ヴォルフスブルクのドイツ人MFシュテファニアクがニュルンベルクへレンタル移籍2018.01.13 01:21 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴォルフスブルクは12日、ドイツ人MFマルヴィン・シュテファニアク(22)がブンデス2部のニュルンベルクへレンタルで移籍することを発表した。期間は今季終了までとなっている。

▽ディナモ・ドレスデンの下部組織で育ったシュテファニアクは、左サイドを主戦場に2列目を得意とする攻撃的MF。U-17からU-21までドイツ代表に選出されてきた経歴を持ち、ディナモ・ドレスデンでは公式戦107試合に出場して7ゴール37アシストを記録して、主力として活躍した。そして今季、ヴォルフスブルクに移籍したが、トップチームでの出場はなく、厳しい立場に立たされていた。

▽移籍先のニュルンベルクは2部で3位に付け、首位のデュッセルドルフとは1ポイント差としている。

コメント

関連ニュース

thumb

長谷部リベロでフル出場のフランクフルトが10人のヴォルフスブルクに勝利《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは20日、ブンデスリーガ第19節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽前節フライブルク戦を1-1と引き分けた9位フランクフルト(勝ち点27)は、長谷部が前節に続き3バックの中央で先発となった。 ▽12位ヴォルフスブルク(勝ち点20)に対し、フランクフルトは12分ピンチ。ボックス内のマリにルーズボールを拾われてシュートに持ち込まれたが、GKフラデツキーがセーブした。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、18分にフランクフルトが先制した。右サイドから中へ切れ込んだヴォルフのパスを受けたボックス右のアラーがDFを背負いながらニア上をぶち抜いた。 ▽さらに22分、フランクフルトが突き放す。レビッチのヒールパスを受けたボックス右のヴォルフがクロス。これをファーサイドのチャンドラーが押し込んだ。 ▽2点をリードしたフランクフルトはハーフタイムにかけてもカウンターでヴォルフスブルクをけん制し、主導権を渡さずに前半を終えた。 ▽迎えた後半もフランクフルトがヴォルフスブルクをいなしながら時間を進めていったが、66分に1点差に詰め寄られる。ボックス手前右で与えたFKをアーノルドに直接狙われると、壁に当たってコースの変わったシュートがゴール左上に決まった。 ▽しかし直後、ディマタが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、フランクフルトは数的優位となった。 ▽終盤にかけてはフランクフルトが危なげなく時間を消化。85分にはヨビッチが加点して3-1とし、新年初勝利を飾っている。 2018.01.21 01:41 Sun
twitterfacebook
thumb

サンテチェンヌ、ヴォルフスブルクからフランス代表FWエンテプを今季終了までのレンタルで獲得

▽サンテチェンヌは17日、ヴォルフスブルクに所属するフランス代表FWポール=ジョルジュ・エンテプ(25)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。 ▽左ウイングを主戦場とするエンテプは、スピードを活かしたドリブル突破が持ち味のアタッカー。2012年にオーセルでトップチームデビューを果たすと、2014年1月にレンヌへ加入。レンヌでは在籍3シーズンで公式戦83試合に出場し18ゴールをマークした。 ▽レンヌでの活躍が認められ、2017年1月にヴォルフスブルクに移籍すると、昨季はブンデスリーガ10試合に出場。しかし、今季はここまでブンデスリーガ5試合の出場にとどまっていた。 ▽また、各年代のフランス代表に選出されてきたエンテプは、2015年5月にA代表に初招集されると、ここまで2試合に出場している。 2018.01.18 02:21 Thu
twitterfacebook
thumb

香川フル出場のドルトムント、ヴォルフスブルクにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは14日、ブンデスリーガ第18節でヴォルフスブルクとのホーム戦に臨み、0-0で引き分けた。ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽ウインターブレイク前の前半戦最終戦となったホッフェンハイム戦を香川のPK獲得と決勝アシストで2-1と勝利し、2連勝で2017年を締めくくった3位ドルトムント(勝ち点28)は、ウインターブレイク中に負傷が癒えたゲッツェやピシュチェクがスタメン入り。シュティーガー監督就任で結果の出ている香川も先発に入った。一方で移籍の噂されるオーバメヤンやプリシッチがベンチ外となった。 ▽[4-3-3]を採用したドルトムントは3トップに右からヤルモレンコ、イサク、サンチョ、中盤アンカーにヴァイグル、左インサイドに香川、右インサイドにゲッツェを配した。 ▽そのドルトムントが立ち上がりから敵陣でボールを保持すると、9分にピシュチェクが枠内シュートをマーク。続く22分にはピシュチェクの右クロスをヤルモレンコが左足で合わせるも枠の右に外してしまう。 ▽前半半ば以降もボールを保持したドルトムントは31分、香川のパスを受けたボックス右のヤルモレンコが右足でシュートに持ち込んだが、枠を捉えられず。すると37分には大ピンチ。マリのヒールパスをボックス左で受けたディダヴィにシュートを許す。しかし、GKビュルキがファインセーブで凌いだ。 ▽助かったドルトムントは43分にゲッツェのパスをボックス右で受けたイサクがシュート。だが、枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始3分、ドルトムントは絶好の先制チャンスを得る。ボックス左に侵入したゲッツェの折り返しをヤルモレンコが右足でボレー。しかし、シュートを枠の上に外してしまった。さらに55分、ボックス右深くまでえぐった香川の折り返しをファーサイドのサンチョが左足で押し込みにかかるも、ボールは左ポストを叩いた。 ▽すると58分にはピンチ。スルーパスでボックス右のスペースを突いたオリジにシュートに持ち込まれてしまう。だが、ここもGKビュルキが好守で凌いだ。さらに66分、右サイドに流れたオリジのクロスを直前に投入されていたシュテフェンにダイビングヘッドで狙われるも、枠を外れて助かった。 ▽流れの悪いドルトムントは後半半ばを過ぎ、シュールレ、シャヒンと投入していく。すると79分にはシャヒンのロングフィードからシュールレがシュートに持ち込んだ。しかし、終盤にかけても目立ったチャンスを生み出せず0-0で終了。新年初戦を勝利で飾ることはできず、4位に後退している。 2018.01.15 03:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク生え抜きのMFアーノルドが2年間の契約延長

▽ヴォルフスブルクは1日、元ドイツ代表MFマキシミリアン・アーノルド(23)との契約延長を発表した。新たに2年間契約を延長するとのことだ。 ▽ヴォルフスブルクの下部組織出身のアーノルドは、2011年10月にトップチーム昇格。3年目の2013-14シーズンからレギュラーを掴むと、今シーズンもここまでブンデスリーガ14試合に出場し1ゴールを記録していた。 ▽アーノルドはクラブと2020年までの契約だったが、2022年6月30日まで契約を延長。ここまでブンデスリーガ通算140試合出場20ゴール、 DFBポカールで15試合出場2ゴール、チャンピオンズリーグで10試合に出場し1ゴールを記録していた。 2018.01.02 11:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、ヴォルフスブルクにドローで3戦勝利なし《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは12日、ブンデスリーガ第16節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節マインツ戦を2-2と引き分け、ここ2試合勝利のない2位ライプツィヒ(勝ち点27)が、11位ヴォルフスブルク(勝ち点18)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽立ち上がりから仕掛けたライプツィヒは7分に決定機。相手選手のクリアボールがボックス右に流れ、ヴェルナーがシュート。枠の左を捉えていたが、GKにセーブされる。 ▽良い入りを見せていたライプツィヒだったが、14分にPKを献上する。ゴメスをボックス内のコナテが倒してしまった。これをフェルハーフに決められ、先制されてしまう。 ▽失点を受けてさらに前がかったライプツィヒだったが、自陣に引くヴォルフスブルクを崩し切れない。結局、序盤のヴェルナーのシュート以外に目立ったチャンスは作れず前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半もライプツィヒが押し込む展開とすると、53分に同点に追いついた。ボックス中央のY・ポウルセンのパスをボックス左に走り込んだハルステンベルクがスライディングシュートでゴール右に流し込んだ。 ▽その後も攻勢に出るライプツィヒに対し、56分にゴメスのミドルシュートでゴールを脅かしたヴォルフスブルクは、そのゴメスに代えてオリジを投入。 ▽一進一退の攻防が続くと、78分にヴォルフスブルクに決定機。左クロスがディフレクトし、ゴール前でフリーのオリジがボレー。しかし、シュートを枠の上に外してしまった。 ▽終盤にかけては互いにチャンスを生み出せなかった中、試合終了間際にピンチを迎えたライプツィヒだったが、GKグラクシの好セーブで何とか1-1のままタイムアップ。勝ち点1獲得に留まり、ライプツィヒは3戦勝利なしとなった。 2017.12.13 04:34 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース