シティ戦控えるリバプールに朗報! サラーが先発復帰へ2018.01.13 02:02 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは14日にプレミアリーグ第23節でマンチェスター・シティとの上位対決に臨む。この一戦を前にエジプト代表FWモハメド・サラーの復帰という、朗報が届いた。

▽今夏ローマからリバプールに加入したサラーは、ここまで得点ランキング2位のリーグ戦17ゴールを挙げるなど、圧巻のパフォーマンスを披露している。しかし、昨年12月30日に行われたレスター・シティ戦でそ径部を痛めた同選手は以降の公式戦を欠場していた。

▽しかし、シティ戦に向けた公式会見に出席したユルゲン・クロップ監督は、サラーがすでに練習に復帰しており、シティ戦での起用が問題ないと語っている。クラブ公式サイトが伝えている。

「もし、現時点で何も問題が起きなければ、サラーは戻ってくる。彼は通常トレーニングを完璧にこなしている」

▽また、クロップ監督は同会見の場でキャプテンのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソン、同FWジョーダン・スタリッジ、スペイン代表DFアルベルト・モレーノなどその他の負傷者の状態についても説明している。

「スタリッジはトレーニングに復帰している。健康を保っているし、再びフィットするために頑張っている」

「ヘンダーソンはピッチでのトレーニングを行っている。彼はスパイクを履いてトレーニングしているし、それは良い兆候だと思う。ただ、現時点でチームトレーニングには参加していない」

「アルベルト・モレーノは昨日からチームトレーニングに復帰した。まだ復帰に向けて時期尚早だが、復帰に向けて準備はできている。ただ、適切なトレーニングを行う時間がもっと必要だ」

▽前節終了時点で4位のリバプールは現在、熾烈なトップ4争いに巻き込まれている。加えて、先日にはブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがバルセロナに流出しており、シティとのビッグマッチに向けてサラーが復帰できることは心強い限りだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナ、スアレスの後継者は誰に?

▽バルセロナはイングランド代表FWハリー・ケイン(25)かブラジル代表FWロベルト・フィルミノ(26)どちらかの獲得に動くようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』の情報をもとに、スペイン『PasionFutbol』が伝えた。 ▽2014年に夏にリバプールから加入して以来、最前線に君臨し続けているウルグアイ代表FWルイス・スアレス。昨シーズンも公式戦51試合31ゴール18アシストを記録するなど、好パフォーマンスを維持しているが、31歳という年齢に差し掛かっておりバルセロナも後継者探しに動き出している。 ▽そこで、バルセロナが白羽の矢を立てたのが、ケインとフィルミノだ。しかし、両者共に、クラブでの地位を確立しているため獲得は難しいと『スカイ・スポーツ』は指摘している。 ▽ケインは、ロシア・ワールドカップ(W杯)前にトッテナムとの契約を2024年まで延長。また、フィルミノもリバプールとの契約を2023年まで延長しているため、どちらを獲得する際にも、高額な移籍金が必要となるだろう。 ▽どちらの獲得にも失敗した場合には、ライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)や、インテルのアルゼンチン代表マウロ・イカルディ(25)が候補に挙られている。 2018.09.25 20:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ノエル、授賞式でユナイテッドをチクリ! サラーは思わずニヤリ…デ・ヘアは?

▽元オアシスのノエル・ギャラガー氏が、またもマンチェスター・ユナイテッドを“口撃”した。スペイン『アス』が報じている。 ▽マンチェスター・シティの大ファンとして知られるノエル氏は、24日にロンドンで行われたザ・ベストFIFAアワード2018に、プレゼンターとして出席。最も印象的なゴールを決めた選手に与えられる『プスカシュ賞』の受賞者が、リバプールFWモハメド・サラーだと発表する役目を担った。 ▽つまり、今回の授賞式には運営側の人間として参加している。しかし、そういった立場でもそのロックンロールな人柄に歯止めがかかるわけもなく、挨拶の際にユナイテッドにチクりとジョークを浴びせた。 「偉大なフットボーラーとして知られている選手たちと同じ部屋に居られるのは、素晴らしいことだ」 「もちろん、マンチェスター・ユナイテッドの選手が少数なのも最高だ」 ▽この発言を受けて、優勝を争うライバルであるサラーは思わずニヤリ。ユナイテッドの守護神を務めるGKダビド・デ・ヘアが顔をしかめる様子が、カメラに抜かれている。 2018.09.25 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

D・アウベス、メッシのザ・ベスト最終ノミネート漏れに苦言「アルゼンチン代表しか見ていない」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、ザ・ベストFIFAアワード2018の選考に疑問を呈した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽国際サッカー連盟(FIFA)は、24日にザ・ベストFIFAアワード2018の各受賞者を発表。注目を集めたFIFA男子最優秀選手賞には、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが輝き、最終候補にはユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(選考対象時期はマドリー)、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーがノミネートされていた。 ▽各紙は、最終候補3名からバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが漏れていたことを大きく報道。また、元同僚のダニエウ・アウベスも、クラブでの業績が軽視されたことに不満を訴えている。 「メッシがザ・ベストにノミネートされなかったのは、不公平だ」 「彼がアルゼンチン代表でしたことだけを見ていて、バルセロナでしたことは見ていない」 ▽メッシは昨シーズン、ロシア・ワールドカップ(W杯)では母国を優勝に導くことはできずベスト16で姿を消したが、バルセロナでは公式戦54試合45ゴールの活躍でリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ制覇に貢献していた。 2018.09.25 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

カリウス、昨季CL決勝を振り返り…「S・ラモスには一切謝られていない」

今夏にリバプールからのレンタル移籍でベジクタシュに加入したGKロリス・カリウスが、昨季チャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリー戦について振り返った。<br><br>リバプールが1&minus;3で敗れたあの試合で、後半に信じられないようなミスから失点を重ねたカリウス。同選手は後半開始早々にDFセルヒオ・ラモスの肘が顔面を直撃しており、この一連のプレーで脳震盪を起こした可能性が噂されている。<br><br>ドイツ『ビルト』とのインタビューに応じたカリウスは、実際に脳震盪を起こしたことでミスが生じたのどうかについて、次のように語っている。<br><br>「あの衝突の影響と、自分が犯したミスが関係あったのかは、誰にも分からないことだ。これは言い訳ではなく、一つの説明だよ」<br><br>「セルヒオ・ラモスが、意図して僕をケガさせたのかは分からない。彼だけが知っていることだし、さして重要ではないことだ。ただ、彼は僕に一切謝りを入れていない」<br><br>「検査では、僕が一時的な障害にあったことが示された。普通のコンディションならば、あんなミスを犯すことは難しいとは思うけどね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.25 02:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ミスからの成長を約束するカリウス「カーンも2002年からより強くなった」

ベジクタシュのGKロリス・カリウスがドイツ紙『ビルト』のインタビューに応じ、昨シーズンのミスや移籍について語っている。<br><br>カリウスは昨シーズン、リバプールの正守護神としてプレーし、チャンピオンズリーグ決勝進出に貢献。しかし、待ち焦がれたファイナルの舞台は散々たるものになった。カリウスはスローイングのミスでカリム・ベンゼマに先制点を許すと、ガレス・ベイルのミドルシュートをキャッチミスし、ダメ押し弾を浴びた。<br><br>カリウスは「これから100回以上聞かれることになるだろう」と話してこのように続けている。<br><br>「取り消すことはできないし、常に僕の背後に置いている。ただ、オリバー・カーンも2002年のワールドカップ決勝で大きなミスを犯し、強くなった。僕も過去のことを考え続けるより、強くなっていきたい」<br><br>また、リバプールは今夏にローマからGKアリソン・ベッカーを獲得。カリウスはチームを追われる形でベジクタシュへと移籍した。しかし、リバプールのユルゲン・クロップ監督との関係性は決して壊れていないことを明かしている。<br><br>「僕らは素晴らしい関係にある。彼は僕を非難したことがないよ。メディアからの圧力など僕にとっての状況は良くはなかったが、それもフットボールだ。彼は『残っても数試合でプレーできる』と言ったが、僕はナンバーワンになりたかったし、レギュラーとしてプレーしたかった。誰も出て行けとは言わなかったし、リバプールから逃げたわけでもない。人々とは良い関係にあるよ」<br><br>提供:goal.com 2018.09.24 12:05 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース