リベリの今季リーグ初弾やハメスの直接FK弾でバイエルンがレバークーゼン撃破! 後半戦白星スタート!《ブンデスリーガ》2018.01.13 06:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第18節、レバークーゼンvsバイエルンが12日に行われ、1-3でバイエルンが勝利した。

▽ウインターブレイク前の前半戦ラストマッチとなった前節シュツットガルト戦を途中出場のミュラー弾で1-0と辛勝して4連勝とした首位バイエルン(勝ち点41)は、2位シャルケとの勝ち点差を「11」に広げた。そのバイエルンはエースのレヴァンドフスキがヒザ痛の影響により欠場となって代役にはミュラーが入った。10年ぶりに古巣復帰となったワグナーはベンチスタートとなった。

▽一方、打ち合いとなった前節ハノーファー戦を4-4で引き分け、12試合負けなしとした4位レバークーゼン(勝ち点28)は、現状のベストメンバーで臨み、システムは[3-4-2-1]を継続した。

▽立ち上がりからオープンな攻防で推移した一戦は、まずはバイエルンが16分にFKの流れからボックス右のビダルが枠内シュートを記録。続くCKから再ビダルがヘディングシュートでオンターゲットをマークした。

▽引かないレバークーゼンも17分、右CKからコールが際どいヘディングシュートを浴びせてけん制する。

▽前半半ば以降もバイエルンがポゼッションを高める流れとなる中、25分にはハメス・ロドリゲスがミドルシュート。しかし、枠を捉えるには至らない。それでも32分、右CKからファーサイドのビダルがヘディングシュート。これはゴール前のDFにブロックされるも、ルーズボールをゴールエリア左のハビ・マルティネスが左足で蹴り込んでバイエルンが先制した。

▽ハーフタイムにかけてもCKからハビ・マルティネスがヘディングシュートを浴びせるなど、バイエルンが優勢に試合を進めた中、前半を1点のリードで終えた。

▽迎えた後半もバイエルンが攻勢に出る流れで立ち上がった中、レバークーゼンは55分にボックス右から中へ切れ込んだベイリーがバーを直撃するシュートを浴びせた。

▽しかし59分、ハメス・ロドリゲスのパスを受けてドリブルでボックス左に侵入したリベリがカットインからゴール左隅にシュートを流し込んでリードを広げた。

▽リベリの今季のリーグ戦初ゴールで2点差とされたレバークーゼンは、中盤のコールに代えてアタッカーのアラリオを投入し、攻撃の枚数を増やした。すると70分、ボックス右でパスを受けたフォラントが中へ切れ込み、ペナルティアーク右から左足でシュート。これがDFにディフレクトしてゴールに吸い込まれた。

▽1点差としたレバークーゼンが攻勢に出ると、76分に同点のチャンス。しかし、ショートカウンターからボックス内のフォラントが持ち込んだシュートはDFの好ブロックに阻まれた。

▽ひやりとしたバイエルンはリベリを下げて新戦力のワグナーを投入。逃げ切りを図ると、追加タイム1分に勝負を決定付けた。ペナルティアーク中央でハメス・ロドリゲスが得たFKを自身が直接ゴール左上に流し込んだ。

▽このまま3-1で試合を終わらせたバイエルンが後半戦初戦を制している。一方、敗れたレバークーゼンは13試合ぶりの敗戦となった。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシーとバイエルンがマルシャルに興味も…マンチェスター・Uの設定額130億円がネックに

チェルシーがマンチェスター・ユナイテッド退団を希望するFWアントニー・マルシャルの獲得に動き出していることが分かった。イギリス『ザ・サンデー・タイム』が伝えた。<br><br>2015年夏に10代選手として当時の史上最高額でモナコからユナイテッドに移籍したマルシャル。デビューシーズンから輝かしい活躍を見せるも、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任して以降、出場機会は減少傾向に。クラブとの契約が1年間残っているものの、先日に同選手の代理人が退団を示唆する発言を残すなどオールド・トラッフォードから離れる可能性が高まっている。<br><br>これを受け、フランス代表としての実績もあるマルシャルの新天地に浮上するのが、チェルシーとバイエルン。今夏にエースのエデン・アザールがレアル・マドリーに移籍することが濃厚と考えられているロンドンのチームは、ウィンガーとしてプレーできる22歳の同選手に興味を寄せ、同じく関心を持つブンデスリーガ王者との争奪戦に発展する可能性が高まっているようだ。<br><br>しかし、マルシャルの残留を望むユナイテッドが設定する売却額は1億ユーロ(約131億円)。両クラブともこの条件には現段階で手が届いていないが、新たなウィンガーを望むモウリーニョ監督はフランス人選手の売却を強く望んでいるとも考えられている。<br><br>ユナイテッドから離れることを希望するマルシャルは、チェルシーやバイエルンに新天地を求めることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 19:40 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、中盤補強にビダルをリストアップ…放出候補となるのは?

▽インテルがバイエルン・ミュンヘンのMFアルトゥーロ・ビダル獲得に動き始めたようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽インテルは中盤のクオリティーアップを検討しており、そこで名前が出ているのがビダルだという。バイエルンは適正額なら放出する考えがあり、3000万ユーロ(約39億円)ほどで獲得できるようだ。選手との契約には年俸800万ユーロ(約10億円)程度必要だとみられている。 ▽ただ、この取引を進めるためには、中盤の人員整理が必要だ。ボルハ・バレロ放出で見込める収入はあまり期待できないため、現実的にはマティアス・ベシーノかロベルト・ガリアルディーニが放出候補になるとされている。 2018.07.23 01:50 Mon
twitterfacebook
thumb

コバチッチ、退団希望をロペテギ監督に通達

▽レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)が、退団希望をフレン・ロペテギ監督に伝えたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽コバチッチは、2015年夏に推定3000万ユーロ(現在のレートで約39億2000万円)の移籍金でインテルからマドリーに加入。しかし、これまでの3シーズンの間にレギュラーを掴むことはできておらず、6月下旬には『マルカ』のインタビューで「もっとプレーしたい。最善策はマドリーを離れることだ」と語っていた。 ▽当然、コバチッチの移籍は既定路線と見られており、それはロシア・ワールドカップ(W杯)で準優勝メンバーになっても変わっていない。W杯決勝の5日後である7月20日にロペテギ監督と面会したコバチッチは、可能な限り早く将来を決定したい、と伝えたという。その深刻さ故に、マドリー側がコバチッチを引き留めることは事実上不可能だと考えるようになったと、『マルカ』は伝えている。 ▽マンチェスター・シティやバイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールなど名だたるクラブからの関心が囁かれているコバチッチ。退団する場合の移籍金は最低でも5000万ユーロ(約65億3000万円)に昇ると試算されている。 2018.07.22 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミア勢が注視するレビッチ、恩師ニコ・コバチ監督の率いるバイエルン行きはなし

▽フランクフルトに所属するクロアチア代表FWアンテ・レビッチ(24)のバイエルン行きはなくなったようだ。『ユーロスポーツ』が伝えている。 ▽2017-18シーズンに公式戦28試合9ゴール3アシストを記録していたレビッチは、クロアチア代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)に6試合出場。グループステージ第2節のアルゼンチン代表戦のゴールをはじめ、同国史上初の決勝進出に貢献した。 ▽『ユーロスポーツ』によれば、昨季までフランクフルトを率いていたニコ・コバチ監督を引き抜いたバイエルンとフランクフルトの間には、“同クラブからの引き抜きを行わない”という協定があるため、バイエルンがレビッチを獲得しないと明かしたようだ。 ▽しかし、レビッチにはマンチェスター・ユナイテッドやリバプール、アーセナルなどプレミア勢が獲得に積極的な動きを見せており、今後も去就には注目が集まることだろう。 2018.07.22 02:40 Sun
twitterfacebook
thumb

新監督を迎えた両者の一戦はバイエルンが逆転勝利でニコ・コバチ監督の初陣を飾る!《ICC》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ2018のバイエルンvsパリ・サンジェルマン(PSG)が21日にオーストリアで行われ、3-1でバイエルンが勝利した。 ▽フランクフルトからニコ・コバチ監督を招へいしたバイエルンは、ロッベンやリベリ、ハビ・エルナンデスなど主力を起用。去就が注目されるレヴァンドフスキやチアゴはベンチ外となっている。 ▽一方、ドルトムントからトゥヘル監督を招へいしたPSGは、ティモシー・ウェアやラビオ、ラッサナ・ディアッラのほか、新戦力のGKブッフォンもスタメン入り。ロシア・ワールドカップに出場したネイマールやムバッペ、カバーニらはベンチ外となった。 ▽最初にチャンスを迎えたのはPSG。4分、エンクンクの右CKからボックス中央のラビオが頭で合わせたが、これはGKウルライヒが好セーブ。対するバイエルンは13分、ラフィーニャの折り返しをポール・ウィルが合わせると、当たり損ねのシュートが枠を捉えたがGKブッフォンが右手一本ではじき出した。 ▽試合が動いたのは31分、自陣でパスカットしたリマネのループパスで相手DFの裏に抜け出したウェアが相手DFを背負いながらもボックス内まで侵攻。バランスを崩しながらも冷静にシュートをゴールに流し込み、PSGが先制に先行した。 ▽PSGのリードで迎えた後半、1点を追うバイエルンはリベリ、オリバ・マイアー、スタニシッチを下げてコマンやアラバ、シャバニを投入。すると開始早々の46分、ラフィーニャの右クロスをワグナーがヘディングシュート。しかし、これはクロスバーを直撃した。 ▽決定機を逃したバイエルンだが60分、ロッベンの右CKをゴール前に走り込んだハビ・マルティネスがヘディングで叩き込み、試合を振り出しに戻す。 ▽同点とされたPSGは、66分にGKブッフォンを下げてGKデカンを投入。しかし、この交代の直後にバイエルンが追加点を奪う。68分、ジルクゼーがボックス右角付近でL・ディアッラに倒されFKを獲得。これをレナト・サンチェスが壁の横から巻いたシュートで直接ゴールネットに突き刺し、逆転に成功した。 ▽さらにバイエルンは、78分にもコマンのロングパスからカウンター。このボールをボックス右で拾ったニャブリの折り返しを最後はジルクゼーが流し込み、試合を決定づける3点目を決めた。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。新監督を迎えた両チームの一戦はニコ・コバチ監督のバイエルンが勝利を飾った。 バイエルン 3-1 パリ・サンジェルマン 【バイエルン】 ハビ・マルティネス(後15) レナト・サンチェス(後23) ジルクゼー(後33) 【パリ・サンジェルマン】 ウェア(前31) 2018.07.22 01:05 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース