド・バブンスキー、喜田拓也、天野純 FW:イッペイ・シノヅカ、ウーゴ・ヴィエイラ、ユン・イルロク<hr>▽ポステコグルー監督が望む攻撃的サッカーから予想するに、キャンプで起用された[4-3-3]を基盤に考えていいだろう。バックラインは昨シーズンから固定。横浜FMで16年目を迎えるキャプテン・中澤佑二を筆頭にミロシュ・デゲネクや松原健、山中亮輔が、昨シーズン前半のような強固なディフェンスを築く。 ▽予想が難しいのは前線だが、ワントップは昨季10ゴールのウーゴ・ヴィエイラと予想。FW伊藤翔や大津も候補だが、伊藤は決定力で劣り、大津はプレシーズンでケガを負ってしまった。齋藤が抜けた左ウイングにはユン・イルロク、右ウイングにはキャンプで調子が良かったイッペイ・シノヅカが入る。監督の掲げるポゼッションサッカーにおいて、インサイドハーフは1つのカギとなるが、昨シーズン、トップ下へのポジションチェンジで真価を発揮した天野純とダビド・バブンスキーが最有力だ。 ▽17日に行われたFC東京とのプレシーズンマッチを見ても、ハイラインを敷き、両サイドを使った攻撃を仕掛け、ポゼッションでは上回っていた。オーストラリア代表がワールドカップ予選で見せていた形、また5レーンを形成してサイドに厚みを持たせ、インサイドハーフが高い位置で攻撃に関わることが完成形と予想される。昨シーズンからの戦術的な切り替えにどれだけ早く対応できるかに注目が集まる。 2018.02.19 19:40 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース