モウリーニョ、サンチェス獲得に動いていることを示唆「時期に関わらず、獲得に動くべきプレーヤーたちがいる」2018.01.13 05:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、今冬の移籍市場で獲得を狙うアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)に関して言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽今季限りでアーセナルとの契約満了を迎えるサンチェスだが、クラブとの契約延長を固辞しており、今冬あるいは来夏の退団が決定的となっている。そのサンチェスに関してはバルセロナ時代に同選手を指導したジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティへの移籍が既定路線となっている。

▽そのシティはフリーでの獲得が可能となる来夏の加入を念頭に置きながらも、先日には2000万ポンド(約30億4000万円)のオファーをアーセナル側に掲示し、今冬の獲得を検討。しかし、今冬の主力流出を避けたいアーセナルは同選手の放出条件を3500万ポンド(約53億4000万円)に設定しており、クラブ間での交渉が停滞しているようだ。

▽シティとアーセナルの交渉が決裂しそうな一方、ユナイテッドは現在2500万ポンド(約38億円)前後の移籍金に加え、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの譲渡という、好条件のオファーを掲示しサンチェス強奪を画策しているとみられている。

▽15日に行われるプレミアリーグ第23節のストーク・シティ戦に向けた公式会見に出席したモウリーニョ監督は、サンチェスに関する記者からの質問に対して以下のようなコメントを残した。

「私は他のクラブのプレーヤーの去就について話をすることが倫理的に正しいことではないと思っている」

「仮に、他の誰かが我々のプレーヤーの話をすれば、我々にとってハッピーなことではない」

「サンチェスはアーセナルのプレーヤーだ。私はよく知らないが、おそらく彼は今週末もアーセナルのユニフォームを着てプレーすることになるだろう。したがって、アレクシス・サンチェスに関して話すことは適切なことだと思わない」

「一般的なレベルで、私自身とマンチェスター・ユナイテッドの幹部たちは1月の移籍市場で多くのことが起こるとは信じていない。また、その場しのぎのプレーヤーと契約することは信じていない」

「我々が信じていることは、フットボール界には獲得できるチャンスがあるならば、1月、3月、7月という時期に関わらず、獲得に動くべきプレーヤーたちがいるということだ」

「サンチェスに関して私が言えることは、多くの人が話すのと同様に彼が驚異的なプレーヤーであるということだけだ。個人的にこれ以上のことを言うべきではないと感じている」

▽サンチェス獲得に関して明言を避けたモウリーニョ監督だが、「驚異的なプレーヤー」と評したことで、サンチェスは獲得できるチャンスがあれば、必ず獲得に動くべき選手であるということだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

ポグバ、シティからの首位奪還に自信「勝ち続ければきっと大丈夫」

フランス代表MFポール・ポグバはマンチェスター・ユナイテッドがまだプレミアリーグの優勝を諦めていないと主張した。<br><br>ユナイテッドは15日のストーク・シティ戦で3-0の勝利を収めたことにより、リバプール相手に今季初黒星を喫した首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を12に縮めた。<br><br>今シーズンのリーグ戦13試合で3ゴール9アシストと好調なポグバは、この試合でも勝利に大きく貢献し、『スカイ・スポーツ』によりマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。<br><br>ポグバはMOMに選ばれた後のインタビューで、同じマンチェスターのライバルチームから首位を奪還することへの強い思いを語った。<br><br>「確かにマンチェスター・シティは僕たちより上にいる。でも彼らもついに黒星を喫した。チーム全員がシティに追いつきたいと思っているよ。だから彼らが負けてくれることはいいことさ。でも僕たちは自分たちのプレーに集中しなければいけない。今までに多くのポイントを失ってきたのは事実だからね。過去は振り返らず、ただ次の試合のことを考えているよ。今まで勝ち点を落としてきた分、残りの試合に勝ってシティに追いつきたい。それだけさ。自分たちのことに集中して、勝ち続ければきっと大丈夫」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 22:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがサンチェスと合意と報道 しかし移籍成立へ障壁が

▽マンチェスター・ユナイテッドは、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)と合意に達しているようだ。イギリス『BBC』のデイビッド・オーンステイン記者が伝えた。 ▽今季限りでアーセナルとの契約が切れるサンチェスは、当初マンチェスター・シティへの移籍が濃厚とみられてきたが、ユナイテッドが参戦したことでオペレーションの費用が高騰し、シティが撤退。チェルシーとリバプールも関心を寄せているとみられる中、ユナイテッドが争奪戦で優位に立ったとみられている。 ▽今回の報道によれば、ユナイテッドは既にサンチェス側と個人合意。しかし、サンチェスの獲得オペレーションに両クラブが含めようとしているMFヘンリク・ムヒタリアンがアーセナル行きに同意していない状況だとのことだ。 ▽今のところ、取引にはムヒタリアンを含めたいと両者は考えている模様。だがムヒタリアン側は決定を急ぐ様子はないようだ。ムヒタリアンがアーセナルのオファーを受け入れた時点で、サンチェスのユナイテッド移籍は加速するとみられている。 2018.01.16 19:06 Tue
twitterfacebook
thumb

サンチェス獲得に自信? モウリーニョ、チェルシー参戦報道も「ただリラックスしている」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、今冬でのアーセナルFWアレクシス・サンチェスの獲得に自信を覗かせた。<br><br>今冬での去就が注目されていたサンチェス。市場開幕当初は、昨夏にも加入が間近まで迫っていたマンチェスター・シティへの移籍が濃厚と見られていたが、先日同都市のライバルであるマンチェスター・ユナイテッドが獲得競争に参戦。そして、シティ側はアーセナルの要求する移籍金や、選手サイドの求める給与やボーナスが高額すぎたため、獲得競争から撤退されたと報じられている。<br><br>アーセン・ヴェンゲル監督が「48時間以内に去就は決まる」とコメントしたこともあり、サンチェスはユナイテッドへ加入することが濃厚と見られていた。しかし、ここへ来てチェルシーも獲得に乗り出したと伝えられるなど、チリ代表FWの状況は目まぐるしく変わっている。<br><br>それでも、モウリーニョ監督は『スカイ・スポーツ』に対し、獲得に自信を覗かせている。<br />「自信があるわけではない。だが、自信がないわけでもない。ただリラックスしているだけだ。彼は今アーセナルのプレーヤーだ。残留することもできるし、移籍することもできる。もし移籍することになれば、私たちにチャンスがあるだろう。他のビッグクラブも狙っているかもしれないが、それは誰にもわからないことだ」<br><br>15日のプレミアリーグ第23節ストーク戦に3-0と快勝し、今季初黒星を喫したシティと12ポイント差まで縮めたユナイテッド。逆転優勝へ向け、ライバルクラブのエース獲得を無事に決めることができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

13試合しか出てないのに…ポグバ、アシスト数でデ・ブライネと共にトップに立つ

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバの活躍が数字としても際立ち始めている。 ▽ポグバは、15日に行われたプレミアリーグ第23節のストーク・シティ戦で2アシストを記録。ユナイテッドを3-0の快勝劇に導く活躍で、イギリス『BBC』選定のマン・オブ・ザ・マッチに選定された。 ▽これにより、ポグバの今シーズンにおけるプレミアでの成績は、3ゴール9アシスト。アシスト数において、マンチェスター・シティ勢のケビン・デ・ブライネやMFリロイ・ザネと並ぶトップに浮上した。 ▽だが、特筆すべきは出場数だ。ポグバは故障や出場停止で13試合の出場にとどまっているが、デ・ブライネは全23試合、ザネは21試合でプレー。それを考慮すれば、ポグバの凄みがより増してくる。 ◆プレミアリーグのアシストランキング※上位 【9】 ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) リロイ・ザネ(マンチェスター・シティ) 【8】 ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ) 【7】 デレ・アリ(トッテナム) リヤド・マフレズ(レスター・シティ) 【6】 マーク・オルブライトン(レスター・シティ) セサル・アスピリクエタ(チェルシー) クリスティアン・エリクセン(トッテナム) アーロン・ラムジー(アーセナル) モハメド・サラー(リバプール) 2018.01.16 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェールズ代表指揮官ギグス、スコールズを右腕に指名か

▽ウェールズ代表の新指揮官に就任したライアン・ギグス監督が、コーチングスタッフとしてポール・スコールズ氏を招へいする可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ウェールズサッカー協会(FAW)は15日、ウェールズ代表新監督としてギグス監督と4年契約を交わしたことを発表した。母国の代表チームを託されたギグス監督は、自身のスタッフとしてスコールズ氏にオファーすることを考慮しているようだ。 ▽ギグス監督とスコールズ氏は、共に現役時代にマンチェスター・ユナイテッド一筋のキャリアを築き、レジェンドとなった。どちらもユース出身の生え抜きで、ギグス監督の方が1歳先輩だ。 ▽また、ギグス監督が選手兼コーチを務めていた2013-14シーズンにはデイビッド・モイーズ監督(現ウェストハム監督)がユナイテッド指揮官を解任されたことを受け、暫定監督とコーチとしてレッド・デビルズを牽引した過去がある。 2018.01.16 12:19 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース