シティが今冬のサンチェス獲得断念…高額移籍金の支払い拒否2018.01.13 02:38 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは今冬の移籍市場でのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)獲得を断念したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽今季限りでアーセナルとの契約満了を迎えるサンチェスだが、クラブとの契約延長を固辞しており、今冬あるいは来夏の退団が決定的となっている。そのサンチェスに関してはバルセロナ時代に同選手を指導したジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティへの移籍が既定路線となっている。

▽シティはフリーでの獲得が可能となる来夏の加入を念頭に置きながらも、先日には2000万ポンド(約30億4000万円)のオファーをアーセナル側に掲示し、今冬の獲得を検討。しかし、今冬の主力流出を避けたいアーセナルは同選手の放出条件を3500万ポンド(約53億4000万円)に設定しており、クラブ間での交渉が停滞しているようだ。

▽さらに『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、今冬にシティがサンチェスの獲得に動く場合、アーセナルが望む3500万ポンドに加え、代理人が求める500万ポンド(約7億6000万円)を別に支払う必要があるという。したがって、シティは来夏にフリーで獲得可能な選手に対して、総額4000万ポンド(約61億円)を支払うことに二の足を踏んでいる状況だ。

▽シティとアーセナルの交渉が決裂しそうな一方、現在サンチェスには2500万ポンド(約38億円)前後の移籍金に加え、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの譲渡という、好条件のオファーを掲示したといわれるマンチェスター・ユナイテッド、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの後釜を探すリバプールが獲得レースに参戦している模様だ。

▽そのため、シティ加入が決定的とみられたサンチェスの去就はここにきて不透明な状況となっている。果たしてサンチェスは今冬シティ以外の新天地を求めるのか、はたまたアーセナルとの契約満了をもって来夏恩師ペップの下に向かうのか。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドとアーセナルがヘルタの” クロース2世”に関心か

▽マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが、ヘルタ・ベルリンに所属するU-21ドイツ代表MFアルネ・マイアー(19)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を引用してイギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ヘルタ下部組織出身のマイアーは、広い視野と足元の技術を生かしたプレーを武器にアンカーを主戦場にするプレーメーカ―だ。2016-17シーズンにトップチームデビュ―を果たし、翌年にはブンデスリーガ17試合に出場。今シーズンはリーグ戦全試合にフル出場を果たしており、"クロース2世"と評されるほど評価を高めている。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督はフランス代表MFポール・ポグバ(25)ら中盤のプレーヤーに不満を募らせていることから新戦力として、そのマイアーに興味を示しているようだ。また、アーセナルのウナイ・エメリ監督も、公式戦21試合無敗と好調を保っているが、チームの強化を望み、マイアーに目を光らせているという。 ▽一方で、ヘルタはマイアーの契約解除金を1500万ポンド(約21億3000万円)に設定している模様。しかし、獲得するにはそれ以上の移籍金を支払わなければならない可能性が高いとみられる。 2018.12.11 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

グエンドウジは腹立つぐらい凄い奴! ベルバトフがベタ褒め

▽元ブルガリア代表FWのディミタール・ベルバトフ氏がアーセナルに所属するU-20フランス代表MFマテオ・グエンドウジを褒めちぎった。イギリス『メトロ』が報じた。 ▽19歳のグエンドウジは今夏、ロリアンからアーセナルに移籍。当初こそ将来を見据えた先行投資という見方が強かったが、それを良い意味で裏切り、ここまでプレミアリーグ13試合に出場している。 ▽かつてトッテナムやマンチェスター・ユナイテッド、フルアムの選手としてプレミアリーグでプレーしたベルバトフ氏は、そのグエンドウジについて「ムカつくぐらい自信を持ってプレーしているね」と語り、次のように続けた。 「信じられないよ。彼はまだ19歳だが、まるでずっと前からアーセナルにいるかのようにプレーしている」 「時々、彼を見ていると、ムカつくぐらい自信を持ってプレーしているね。マッチアップして、やっつけたくなるよ」 「彼はボールの扱いにとても自信があって、ピッチのあらゆるところに顔を出している」 2018.12.10 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

今季最高の補強?アーセナルMFトレイラ、英メディアのMOTMに3試合連続選出…エメリも絶賛

アーセナルMFルーカス・トレイラは、プレミアリーグ直近3試合連続で『スカイスポーツ』の選ぶマン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)に輝いた。<br><br>今夏のロシア・ワールドカップ終了後、サンプドリアからおよそ3000万ユーロ(約38億円)という移籍金で加入したトレイラ。序盤戦こそ途中出場が続いていたが、第6節のエヴァートン戦で初スタメンを飾ると、その後リーグ戦全試合で先発出場。不動のレギュラーとして、チームを中盤から支えている。<br><br>そんなトレイラは、8日に行われたハダースフィールド戦で(1-0)で豪快なバイシクルシュートを叩き込み、チームの勝利に大きく貢献。『スカイスポーツ』が選ぶこの試合のMOTMに選出された。なお、同メディアでは直近3試合連続でMOTMに輝いている。また、プレミアリーグ公式の選ぶMOTMには、第11節リヴァプール戦(1-1)、第13節ボーンマス戦(2-1)、第14節トッテナム戦(4-2)の3試合で輝いている。<br><br>ウナイ・エメリ監督も、絶好調のウルグアイ代表MFを手放しで称賛している。<br><br>「彼には高いクオリティがあり、戦術理解度、攻守両面での状況把握能力は素晴らしい。とても素速く状況を理解するし、足も速い。ディフェンス面でも良い働きをするが、先週や今日のようにボックス内で得点することもできるね」<br><br>見事なパフォーマンスから、今季最高の補強の1人との声も上がるトレイラ。リーグ戦14試合無敗と好調のアーセナルだが、22歳MFの貢献によるところが大きいのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.09 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

公式戦21戦無敗のアーセナル、苦しい勝利にエメリ監督「忍耐がキーワード」

▽アーセナルのウナイ・エメリ監督が、ハファース・フィールド戦を振り返った。イギリス『BBC』が報じた。 ▽アーセナルは8日、プレミアリーグ第16節でハダースフィールドと対戦。ルーカス・トレイラのバイシクルシュートで1-0と勝利し、公式戦21戦無敗を達成した。 ▽序盤から決定機を生かせない展開が続き、ボール回しもミスが見られたアーセナルは、ゴールレスで前半を終える。後半開始に、ヘンリク・ムヒタリアン、アレックス・イウォビを投入し攻撃にテコ入れするも、ゴールが遠かったが、1-0で勝利した。 ▽エメリ監督はハダースフィールド戦を振り返りコメント。試合をよりコントロールしたかったと語りながらも、チームが難しい試合を我慢して勝利できたことを喜んだ。 「多くの試合と同じように厳しい試合だった。今日はリズムがない中で勝ったことは重要だ。結果にはとても満足している。今日は試合をコントロールするのが難しかった」 「忍耐がキーワードだ。我々はもっと早く勝利が決まることを望んでいた。ただ、忍耐が必要だった」 「我々はもっと改善ができるし、今日はよりコントロールして試合に勝ちたいと言っていた。ただ、我々はとても競争力があり、キャラクターを示したね」 2018.12.09 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

トレイラの華麗バイシクルシュートでアーセナルがハダースフィールドに辛勝!公式戦無敗は21試合に《プレミアリーグ》

▽アーセナルは8日、プレミアリーグ第16節でハダースフィールドと対戦し、1-0で勝利した。 ▽前節、マンチェスター・ユナイテッドと対戦したアーセナルは2度もリードしながらも得点直後に失点を許し2-2のドロー。それでも今季の公式戦無敗を20試合に伸ばし、チームは依然好調のままだ。白星を取り戻したい今節のスタメンは前節から3選手変更。負傷したホールディングやラムジー、イウォビに代わり、リヒトシュタイナーやジャカ、ラカゼットが先発に起用された。 ▽開始6分にジャカがシュートを打って以降、ほとんどシュートチャンスが見られなかったアーセナルは28分にようやく攻撃の形を作る。左サイドを起点に、グエンドウジが運んでジャカに供給。ジャカはボックス手前右からクロスを送ると、これにニアでオーバメヤンが合わせたが、シュートは惜しくも枠の右に外れた。 ▽その直後、アーセナルは右サイドの攻撃からラカゼットがゴール前でフリーになる場面があったが、絶好のチャンスで足を滑らせてしまいシュートは大きく枠を越えた。また、42分にはゴールキックからオーバメヤンが頭で逸らしたボールにラカゼットが反応。一気にゴール前に抜け出しネットを揺らしたがオフサイドの判定。微妙な判定だったがゴールは認められなかった。 ▽対して、ハダースフィールドも41分にプリチャードが右サイドからの折り返しをダイレクトで狙っていったが枠の上。アーセナルは前半アディショナルタイムにトレイラが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすもGKレッスルがファインセーブを見せ、前半はゴールレスで終えた。 ▽アーセナルは後半から、ラカゼットとリヒトシュタイナーを下げてムヒタリアンとイウォビを投入し、テコ入れを図る。67分にはムスタフィが負傷し、モンレアルと交代した。 ▽後半、なかなかシュートチャンスが作れないアーセナル。その焦りからか、80分にグエンドウジがボックス左でシミュレーションを犯してしまう。 ▽しかしその4分後、アーセナルにようやく欲しかった1点が入る。ボックス手前左のグエンドウジからボックス右のオーバメヤンにボールが渡る。相手のチェックに遭いながらも、粘り強く上げたクロスをゴール前でフリーとなっていたトレイラがバイシクルシュートで叩き込み先制点を挙げた。 ▽その後にもオーバメヤンがゴールに迫るシーンもあったアーセナルは、後半7分のアディショナルタイムも1点を守り切って試合終了。最後まで苦しめられたものの、トレイラの虎の子の1点で白星を取り戻した。 2018.12.09 01:59 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース