ハダースフィールド、ノリッジMFプリチャードを完全移籍で獲得2018.01.13 00:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハダースフィールドは12日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のノリッジに所属するイングランド人MFアレックス・プリチャード(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年半で、移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば1200万ポンド(約18億2000万円)とのことだ。

▽ウェストハムとトッテナムの下部組織に在籍していた経歴を持つ2列目を主戦場とする攻撃的MFのプリチャードは、2016年夏にトッテナムからノリッジへ移籍。昨季はチャンピオンシップで30試合に出場して6ゴール9アシストを記録して活躍したが、今季はここまでリーグ戦8試合の出場で1ゴール2アシストに留まっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ハダースフィールドがモナコからオランダ代表DFコンゴロを今季終了までのレンタルで獲得

▽ハダースフィールドは2日、オランダ代表DFテレンス・コンゴロ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は5を着用する。 ▽フェイエノールトの下部組織で育ったコンゴロは、2012年にトップチームデビュー。2013-14シーズンからブレイクの兆しを見せ始めると、2014年ブラジル・ワールドカップでオランダ代表メンバー入り。オランダ代表では、ここまで通算3試合に出場。また、主力に定着したフェイエノールトでは、公式戦通算138試合に出場し3ゴールを記録していた。 ▽フェイエノールトでの活躍が認められ、2017年7月にモナコへ完全移籍で加入したコンゴロだったが、左サイドバックでプレーする同クラブではブラジル代表DFジョルジの牙城を崩せず、公式戦6試合の出場に留まっていた。 2018.01.03 02:25 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎フル出場のレスターが公式戦6試合ぶりの白星を飾る!《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは1日、プレミアリーグ第22節でハダースフィールドと対戦し、3-0で勝利した。FW岡崎慎司はフル出場を果たした。 ▽8位のレスター(勝ち点27)が、11位ハダースフィールド(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。2日前に行われたリバプール戦で逆転負けを喫したレスターは、その試合からスタメンを3人変更。ヴァーディやグレイ、イボーラに代えて岡崎、スリマニ、M・ジェームズを先発で起用した。また、書類の到着が“14秒”遅かったため選手登録を拒否されていたアドリエン・シウバが移籍後初のベンチ入りを果たした。 ▽立ち上がりから攻勢に出るレスターは7分、オルブライトンとのパス交換で左サイドを突破したフックスのクロスをゴール前でフリーのスリマニが頭で合わせたが、これはオフサイドの判定。 ▽一進一退の攻防が続く中、レスターは28分にアクシデント。左太もも裏を痛めたモーガンがプレー続行不可能となりドラゴビッチとの交代を強いられた。34分、レスターはフックスのロングスローのセカンドボールをボックス中央で拾ったエンディディが決定機を迎えたが、シュートは枠の右に外れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先に試合を動かしたのはレスター。53分、フックスのロングスローが相手DFにクリアされると、こぼれ球をバイタルエリアで拾ったオルブライトンがダイレクトパスをゴール前に供給。これをゴール右に走り込んだマフレズが左足で流し込んだ。 ▽先制点で勢いづくレスターは、60分にもカウンターから追加点。自陣でボールを奪った岡崎が素早く前線にパスを供給。これを受けたマフレズが絶妙なスルーパスを相手DFの裏に送ると、抜け出したスリマニが飛び出した相手GKの頭上を越すループシュートでゴールネットを揺らした。 ▽リードを広げたレスターは、77分にグレイを投入。さらに86分には、待望のプレミアデビューとなるアドリエン・シウバをピッチに送り出した。 ▽その後も危なげない試合運びを見せるレスターは、試合終了間際にもオルブライトンにゴールが生まれ、3-0で完勝。公式戦6試合ぶりの白星を飾った。 2018.01.02 02:14 Tue
twitterfacebook
thumb

吉田失点関与のサウサンプトン、ハダースフィールドに追いつかれて6戦勝利なし《プレミアリーグ》

▽サウサンプトンは23日、プレミアリーグ第19節でハダースフィールドをホームに迎え、1-1で引き分けた。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場している。 ▽前節チェルシーに0-1と惜敗し、リーグ5戦未勝利となっている12位サウサンプトン(勝ち点18)は、吉田が[4-2-3-1]の右センターバックで4試合連続スタメンとなった。 ▽11位ハダースフィールド(勝ち点21)に対し、一進一退の攻防で立ち上がると、15分にシンドラーのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKフォースターがビッグセーブで阻止。すると24分にサウサンプトンが先制する。右CKからホードがヘディングで合わせると、ゴールエリア左のオースティンが頭で押し込んだ。 ▽先制して主導権を握るサウサンプトンは、41分に相手GKのキックをカットした流れからオースティンがロングシュートを狙うも、戻ったGKレッスルに処理され、1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、ハダースフィールドにボールを持たせたサウサンプトンは、60分に追加点のチャンス。カウンターからレドモンドのパスを受けたボックス中央のオースティンがシュートに持ち込んだが、わずかに枠の左に外れた。 ▽すると64分に失点する。自陣左サイドから上がったクロスに対し、吉田のマークを外したドゥポワトルにヘディングシュートで叩き込まれた。 ▽押し込まれるサウサンプトンは72分に2枚代えを敢行。デイビスとタディッチに代えてホイビュルクとブファルを投入した。すると76分には左CKから吉田が右足ボレーで合わせにかかるも、ミートしきれない。 ▽その後、75分にオースティンがGKを強襲するシュートを打った際に左足太ももを痛めたサウサンプトンはガッビアディーニを投入。終盤にかけてはこう着状態が続いたが、終了間際野の追加タイム1分に吉田に決定機。FKから吉田のヘディングシュートが右ポストを直撃した。このまま1-1でタイムアップとなり、勝ち点1を分け合った。 2017.12.24 02:03 Sun
twitterfacebook
thumb

ハダースフィールド、レギュラーFWカチュンガが負傷…8~12週間の離脱

▽ハダースフィールドは18日、DRコンゴ代表FWエリアス・カチュンガが、内側側副じん帯損傷により8~12週間離脱することを発表した。 ▽カチュンガは、16日に行われたプレミアリーグ第18節のワトフォード戦(4-1でハダースフィールドが勝利)で開始間もない8分に得点を記録したものの、その約10分後に負傷。プレミア初得点を記録した試合で早々の交代を余儀なくされていた。 ▽診察をした結果、今回の負傷が明らかに。18日の午後に専門家の診断を受ける予定となっているが、その判断を待たずして8~12週間の離脱が見込まれているとのことだ。 ▽カチュンガは、今シーズンのプレミア17試合に出場。主に右ウイングを主戦場として、45年ぶりに昇格したプレミアで11位と健闘するハダースフィールドを支えていた。 2017.12.18 22:22 Mon
twitterfacebook
thumb

ウィリアンの1G2Aの活躍でチェルシーが2戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第17節、ハダースフィールドvsチェルシーが12日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが3-1で勝利した。 ▽前節、降格圏に低迷するウェストハムとのダービーで痛恨の敗戦を喫した3位のチェルシー(勝ち点32)が、12位のハダースフィールド(勝ち点18)を相手に2試合ぶりの勝利を目指す一戦。コンテ監督は必勝が求められる中2日での一戦に向けて先発4人を変更。ケイヒル、ザッパコスタに代わってリュディガー、モーゼスを起用したほか、セスクと負傷のモラタに代わって、ウィリアンとペドロをアザールと共に3トップに配す[3-4-3]の布陣で臨んだ。 ▽立ち上がりから攻勢に出るチェルシーは6分、ウィリアンからのスルーパスに抜け出したペドロがいきなりゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。 ▽その後も流動的な3トップが間でボールを受けて起点を作るチェルシーだが、なかなか相手の守備を崩し切れない。しかし23分、相手のミスから先手を奪う。相手GKのリスタートにプレッシャーをかけると、GKレッスルのキックミスをモーゼスが前線にヘディングで繋ぐ。ペドロから短いパスを受けたウィリアンがボックス左に走り込むバカヨコにラストパス。そして、飛び出したGKの脇を抜くバカヨコの浮き球シュートに対して、必死の戻りを見せたDFのクリアが間に合わず、ゴールネットに吸い込まれた。 ▽幸先良く先制に成功したチェルシーは、その後も冷静に試合をコントロール。40分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でウィリアンのクロスにバカヨコが頭で合わすが、わずかに枠の左。それでも、攻勢を続けるチェルシーは43分、アスピリクエタの絶妙なサイドチェンジを左サイド深くで受けたマルコス・アロンソが滞空時間の長いクロス。これをファーから中に絞ってきたウィリアンが丁寧なヘディングシュートで流し込み、前半を2点リードで終えた。 ▽ほぼ理想的な試合運びを見せるチェルシーは、後半立ち上がりの50分に試合を決定付ける3点目を奪う。再び左サイド深くでボールを受けたマルコス・アロンソがゴール前で待つウィリアンに低いクロスを通す。ここでDFと競り合ったウィリアンが何とかマイナスに落とすと、これをペドロが見事なダイレクトシュートでゴール右上隅に突き刺した。 ▽この3点目で勝利を確信したコンテ監督は、週末のリーグ戦を睨んでここから意図的に試合のペースを落としていく。さらに、65分を過ぎてアザール、カンテ、クリステンセンと主力を下げて、バチュアイ、ドリンクォーター、アンパドゥを投入した。 ▽その後も試合はチェルシーペースで進むも、アウェイチームは4点目のチャンスを逸し続ける。すると、このまま試合終了かに思われたラストプレーで途中出場のドゥポワトルに豪快なヘディングシュートを叩き込まれ、クリーンシートを逃がす。それでも、敵地で完勝のチェルシーが前節の敗戦を払しょくする3-1の勝利を手にした。 2017.12.13 07:07 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース