リバプール、今冬フライブルクから復帰の若手FWケントをブリストルにレンタル!2018.01.13 01:43 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは12日、イングランド人FWライアン・ケント(21)が今シーズン終了までチャンピオンシップ(イングランド2部)のブリストル・シティにレンタル移籍することを発表した。

▽リバプールのアカデミー出身で左ウイングを本職とするケントは、2016年1月に行われたFAカップのエクセター・シティ戦でトップチームデビュー。だが、トップチームで定期的な出場機会は与えられず、コベントリーやバーンズリーへのレンタル移籍を経験。

▽昨夏にはリバプールとの長期契約にサインした後、フライブルクに1年間のレンタル移籍し、今季ここまではリーグ戦6試合に出場。だが、クラブは同選手に更なる出場機会を与えるため、今月8日にレンタル期間を短縮させての復帰を決断。そして、今回新たな武者修行の地としてチャンピオンシップ4位のブリストルを選んだ。

コメント

関連ニュース

thumb

サラー、プレミア新まであと1ゴール…歴代最多得点数に並ぶ

▽リバプールに所属するエジプト代表MFモハメド・サラーが快挙を成し遂げた。『Opta(@OptaJoe)』が伝えている。 ▽サラーは、21日に行われたプレミアリーグ第35節のWBA戦(2-2のドロー)で1ゴールを挙げ、今シーズンの得点数を31ゴールに。この数字は現行の20チーム制になったプレミアリーグ歴代におけるシーズン最多タイの得点記録となる。 ▽シーズン31得点到達者は過去3名。サラーは、元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏や、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスに続く4人目の到達者となる。 ▽なお、プレミアリーグは1994-95シーズンまで22チームで行われ(全42節)、1993-94シーズンのアンディー・コール(マンチェスター・ユナイテッド)、1994-95シーズンのアラン・シアラー(ブラックバーン)は34得点を記録していた。 ◆歴代のプレミア31得点到達者 ・アラン・シアラー(1995-96/ブラックバーン) ・クリスティアーノ・ロナウド(2007-08/マンチェスター・ユナイテッド) ・ルイス・スアレス(2013-14/リバプール) ・モハメド・サラー(2017-18/リバプール) 2018.04.23 09:25 Mon
twitterfacebook
thumb

PFA年間最優秀選手賞はサラー! デ・ブライネを抑えての栄誉

▽イングランドプロサッカー協会(PFA)は22日、PFA年間最優秀選手賞の受賞者として、リバプールに所属するエジプト代表MFモハメド・サラー(25)の選出を発表した。サラーは初受賞となる。 ▽シーズンに最も輝いた選手に贈られるPFA年間最優秀選手賞は今回、マンチェスター・シティのMFケビン・デ・ブライネ、MFダビド・シルバ、MFリロイ・ザネ、トッテナムのFWハリー・ケイン、マンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘア、そしてサラーがノミネートされていた。 ▽昨夏にローマからチェルシー時代以来となるイングランド復帰を果たしたサラーは今シーズン、プレミアリーグ33試合に出場。プレミアリーグのシーズン最多得点記録であり、得点ランキングトップの31ゴールをマークしている。 2018.04.23 08:55 Mon
twitterfacebook
thumb

2年半ぶりゴールのイングス、「この瞬間(得点)のためにとてもハードに取り組んできた」

▽リバプールに所属する元イングランド代表FWダニー・イングスが、WBA戦で決めた約2年半ぶりとなるゴールを振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽リバプールは21日、プレミアリーグ第35節でWBAと対戦し、2-2のドローに終わった。同試合の先制点を記録したイングスにとって、今回のゴールは2015年10月以来となる公式戦での得点となった。 ▽2015年と2016年に両ヒザのじん帯を断裂する重傷を負うなど、近年ケガに悩まされてきたイングスは、復帰後初となる公式戦でのゴールを喜んでいる。 「ここ2年に渡って、僕はこの瞬間(得点)のためにとてもハードに取り組んできた。ここまでたどり着くのに登らなければならない山はとてつもなく大きかった。今は仲間たちの側にいてただ幸せだよ」 「今は少し試合時間を得ている。今日の試合は僕にとっては明らかにポジティブなステップだ。とはいえ、3ポイントを手にした方が良かったけどね」 「あれほど長く離脱した時は、疑いを持ってしまうものだ。だから、ポジティブな人たちが周囲にいてくれることは重要なんだよ。僕のチームメイトやスタッフ、クラブ、ファン、皆が素晴らしいよ」 「そういう存在が、今のような状態に僕がなる上で本当に助けになった。諦めることは簡単だったけど、僕は信念を失うことはなかった。そして、戻ってきたよ。僕はただここから積み重ねることを望んでいる。できるだけチームに貢献するんだ」 ▽その一方で、イングスはチームの一員として格下相手に2点差を追いつかれてのドローという結果に不満を示している。 「落胆しているよ。常にチームが重要なんだ。得点したことは良いけど、結局、3ポイントを求めているものなんだよ。僕たちはそれを手にすることができなかった。だから、落胆している」 「奇妙なコンディションだったんだ。ピッチがとても乾いていた。それはロングボールに適した状態だった。相手には前線にフィジカルが強力な選手が何人かいた。それは彼らにとって本当に利益になった。観衆もいて、相手は勢いをつけて、2点を決めた」 2018.04.22 19:35 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、イングス2年半ぶり弾にサラー今季31点目も逃げ切り失敗でCLローマ戦へ…WBAは今節中の降格回避! 《プレミアリーグ》

▽リバプールは21日、プレミアリーグ第35節でWBAとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 ▽リーグ4戦負けのない3位リバプール(勝ち点70)が、ここ2試合勝ちがなく前節マンチェスター・ユナイテッドに1-0で勝利した最下位WBA(勝ち点24)のホームに乗り込んで行った一戦。また、WBAにとっては、敗北した場合17位スウォンジー(勝ち点33※1試合未消化)が残り勝ち点1以上を積み上げれば降格となる崖っぷちの状態での試合となった。 ▽リバプールは、3-0で勝利した前節のボーンマス戦からスタメンを5名変更。ロバートソン、アーノルド、ロブレン、チェンバレン、フィルミノに代えて、J・ゴメス、クラバン、A・モレーノ、ミルナー、イングスを起用。24日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ローマ戦を見据えたメンバー構成となった。 ▽試合は最序盤から動きをみせる。4分、リバプールが左CKを獲得すると、キッカーのミルナーがショートコーナーを選択。ボールを受けた左サイドのマネがグラウンダーのクロスを入れると、ボックス内のワイナルドゥムが落とし、イングスが蹴り込んで先制点とした。なお、この得点はイングスにとって2015年10月以来、2年半ぶりとなる公式戦のゴールとなった。 ▽さらに24分、サラーのパスを受けたミルナーが右サイドからアーリークロスを供給。しかし、ボックス内に走り込んだイングスがフリーの状態で放ったヘディングシュートは枠を捉えることができない。 ▽WBAは徐々にリバプールのプレスをかわして繋ぐことができるようになっていったが、危険なゾーンに侵攻することはできず。リバプールが優位に試合を運ぶ時間が続く。 ▽42分、ショートカウンターの場面でサラーがボックス内に侵攻。相手DFのスライディングに遭い、こぼれたボールがボックス中央のイングスに渡る。しかし、GKフォスターが一対一で好守をみせ、追加点とはならない。 ▽折り返しを迎えた試合、後半に入ってもWBAはチャンスを作り出すことができない。攻勢をリードを保っているリバプールは66分、イングス、マネに代えてフィルミノ、チェンバレンを投入し、さらに攻勢を強めていく。 ▽すると72分、その途中出場の2人が得点に絡む。前線でボールを受けたフィルミノが、チェンバレンに落とす。ボックス手前中央のチェンバレンがボックス左のサラーにパスを通し、サラーがネットを揺らして今季リーグ31点目とした。 ▽それでも79分、WBAが反撃に出る。右CKの場面で、ファーのジェイ・ロドリゲスが中央に折り返す。反応したドーソンのシュートはGKカリウスに阻まれたが、こぼれ球をリバモアが決め切った。 ▽84分、クロップ監督はサラーに代えてロブレンを投入。守備を強化しつつローマ戦を見据えた采配をしていく。 ▽しかし、試合終了間際の89分、WBAは左サイドからのFKを獲得。ブラントが速いクロスを入れると、ボックス内のロンドンがロブレンのマークを剥がし、ヘディングで同点弾を叩き込んだ。 ▽結局、2-2のスコアで試合が終了。この結果、ホームのWBAは3戦負けなしとして今節中の降格を回避することに成功。リバプールは、終盤の失点で勝ち点を取りこぼして嫌な流れの中でCL準決勝ローマ戦に臨むこととなった。 2018.04.21 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ、待ちぼうけ?…エムレ・ジャン音信不通

▽リバプールに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)のユベントス移籍が混迷を極めているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽今シーズン限りでリバプールとの契約が満了を迎え、以前からユベントス移籍の可能性が取り沙汰されてきたエムレ・ジャン。来シーズンの補強動向を早く落ち着かせたいユベントスは7日、10日以内の返答を求めたとみられ、ドイツ人MFの決断に注目が集まっている。 ▽だが、エムレ・ジャン側は返答期日を過ぎた現在も返答していない模様。同選手に対してバイエルンの関心も囁かれているが、ユベントスは代替案を考慮に入れつつ、返事を待っている状況だという。 ▽その代替案として浮上しているのは、アーセナルのMFアーロン・ラムジー、パリ・サンジェルマンのMFアドリアン・ラビオ、ゼニトのMFレアンドロ・パレデス、ローマのMFロレンツォ・ペッレグリーニとのことだ。 2018.04.21 13:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース