アラベス、エスパニョールのパラグアイ代表FWエルナン・ペレスをレンタルで獲得2018.01.12 23:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アラベスは12日、エスパニョールのパラグアイ代表FWエルナン・ペレス(28)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。

▽ウイングを主戦場とするエルナン・ペレスは、2009年からビジャレアルでプレー。2011年にトップチームデビューを飾り、公式戦58試合に出場して7ゴールと活躍。その後、オリンピアコスとバジャドリーへのレンタル移籍を経て、2015年夏にエスパニョールへ完全移籍していた。しかし、今季はここまでリーガで4試合、コパ・デル・レイで1試合の出場に留まっていた。パラグアイ代表としては26試合に出場している。

▽移籍先のアラベスは降格圏の18位に沈み、残留圏内の17位デポルティボとは1ポイント差となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

エイバル、乾2戦ぶり先発もアラベスの1発に泣き6戦勝ちなし…《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF乾貴士が所属するエイバルは15日、リーガエスパニョーラ第32節でホームにアラベスを迎え、0-1で敗北。乾は78分までプレーした。 ▽5試合勝ちのない暫定11位のエイバル(勝ち点40)と、2試合負けのない暫定16位のアラベス(勝ち点35)による“バスク・ダービー”。乾は、2試合ぶりにペドロ・レオンらとともにスタメンに名を連ねた。 ▽試合開始早々、アラベスがファーストチャンスをモノにする。最前線のソブリーノがボックス左に抜け出し、中央マイナス方向に折り返す。ボックス手前のグイデッティが右足でグラウンダーのシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。 ▽反撃に出るエイバルは、16分にボックス手前右のペドロ・レオンが鋭く落ちるミドルシュートを浴びせたが、GKパチェコがファインセーブを披露。同点ゴールとはならない。 ▽乾は左サイドに大きく開いて幾度かドリブルを試みるが、アラベスの集中した守備に苦しみ打開できず。エイバルは、ボールを保持しつつも大きなチャンスを作り出すことができないまま試合を折り返すこととなった。 ▽後半に入っても、エイバルは得点を目指して攻勢をかける。52分、ボックス左からのFKの場面で、キッカーはペドロ・レオン。しかし、右足の強烈なシュートは、またしてもGKパチェコに阻まれた。 ▽エイバルはさらに61分、左サイドでボールを持った乾が右足で速いクロスを供給。しかし、GKパチェコのパンチングに阻まれ、ボックス内で待ち構えるオレジャーナはヘディングシュートを放つことができない。64分にもボックス左で乾のパスを受けたオレジャーナが右足でシュートを放ったが、アラベスDFのブロックに遭う。 ▽リズムを変えたいエイバルは、78分に疲れが見えてきた乾に代えてカパを投入。防戦一方となっているアラベスも、81分にイバイ・ゴメスに代えて好調なムニルを起用した。 ▽結局、エイバルがその後もネットを揺らすことができないまま試合が終了。この結果、エイバルは6試合勝ちなしで連敗突入と、ホームで苦杯を喫することに。対するアラベスは、連勝を飾った。 2018.04.15 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎、6試合ぶり先発も途中交代…ヘタフェもアラベスに敗れて連敗《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF柴崎岳が所属するヘタフェは7日、リーガエスパニョーラ第31節でアラベスと対戦し、0-2で敗れている。6試合ぶりに先発した柴崎は62分までプレーした。 ▽前節のベティス戦を0-1で落とした11位・ヘタフェ(勝ち点39)が、16位・アラベス(勝ち点32)のホームに乗り込んだ一戦。2試合ぶりの白星を飾りたいヘタフェは、ベティス戦から先発メンバーを3人変更。B・ゴンザレスとフラミニ、ポルティージョに代えてジェネと柴崎、マルケルを起用した。直近5試合でベンチスタートだった柴崎は6試合ぶりに先発出場した。 ▽連敗を避けたいヘタフェ試合は4分、敵陣中央右からの浮き球をモリーナが折り返しアマトが走り込むが、その前でGKパチェコにキャッチされてしまう。 ▽クロスから得点を狙うも脅威とはならないヘタフェ。アラベスに26分、左サイドからのクロスをグイデッティにボックス内で収められてシュートを放たれる。しかし、ここはアントゥネスが懸命なディフェンスで防いで得点を許さない。 ▽ヘタフェは、40分にもピナのパスを受けたマヌ・ガルシアにミドルシュートで脅かされたが、両者にゴールは生まれずゴールレスで試合を折り返す。 ▽後半開始早々、ヘタフェはセットプレーから先制を許す。48分、自陣中央やや左でアラベスにFKを与えてしまう。するとムニルのクロスを中央のラグアルディアに押し込まれた。 ▽欲しかった先制点を奪われたヘタフェはさらに75分、アラベスの左サイドの攻撃からボックス左に抜け出したグイデッティのクロスを、中央のムニルに頭で押し込まれて0-2と引き離されてしまう。 ▽苦しい状況となったヘタフェは80分、途中出場のレミがボックス右で仕掛けてファウルを誘ってPKを獲得。しかし、キッカーを務めたアントゥネスが放ったシュートはゴール左外へ。ヘタフェはこれで今シーズンのPKで9本中5本失敗している。 ▽1点差に詰め寄る絶好機を逃したヘタフェはその後、得点を奪えないまま0-2で敗戦し、連敗を喫している。 2018.04.07 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

アディダスが日本代表 全国応援キャンペーンを実施! さらに「#勝色アーマー」フォトキャンペーンも

▽アディダスは22日、日本代表サポーターがサムライと化す「勝色」に染め上げる全国応援キャンペーンを発表した。 ▽3月30日(金)から、アルペングループで勝色ユニフォームを購入すると、限定1万個のスペシャル観戦グッズ「勝色アーマーパック」が付いてくるぞ。さらに、抽選で合計110名に豪華観戦グッズが当たる#勝色アーマー フォトキャンペーンもスタートする。 ▽アルペングループオンラインストア及び、スポーツデポ・アルペンの店舗で、2018年3月30日(金)より発売を開始、オンラインストアの特設ページは22日(木)から閲覧できる。 ▽また、勝色アーマーパックのカブトを被って撮影した写真をインスタグラム、もしくはツイッターで「#勝色アーマー」をつけて投稿した方から、抽選で110名に「豪華グッズ」をプレゼント。キャンペーンは4月30日(月・振休)、5月1日(火)〜6月30日(土)の2度実施される。 #勝色アーマー フォトキャンペーン概要 ■概要 「勝色アーマーパック」で撮影した写真を、InstagramもしくはTwitterに「#勝色アーマー」をつけて、投稿して頂いたお客様の中から、さらに抽選で豪華観戦グッズが当たります。 ■期間 第1回:2018 年3 月30 日(金)~4 月30 日(月・振休) 第2回:2018 年5 月1 日(火)~6 月30 日(土) ■賞品(合計110 名にプレゼント) A賞:シャープ 4K 液晶テレビ 40V 型 5 名(各回) B賞:ドミノピザ ギフトカード 5000 円分 50 名(各回) ■キャンペーン応募方法 ・STEP1:スポーツデポ・アルペンの公式SNS(InstagramもしくはTwitter)公式アカウントをフォロー ・STEP2:勝色アーマーパックのカブトを被った、サムライ姿を撮影。「#勝色アーマー」をつけて、InstagramもしくはTwitterに投稿 ・STEP3:投稿者の中から抽選でプレゼントが当たります 当選者にはInstagramもしくはTwitterのDM(ダイレクトメール)でスポーツデポ・アルペン公式アカウントからご連絡いたします。 2018.03.23 19:25 Fri
twitterfacebook
thumb

2トップの活躍でバレンシアがアラベスに快勝しリーグ戦7試合無敗キープ《リーガエスパニョーラ》

▽バレンシアは17日、リーガエスパニョーラ第29節でホームでアラベスと対戦し、3-1で勝利した。 ▽リーグ戦ここ6試合で5勝1分と絶好調のバレンシアは現在勝ち点56で4位に位置。前節は強敵セビージャに2-0で完勝しチャンピオンズリーグ出場権を争う直接対決を制した。リーグ戦わずか2敗を誇る本拠地メスタージャで行われるアラベスとの一戦に向けてはセビージャ戦から2選手を変更。ムリージョとコクランに代えて、モントーヤとソレールを先発起用した。 ▽序盤は互角の攻防を見せる中、アウェイのアラベスが12分にビッグチャンスを迎える。敵陣左サイドでボールを奪うと、ムニルが持ち上がってクロスを選択。このクロスをソブリーノが完璧なダイビングヘッドで枠に収めたが、GKネトがファインセーブを見せる。 ▽守護神の好守でピンチを凌いだバレンシアは15分、パレホがお返しにとボックス外から強烈なミドルシュートでアラベスゴールに迫る。しかし、ここはGKパチェコがこちらもファインセーブでチームを救う。それでもその4分後、ホームチームが試合を動かした。 ▽19分、ボックス手前でパレホの横パスを受けたロドリゴ・モレノがザザとのワンツーでアラベス守備陣を置き去りに。ゴール前に抜け出しそのままGKとの一対一を制したロドリゴ・モレノは、試合前に右足の手術が発表されたコクランのユニフォームをカメラの前にかざしてゴールを捧げた。 ▽先制点を挙げて勢いに乗るバレンシアは32分、ボックス左でゴンサロ・ゲデスが股抜きからシュートにつなげると迎えた34分のFKの場面。敵陣右サイドからのFKをパレホがゴール前に蹴り込むと、ザザが足の裏で合わせて追加点を奪う。 ▽状況が厳しくなったアラベスは39分にペナルティエリアのライン際絶好の位置でFKを得るが、ムニルのシュートは惜しくもクロスバーの上に。前半はバレンシアが2点リードで折り返した。 ▽迎えた後半、ガライを下げてムリージョをピッチに送ったバレンシアはロドリゴ・モレノがボックス外からのミドルシュートでGKを強襲。後半もバレンシアに流れが傾くかに思われたが49分、アラベスが1点を返す。 ▽自陣からのサイドチェンジでアグレガビリアが右サイド突破。グラウンダーの折り返しをソブリーノが右足インサイドで丁寧に合わせてアラベスが点差を縮めた。 ▽しかし、そのゴールはすぐに水の泡となって消える。54分、バレンシアがカウンターで右サイドからクロスを上げると、アラベスDFラグアルディアがゴールに押し込んでしまい、バレンシアにオウンゴールを献上。再び点差が離れてしまった。 ▽ラッキーな1点を得たバレンシアは58分、ソレールが味方のクロスをボックス手前右からダイレクトでミドルシュート。しかしこれはゴールの左に外れてしまう。83分にはロドリゴ・モレノとの交代で途中出場したビエットがミドルシュートでゴールに迫るなど、終始主導権を握り続けたバレンシアが3-1で快勝。これでリーグ戦7戦無敗となった。 2018.03.18 02:05 Sun
twitterfacebook
thumb

“BBC”揃い踏みのマドリーが4発快勝! 直近リーガ4戦17発で攻撃大爆発! 《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは24日、リーガエスパニョーラ第25節でアラベスをサンティアゴ・ベルナベウに迎え、4-0で快勝した。 ▽直近のリーガ3戦13発で3連勝中の3位マドリー(勝ち点48)が、同じく3連勝中で調子を上げている15位アラベス(勝ち点28)をホームに迎えた一戦。 ▽マドリーは、直近の試合であるミッドウィークの第16節未消化分レガネス戦(3-1でマドリー勝利)からスタメンを4名変更。カシージャ、セルヒオ・ラモス、アセンシオ、イスコに代えて、ケイロル・ナバス、ナチョ、ベイル、C・ロナウドを起用した。 ▽ホームの声援を受けるマドリーは、序盤から攻勢をかけていく。試合開始早々の2分、右サイド深い位置に進行したカルバハルが中央に折り返すと、ボールはボックス手前のカゼミロの下に。右足を振り抜いて放ったシュートはバーを大きく越えたが、幸先良くアラベスゴールに迫っていく。 ▽さらに9分、ベンゼマ、カゼミロ、C・ロナウドがボックス手前で細かく連係して右サイドのカルバハルにボールが繋がる。カルバハルがグラウンダーのクロスを入れると、C・ロナウドがボックス中央でトラップ。しかし、右足で狙ったシュートはアラベスDFにブロックされた。 ▽18分、アラベスの左CKのシーンでマドリーの高速カウンターが発動。ボックス内で4対3の数的優位を作ることに成功すると、最後はボックス内右のベンゼマがシュートを放ったが、枠を右に外れた。 ▽25分にはカゼミロの中盤でのボール奪取から、左サイドのベンゼマに繋がる。ベンゼマがクロスを供給すると、ボックス内中央のベイルが左足でオーバヘッドシュートを放つ。うまくミートさせたシュートだったが、またも枠を捉えることはできない。マドリーが多くのチャンスを作りつつも、最後の場面で決め切れない展開が続く。 ▽ソブリーノとグイデッティを前線に残した[4-4-2]の布陣を敷いてカウンターを狙うアラベスも、徐々に好機を得る。30分にグイデッティとのワンツーでボックス手前に侵攻したエルナン・ペレスがミドルシュートを浴びせれば、32分にはテオ・エルナンデスのトラップミスを突いたグイデッティが、素早く危険なゾーンに持ち上がりボールを枠に飛ばす。どちらも得点とはならなかったが、ホームチームをヒヤリとさせた。 ▽それでも前半終了間際の44分、先に結果を出したのはマドリーだった。L・バスケスが相手DFを背負いつつも、右サイドからボックス内にパスを入れる。反応したベンゼマは、ヒールで背後のC・ロナウドにフリック。C・ロナウドはDFを背負いつつ反転し、左足でネットを揺らした。C・ロナウドにとっては、公式戦4試合連続の得点となっている。 ▽エースの得点でスタジアムが沸き立つ中で試合を折り返したマドリーは、後半も早々に決定機を迎える。キックオフ直後の46分、ベンゼマがボールを奪うと、そのままボックス手前まで持ち上がる。ボックス左にパスを送ると、ベイルがGKパチェコとの一対一を制して左足で追加点を決め切った。 ▽さらに61分、ベイルの右サイドへの展開からボックス内右でボールを持ったL・バスケスが、中央に折り返す。走り込んだC・ロナウドが右足のダイレクトシュートで合わせ、自身のこの日2得点目とした。 ▽66分には、左サイドのテオ・エルナンデスが相手を3人かわしてボックス内に侵攻し、クロスを供給。しかし、アラベスDFのブロックに阻まれて中央で待つC・ロナウドとベンゼマには合わなかった。 ▽3点のリードを得たジダン監督は、73分にコバチッチに代えてセバージョスを投入。試合を落ち着かせられる選手を起用し、前がかりになっている中盤の安定を図った。 ▽試合終了間際の89分には、C・ロナウドのパスに反応してボックス左に侵攻したベイルが、ラグアルディアに倒されてPKを獲得。キッカーをベンゼマが務めると、しっかりとゴール左端に沈めて“BBC”揃い踏みの得点とした。 ▽マドリーが4点目を奪ったところで試合が終了した。この結果、マドリーは公式戦10戦ぶりに無失点に抑えてリーガ4連勝。その4試合の間に計17得点を決め、好調ぶりをアピールした。対するアラベスは、4試合ぶりの敗北を喫することとなった。 2018.02.25 02:16 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース