ワトフォードの元コートジボワール代表DFジャ・ジェジェがランスへレンタル移籍2018.01.13 02:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ワトフォードは12日、元コートジボワール代表DFブライス・ジャ・ジェジェ(27)がリーグ・ドゥのランスへ今季終了までのレンタルで移籍することを発表した。

▽パリ・サンジェルマンの下部組織出身で、右サイドバックを主戦場とするジャ・ジェジェは、エビアンでプロデビュー。ここでの活躍が認められ、2014年冬にマルセイユへ完全移籍していた。そのマルセイユでも活躍し、2016年夏にワトフォードに移籍していた。しかし、昨季は負傷により欠場が続き、今季もここまで出場機会がない状況だった。

▽移籍先のランスは現在リーグ・ドゥで2位ニームに7ポイント差を付けての首位に立っており、1年での1部復帰に近づいている。

コメント

関連ニュース

thumb

ワトフォード守備強化へ!ムサッキオとラノッキアに興味

▽ワトフォードが、ミランのアルゼンチン代表DFマッテオ・パブロ・ムサッキオ(28)と、インテルの元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキア(30)の獲得を検討しているようだ。イタリア『FCInterNews』をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽今シーズンは開幕4連勝と好調スタートダッシュをきったワトフォードだったが、以降1分3敗と失速してきている。今回伝えられるところによると、公式戦ここ3試合で8失点の守備の強化を図るべく、10月21日に行われるセリエA第9節インテルvsミランのミラノ・ダービーにスカウトを送り込むという。 ▽16歳の時にアルゼンチンの名門リーベル・プレートでプロデビューを飾ったムサッキオは、ビジャレアルを経て2017年夏にミランに加入。しかし、イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリと同代表DFレオナルド・ボヌッチ(現ユベントス)の牙城を崩すことができずセリエA15試合出場に留まった。しかし、今シーズンはボヌッチがユベントスに移籍するとスタメンに定着し、今シーズンはリーグ戦全8試合にフル出場している。 ▽ラノッキアは2011年冬にインテルに入り。加入直後から主力に定着するも、翌シーズンは度重なるケガで先発出場はリーグ戦12試合のみになっていた。キャプテンを任された2014-15シーズンや、15-16シーズンは不安定にプレーが続き、さらにブラジル代表DFミランダとコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョ加入の影響もあり出場機会は激減。再起を求めてサンプドリアやハル・シティにレンタルするが鳴かず飛ばず。2017年にインテル復帰も今シーズンはいまだ出場機会を得られていない。 ▽なお、ワトフォードのオーナーであるポッツォ・ファミリーはウディネーゼも所有しており、イタリアでの移籍市場に精通しているようだ。 2018.10.11 18:02 Thu
twitterfacebook
thumb

大苦戦もアーセナルが終盤のOG&エジル弾でリーグ5連勝を飾る!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第7節のアーセナルvsワトフォードが29日に行われ、2-0でアーセナルが勝利した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽リーグ戦4連勝中のアーセナルが、リーグ戦2試合勝利のないワトフォードをホームに迎えた一戦。26日に行われたカラバオカップ3回戦でブレントフォードに完勝したアーセナルは、その試合から先発を8人変更。GKレノやウェルベック、ムヒタリアン、リヒトシュタイナーらに代わりGKチェフやラカゼット、オーバメヤン、エジルら主力が先発に並んだ。 ▽一方、26日に行われたカラバオカップ3回戦のトッテナム戦をPKの末に敗れたワトフォードは、その一戦から先発10人を変更。前節のフルアム戦からはケガのヤンマートに代わりマルコス・ナバーロが先発に起用された。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、先にチャンスを迎えたのはワトフォード。11分、ホレバスの左クロスをボックス右に走り込んだディーニーが頭で落としたボールを最後は中央のヒューズが左足で狙ったが、シュートはゴール右に外れた。 ▽対するアーセナルは15分、前線からプレスをかけたラカゼットがバックパスを受けたキャスカートからボールを奪うと、そのままショートカウンター。ボックス手前まで持ち上がり飛び出した相手GKの上を狙ったチップキックでゴールを狙ったが、これはゴール左に外れた。さらに21分には、エジルのパスをボックス左に走り込んだモンレアルがヘディングで折り返すと、最後はラカゼットがゴール前に詰めたが、これには届かない。 ▽膠着状態のまま前半終了かと思われたが、アーセナルは前半アディショナルタイムにアクシデントに見舞われる。46分、ゴールキックを蹴った際にGKチェフが左モモ裏を負傷し、ピッチに座り込むとベンチに交代を要求。プレミアリーグデビューとなるGKレノ との交代を強いられ、ピッチを退くこととなった。 ▽後半に入ってもワトフォードの粘り強い守備や球際の勝負で苦戦しなかなか主導権を握れないアーセナルは、63分にラムジーを下げてイウォビを投入。対するワトフォードは、72分にA・グレイを下げてサクセスをピッチに送り出した。 ▽この交代で先にチャンスを迎えたのはワトフォード。75分、中盤でのボール奪取からディーニーがロングパスを供給。このパスで相手DFの裏に抜け出したサクセスがGKレノとの一対一を迎えたが、シュートはわずかにゴール左に逸れた。 ▽ピンチを凌いだアーセナルは、77分にオーバメヤンを下げてウェルベックを投入。すると81分、ベジェリンのパスで右サイドに抜け出したイウォビがクロスを供給。これがニアに走り込んだラカゼットのブロックに入ったキャスカートのオウンゴールを誘った。 ▽待望の先制点で勢いづくアーセナルは、84分に追加点を奪う。中盤でのこぼれ球をウェルベックが繋ぐと、前線で受けたラカゼットがイウォビとのパス交換でボックス右まで侵攻。最後はラカゼットの折り返しをゴール前に走り込んだエジルが流し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽結局、試合はそのまま2-0で終了。苦しみながらも終盤に2ゴールを奪ったアーセナルが、リーグ戦5連勝を飾った。 2018.09.30 01:20 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルのエメリ監督、ワトフォードMFドゥクレ獲得を熱望か

▽アーセナルが、ワトフォードに所属するフランス人MFアブデラウエ・ドゥクレ(25)の獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽ドゥクレは豊富な運動量とボール奪取能力を武器に2012年に母国レンヌでプロデビューを果たした。その後2016年にワトフォード加入と同時にグラナダにレンタル移籍。翌年にワトフォードに復帰するも、前半戦はケガに泣きリーグ戦出場は20試合にとどまった。2017-18シーズンはリーグ戦37試合に出場し7ゴール4アシストを記録するなどクラブの残留に貢献していた。 ▽今夏、イングランド代表MFジャック・ウィルシャーをウエストハムに放出したアーセナルは、後釜としてフランス人MFマッテオ・グエンドウジ(19)やウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(22)を向かい入れた。だが記事によると、同クラブのウナイ・エメリ監督はさらなる中盤の補強として、ドゥクレの獲得を熱望しているという。 2018.09.20 21:21 Thu
twitterfacebook
thumb

日本じゃ御法度! ワトフォード名物マスコットの“中の人”が引退発表

▽プレミアリーグ屈指のお騒がせマスコットと知られるワトフォードのハリー・ザ・ホーネッツの“中の人”が異例の引退を発表した。イギリス『Who Ate all the Pies』が伝えた。 ▽ワトフォードの名物マスコットであるハリー・ザ・ホーネットは、その名の通りスズメバチをモチーフにしたマスコットでピッチサイドに陣取りながらレフェリーへの激しい抗議や時に選手たちのゴールセレブレーションにも参加する、いわゆるちょい悪系のマスコットだ。 ▽2016年のボクシング・デイ開催となった試合でクリスタル・パレスFWウィルフリード・ザハがシュミュレーションを行い、イエローカードを掲示された際には、ハリーがそのシーンをパロディにしたパフォーマンスを行い、未だにクリスタル・パレス側から抗議の声が鳴りやまない。 ▽その名物マスコットに関してこの度悲しいお知らせが届くこととなった。2008年からハリー・ザ・ホーネッツの“中の人”として活躍してきたガレス・エバンス氏が、13日に自身の公式『ツイッター』でハリーからの引退を発表した。 「私はこの度、ワトフォードのマッチ・デイ・マスコット(ハリー・ザ・ホーネッツ)の役目を終えることを発表する。自分の決断と自分が成し遂げたこと、数々の思い出や経験を誇りに思っている。これまでの経験は自分にとって特権と言えるし、今は少し重い気分だ。ハリー、愛しているよ!」 ▽今回のエバンス氏の引退の経緯に関しては不明だが、15日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦からは同氏以外の新たな人物が“中の人”を務めたようだ。なお、開幕4連勝スタートを飾っていたワトフォードだが、そのユナイテッド戦では1-2で敗戦し今季初黒星を喫した。 ▽マスコット大国の日本では“中の人”の存在を明かすことは御法度。しかし、その辺に寛容なイングランドでは、エバンス氏の引退発表ツイートに多くのワトフォードファンから感謝のメッセージが送られていた。 2018.09.17 18:36 Mon
twitterfacebook
thumb

ルカク&スモーリング弾でユナイテッドが好調ワトフォードを撃破!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節のワトフォードvsマンチェスター・ユナイテッドが15日に行われ、2-1でユナイテッドが勝利した。 ▽開幕4連勝中のワトフォードが、ユナイテッドを本拠地ヴィカレージ・ロードに迎えた一戦。好調を維持するワトフォードは、前節のトッテナム戦と同じ先発メンバーを採用した。 ▽一方、前節のバーンリー戦でリーグ戦3試合ぶりの白星を飾ったユナイテッドは、その試合から代表ウィークの試合で途中交代したショーが脳しんとうと診断されたため欠場。代わりにアシュリー・ヤングが左サイドバックで起用された。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先にチャンスを迎えたのはワトフォード。16分、敵陣で相手DFからボールを奪い返したR・ペレイラ横パスからボックス中央のディーニーがシュート。しかし、これはGKデ・ヘアの好守に防がれた。 ▽対するユナイテッドは35分、ボックス右でボールを収めたフェライニがクロス。これが相手DFに当たりファーサイドに流れると、スモーリングの繋ぎを受けたA・ヤングがボックス左角付近から再びクロスを供給。このボールをゴール前のルカクが体で押し込み、先制に成功した。 ▽先制点で勢いづくユナイテッドは、38分にも右CKをファーサイドのフェライニが折り返すと、これをゴール前のスモーリングが胸トラップから豪快なボレーシュートで叩き込み、追加点を奪った。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのはワトフォード。65分、R・ペレイラのパスをボックス左で受けたドゥクレがマイナスのクロスを供給。これをボックス中央のA・グレイが右足で合わせると、シュートはゴール右上に突き刺さった。 ▽1点を返し攻勢を強めたワトフォードは、後半アディショナルタイムに決定機。94分、右サイドでヒューズがマティッチに倒されると、このプレーで2枚目のイエローカードを受けたマティッチが退場。数的優位を得たワトフォードは、ヒューズのFKからゴール前のカバセレがヘディングシュートでゴールに迫ったが、これはGKデ・ヘアのファインセーブ阻まれた。 ▽結局、試合はそのまま1-2で終了。ルカク&スモーリング弾で逃げ切ったユナイテッドが今季初の連勝。一方のワトフォードは、今季初の敗戦となった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.16 03:40 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース