モウリーニョ、サンチェス獲得に動いていることを示唆「時期に関わらず、獲得に動くべきプレーヤーたちがいる」2018.01.13 05:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、今冬の移籍市場で獲得を狙うアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)に関して言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽今季限りでアーセナルとの契約満了を迎えるサンチェスだが、クラブとの契約延長を固辞しており、今冬あるいは来夏の退団が決定的となっている。そのサンチェスに関してはバルセロナ時代に同選手を指導したジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティへの移籍が既定路線となっている。

▽そのシティはフリーでの獲得が可能となる来夏の加入を念頭に置きながらも、先日には2000万ポンド(約30億4000万円)のオファーをアーセナル側に掲示し、今冬の獲得を検討。しかし、今冬の主力流出を避けたいアーセナルは同選手の放出条件を3500万ポンド(約53億4000万円)に設定しており、クラブ間での交渉が停滞しているようだ。

▽シティとアーセナルの交渉が決裂しそうな一方、ユナイテッドは現在2500万ポンド(約38億円)前後の移籍金に加え、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの譲渡という、好条件のオファーを掲示しサンチェス強奪を画策しているとみられている。

▽15日に行われるプレミアリーグ第23節のストーク・シティ戦に向けた公式会見に出席したモウリーニョ監督は、サンチェスに関する記者からの質問に対して以下のようなコメントを残した。

「私は他のクラブのプレーヤーの去就について話をすることが倫理的に正しいことではないと思っている」

「仮に、他の誰かが我々のプレーヤーの話をすれば、我々にとってハッピーなことではない」

「サンチェスはアーセナルのプレーヤーだ。私はよく知らないが、おそらく彼は今週末もアーセナルのユニフォームを着てプレーすることになるだろう。したがって、アレクシス・サンチェスに関して話すことは適切なことだと思わない」

「一般的なレベルで、私自身とマンチェスター・ユナイテッドの幹部たちは1月の移籍市場で多くのことが起こるとは信じていない。また、その場しのぎのプレーヤーと契約することは信じていない」

「我々が信じていることは、フットボール界には獲得できるチャンスがあるならば、1月、3月、7月という時期に関わらず、獲得に動くべきプレーヤーたちがいるということだ」

「サンチェスに関して私が言えることは、多くの人が話すのと同様に彼が驚異的なプレーヤーであるということだけだ。個人的にこれ以上のことを言うべきではないと感じている」

▽サンチェス獲得に関して明言を避けたモウリーニョ監督だが、「驚異的なプレーヤー」と評したことで、サンチェスは獲得できるチャンスがあれば、必ず獲得に動くべき選手であるということだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、フレッジの移籍後初ゴールで先制も同点弾許し今季初の引き分け…《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは22日、プレミアリーグ第6節でウォルバーハンプトンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 ▽公式戦3連勝中のユナイテッドが、リーグ戦3戦負けなしのウォルバーハンプトンをホームに迎えた一戦。19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヤングボーイズ戦を3-0で快勝したユナイテッドは、その試合から先発を4人変更。出場停止のマティッチやラッシュフォード、マルシャルらに代えてサンチェスやフェライニ、リンガードらが先発に起用された。 ▽一方、リーグ戦3戦負けなし好調のウォルバーハンプトンは、この試合もヒメネスやモウティーニョ、GKルイ・パトリシオなど開幕から6戦連続同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 ▽ユナイテッドは開始早々にピンチを迎える。7分、ボックス右深くまで切り込んだエウデル・コスタの折り返しをゴール前で受けたヒメネスが反転から素早くシュートを放ったが、これはGKデ・ヘアが好反応で防いだ。 ▽守護神の好セーブでピンチを凌いだユナイテッドは18分、ボックス左から仕掛けたサンチェスがクロスを供給。これは相手DFにクリアされるも、セカンドボールをボックス手前のポグバがワンタッチで落とすと、最後はペナルティアーク中央からフレッジが右足のダイレクトシュートでゴールネットを揺らした。 ▽先制したユナイテッドは、前半アディショナルタイムにもチャンス。47分、ボックス左手前でボールを受けたサンチェスが倒されてFKを獲得。フレッジの直接FKは枠の左上を捉えたが、これはGKルイ・パトリシオの好セーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはウォルバーハンプトン。53分、ボックス右深くまで侵攻したエウデル・コスタの折り返しをボックス中央のヒメネスが落とすと、ペナルティアーク左に走り込んだモウティーニョが左足のダイレクトシュートをゴール左に突き刺した。 ▽同点を許したユナイテッドは、63分にフレッジとサンチェスを下げてマルシャルとマタを投入。すると72分、ショーの左クロスからファーサイドのフェライニがヘディングシュートを放ったが、これはGKルイ・パトリシオがセーブ。 ▽攻めあぐねる状況が続いたユナイテッドは、75分に3枚の交代カードを使い切る。リンガードを下げてアンドレアス・ペレイラを投入した。 ▽その後も人数をかけた攻めで幾度となくウォルバーハンプトンゴールへ迫ったユナイテッドだが、最後までGKルイ・パトリシオの牙城は崩せず。試合は1-1の引き分けに終わった。 ▽この結果、チャンスをものに出来なかったユナイテッドは今季初の引き分けでリーグ3戦負けなしに。対するウォルバーハンプトンは、4戦負けなしと好調を維持している。 2018.09.23 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ファーガソンカムバック!退院後初めてオールド・トラフォードに

▽サー・アレックス・ファーガソンがオールド・トラフォードに戻ってきた。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽マンチェスター・ユナイテッドに数々のトロフィーをもたらしたファーガソン氏は今年5月に脳出血で緊急手術を受けることに。順調に容態は回復し6月に退院。その後は、自宅で家族の看護を受けていた。 ▽そしてこの度、ファーガソン氏はおよそ5カ月ぶりに公の場に姿を現した。マンチェスター・ユナイテッドは公式ツイッターで、同氏が元気な姿でオールド・トラフォードに到着した写真を投稿している。 ▽ユナイテッドは日本時間22日の23時からサウサンプトンと対戦。クラブのレジェンドに勝利を届けられるだろうか。 2018.09.22 21:32 Sat
twitterfacebook
thumb

「YouTubeで何か盗もうと…」コバチッチ、ユナイテッドが誇るレジェンドを参考!?

▽チェルシーに所属するクロアチア代表MFマテオ・コバチッチが、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドのプレーを参考にしていることを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が同国『サン』を引用して伝えている。 ▽今シーズンベルギー代表GKディボー・クルトワの契約の一部として、レアル・マドリーから1年間のレンタル移籍でチェルシーに加わったコバチッチ。ここまでプレミアリーグで4試合に出場しており、チームの首位キープに貢献している。 ▽現在フランス代表MFエンゴロ・カンテとイタリア代表MFジョルジーニョとの定位置争いの中にいるコバチッチだが、元イングランド代表MFポール・スコールズ氏のプレーを見て学んでいるようだ。また、過去3シーズンにおいて8ゴールしか奪えていないことを課題に挙げている。 「僕にとってスコールズは最高の選手の1人なんだ」 「彼はすごいよ。僕は今でもYouTubeで時々彼の動画を観て楽しむんだ。何かを盗もうとね」 「現代のミッドフィルダーで全てを兼ね備えていた選手なんだ。ディフェンスもできて、ゴールも奪える。僕は誰かのコピーにもなるつもりなんてないけど、スコールズは好きなんだよ」 「プレーの幅を広げるために他の選手のプレーも観ているよ。ルカ・モドリッチやアンドレス・イニエスタもね」 「(自身の得点数について)それは僕の課題の一つだ。満足いくほどゴールを奪えていない。そこは改善しなくてはならない」 2018.09.22 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、バルセロナ注目のF・デ・ヨング争奪戦に参戦?!

▽マンチェスター・ユナイテッドが、アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)を注視しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ディフェンスを含む複数のポジションで才能を発揮するF・デ・ヨングには今夏、バルセロナ加入に近付いていた。アヤックスのチャンピオンズリーグ(CL)本大会出場が叶ったため、移籍が立ち消えとなったことが伝えられているが、当人は「いつかバルセロナでプレーしたい」と憧れのクラブであることを明かしていた。 ▽記事によると、バルセロナのほかにトッテナムも継続してF・デ・ヨングを追っているという。その争奪戦では、移籍金5000万ポンド(約73億6000万円)付近での鍔迫り合いが繰り広げられているそうだ。 ▽そして、今回の報道ではそこにユナイテッドも参戦。9日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ1のフランス代表vsオランダ代表(2-1でフランス勝利)に、スカウトを送り込んでいたことが伝えられている。ユナイテッドは来年1月に熱心な補強を計画しているようで、その1人と目されているのがF・デ・ヨングだ。 ▽また、バルセロナがより安価での来年夏の獲得に自信を持っていると伝えられつつも、F・デ・ヨングがプレミアリーグを好んでいるとも。新たなスター候補は、どのようなキャリアを選ぶのだろうか。 2018.09.22 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ、ポグバの来夏獲得へ…今季残りのユナイテッド全試合に視察か

▽バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)の来夏獲得へ本腰を入れるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督との関係悪化報道や移籍金に見合った活躍ができていないことからかねてより退団の可能性が取り沙汰されているポグバ。今夏こそユナイテッドに残留したものの、現在もバルセロナ移籍やユベントス復帰の噂が絶えない。 ▽そんなポグバに対して、バルセロナは現在来夏での獲得を画策。今回伝えられるところによると、現在同クラブはポグバの動向を注視しており、今シーズン全てのユナイテッドの試合にスカウト陣を視察に送り込む予定のようだ。 ▽最近ではポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏が、ユナイテッドに加入した2016年夏を前にポグバに対して、3年間ユナイテッドでプレーした後にスペインへの移籍を確保することを約束していたこと報じられた。一方、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は「ポグバは残りたがっている」と同選手の退団説を否定していたが、果たして…。 2018.09.22 14:40 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース