J1初参戦の長崎が新背番号を発表! 新加入MF黒木聖仁が10番に! 2018.01.12 20:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽V・ファーレン長崎は12日、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。

▽昨シーズンの明治安田生命J2リーグで2位に入り初昇格を果たした長崎にとっては、飛躍を遂げたいシーズンにしたいところ。主な新加入のMF黒木聖仁は10番を背負い、FW鈴木武蔵が11番を着用することに。ドイツ2部のFCハイデンハイムから移籍してきたFWベン・ハロランが18番となったほか、契約を延長したFWファンマは引き続き9番をつけることとなった。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.増田卓也
21.富澤雅也
22.奥田達朗
30.徳重健太☆←(ヴィッセル神戸)※完全

DF
2.田代真一
4.髙杉亮太
5.田上大地
13.乾大知
24.香川勇気
25.本多琢人☆←(東海学園大学)※新加入
29.福田健介
32.徳永悠平☆←(FC東京)※完全
33.北谷史孝

MF
3.飯尾竜太朗
6.前田悠佑
7.幸野志有人
8.木村裕
10.黒木聖仁☆←(ヴァンフォーレ甲府)※完全
14.中村北斗☆←(アビスパ福岡)※完全
15.島田譲
17.中原彰吾☆←(北海道コンサドーレ札幌)※期限付き
20.中村慶太
23.米田隼也☆←(順天堂大学)※新加入
26.碓井鉄平
27.新里涼☆←(順天堂大学)※新加入
28.翁長聖

FW
9.ファンマ
11.鈴木武蔵☆←(アルビレックス新潟)※完全
16.吉岡雅和
18.ベン・ハロラン☆←(FCハイデンハイム/ドイツ2部)※完全
19.澤田崇
37.平松宗

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京のMF髙萩洋次郎に第二子となる次女が誕生!

▽FC東京は22日、MF髙萩洋次郎に第二子となる次女が19日に誕生したことを発表した。 ▽髙萩は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「第2子が産まれてきてくれて本当に嬉しいです。より一層家族のために、そして東京というクラブとファン・サポーターのみなさんのために戦いたいと思います。しっかりと結果を残せるよう頑張りますので、引き続き応援をお願いします」 ▽髙萩は、2017年にFCソウルからFC東京に完全移籍。今シーズンはここまで公式戦31試合1ゴールを記録し、チームの3位躍進に貢献している。 2018.09.22 22:59 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪、ソウザの劇的ドロー弾で4位浮上! 湘南は守り切れず14位転落

▽明治安田生命J1リーグ第27節の湘南ベルマーレvsセレッソ大阪が、22日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽13位・湘南(勝ち点30)は前節1-2で敗戦した鹿島アントラーズ戦から先発メンバーを5名変更。石川、石原、金子、松田天馬、鈴木に代えて、齋藤、秋野、杉岡、梅崎、イ・ジョンヒョプを起用した。 ▽一方、6位・C大阪は前節1-1で引き分けたジュビロ磐田戦から2名変更。柿谷と高木に代わり、杉本、清武が先発に名を連ねた。 ▽試合開始早々、アウェイのC大阪にいきなりアクシデントが襲う。杉本が山根と競り合った際に、肩を負傷。ピッチの外で治療を受けるも、6分に高木との交代を余儀なくされる。 ▽アクシデントに見舞われたC大阪だったが13分、右サイド敵陣深い位置で松田陸が山口とのワンツーで抜け出し、ボックス内にクロスを供給。ニアサイドで山村が右足で合わせるも、クロスバーの上に外れてしまう。 ▽難を逃れた湘南は20分、齋藤のパスを梅崎がワンタッチで秋野にボールを落とす。秋野がドリブルで持ち込むと相手DFに当たってしまうも、このこぼれ球に反応した梅崎がボックス中央から右足アウトで狙うもゴール左に外れてしまう。 ▽その後、ボールを保持するC大阪23分、ハーフウェイライン付近から清武が右足アウトサイドで、ゴール前に走り込んでいた高木にスルーパス。これを受けた高木がシュートを打つもGK秋元の正面に飛んでしまい、チャンスをものにできない。続く25分には、清武がボックス左から中央にドリブルで侵攻し、シュ―トを放つもGK秋元にセーブされてしまう。 ▽その後は、両チームともにゴール前まで迫るものの決定的なチャンスは作れず、ゴールレスで前半を折り返す。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半に入ってもボールを保持するC大阪は53分、ボックス左から山村が山なりのクロスを清武に送る。ファーサイドの清武が左足でボレーシュートを放つが、GK秋元の好守に阻まれてしまう。60分にもソウザの左CKからオスマルがニアサイドでヘディングシュートを狙うも、わずかに枠を外れてしまい、先制点を奪うことはできない。 ▽試合を優位に進めるも、先制点を決めきる事が出来ないC大阪。80分、オスマルのパスに丸橋が抜け出し、ボックス左からグラウンダーのクロスを送る。中央の清武が右足で合わせるがクロスバーの上に外れてしまう。 ▽しかし、試合終盤ここまでピンチが続いていた湘南が先制点を奪う。87分、FKの流れからボックス左手前の坂がループパスを送る。これを杉岡がヘディングでボックス左にを逸らすと、反応した大野が左足で合わせ、豪快にニアサイドを打ち抜く。ホームの湘南がワンチャンスをモノにして、先制に成功する。 ▽ここまで相手を押し込みながら先制点を許したC大阪。それでも後半アディショナルタイム、丸橋の左CKは相手DFに触られるも、ボールは混戦状態に。ゴール前の松田陸のシュートはGK秋元に弾かれてクロスバー直撃。さらにこぼれ球をGKキム・ジンヒョンが詰めるも、相手DFに当たる。それでもボールはソウザの下へ転がり、最後はソウザが左足で押し込んだ。 ▽C大阪が土壇場で追いついて試合はそのまま1-1で終了。C大阪は杉本負傷のアクシデントに見舞われながらも土壇場で勝ち点1を獲得。暫定ながら4位に浮上した。一方、追いつかれた湘南は、14位に転落した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

注目の上位対決は痛み分け!首位広島の2位川崎Fの勝ち点差は「4」に《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節、サンフレッチェ広島vsFC東京が22日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽首位を走る広島(勝ち点55)とそれを追う3位のFC東京(勝ち点42)による注目の上位対決。前節、サガン鳥栖相手に6月の名古屋グランパス戦以来の無得点に終わった広島は、その試合からスタメンを渡に代えて工藤を起用。2試合ぶりの勝利を目指す。 ▽優勝戦線から離されないためにも、より勝利が重要となるFC東京はリーグ戦ここ6試合で4分け2敗と絶不調。こちらは出場停止の室屋に代えて小川を起用。その他前節からの変更点は、大森と永井を、田邉とリンスに代えて2点となった。ホームでの前回対戦は3-1で勝利。シーズンダブルを目指す。 ▽先にチャンスを迎えたのはFC東京。5分、ディエゴ・オリヴェイラが強引に右サイドを突破。クロスに合わせたリンスのシュートは右ポストに当たって枠の外へ外れた。9分には広島。柏がボックス手前左の得意の位置からシュートを放ったが、GK林彰洋が左手一本でかき出した。 ▽14分にはFC東京のリンスがボックス手前中央からゴールを狙ったが、今度は広島GK林卓人が横っ飛びでセーブ。互いのGK林が安定したセービングを見せた。 ▽試合は18分に動く。広島は敵陣右サイドでFKを獲得。柴崎は近くの青山に渡して青山がクロスを供給する。するとこのボールがゴール前で混戦を引き起こし、東のクリアボールがゴールまで倒れていたパトリックの足に当たりゴールに吸い込まれた。非常にラッキーな形で先制点を奪った広島、パトリックはこれが今季リーグ戦20得点目となった。 ▽その後、互いにセットプレーから広島は水本、FC東京は森重がゴールに迫るがネットは揺らせず、広島の1点リードで試合を折り返した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半を迎え試合は早々に動く。49分、敵陣左でリンスのスルーパスを受けたディエゴ・オリヴェイラがゴール前へマイナスのクロスを送ると、走り込んだリンスがダイレクトシュート。これがブロックに入った稲垣に当たりゴールに吸い込まれた。 ▽65分にかけては広島がゴール前に攻め込む展開に。稲垣やパトリックがシュートを放つも、なかなかネットを揺らせない。 ▽FC東京は72分、田邉とリンスを下げて大森と永井を同時投入。するとその永井が81分に左サイドを抜け出しドリブル勝負を仕掛けるも、野上のスライディングタックルに止められてしまう。 ▽後半アディショナルタイムには、自陣でボールを奪ったFC東京が前線の永井にロングパス。だがこのビッグチャンスはGK林卓人の絶妙な飛び出しにより得点に繋げられなかった。 ▽その後まもなく試合終了。注目の上位対決は1-1の痛み分けに終わった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 20:59 Sat
twitterfacebook
thumb

阿部豪快弾&小林悠バースデー前祝い弾! 川崎F、風間グランパス撃破で首位との勝ち点差「4」に!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節の川崎フロンターレvs名古屋グランパスが22日に等々力陸上競技場で行われ、3-1で川崎Fが勝利した。 ▽ここまで15勝4分け6敗で2位につける川崎F(勝ち点49/1試合未消化)と、9勝4分け12敗で12位に位置する名古屋(勝ち点31/1試合未消化)が激突した。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を7-0で勝利して公式戦3戦未勝利のうっ憤を晴らした川崎Fは、その試合と同様のメンバーを先発に送り出した。 ▽一方、前節最下位のV・ファーレン長崎に3-4と打ち負けて、連勝が「7」でストップした名古屋は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。児玉に代えて和泉を起用した。 ▽2016シーズンまで川崎Fで指揮を執っていた名古屋の風間八宏監督と今夏に川崎Fから名古屋に加入したエドゥアルド・ネットにとっては初の等々力帰還試合となった一戦。試合はホームの川崎Fが4分、下田の縦パスを受けてボックス手前に侵攻した阿部が中村に預ける。これを中村がボックス左にワンタッチでスルーパスを送ると、小林悠が抜け出すもギリギリのところで宮原のディフェンスを受け、シュートを放つことができない。 ▽立ち上がりからボールを保持する川崎Fは10分、ボックス手前でFKを獲得。キッカーの中村が右足を振り抜いてゴール左を狙うも、ここはGKランゲラックにキャッチされる。 ▽その後も素早い寄せとセカンドボールへの反応で名古屋に反撃の機会を与えない川崎F。すると20分、ラッキーな形で先制点を奪う。大島がボックス左手前での巧みなキープから家長のフリーランを見逃さずにボックス右へ浮き球のスルーパスを供給。しかし、これを察知した名古屋の和泉に頭でクリアされたが、ボールはゴール方向へ。そのまま左ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽不運なオウンゴールで先制点を許した名古屋も30分にようやく反撃。前田が味方とのパスワークからボックス左外に突破してクロスを送る。中央のジョーが押し込もうとするも、ここは車屋に寄せられてしまう。 ▽このピンチを凌いだ川崎Fに追加点のチャンス。34分、阿部がボックス手前やや左の位置で下田からパスを受けると、左足を一閃する。強烈なシュートはゴール左上へと突き刺さり、川崎Fがリードを2点に広げる。 ▽順調な試合運びを見せる川崎Fは、攻撃の手を全く緩めず名古屋を畳みかける。39分、家長が中村とのワンツーでボックス右から内側へと侵攻。切れ味鋭い切り返しから右足でシュートを放ち、丸山の股を抜くもゴールラインギリギリのところで中谷に阻まれる。さらにこぼれ球を小林がプッシュするも、シュートは枠外へ。3点目とはならなかったが、2-0で川崎Fがリードして試合を折り返す。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽流れを変えたい名古屋は、後半に入ってもやや押し込まれる展開に。それでも59分、エドゥアルド・ネットの縦パスをボックス左手前で受けた金井が一瞬のスキを突いてボックス内へスルーパス。これに走り込んだ前田が素早くゴール右へシュートを放ち、1点差に詰め寄る。 ▽川崎Fは失点直後、ゴールを許したばかりの前田にボックス右を突破され、シュートを許す危険な場面を作られる。しかし、ここはGKチョン・ソンリョンが右足で好セーブ。このピンチを凌ぐと64分、明日23日が31歳の誕生日であるエースが追加点を奪う。中村が左サイド深い位置からクロスを送る。これをボックス左手前の谷口が頭で落とし、車屋がボックス左を抜け出して折り返す。最後はニアサイドに走り込んだ小林が詰めて、スコアを3-1とする。 ▽貴重な追加点を奪った川崎Fは、その後試合を締めにかかる。これを許さない名古屋は83分に前田がボックス左手前から強烈なミドルシュートを放つが、GKチョン・ソンリョンの好守に阻まれる。 ▽3-1で勝利した川崎Fが連勝。さらに同時刻にキックオフを迎えた首位・サンフレッチェ広島(勝ち点55)vs3位・FC東京(勝ち点42)が1-1のドローに終わったため、首位との勝ち点差を「4」に縮めた。一方の名古屋は連敗を喫している。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 20:58 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表GKシュミット・ダニエルが痛恨の飛び出し…最下位長崎が仙台下し連勝! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節のV・ファーレン長崎vsベガルタ仙台が、22日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、1-0で長崎が勝利した。 ▽最下位に沈む長崎(勝ち点24)は、4-3で制してリーグ8試合ぶりの白星を飾った前節の名古屋グランパス戦からスタメンを1名のみ変更。徳永に代えて、ヨルディ・バイスを起用した。 ▽連勝中で4位に付けている仙台(勝ち点41)は、1-0で勝利した前節のFC東京戦からスタメンを変更せず。現状のベストメンバーで臨んだ。 ▽試合は、5バック気味のディフェンスラインを敷く長崎が集中した入りをみせ、仙台に簡単にはチャンスを作らせない。仙台はポゼッションをして左右に揺さぶりをかけつつ打開を試みるが、なかなか良い形に持ち込むことができず。14分には板倉がボックス手前中央からミドルシュートを放ったが、枠を右に外れていく。 ▽互いに攻め手を欠く中、やや優勢に試合を運ぶ仙台が24分にボックス手前左でFKを獲得。すると、キッカーの関口が直接狙ったシュートが枠を捉えたが、GK徳重に弾き出された。 ▽長崎は27分に決定機を迎える。ボックス内左で野津田からボールを奪取した翁長がそのまま中央に侵攻しつつ右足を振り抜く。しかし、枠を捉えたシュートはGKシュミット・ダニエルのファインセーブに阻まれた。 ▽仙台は前半を通して主導権を握り続けているものの、得点機を迎えることができない。逆に長崎が鈴木を起点としたカウンターからゴールに迫るシーンが目立ったが、GKシュミット・ダニエルの牙城を崩せないまま試合の折り返しを迎えた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽迎えた後半、両ワイドの位置取りを高めに設定し直し中盤の圧力を強めた長崎がややボール保持の時間を増加させていく。56分にボックス左に侵攻した鈴木武蔵が左足で狙ったシュートは枠を外れたものの、徐々に主導権を奪い始める。 ▽流れを変えたい仙台は、57分に選手交代を敢行。関口に代えて、より突破力に秀でる中野を投入した。 ▽仙台は、66分に右CKを獲得。野津田が上げたクロスがボックス手前中央にこぼれると、反応した奥埜がすかさず右足を振り抜く。すると、強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GK徳重が弾き出した。 ▽ややオープンになってきた試合、J1残留に向け勝ち点3が欲しい長崎は72分に中村慶に代えてファンマを投入。攻勢を強めていく。 ▽すると、79分に長崎にとって待望の瞬間が訪れる。ハーフウェイライン付近右で得たFKをキッカーのヨルディ・バイスが大きく蹴ると、ボックス内浅い位置のファンマが胸で落とす。前に飛び出していたGKシュミット・ダニエルのパンチングは空振りに終わり、落としを受けた澤田が無人のゴールに難なく蹴り込んだ。 ▽その後、仙台は富田、阿部に代えて梁勇基、ハーフナー・マイクを立て続けに送り出したが、追いつくことは叶わず。長崎がリードを守ったまま、試合終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、長崎はホームで連勝を飾ることに成功。対する仙台は、連勝をストップさせた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 20:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース