鳥栖が守護神のGK権田修一、MF水野晃樹と契約更新2018.01.12 19:37 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サガン鳥栖は12日、GK権田修一(28)、MF水野晃樹(32)との契約更新を発表した。

▽権田は、SVホルンから2017シーズンに加入。明治安田生命J1リーグで33試合に出場、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で2試合に出場していた。

▽水野は、ベガルタ仙台から2017シーズンに加入。明治安田生命J1リーグで9試合に出場し1得点、YBCルヴァンカップで5試合に出場し2得点、天皇杯で2試合に出場していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆GK権田修一
「日々進化する現代サッカー、そしてサガン鳥栖の進化に乗り遅れないよう日々努力し、クラブの発展の為に全力を尽くします。今年もよろしくお願いします」

◆MF水野晃樹
「昨年は確実にチームが成長して行く姿を見せられたと思いますが、今年は更に上に行くために絶対条件としてホームはもちろんアウェイでの勝利が必然だと思います」

「日々の練習での成果を自信にして、アウェイの地でも勝点を重ねられるように精進して行きます!そして今季もサガン鳥栖でプレーできる喜びを最大限にプレーで還元できるように頑張りますのでその後押しを皆さま宜しくお願いします。
選手としても人としても成長して行きたいと思います!」

「I・TA・DA・KI♪ ITADAKIっ!!」

コメント

関連ニュース

thumb

高橋諒がJ1初ゴールも湘南vs鳥栖は痛み分けのドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の湘南ベルマーレvsサガン鳥栖が18日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽昇格組ながら一桁順位も狙える12位で中断期間に入った湘南と、自動降格圏内の17位と苦しんだ中で中断期間に入った鳥栖による中断明けの重要な初戦。イ・ジョンヒョプ、アレン・ステバノヴィッチと外国籍のアタッカーを欠く湘南は菊地と梅崎を前線で起用したほか、齊藤や金子と若手をピッチに送り出した。 ▽一方、今夏元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの獲得を発表するなど、積極補強で巻き返しを図る鳥栖だが、今節まではトーレスら新戦力を起用することができないため、ケガのイバルボの不在も伴い池田と小野を2トップで起用した。 ▽立ち上がりからハードワークと攻守の切り替えを強調する両チームの特徴が出る試合展開に。序盤にペースを握った鳥栖は福田、原川のシュートでフィニッシュまで持ち込むが、相手に脅威を与えるまでには至らず。 ▽一方、時間の経過と共にサイドを起点にカウンターを仕掛ける湘南は前線での収まりを欠くものの、31分に菊地がシュートを放つなど徐々に反撃に打って出る。その後は互いにロングボールが目立つクローズな展開の中、鳥栖が波状攻撃からゴールネットを揺らす場面も作るが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。 ▽ゴールレスで折り返した試合は後半立ち上がりにいきなり動く。48分、右サイドを攻め上がった坂のクロスに対して、味方がニアに走り込んでDFを引っ張ると、後方から飛び込んだ高橋諒が巧みな右足のヒールシュートで合わせ、J1初ゴールを記録した。 ▽先制を許した鳥栖だが、失点直後にはロングスルーパスに抜け出した福田がゴール右でGKと一対一になるが、ここは相手GK秋元のビッグセーブに阻まれる。その後、高橋義を下げて田川、小林に代えて安在をピッチに送り出すと、田川の縦への仕掛けと安在の精度の高いクロスから決定機を作り出していく。 ▽すると81分、押し込んだ鳥栖がボックス手前左でパスを受けた吉田がグラウンダーで鋭いクロスを入れると、ニアで相手DFに当たってコースが変わったボールがゴールネットに吸い込まれ、土壇場で同点ゴールが生まれた。 ▽残り10分あまりで1-1の振り出しに戻った試合はここからさらにヒートアップを見せたが、互いに集中した相手の守備をこじ開ける力は残っておらず、このままタイムアップ。互いにハードワークという持ち味を出し切った一戦は痛み分けのドローに終わった。 2018.07.18 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖MF安庸佑が左肩関節脱臼で全治6カ月&選手登録抹消…トレーニング中に負傷

▽サガン鳥栖は17日、MF安庸佑(アン・ヨンウ)の負傷を発表した。 ▽鳥栖の発表によると、安庸佑は7日のトレーニング中に負傷。左肩関節脱臼と診断され、全治は6カ月とのことだ。 ▽なお、この負傷により鳥栖は安庸佑の選手登録を抹消することも併せて発表。安庸佑は手術、リハビリのため韓国へ一時帰国している。なお、鳥栖への合流は9月上旬を予定しているとのことだ。 ▽安庸佑は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで9試合に出場し2得点を記録していた。 2018.07.17 20:25 Tue
twitterfacebook
thumb

「羨ましいが、複雑な心境」韓国紙がイニエスタ&F・トーレスの日本移籍に連日反応

元スペイン代表のアンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレスが、Jリーグクラブに移籍したことについて、韓国紙『スポーツソウル』は、「日本が韓国からますます遠ざかった」と独特の表現で連日反応している。<br><br>同紙はまず、ロシア・ワールドカップでベスト16に進出した日本代表について「日本国内では西野ジャパンの快挙の余韻がまだ濃く残っている。テレビでは特別番組が組まれ、書店では『日本代表激闘録』のような雑誌が多数陳列されている。西野ジャパンの躍進により、日本でのワールドカップ特需はしばらく続きそうだ。そして、これはJリーグにも広がる見込みだ」と独自の見解を述べた。<br><br>「ロシアで戦った主力の中でJリーグでプレーしていたのは鹿島アントラーズの昌子源だけ」と前置きしつつ、W杯フィーバーがJリーグにつながる理由として「イニエスタとトーレスという二人のビッグスターが日本にやってくるからだ」と続けた。<br><br>日本がここまでのスター選手を獲得できた要因については「イニエスタの年俸は、昨季ヴィッセル神戸に加入した(ルーカス)ポドルスキの年俸(約10億円)を大きく上回るJリーグ史上最高額の約32億円だ。このような高額年俸を実現できるのは、JリーグとDAZNが結んだ10年間で推定2100億円に及ぶ巨額の放映権が間接的に関係している。神戸のメインスポンサーである楽天の世界進出に向けた投資の意味合いもある。それに見合った効果は確実に出てくるはずだ」と分析する。<br><br>■イニエスタとF・トーレス加入でもたらす2つの効果ヨーロッパで輝かしいキャリアを歩み、スペイン代表としても2008年のユーロや2010年の南アフリカW杯制覇を経験したイニエスタとF・トーレス。同紙は、この2選手の加入でJリーグに2つの効果をもたらすと見ているようだ。<br><br>まず1つ目として、神戸とサガン鳥栖の集客率が上がることを指摘。<br><br>「すでに二人の試合を見るために、チケット争奪戦の真っ最中だ。神戸の8月のホームゲームチケット販売数は、例年より7倍も速くで売れており、鳥栖は普段サッカーを見ない層のチケット購入率が増えている。特に神戸と鳥栖が対戦する11月10日の試合に関しては、さらに熾烈なチケット争奪戦が予想される。両クラブにとって費用対効果はあると言えるだろう」<br><br>そして2つ目に「神戸、鳥栖と対戦するチームも大きな影響を受ける」と予想。「ワールドカップの余韻が残った中で、7月18日から再開されるJ1で世界的なスターを直接見ることができる。相手チームのファンにとってもスペインの2選手は直接見てみたい存在だ」と続けた。<br><br>最後に「日本サッカーは世界から注目されている。名実共に『アジアの盟主』になった日本が、韓国からますます遠ざかっていて複雑な心境だ」と締めくくっている。<br><br>明治安田生命J1リーグは7月18日に再開。20日の登録がスムーズに行われれば、22日の第17節で神戸のイニエスタ、そして鳥栖のトーレスがそれぞれピッチに立つ可能性がある。世界中から注目を浴びることとなったJリーグ。世界的ビッグスターの活躍に注目だ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.13 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

韓国紙がイニエスタ&F・トーレスの日本参戦に反応「Jリーグのスターマーケティングが本格化した」

サガン鳥栖は10日に、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの加入を発表した。5月には同代表でロシアW杯にも出場したMFアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸入りを果たした。相次ぐ大物選手の加入に韓国紙『スポーツソウル』は、「Jリーグのスターマーケティングが本格化した」と言及している。<br><br>1984年生まれの同い年であるイニエスタとF・トーレスの加入は、日本のみならず、世界中で大きな話題を呼んでいる。中国リーグやアメリカのメジャーリーグサッカーといった候補がありながらも、最終的に日本を選んだスペインの2選手。しかし、『スポーツソウル』は2選手の選択を懐疑的な目で見ているようだ。<br><br>「鳥栖は降格圏に沈み、神戸も上位進出に課題を残している。その中で2選手が移籍を決断したのは決して容易ではない」とし、「鳥栖、神戸のどちらも来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場も不透明だ」<br><br>一方で同紙は、Jリーグが最近こういった世界的な選手たちの移籍に積極性を見せる理由を分析。Jリーグが「2016年にイギリスのパフォームグループとの間で巨額の放映権を結んだこと」を挙げた。「Jリーグは10年間で合計2100億円の放映権を締結した。そのため、Jリーグクラブは財政的な余裕があり、本格的にスターマーケティングの展開を始動させた」とその要因を説明している。<br><br>続けて、「そのスター選手加入は早くも効果を得ている」と分析し、「イニエスタのJリーグデビュー戦となる試合には、すでに1カ月半前からチケット全席が売り切れになっている。来たる11月10日のヴィッセル神戸とサガン鳥栖の試合は、イニエスタとトーレスが対決するというだけあって、すでにかなりの関心を集めている」と、大物選手加入の効果に言及。<br><br>イニエスタとF・トーレスの選択には懐疑的な目を向けながらも、最終的にはこのマーケティングによって「確実にJリーグの認知度は高まっている」と称賛の言葉を送っている。<br><br>提供:goal.com 2018.07.12 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

トーレス獲得を最後まで争ったクラブは? 9日朝に元同僚から勧誘も鳥栖行き決断

▽サガン鳥栖への加入が決定した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの獲得を最後まで争っていたのは、メジャーリーグサッカー(MLS)のシカゴ・ファイアのようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2015年冬に幼少期から過ごす古巣アトレティコ・マドリーに復帰したトーレスは、ヨーロッパリーグ(EL)優勝を置き土産に2017-18シーズン限りで退団した。シドニーFCや北京人和、シカゴ・ファイアーの名前も取り沙汰された中、一時破談が囁かれた鳥栖行きを決断。 10日に鳥栖への加入が発表された。『マルカ』によると、同クラブと1年間の契約延長オプション付きの1年半契約を結んだようだ。 ▽同メディアによると、トーレスには上記のクラブを含めて、フランス、イングランド、ドイツ、スペインといった欧州クラブからもオファーがあった中で、最後まで獲得を粘っていたのがシカゴ・ファイアだったという。同クラブで現在指揮を執っているのは、元セルビア・モンテネグロ(現在はセルビアとモンテネグロに分裂)代表のFWヴェリコ・パウノビッチ監督。同監督は現役時代に1996年から2002年、2003年から2005年までアトレティコ・マドリーでプレーしており、下部組織在籍時も含めて1995年から2007年まで所属していた頃のトーレスとチームメイトだった。 ▽この繋がりもありシカゴ・ファイアへの移籍が有力視されていたが、1カ月以上の間関心を寄せていた同クラブは最後まで契約を結ぶことができず。9日の朝にはパウノビッチ監督が最後の勧誘をしたようだが、その時にはすでにトーレスが鳥栖行きを決断していたようだ。 2018.07.11 16:45 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース