柴崎先発復帰のヘタフェが不調マラガに競り勝ち2018年初勝利!《リーガエスパニョーラ》2018.01.13 06:56 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第19節、ヘタフェvsマラガが12日に行われ、ホームのヘタフェが1-0で勝利した。ヘタフェのMF柴崎岳は先発し83分までプレーした。

▽前節、アトレティコ・マドリーとのダービーに敗れた11位のヘタフェ(勝ち点23)は、19位のマラガ(勝ち点11)をホームに迎えた今節で2018年初勝利を目指す。この一戦に向けてはここまで4試合連続途中出場の柴崎が第4節のバルセロナ戦以来となる先発に復帰しトップ下に入った。

▽試合は開始直後の3分、ホームのヘタフェにいきなり決定機。ポルティージョから縦パスを受けたモリーナがDFと入れ替わってゴール前に抜け出しGKとの一対一を迎える。だが、左隅を狙ったシュートは枠の右に外れて絶好の決定機を逸する。

▽その後は堅守速攻を色濃く見せるマラガに対して、ボールを保持するヘタフェが押し込む時間が続く。ヘタフェは柴崎を起点とした足下でのショートパスや最終ラインの背後を狙う縦パスで攻め手を窺うが、なかなか決定機を作れない。

▽前半終了間際の45分には右サイドからのクロスをGKがパンチングでクリアしたボールがペナルティアーク付近の柴崎に渡る。だが、柴崎が左足で狙ったダイレクトシュートは大きく枠を外れ、前半は互いに見せ場の少ないゴールレスで終了した。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。57分にはマラガが相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのレシオが入れた浮き球のボールをヘタフェ守備の乱れに生じたアドリアン・ゴンサレスがゴール前フリーでヘディングシュート。だが、これはGKの好守に阻まれる。

▽一方、後半に入ってやや劣勢が続くヘタフェは62分に決定機。アントゥネスのフィードに反応した柴崎がボックス左ライン際で巧みなトラップからGKの股間を抜くシュート。だが、枠を外れたシュートは相手DFのクリアに遭う。

▽その後も一進一退の攻防が続く中、ヘタフェがセットプレーからゴールをこじ開ける。74分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でファーに入れたボールをアンヘルがダイレクトで折り返す。これをゴール前でフリーのカラが頭で合わせた。

▽苦しみながらも先制に成功したヘタフェは83分に柴崎を下げて守備的なセルヒオ・モラをピッチに送り出し、逃げ切り態勢に入る。そして、ここ3戦無得点が続く相手の脆弱な攻撃をきっちり跳ね返し続け1-0で勝利。柴崎先発復帰で格下マラガに競り勝ったヘタフェが2018年初勝利を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

乾&柴崎共にベンチ入りも出場機会なしで日本人対決ならず…競り勝ったヘタフェが3連勝達成!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第34節、エイバルvsヘタフェが21日にエスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアで行われ、アウェイのヘタフェが1-0で勝利した。なお、エイバルのMF乾貴士とヘタフェのMF柴崎岳は、共にベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽11位エイバル(勝ち点43)と8位ヘタフェ(勝ち点45)による中位対決にして、乾と柴崎の史上初となる日本人対決が期待された一戦。前節、4試合無得点中のエスパニョールとの不調対決を1-0で制したエイバルは待望の7試合ぶりの勝利を手にした。連勝を目指す今節は先発4人を変更。キケ・ガルシアが最前線に入った一方、前節体調不良の影響で遠征メンバー外となり、連続試合出場が24試合でストップした乾はベンチスタートとなった。 ▽一方、柴崎が2試合連続出場機会なしに終わったヘタフェは前々節でエスパニョール、前節は4位バレンシア相手に競り勝って2連勝。3連勝を目指す今節に向けては先発3人を変更。前節2ゴールも負傷のレミと出場停止のモリーナの不在でアマトとアンヘルが2トップに入り、マティアス・オリベイラが左サイドハーフで今季初先発を飾った。柴崎は引き続きベンチスタートとなった。 ▽堅守速攻を志向する両チームの一戦は立ち上がりから堅い試合展開に。互いに中盤での潰し合いが目立ち、なかなか決定機を作れない。 ▽それでも、勢いで勝るアウェイのヘタフェがワンチャンスを生かして先制に成功する。23分、右サイドのファイルが精度の高いクロスを入れると、ファーサイドに走り込んでいたマティアス・オリベイラが頭でファーポストに流し込み、今季初出場で初ゴールと見事に指揮官の起用に応えた。 ▽一方、先制点を許したエイバルも35分に決定機。ボックス手前右でパスを受けたペドロ・レオンが強烈な左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKグアイタのビッグセーブに阻まれた。 ▽結局、ヘタフェの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。ビハインドを追うエイバルはハーフタイム明けにキケ・ガルシアを下げてシャルレスを投入。一方、ヘタフェは立ち上がりの50分にアクシデント。裏へのボールに反応したアンヘルがGKドミトロビッチと交錯した際に相手の肘を顔面にもらってしまう。この接触で脳震とうを起こしたアンヘルの状況にすぐに気が付いたドミトロビッチがキーパーグローブを外して気道確保を行う場面もあったが、アンヘルは無事にプレーに復帰した。 ▽その後も前半同様のクローズな試合展開が続く中、両チームのベンチは選手交代で流れを変えにかかる。エイバルはホルダン、アレホと75分までに交代枠を使い切るも乾に出番は訪れず。対して逃げ切りを図るヘタフェはバッリ、モリネーロ、アントゥネスと守備的な選手を続けて投入し、乾同様に柴崎にも出場機会は訪れなかった。 ▽そして、前半以上にゴールチャンスの少ない一戦はこのままタイムアップ。史上初の日本人対決はまたしてもならずも、競り勝ったヘタフェが3連勝でEL出場権獲得に望みをつないだ。 2018.04.21 22:12 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第34節プレビュー】乾vs柴崎の日本人対決なるか!

▽今週ミッドウィークに行われた第33節では首位のバルセロナ(勝ち点83)と、3位のレアル・マドリー(勝ち点68)がいずれもドロー。また、2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点71)がレアル・ソシエダに完敗、4位のバレンシア(勝ち点65)が連敗と上位陣が揃って取りこぼす波乱の結果となった。また、前節レバンテに悲劇的な敗戦を喫した最下位マラガ(勝ち点17)の5節を残しての降格が決定している。 ▽過密日程の中で行われる今節だが、21日にバルセロナとセビージャのコパ・デル・レイ決勝が行われる関係でセビージャvsレアル・マドリー、バルセロナvsビジャレアルの上位対決2カードが来月9日に延期となる。 ▽そのため、今節最大の注目カードは11位エイバル(勝ち点43)と8位ヘタフェ(勝ち点45)による中位対決にして、MF乾貴士とMF柴崎岳の史上初となる日本人対決だ。なお、前回対戦では両選手共にピッチに立ったものの、先発した乾が交代した後に柴崎が途中投入されており、ピッチ上での競演は果たされていなかった。 ▽前節、4試合無得点中のエスパニョールとの不調対決を1-0で制したエイバルは待望の7試合ぶりの勝利を手にした。その一方で乾は体調不良の影響で遠征メンバー外となり、連続試合出場が24試合でストップ。過密日程ということもあり、体調が回復すればメンバー入りは確実だが、先発起用かは微妙なところだ。 ▽一方、柴崎が2試合連続出場機会なしに終わったヘタフェは前々節でエスパニョール、前節は4位バレンシア相手に競り勝って2連勝。6位ビジャレアル(勝ち点51)との勝ち点差は「6」と逆転でのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得は十分に可能だ。なお、チームが連勝中ということもあり、柴崎の先発復帰は微妙なところだ。それでも、堅い試合展開が予想されるだけにビハインドかイーブンの状態で迎えた後半にピボーテやサイドでの投入の可能性はあるはずだ。 ▽また、もう1つの注目カードは2位アトレティコと5位ベティス(勝ち点55)による上位対決だ。ミッドウィークに行われたソシエダ戦でまさかの0-3の完敗したアトレティコは4試合ぶりの敗戦を喫すると共にバルセロナとの勝ち点差が「12」に広がり、3位レアル・マドリーとの勝ち点差も「3」に縮まった。ただ、来週ミッドウィークにはEL準決勝初戦のアーセナル戦を控えており、今節ではある程度の主力温存が濃厚とみられている。 ▽対するベティスは前節、降格圏に沈むラス・パルマスに勝利して破竹の6連勝。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内のバレンシアとの勝ち点差は「10」とさすがにここからの逆転は難しいものの、ELストレートインに向けて好位置に付ける。今節では主力温存が予想される格上に対して、最低でも勝ち点1を持ち帰りたいところだ。 ▽その他では残り2つの降格枠を巡る残留争いに注目。19位のラス・パルマス(勝ち点21)は15位アラベス(勝ち点38)との対戦で勝ち点3獲得が必須。さらに、17位のレバンテ(勝ち点34)と16位のエスパニョール(勝ち点36)が負けない限り、奇跡の残留は難しい。一方、18位のデポルティボ(勝ち点27)は今節での降格はないものの、14位レガネス(勝ち点39)との試合で勝利が求められる。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第34節》 ▽4/20(金) 《28:00》 レガネス vs デポルティボ ▽4/21(土) 《20:00》 エイバル vs ヘタフェ 《23:15》 セルタ vs バレンシア ▽4/22(日) 《19:00》 ジローナ vs エスパニョール 《23:15》 マラガ vs レアル・ソシエダ 《25:30》 ラス・パルマス vs アラベス 《27:45》 アトレティコ・マドリー vs ベティス ▽4/23(月) 《28:00》 ビルバオ vs レバンテ ▽5/9(水) セビージャ vs レアル・マドリー バルセロナ vs ビジャレアル</div> 2018.04.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

レミの移籍後初ゴールを含む2発でヘタフェがバレンシアを撃破!柴崎はベンチ入りも出場せず《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第33節のバレンシアvsヘタフェが18日に行われ、1-2でヘタフェが勝利した。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、ベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽4日前に行われたバルセロナ戦で惜敗した4位バレンシア(勝ち点65)が、10位ヘタフェ(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。中3日の一戦に向けバレンシアは、前節から先発を大幅に7人変更。GKジャウメやザザ、ビエット、モントーヤらが先発に名を連ねた。 ▽試合が動いたのは16分、ヘタフェは中盤でボールを奪ったダミアン・スアレスが前線に素早くスルーパスを供給。このパスで相手DFの裏に抜け出したレミがペナルティアーク右まで持ち上がり冷静にシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽先制を許したバレンシアの反撃は26分、パレホの右CKからボックス中央のマクシモビッチがヘディングシュートで狙ったが、枠の上。40分にも、バイタルエリア右で獲得したFKからパレホがクロスを上げるも、ザザのヘディングシュートは枠の左に外れた。 ▽迎えた後半も先にスコアを動かしたのはヘタフェ。49分、右サイドでボールを受けたモリーナがポルティージョとのワンツーで切り込むと、ダイアゴナルなドリブルでボックス右まで侵攻。マイナスの折り返しを最後はペナルティアーク内のレミがゴール右隅に流し込み、追加点を奪った。 ▽リードを広げられたバレンシアは、61分にビエット、アンドレアス・ペレイラ、マクシモビッチに代えてロドリゴ・モレノ、フェラン・トーレス、ソレールを投入する3枚替えを敢行。すると70分、ペナルティアーク右横でボールを受けたロドリゴ・モレノが反転から左足を振り抜くと、このシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽ロドリゴ・モレノのゴールで反撃の狼煙を上げたバレンシアは、その後も果敢にヘタフェゴールに襲い掛かる。試合も終盤に差し掛かり、焦りから苛立ちを見せるバレンシアは、86分にパレホがモリーナへの報復行為で2枚目のイエローカードで退場。自ら不利な状況に陥ってしまう。 ▽結局、試合はそのまま1-2で終了。レミの移籍後初ゴールを含む2ゴールでヘタフェがリーグ戦連勝。一方のバレンシアは、バルセロナ戦に続き連敗を喫した。 2018.04.19 04:30 Thu
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、次節バレンシア戦でボランチ起用か...ヘタフェの中盤に離脱者続出

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳が、次の試合でボランチ起用されるかもしれない。スペイン『アス』が伝えた。<br><br>ヘタフェは18日のリーガエスパニョーラ第33節でバレンシアと対戦する。だが、この試合をMFMFマウロ・アランバッリ、MFマルケル・ベルガラが負傷により、MFマテュー・フラミニが出場停止で欠場する見込みだ。<br><br>ホセ・ボルダラス監督はMFファジル・ファイサル、MFセルヒオ・モラをダブルボランチで起用することを検討しているという。一方、今季ボランチでプレーした柴崎やMFフランシスコ・ポルティージョにも同ポジションに据えられる可能性があるようだ。<br><br>今夏テネリフェからヘタフェに移籍した柴崎は、リーガ1部のファーストシーズンでここまで20試合1得点を記録している。ボルダラス監督の下でFW起用が多い柴崎だが、バレンシア戦では中盤の底でプレーすることもあり得る。<br><br>ヘタフェは現在10位に位置している。ヨーロッパリーグ出場権獲得を決められる6位ビジャレアルとは勝ち点6差だ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.17 21:22 Tue
twitterfacebook
thumb

伏兵のゴラッソで10人ヘタフェが連敗ストップ! 柴崎は8試合ぶりの出場機会無し《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第32節、ヘタフェvsエスパニョールが15日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが1-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽11位ヘタフェ(勝ち点39)と15位エスパニョール(勝ち点36)の下位対決。現在、連敗中のヘタフェは0-2で敗れたアラベス戦から先発数人を変更。前節、久々の先発となった柴崎はベンチスタートとなった。開始7分に中央を持ち上がったレミが惜しいシュートを放つなど、積極的な入りを見せるホームチーム。その後も素早い攻守の切り替えを生かしてファイルやレミらがフィニッシュに絡んでいく。 ▽その後、前半終了間際にはアンヘルがゴールネットを揺らすもその前に味方のアマトが相手DFへのファウルを取られてゴールは認められず。それでも、エスパニョールにシュートを打たせない堅守をこの試合でも見せたヘタフェは0-0で試合を折り返す。 ▽すると、後半立ち上がりの54分にホームチーム待望の先制点が生まれる。ボックス手前中央好位置で得たFKの場面で味方がズラしたボールをダミアン・スアレスが右足で蹴り込む。強烈なシュートがゴール左上隅の絶妙なコースを射抜いた。 ▽伏兵ダミアン・スアレスのゴラッソで先手を奪ったヘタフェだがこの直後にアクシデント発生。58分と61分に続けて警告を受けたフラミニが退場となり、ここから10人での戦いを強いられる。 ▽ピアッティ、グラネロ、セルヒオ・ガルシアと経験豊富な選手を投入したエスパニョールに対して、防戦一方の展開となる中、セルヒオ・モラ、モリーナ、アントゥネスを投入して逃げ切りに入るヘタフェ。このアクセンデントもあり柴崎は8試合ぶりに出場機会無しとなった。 ▽試合終盤にかけてはレオ、ジェラール・モレノを起点にアウェイチームの猛攻が続く。だが、数的不利を感じさせない組織的な守備でこのまま逃げ切ったヘタフェが連敗をストップして3試合ぶりの白星を手にした。 2018.04.16 03:25 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース