リバプール、今冬フライブルクから復帰の若手FWケントをブリストルにレンタル!2018.01.13 01:43 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは12日、イングランド人FWライアン・ケント(21)が今シーズン終了までチャンピオンシップ(イングランド2部)のブリストル・シティにレンタル移籍することを発表した。

▽リバプールのアカデミー出身で左ウイングを本職とするケントは、2016年1月に行われたFAカップのエクセター・シティ戦でトップチームデビュー。だが、トップチームで定期的な出場機会は与えられず、コベントリーやバーンズリーへのレンタル移籍を経験。

▽昨夏にはリバプールとの長期契約にサインした後、フライブルクに1年間のレンタル移籍し、今季ここまではリーグ戦6試合に出場。だが、クラブは同選手に更なる出場機会を与えるため、今月8日にレンタル期間を短縮させての復帰を決断。そして、今回新たな武者修行の地としてチャンピオンシップ4位のブリストルを選んだ。

コメント

関連ニュース

thumb

史上最高額GKはリバプールの守護神に…クロップが明言 初お披露目は4日のナポリ戦か

▽リバプールのユルゲン・クロップ監督が、新加入のブラジル代表GKアリソン・ベッカーが来シーズンの正GKになることを明かしている。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽今夏、GK史上最高額となる6250万ユーロ+出来高1000万ユーロの総額7250万ユーロ(約94億9000万円)もの移籍金でローマからリバプールに加入したアリソン。同クラブにはGKロリス・カリウスやGKシモン・ミニョレが在籍しているが、クロップ監督はアリソンが来シーズンの守護神となる可能性が高いことを明らかにした。 「明らかに彼はワールドクラスのGKだ。だから『見てみよう』なんて言わない。もちろん彼はプレーする。準備ができているのであれば、我々のゴールを守るのは彼だ。彼が最高のパフォーマンスができるように私たちもサポートしなければならないね」 ▽ブラジル代表としてロシア・ワールドカップに出場したアリソンは、現在は休暇中のためまだチームに合流していない。合流は7月末になるとみられ、リバプールでの初お披露目は8月4日のナポリ戦が見込まれている。また、同11日に開幕が控えているプレミアリーグでは、リバプールはウェストハムと対戦する。 2018.07.23 16:48 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールOBがヴィダとの契約に“ノー!”代わりにゴディン獲得を古巣に要求

現役時代にリバプールで活躍したスティーヴ・ニコル氏は、ドマゴイ・ヴィダよりもディエゴ・ゴディンが古巣に必要だと話した。<br><br>今夏のワールドカップで、ヴィダはデヤン・ロブレンとセンターバックでコンビを組み、クロアチア代表の史上初の決勝進出に貢献。この活躍を受け、リバプールをはじめ、エバートンやウェストハムなどが2000万ポンド(約29億円)程度と比較的格安な同選手の獲得を狙う。<br><br>しかし、リバプールOBのニコル氏は、ユルゲン・クロップ監督が更なる高みを目指すのならヴィダではなく、アトレティコ・マドリーとの契約が残り1年に迫るゴディンの獲得に動くべきだと『ESPN』で持論を展開した。<br><br>「ヴィダの獲得に対して&ldquo;ノー&rdquo;と言うだろう。仮に私が今すぐできるとすれば、アトレティコ・マドリーに行って、ゴディンを獲得する」<br><br>続けて、この移籍はゴディンにとってステップダウンになるのではないかと問われたニコル氏は「彼らもチャンピオンズリーグ決勝に辿り着いたことはあるが、昨シーズンはリバプールとアトレティコ・マドリーのどちらが先まで行った?それにアトレティコ・マドリーは何回優勝した?ゼロだ。一方でリバプールは何回だ?5回だ。これはステップダウンではない」と反論した。<br><br>また、今夏の移籍市場で積極的な動きを見せるリバプールだが、メインターゲットとされてきたナビル・フェキルの獲得に失敗。しかし、ニコル氏は同選手がクロップ監督のフットボールに適した選手だと語り、リバプールが獲得に再び動くことを求めた。<br><br>「彼のことを気に入っている。素晴らしい能力を持っているし、ゴールを挙げることだってできる。最高のタレントで、魅力的な選手だ。リバプールも魅力的なチームだから、彼はチームにフィットするはずだ」<br><br>提供:goal.com 2018.07.23 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ミニョレ、第2GKとしてバルセロナへ?

▽リバプールに所属するベルギー代表GKシモン・ミニョレ(30)にバルセロナ移籍の可能性が高まっているのかもしれない。イギリス『インデペンデント』が伝えた。 ▽リバプールは今夏、ローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカーをGK史上最高額で獲得。昨シーズン、ドイツ人GKロリス・カリウスに後塵を拝したミニョレは今夏、押し出される形で移籍が予想される。 ▽その中、バルセロナは退団が囁かれるオランダ代表GKイェスパー・シレッセンの代わりとして、ミニョレを注視。ドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンのバックアッパーとして獲得を考慮しているという。 2018.07.23 08:55 Mon
twitterfacebook
thumb

後半に3ゴールを奪ったドルトムントが元指揮官クロップ率いるリバプールに逆転勝利!《ICC》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ2018のリバプールvsドルトムントが22日にアメリカで行われ、1-3でドルトムントが勝利した。 ▽クロップ体制2年目のリバプールは、GKカリウスやファン・ダイク、ララナが先発に名を連ねる中、今夏にモナコから加入したファビーニョが先発で新天地デビューを飾った。なお、ロシア・ワールドカップに参戦したサラーやマネらはベンチ外となっている。 ▽一方、21日に行われたマンチェスター・シティ戦を1-0で勝利したドルトムントは、その試合からGKヒッツとザガドゥ以外の先発9人を変更して試合に臨んだ。いまだチームに合流していない香川は欠場となっている。 ▽試合が動いたのは25分、ショートコーナーを受けたロバートソンの左クロスをボックス中央でフリーだったファン・ダイクがヘディングでゴールに叩き込み、リバプールが先制に成功した。 ▽1-0で迎えた後半、リバプールはファビーニョやファン・ダイク、ララナ、マルコビッチら8人を下げて新加入のナビ・ケイタやA・モレーノ、スタリッジ、ミルナーらが投入された。一方のドルトムントは、ディアロやシャヒン、ダフードら8人を下げてゲッツェやシュメルツァー、プリシッチらがピッチに入った。 ▽リバプールは64分、中盤でのボールカットからカウンターを仕掛ける。スタリッジのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したオジョが相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKヒッツがわずかに触れ、クロスバーを直撃した。 ▽ピンチを凌いだドルトムントは、直後の65分に決定機。ドリブルで仕掛けたプリシッチがクラバンにボックス内で倒されPKを獲得。このPKをプリシッチが確実に決め、同点に追いついた。 ▽1-1のまま試合は終盤に突入。このままPK戦に突入すること思われたがドルトムントは89分、細かなパスワークで左サイドを崩すと、ドリブルで持ち上がったシュメルツァーの折り返しを受けたプリシッチがボックス中央まで持ち込みシュートを流し込んだ。 ▽逆転に成功したドルトムントは、後半アディショナルタイム3分にもボックス右から切り込んだプリシッチがシュート。これはGKカリウスに弾かれるも、こぼれ球をJ・ラーセンが押し込み、試合を決定づける3点目を奪った。 ▽結局、試合はそのまま試合終了。後半で3得点を挙げ逆転勝利したドルトムントが、元指揮官クロップ監督の率いるリバプールを下し、ICC連勝を飾った。 リバプール 1-3 ドルトムント 【リバプール】 ファン・ダイク(前25) 【ドルトムント】 プリシッチ(後21[PK]) プリシッチ(後44) J・ラーセン(後48) 2018.07.23 07:21 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェラード率いるレンジャーズ、古巣リバプールから攻撃的MFケント獲得

▽レンジャーズがリバプールに所属するイングランド人MFライアン・ケント(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は1年間となる。 ▽7歳の頃にリバプールのアカデミーに入団したケントは、2015年の夏にトップチームに昇格すると、2016年1月に行われたFAカップ3回戦のエクセター・シティ戦でトップチームデビューを飾った。 ▽しかし、その後はトップチームでの出場機会は恵まれず、コヴェントリーやバーンズリーへレンタル移籍。昨夏にはリバプールとの長期契約にサインした後、フライブルクにレンタル移籍で加入したがここでもわずか6試合の出場にとどまると、半年でリバプールへ復帰。今冬には再びのレンタル移籍でブリストル・シティに加入していた。 2018.07.23 00:05 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース