ハダースフィールド、ノリッジMFプリチャードを完全移籍で獲得2018.01.13 00:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハダースフィールドは12日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のノリッジに所属するイングランド人MFアレックス・プリチャード(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年半で、移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば1200万ポンド(約18億2000万円)とのことだ。

▽ウェストハムとトッテナムの下部組織に在籍していた経歴を持つ2列目を主戦場とする攻撃的MFのプリチャードは、2016年夏にトッテナムからノリッジへ移籍。昨季はチャンピオンシップで30試合に出場して6ゴール9アシストを記録して活躍したが、今季はここまでリーグ戦8試合の出場で1ゴール2アシストに留まっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ケインの2得点でスパーズがハダースフィールドに完勝で公式戦3連勝!CLバルサ戦へ弾み《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第7節、ハダースフィールドvsトッテナムが29日に行われ、2-0でトッテナムが勝利した。 ▽9月前半の公式戦3連敗から、前節のブライトン戦と直近のEFLカップのワトフォード戦で連勝を取り戻した。GKロリス、エリクセン、デレ・アリなど主力を負傷で欠く中、最下位ハダースフィールドとのアウェイ戦に臨む5位トッテナムは、3バックを採用し、アタッカー陣にはキャプテンマークのソン・フンミンや好調ルーカス・モウラ、ケインが顔をそろえた。 ▽まずはトッテナムが7分、右サイドのトリッピア―のクロスにローズが反応。頭で飛び込んでゴールを狙ったが、惜しくも枠の右に外れた。ポゼッションでは劣るものの、的確に弱点を突くトッテナムは25分、カウンターでルーカス・モウラがボックスまで運び、相手に倒されながらも後ろからきたトリッピア―がクロスを供給。高精度のクロスに合わせたのがケイン。頭で綺麗に合わせてトッテナムが先制した。 ▽アウェイチームはさらに33分にソン・フンミンとのパス交換からボックス左に侵入したローズが相手に倒されPKを獲得。これをケインがきっちり決めてリードを広げた。 ▽ハダースフィールドの前半最大の決定機はアディショナルタイムに訪れた。左サイドのクロスからドゥポワトルが左足ボレーシュート。しかし、このシュートはクロスバーを直撃。GKガッサニーガも反応できていなかったがゴールに嫌われてしまった。 ▽2点のリードで後半に入るトッテナムは、前半に負傷したヴェルトンゲンに代えてワニャマ、デンベレに代えてウィンクスを投入した。 ▽後半も主導権を握るトッテナムは50分にルーカス・モウラがチャンスを迎えるがシュートはGKにセーブされる。53分にもソン・フンミンのパスからルーカス・モウラがゴール前に侵攻するが、相手DFの足が一足先に出てクリアされてしまった。 ▽前半よりも攻撃の形ができているハダースフィールドは70分過ぎにゴール正面のFKをレーベが狙うが、ボール一つ分枠の右へ。さらに75分には今度は左サイドのFKからビリングがヘディングシュートを放つがGKガッサニーガが難なくセーブ。78分には流れなの中から、途中出場のアデルジョナイナイのパスを受けたこちらも途中出場のムベンザがゴール右上隅を捉えたシュートを放つも、ここでもGKガッサニーガが立ちふさがった。 ▽その後はペースを緩めたトッテナムが巧みに試合を支配してタイムアップ。公式戦3連勝とし完全に復調。次の試合は来月3日のチャンピオンズリーグ、バルセロナ戦だ。 2018.09.30 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎終盤出場のレスターがハダースフィールドに逆転勝利で3戦ぶり勝利《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは22日、プレミアリーグ第6節でハダースフィールドをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。レスターのFW岡崎慎司は85分からプレーしている。 ▽前節ボーンマス戦を2-4と落とし2勝3敗となったレスターは、今節も岡崎がベンチスタートとなった。 ▽今季2分け3敗と未勝利のハダースフィールドに対し、レスターは5分に失点する。ロングスローの流れからマティアス・ヨルゲンセンンにシュートを蹴り込まれた。 ▽それでも19分、レスターが追いつく。ディフェンスライン裏を突いてヴァーディのラストパスを受けたイヘアナチョが冷静にGKとの一対一を制した。 ▽そして1-1で迎えた後半の66分、レスターが逆転する。ボックス手前中央で得たFKをマディソンが直接狙うと、ゴール左上を捉えたシュートがGKの手を弾いてネットを揺らした。 ▽そして75分、勝負を決定付ける。スルーパスに抜け出したヴァーディがボックス右に侵入し、チップキックでGKとの一対一を制した。 ▽85分には岡崎がマディソンに代わって出場。その岡崎は試合終了間際の追加タイム3分に左足ボレーでゴールに迫ったが、GKにセーブされ、直後にタイムアップ。レスターが逆転勝利で今季の戦績を3勝3敗のタイとしている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 01:36 Sun
twitterfacebook
thumb

アグエロのハットなど圧巻ゴールショーの王者シティが開幕連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節、マンチェスター・シティvsハダースフィールドが19日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが6-1で快勝した。 ▽アーセナルとの敵地での開幕戦を2-0の快勝で飾った王者シティは連勝を目指すホーム開幕戦でハダースフィールドと対戦。今週の練習中に絶対的司令塔デ・ブライネがヒザを痛めて長期離脱というショッキングなニュースが伝えられた中、グアルディオラ監督はハダースフィールド戦に向けてアーセナル戦から先発3人を変更。ウォーカーとマフレズ、スターリングに代えてコンパニ、シルバ、ガブリエウ・ジェズスを起用。[3-1-4-2]の布陣で臨んだ。 ▽メンディとベルナルド・シウバをウイングバックに配し、ジェズスとアグエロを2トップに並べた布陣で臨んだシティは立ち上がりから相手ゴールに迫る。開始3分と5分にはいずれもシルバの質の高いクロスからゴール前のジェズスに決定機も、ここは相手GKハマーのファインセーブに阻まれる。 ▽押しこみながらもなかなかゴールをこじ開けられないシティだったが、25分に意外な形からゴールをこじ開ける。GKエデルソンからの絶妙なゴールキックに抜け出したアグエロがボックス手前でDF1人とGKを引き付けて柔らかな浮き球シュートを放つと、これが無人のゴールネットを揺らした。 ▽アグエロの今季初ゴールで勢いづくホームチームは31分に左サイドでのメンディとジェズスの仕掛けから長い距離を運んでボックス付近でメンディが仕掛けてこぼれたボールを回収したジェズスが左足のシュートをゴール左隅に流し込み、アグエロに続いて今季初ゴールを記録。その直後の35分にはメンディの低い高速クロスを相手GKハマーがファンブルすると、これをストライカーの嗅覚で反応したアグエロがこの試合2点目を奪取。その後、43分には相手の右サイドからのロングスローをニアでムニエにフリックされてスタンコビッチに1点を返されるが、前半を3-1で終えることに成功した。 ▽後半立ち上がりの48分にボックス手前の好位置でFKを得たシティはキッカーのシルバが自身のプレミアリーグ250試合出場を祝う見事な直接FKをゴール右上隅に突き刺し、再びリードを3点に広げた。 ▽この4点目で試合を決めたシティだが、その後もゴール意識が高い前線の選手を中心に相手を圧倒。64分には殊勲のシルバを下げてマフレズを投入。75分にはメンディの左サイド深くからの鋭いクロスをニアに走り込んだアグエロが右足アウトサイドで合わせてハットトリックを達成した。 ▽その後、アグエロとギュンドアンに代えてザネ、フォーデンと若手をピッチに送り出したシティは85分にもボックス左に抜け出したザネのシュートが相手DFのオウンゴールを誘い、6点目を奪取。そして、アグエロのハットトリックの活躍などで6-1の快勝を収めたシティが開幕連勝を飾った。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 23:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ケパがデビューの新生チェルシー、カンテ弾やジョルジーニョのPK弾などで3発快勝スタート《プレミアリーグ》

▽チェルシーは11日、プレミアリーグ第1節でハダースフィールドとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽5日に行われたマンチェスター・シティとのコミュニティー・シールドを0-2と完敗したサッリ新体制のチェルシーは、その試合のスタメンから3選手を変更。セスク、ハドソン=オドイに代えてカンテとウィリアンを、そしてカバジェロに代えてGKにおける史上最高移籍金の8000万ユーロでビルバオから獲得したケパを早速スタメンで起用した。 ▽3トップに右からペドロ、モラタ、ウィリアン、中盤インサイドにカンテとバークリー、アンカーにジョルジーニョを配す[4-3-3]で臨んだチェルシーは、守備時に5バックで構えるハダースフィールドに対し、慎重な立ち上がりを見せる。 ▽徐々にポゼッションを高めていったチェルシーだったが、シュートに持ち込めず膠着状態が続く。それでも攻め手がなかった中、34分に先制する。左サイドから仕掛けたウィリアンがクロスを上げると、ファーサイドのカンテが左足ボレーで合わせたシュートがゴール左に決まった。 ▽先制したチェルシーは37分に大ピンチ。右CKからムニエにヘディングシュートを許し、左ポストを直撃した。助かったチェルシーは44分、PKを獲得する。ジョルジーニョの縦パスをバークリーがヒールで流し、マルコス・アロンソがボックス左に侵入。シュートを打ちにかかったところで、シンドラーのスライディングタックルを受けて倒され、PKとなった。これを新加入のジョルジーニョが冷静にゴール右へグラウンダーのシュートを決めて、チェルシーが2点をリードして前半を終えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半からプリチャードに代えてドゥポワトルを投入してきたハダースフィールドに対し、引き続きチェルシーが押し込む展開とすると、57分にCKからリュディガーがヘディングシュートでGKハマーを強襲。さらに直後のCKの流れからマルコス・アロンソのバイシクルシュートがバーを直撃した。 ▽その後もチェルシーがボールを保持する中、65分にはマルコス・アロンソが直接FKで牽制する。後半半ばを迎え、アタッカーのディアカビを投入してきたハダースフィールドに押し込まれ始めたチェルシーは、ウィリアンに代えてアザールを投入。 ▽すると80分、カウンターに転じたチェルシーが勝負を決定付ける。アザールが持ち上がってDFを引きつけてラストパス。ボックス右で受けたペドロがGKとの一対一を制した。 ▽このまま3-0で快勝した新生チェルシーが白星スタートを切っている。 2018.08.12 00:53 Sun
twitterfacebook
thumb

ハダースフィールド、DFクリストファー・シンドラーと契約延長!

▽ハダースフィールドは10日、ドイツ人DFクリストファー・シンドラー(28)との契約を2021年6月まで延長したことを発表した。 ▽2016年夏に1860ミュンヘンからハダースフィールドに加入したセンターバックのシンドラー。昨シーズンは公式戦39試合に出場して、プレミアリーグ初挑戦となったクラブの1部残留に貢献した。 ▽ハダースフィールドを率いるデイビッド・ワグナー監督は、シンドラーの契約延長を以下のように喜んだ。 「昨シーズンの彼のクオリティは高く、本当に輝いていた。これまでずっとプレミアリーグでプレーしていたかのようだった。この新契約が締結できたことをとても光栄に思っている。彼は優れた選手であるだけでなく、ドレッシングルームでも最高の人間で、真のリーダーだ」 「私はまだまだ彼が選手としての能力を向上させていけると信じている。これはとてもエキサイティングなことだ。そして、チェルシーとのプレミアリーグ開幕戦に向けて大きな前進だ」 2018.08.10 19:55 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース