怪物ロナウド、ネイマールのPSG移籍をバッサリ2018.01.13 09:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現役時代に唯一無比のフィニッシャーとして名を轟かせた元ブラジル代表FWのロナウド氏が同代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍を「後退」と語った。

▽ネイマールは昨夏、史上最高額となる移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)でバルセロナからPSGに完全移籍。この驚きの移籍劇は、多くの注目を集めた。

▽この件について、怪物は自身が決断した当時の史上最高額となる移籍金での移籍を例に挙げ、後輩のフランス行きに懐疑的な見解を示している。イギリス『FourFourTwo』が報じた。

「スポーツ面からみても、あの決断はステップダウンだね」

「だが、挑戦というものはそれぞれだ」

「私は現役時代にバルセロナからインテルに移籍した。だが、あの当時のセリエAは、より競争力のあるリーグだったからね」

コメント

関連ニュース

thumb

インテル幹部がパストーレ代理人とディナー…交渉に前進あり?

▽インテルがパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(28)の代理人と接触した。イタリア『スカイ』などが伝えている。 ▽報道によると、インテルのスポーツ・ディレクターを務めるピエロ・アウジリオ氏はミラノ市内でパストーレの代理人であるマルセロ・シモニアン氏と接触。夕食をともにしたという。 ▽具体的な話は当然分からないが、パストーレの話題が出なかったとはまず考えられないと同メディアは指摘。難しい取引になりそうだが、新しい動きがあるのかもしれない。 ▽昨年夏にブラジル代表FWネイマールとフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得を実現させたPSGは、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)も考慮して人員整理を進めたい考えだと言われていた。 2018.01.16 23:50 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドとネイマールのトレード話は「馬鹿げている」…元レアル会長が報道を一蹴

13日に行われたビジャレアル戦に敗れた後、スペインのラジオ番組『エル・ラグエロ』はレアル・マドリーに対し、クリスティアーノ・ロナウドとネイマールをトレードすべきだと提案した。これに対し、元レアル・マドリー会長のラモン・カルデロン氏は、トレード話でレアルの不調を誤魔化そうとするのは馬鹿げた手法だと反論している。<br><br>ロナウドとネイマールのトレード話は、2017年の終わり頃から囁かれはじめ、年が明けてもなお続いている。この状況に、カルデロン氏は自身のTwitterで報道を一蹴した。<br><br>「クリスティアーノとネイマールのトレード話を蒸し返すことによって、レアルファンの注目をチームの不調から逸らすのは馬鹿げた手法だ。選手たちに悪い影響を与えるだけだ。改善しなければいけない点はあるが、特定の選手に現状打破を託すのは賢いやり方ではない」<br><br>レアルは、クラブ・ワールドカップで優勝を果たしたものの、5-0で大勝した昨年12月のセビージャ戦を最後に、リーグ戦3試合未勝利。首位バルセロナとは、1試合未消化ながらすでに19ポイント差をつけられている。<br><br>またここまで、ネイマールは今シーズン11ゴール10アシストと絶好調なのに対して、ロナウドは4ゴール2アシストと対照的な成績になっている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.16 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、やはりネイマール獲得のためレジェンドのC・ロナウドを放出か

▽レアル・マドリーは、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(25)獲得に向けて手を尽くすようだ。スペイン『カデナ・セール』が報じた。 ▽レアル・マドリーは、かねてからネイマール獲得の噂が上がっているが、今回の報道によれば、クラブのレジェンドであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)をオペレーションに含める意向だという。レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はネイマールの獲得に固執しており、PSGを納得させるためにC・ロナウド譲渡を厭わない構えだという。 ▽なお、レアル・マドリーは、シーズン後のロシア・ワールドカップが終了次第、獲得オペレーションをスタートさせるとみられている。2009年の夏にレアル・マドリーに加入以降、ゴールを量産し続けてクラブ史上最多得点者にもなったレジェンドは、屈辱的な形で売却されることになるのだろうか。 2018.01.15 12:36 Mon
twitterfacebook
thumb

「パリでの物語は終わり」 ルーカス・モウラ、プレミア移籍希望を明らかに

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表MFルーカス・モウラ(25)が今冬の移籍希望を明らかにした。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽若くして将来を嘱望されるアタッカーとして名を轟かせたルーカス・モウラは、2012年夏にサンパウロからPSGに移籍。着実に結果を残していたが、今シーズンはFWネイマールとFWキリアン・ムバッペといった有力タレントの加入に伴い、ここまでリーグ・アン5試合の出場機会と出番が減り、移籍の可能性が取り沙汰されている。 ▽渦中のルーカス・モウラは14日に行われたリーグ・アン第20節のナント戦後(1-0でPSGが勝利)、フランス『Le Parisien』で去就について語り、今冬の移籍とプレミアリーグへの憧れを口にした。 「パリにとどまる可能性? そうは考えてない」 「パリでの僕の物語は終わりだ。僕はイングランドのフットボールが好きだ。世界でも最高峰のリーグの1つだよ」 ▽なお、そのルーカス・モウラを巡っては現在、マンチェスター・ユナイテッド行きの可能性が伝えられてきた。しかし、ユナイテッドはタイプこそ違うものの、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)の獲得に迫っているとみられている。 2018.01.15 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGがディ・マリア弾で新年初戦を勝利で飾る《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、リーグ・アン第20節でナントと対戦し、1-0で勝利した。 ▽2018年初開催となったリーグ・アン。首位を走るPSG(勝ち点50)にとっても新年初試合となる中、5位につけるナント(勝ち点33)と対戦。現在リーグ戦3連勝中のPSGは、前節のカーン戦からスタメンを大幅に変更。GKアレオラに、守備ラインにはマルキーニョスや、ダニエウ・アウベスが並び、中盤にヴェッラッティ、ラビオら、そして前線にはカバーニ、ディ・マリア、ムバッペが起用された。 ▽試合は序盤から押し込むPSGが先制する。11分、カバーニがボックス手前右のムバッペにパスを送ると、ムバッペはこれをスルー。一瞬足が止まったナントDFの隙を突いてディ・マリアがボックス右からゴールに流し込んだ。 ▽幸先よく先制したPSGは、その後も支配率を高め、8割を超えるポゼッションを記録。ナントもカウンターでゴールに迫るがあと一歩のところでシュートを打てない。そんなナントにPSGは逆カウンターを発動。ラビオから前線のムバッペにパスが通ると、これを右のカバーニに展開。逆サイドから走り込んだディ・マリアにプレゼントパスを送るが、ディ・マリアはゴール目の前でふかしてしまった。 ▽PSGの1点リードで迎えた後半、まずチャンスを迎えたナントは48分、味方のクロスをジエゴ・カルロスがバックヘッド。だが、惜しくも枠を捉えることができなかった。さらに60分には、FKからサラがヘディングシュートを決めるがオフサイドの判定。ぬか喜びに終わった。 ▽後半の状況から1点では心許ないエメリ監督は、68分にカバーニを下げてムニエを投入。前線のテコ入れを図った。その後は互角の攻防が続き、試合終盤の85分にダニエウ・アウベスのクロスにムバッペが合わせるが、GKタタルサヌのファインセーブに遭いゴールには至らない。 ▽その直後には、途中出場のA・トマソン、デュボワにゴールに迫られたが、キンベンベが決死のクリア。後半アディショナルタイムにはジエゴ・カルロスが審判を故意に倒したとして2枚目のイエローカードが提示され退場に。その後間もなく試合は終了。前半のディ・マリアのゴールが決勝点となりPSGが1-0で勝利。2018年初戦を勝利で飾った。 2018.01.15 06:55 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース