清水が新体制発表! 復帰の兵働昭弘は「15」、ファン・ソッコは「3」、楠神順平は「14」を着用2018.01.12 22:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽清水エスパルスは13日、2018シーズンの新体制、選手背番号を発表した。

▽昨シーズンはJ1昇格ながら14位で残留を果たした清水。今シーズンは新監督に元サンフレッチェ広島のヤン・ヨンソン氏を招へい。さらに、DFファン・ソッコ(天津泰達)、MF楠神順平(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ)を獲得。また、ヴァンフォーレ甲府からMF兵働昭弘が2010年以来の復帰となった。

▽その他、ユースからDF伊藤研太、MF滝裕太、FW平墳迅が昇格。さらに、流通経済大学からGK新井栄聡、興國高校からMF西村恭史、神村学園高校からFW髙橋大悟を獲得した。

▽背番号はファン・ソッコが「3」、楠神が「14」、兵働が「15」を着用。また、竹内が「20」から「6」、立田が「33」から「28」に変更となった。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.西部洋平
13.六反勇治
21.高木和徹
31.新井栄聡☆←(流通経済大学)※新加入
43.植草裕樹

DF
3.ファン・ソッコ☆←(天津泰達)※完全移籍
4.フレイレ
5.鎌田翔雅
25.松原后
26.二見宏志
27.飯田貴敬
28.立田悠悟※背番号変更
35.伊藤研太☆←(清水エスパルスユース)※昇格
45.角田誠

MF
2.清水航平
6.竹内涼※背番号変更
7.六平光成
10.白崎凌兵
14.楠神順平☆←(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ)※完全移籍
15.兵働昭弘☆←(ヴァンフォーレ甲府)※完全移籍
17.河井陽介
24.増田誓志
29.石毛秀樹☆←(ファジアーノ岡山)※期限付き移籍復帰
32.水谷拓磨☆←(FC今治)※期限付き移籍復帰
34.滝裕太☆←(清水エスパルスユース)※昇格
36.西村恭史☆←(興國高校)※新加入

FW
9.鄭大世
11.村田和哉
18.長谷川悠
19.ミッチェル・デューク
23.北川航也
30.金子翔太
33.平墳迅☆←(清水エスパルスユース)※昇格
37.髙橋大悟☆←(神村学園高校)※新加入

コメント

関連ニュース

thumb

Jリーグがクラブ資金の私的流用に関して清水にけん責&制裁金300万円を決定

▽Jリーグは25日、村井満チェアマンが清水エスパルスへの制裁を決定したことを発表した。 ▽清水は2012年から2018年の6年間、元経理担当社員が、現金回収した売掛金等の着服や、会計システム上の帳簿改ざんによる不適切な会計処理を行うことで、クラブの資金約6,700万円を私的に流用していた。 ▽この事は既にクラブからも発表されていたが、今回Jリーグからの制裁が決定。けん責と制裁金300万円が科されることとなった。 ▽Jリーグは制裁の理由として、以下の5点を挙げ、クラブの対応を加味して制裁を決定したとしている。 (1) 上記違反行為は、「Jリーグ規約」第3条[遵守義務]第2項及び「Jリーグ規約」第23条[健全経営]第3項の違反に該当する (2) 本件の被害額は約6,700万円であるが、既に5,000万円以上の返済があり、回収の可能性は高い (3) 犯行の動機は本人の物欲を満たすためであり、組織的関与や共犯関係はない (4) 一経理担当者が行った事案であるが、プロサッカークラブで発生した事案として、社会的影響度は低くない (5) 犯行期間は6年間であり、会社として内部統制機能の欠陥を看過してきた責任として『Jリーグ規約』第147条[両罰規定]を適用する 2018.09.25 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪、ファン・ウィジョの2得点に絡む活躍で清水を下しリーグ戦2年ぶり3連勝!暫定14位浮上!!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節、清水エスパルスvsガンバ大阪が21日に行われ、2-1でG大阪が勝利した。 ▽前節の勝利で今季10勝目を挙げた10位の清水(勝ち点34)。復帰戦でいきなりゴールを決めた主将・竹内涼は今節も先発。その他、クリスランに代えて出場停止明けのドウグラスが先発に復帰した。 ▽17位のG大阪(勝ち点27)は現在2連勝中。今節の結果次第では降格圏を脱出できるところまできた。スタメンの変更は前節から1点のみ。高江に代えてオ・ジェソクが先発。今季初のリーグ戦3連勝を目指す。 ▽日本代表の森保一監督が見守る中始まった一戦はいきなり動きを見せる。開始30秒、オ・ジェソクが右サイドでタメを作っている間に小野瀬がオーバーラップ。パスを受けた小野瀬からのクロスにファン・ウィジョが反応する。シュートはクロスバーを叩いたが、強いバックスピンがかかったボールはバウンドしてゴールイン。G大阪が電光石火の攻撃で先制した。 ▽早すぎる先制パンチを食らってしまった清水も、コンスタントにゴール前まで攻め込む。14分には、松原のパスを受けたドウグラスがボックス左からシュートを放つ。しかしこれは相手に当たって枠の外へ。24分には細かいパスで中央突破。北川からドウグラスへラストパスが送られるが、藤春にクリアされシュートで終われなかった。 ▽集中した守備を見せるG大阪は26分に追加点を挙げる。倉田が強引にボックス左を突破しクロスを供給。これをニアの小野瀬がフリックして意表を突くと、ゴール前に走り込んだファン・ウィジョが押し込んでネットを揺らした。 ▽1分のゴールはオウンゴール判定となったファン・ウィジョは、この得点を機にギアを上げていく。35分、ボックス手前でボールを持った韓国代表FWはそこからシュートを放ちGKを強襲。さらに39分には味方とのワンツーでカウンターを発動。最終ラインを抜け出したかに思われたが、立田の猛追によりチャンスとはならず。 ▽40分以降は、G大阪は藤春、清水は北川とドウグラスがゴールに迫ったがどちらもネットを揺らすことはできず試合はG大阪の2点リードで折り返した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半も早々のファン・ウィジョのシュートでアグレッシブな入りを見せたG大阪に対し清水は落ち着いた対応を見せる。それでも早く1点を返したいホームチームは60分、カウンターから北川が持ち上がりボックス手前からシュート。さらにそのこぼれ球を回収した竹内のクロスを、白崎が落として最後は北川がシュートを打ち込んだが、白崎のポジションがオフサイドだったためゴールは認められなかった。 ▽迎えた76分、清水に待望の1点が入る。ボックス手前中央、ドウグラスのパスを受けた北川がドリブルでゴール前まで運びそのままゴールに流し込んだ。 ▽このゴールで勢いづいた清水は78分、後方からの大きな展開から北川がシュートを狙うが相手に当たり枠を外れる。さらに83分には、その北川のパスをボックス手前右からダイレクトで狙った立田のシュートが左ポストを直撃。同点にすることはできなかった。 ▽後半アディショナルタイムにも、清水はカウンターから途中出場のクリスランと村田の2人でゴール前まで運ぶが、村田のシュートもポストに阻まれ万事休す。直後に試合終了の笛がなり、最後まで続いた激闘はG大阪に軍配。2016年9月のリーグ戦セカンドステージ第10節から第12節以来2年ぶりのリーグ3連勝を収めた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】ドグvsウィジョ! 金夜に輝く主砲は《清水vsG大阪》

▽上位争いだけでなく、中位から下位にかけても毎節のように激戦が続く明治安田生命J1リーグ。今週のフライデーナイトには、混戦の中位から上位浮上を狙う清水エスパルス(勝ち点34位/10位)が降格圏からの脱出を渇望するガンバ大阪(同27/17位)をIAIスタジアム日本平に迎え撃つ。 ◆9試合ぶりの無失点勝利へ〜清水エスパルス〜 ▽ここ5試合で白黒はっきりした戦いが続く清水。敵地で行われた前節の柏レイソル戦では、欠場したFWドウグラスの不在を感じさせない多彩な攻めで3-2の勝利を収め、2試合ぶりの白星を手にした。 ▽次に見据えるは、シーズン4度目の連勝。そのためにも守備面の改善が鍵になるだろう。最後に無失点試合を演じたのは、19節のサガン鳥栖戦。それ以降の8試合で6度の複数失点を記録している。 ▽また、上述のとおり、前節を勝利で飾ったといえども2失点。1試合の結果で順位が入れ替わる状況だけに、2試合連続複数失点の緩い守備を露呈し続ければ、厳しい状況を強いられる恐れもあり得る。 ▽ヤン・ヨンソン監督も「守備は改善の余地がある。しっかりやらなければいけない」とチームの課題に気を引き締める。残り8試合。今節のG大阪戦は9試合ぶりの無失点勝利を狙う。 ◆4カ月半ぶりの残留圏へ〜ガンバ大阪〜 ▽対するG大阪は、ここにきて上昇の兆しだ。ヴィッセル神戸とのダービーマッチで2-1の逆転勝利。昨年から17試合続く敵地連続未勝利記録に終止符を打ち、シーズン2度目の連勝を飾った。 ▽内容においても上向く。先の神戸戦は前半こそ相手に3バックのミスマッチを突かれ、後手に回ったが、4バックに変更した後半に流れが好転。宮本恒靖監督の見事な采配が勝利をたぐり寄せた。 ▽そして、迎える今節の清水戦は、シーズン初の3連勝が懸かった一戦。また、5月2日に行われた第12節のベガルタ仙台戦以来、4カ月半ぶりの残留圏浮上も秘めた重要な戦いでもある。 ▽今節の鍵は、神戸戦の後半に見せた連動した守備と、本来根付く複数人関与の攻撃を前半から展開できるか。16日のファン感でサポーターに宮本監督が残留を誓った今、さらなる猛進を目指す。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆清水エスパルス[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180921_9_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:六反勇治 DF:立田悠悟、フレイレ、角田誠、松原后 MF:金子翔太、河井陽介、竹内涼、白崎凌兵 FW:ドウグラス、北川航也 監督:ヤン・ヨンソン<hr>▽今夏に加入して以来、新たなる得点源として存在感を放つドウグラスが出場停止処分から復帰。一方、ヒザに不安を抱えるDFファン・ソッコは引き継ぎ出場を回避する可能性がある。 ◆ガンバ大阪[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180921_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:三浦弦太、ファビオ、今野泰幸 MF:小野瀬康介、高宇洋、遠藤保仁、藤春廣輝 FW:ファン・ウィジョ、倉田秋、渡邉千真 監督:宮本恒靖<hr>▽大幅なメンバー変更はないだろう。着眼すべきは布陣。神戸戦に続き[3-4-2-1]を敷いてくることが考えられるが、逆転劇に繋がった[4-4-2]を用いてくる可能性も十分ある。 【注目選手】 FWドウグラス(清水エスパルス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180921_9_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽清水の注目選手は、ドウグラスだ。今夏の加入後、出場したJ1リーグ8試合で6ゴール。チームの得点力アップに大きく貢献している。そして、迎え撃つG大阪は、清水デビュー戦となる前回対戦で初ゴールを挙げた相手。再び脅威となれるか。 FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180921_9_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、FWファン・ウィジョだ。G大阪が誇る点取り屋は、先の神戸戦で韓国代表から約1カ月ぶりに復帰。長期の代表合流でより磨きのかかった質の高い動き出しで、逆転勝利に導く決勝点を叩き出した。今節もこの男がチームの勝利の鍵を握る。 ◆互いに欲しい勝ち点3 ▽今週のフライデーナイトマッチは、勝ち点7差でひしめく両者の戦いに。清水はさらなる上位浮上のため、G大阪は残留圏浮上のために勝利が欲しい一戦となる。他のチームに先駆けた試合で3ポイントを積み上げるチームは果たして──。J1第27節の清水vsG大阪は19時半にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">ドグとウィジョの両主砲に注目!<br>清水vsG大阪を観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月21日は、18歳でシティの練習に参加したオレンジ軍団期待のアタッカー

◆石毛秀樹 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1994年9月21日 所属クラブ:清水エスパルス ポジション:MF 身長:170㎝ 体重:69kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月21日は、清水エスパルスに所属するMF石毛秀樹だ。 ▽中学時代から清水下部組織に所属する石毛は、U-15から世代別日本代表に選出。2011年のFIFAU-17W杯では、4試合3得点を記録して日本の18年ぶりベスト8進出に貢献し、同年のアジア年間最優秀ユース選手賞も受賞した。 ▽2012年に清水とプロ契約を結ぶと、2012年4月4日のナビスコカップ(現・YBCルヴァンカップ)第2節アルビレックス新潟戦で公式戦初出場。当時クラブ公式戦最年少出場記録を持っていた元日本代表DF市川大祐氏の記録を塗り替えた。それだけに留まらず、同年のニューヒーロー賞も18歳1か月で受賞。これも最年少だった。 ▽その才能は海外にも伝わり、2012年にはマンチェスター・シティの練習にも参加。U-21チームでの練習試合では10番を着用し、現在ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリと2トップを組んだ。その際、PKをバロテッリから譲ってもらったというのは有名な話だ。 ▽昨シーズンファジアーノ岡山への期限付き移籍を経験した石毛は、清水に復帰した今シーズンここまで公式戦24試合1ゴールを記録中。新進気鋭の若手がひしめくオレンジ軍団で、さらなる飛躍が期待される。 ※誕生日が同じ主な著名人 森谷賢太郎(サッカー選手/川崎フロンターレ) 菅井直樹(サッカー選手/ベガルタ仙台) 森下仁志(サッカー指導者) リチャード・ダン(元サッカー選手) フェルナンド・カベナギ(元サッカー選手) ジュリアーノ・ジャンニケッダ(元サッカー選手) マラト・イズマイロフ(元サッカー選手) リアム・ギャラガー(歌手/オアシス) 安倍晋三(第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣) 二階堂ふみ(女優) 宇内梨沙(アナウンサー) 2018.09.21 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

清水、竹内のJ1初ゴールで9位浮上!連敗の柏は16位転落でPO圏へ…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節の柏レイソルvs清水エスパルスが、15日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、3-2でアウェイの清水が勝利した。 ▽前節、横浜F・マリノスとの下位争いに1-3で敗れた15位柏(勝ち点29)は、その一戦からスタメンを3人変更。ナタン・ヒベイロ、小池、江坂に代わり鈴木、中川創、中川寛が起用された。 ▽一方、直近5試合で1勝3敗1分けと波に乗れない12位清水(勝ち点31)は、1-2で敗北した前節のベガルタ仙台戦のスタメンからファン・ソッコ、飯田、ミッチェル・デューク、長谷川、ドウグラスの5名を変更し、立田、角田、竹内、クリスラン、北川を先発起用した。 ▽残留を争うチーム同士の戦い。先にチャンスを作ったのはアウェイの清水。9分、敵陣中央の左サイドで松原がボールを運び、ボックス内の白崎にパス。白崎が竹内にボールを落とし、竹内がワントラップしてからボックス中央手前で右足を振り抜くと、シュートはゴールネットに突き刺さり清水が幸先よく先制する。 ▽前線からプレッシャーをかける清水は20分、相手DFのGK桐畑へのバックパスを北川がインターセプト。ボックス内に走り込んできた白崎にパスを送るも、白崎はシュートを上手くミートできずGK桐畑の正面に。 ▽後半に入っても試合を優位に進める清水は52分、右CKを金子が蹴るも相手DFに跳ね返される。しかし、セカンドボールに反応した河井がヘディングでボックス内にふわりとしたパスを送ると、ゴール前にいた白崎が相手DFと体勢を上手く入れ替え、反転してシュートを放つ。これがゴールに吸い込まれ追加点を奪う。 ▽劣勢を強いられていた柏は64分、小泉が瀬川に縦パスを入れる。瀬川がボックス中央でパスを受けると相手DFを1人かわし左足でシュート。これがゴール右に決まり、点差を1点に縮めた。 ▽1点を返された清水は81分、相手陣内のハーフウェイライン付近でFKを獲得。フレイレのキックを、ボックス左のミッチェル・デュークがヘディングで折り返す。走り込んできた北川には合わなかったものの、GK桐畑が弾いたところに詰めていた河井が押し込み再びリードを広げる。 ▽猛攻を仕掛ける柏は85分、クリスティアーノがボックス左の山崎にスローインでパスし、リターンを受けてシュートを放つ。しかし、クロスバーに嫌われゴールを奪うことができない。 ▽それでも柏は、後半アディショナルタイムに左サイドから供給された高木のクロスをボックス内のオルンガがヘディングで落とし、ゴール前のクリスティアーノが右足で合わせて1点差に詰めよる。しかし、それ以上の反撃は叶わず試合は3-2で清水リードのまま終了した。 ▽この結果、清水は2戦ぶり白星で9位に浮上。一方の柏は、連敗でJ1J2入れ替えプレーオフ圏の16位に転落した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.15 22:13 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース