横浜FMがDF栗原勇蔵、MF吉尾海夏、MFイッペイ・シノヅカとの契約更新を発表! 2018.01.12 16:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは12日、元日本代表DF栗原勇蔵(34)、U-19日本代表MF吉尾海夏(19)、ロシア人MFイッペイ・シノヅカ(22)と2018シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽新シーズンで横浜FMでの17シーズン目となる栗原は、2002年にユースからトップチームへ昇格。チームの副キャプテンにも任命されているが、昨シーズンは負傷の影響もあり明治安田生命J1リーグ8試合、YBCルヴァンカップ6試合、天皇杯2試合の出場に留まった。

▽横浜FMの下部組織で育った吉尾は、昨シーズンから横浜FMのトップチームに昇格。明治安田生命J1リーグでの出場はないものの、YBCルヴァンカップでは5試合に出場。また、U-19日本代表としても、昨年6月に行われたトゥーロン国際大会2017に参加していた。

▽千葉県出身ながらロシア国籍のイッペイ・シノヅカは、2013年にスパルタク・モスクワIIでプロデビューし、同年にU-18ロシア代表招集歴を持つ。横浜FMには昨シーズンから加入しており、明治安田生命J1リーグ6試合1ゴールを記録した。

コメント

関連ニュース

thumb

川崎F、日本代表MF大島僚太が入籍を事後報告 「チームがタイトルに向けて一丸となって戦っていましたので…」

▽川崎フロンターレは22日、日本代表MF大島僚太(24)の入籍を発表した。 ▽クラブによれば、大島は昨シーズン中に入籍。シーズン途中だったため、このタイミングでの報告になったという。大島のコメントを次のように伝えている。 「昨年度、入籍いたしました。チームがタイトルに向けて一丸となって戦っていましたので発表を控えさせていただいておりました。川崎フロンターレで一つでも多くのタイトルを獲得できるように、引き続き全力で取り組んでいきたいと思います。これからもからもよろしくお願いします」 ▽2011年に静岡学園から川崎Fに入団した大島は、これまで在籍7年間で公式戦191試合に出場。2016年からは日本人選手としてクラブ史上初の背番号10番を着用しており、リーグ初制覇を飾った昨季は明治安田生命J1リーグ25試合に出場し1ゴールを記録した。 ▽また、2016年5月に日本代表に初選出されると、昨年12月に行われたEAFF E-1サッカー選手権2017のメンバーにも選出されていた。 2018.01.22 03:14 Mon
twitterfacebook
thumb

川崎F加入の大学No.1ボランチMF守田英正が描く将来像「守備で名を売って行きたい」

▽川崎フロンターレは21日、2018シーズンの新体制発表会を実施した。 ▽流通経済大学から加入したMF守田英正が新体制発表会後に報道陣の囲み取材に応対。自身のアピールポイントやプロ1年目の意気込みなどを語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF守田英正</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──1週間キャンプをやっていかがですか</span> 「通用しない部分が明確になりました。それは自分にとってプラスだと思っています。沖縄で二次キャンプがあるんですが、課題を克服しつつ、アピールポイントを最大限に出せればなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──通用した部分はありましたか</span> 「通用した部分は守備のところ、ボールを奪うところとかですね。自分の特長である部分は自信にもなりました。ただ、足元の基礎の部分はまだまだ質が劣るというか、そういった部分は自主練をやっています。そこがチームの肝なので、改善していきたいです」 <span style="font-weight:700;">──完全に守備で勝負しようと決断したのはいづ頃ですか</span> 「大学4年ですね。攻撃よりも守備の方が好きになっていって、守備で勝負しようと考えて。それまでの経験も全部無駄ではなかったなと思います」 <span style="font-weight:700;">──フロンターレには守備でも特徴がある選手が多いですが、キャンプなどで参考になった部分などはありますか</span> 「カバーリングであれば(谷口)彰悟さん、人に強くいける部分は奈良(竜樹)くんで、自分のクオリティは足元にも及びません。その差を徐々に縮めていければと思います」 <span style="font-weight:700;">──攻撃に特徴があるフロンターレにおいて、守備の部分は攻撃面でも重要だと思いますが</span> 「自分が出場した時はボールを奪って、そこから攻撃の起点になるのがスムーズだと思います。そこが目指すべき所かなと思います」 <span style="font-weight:700;">──対人守備ではエドゥアルド・ネット選手など、個の力がある選手も同じポジションでプレーしていますが</span> 「繋いで一体感を出しているチームだとは思いますが、個人でも負けない、局面を打開できるというのが強みのチームだと思います。そういった意味では自分1人の力では、まだどうにかできないので、そこはこれからの課題だと思います」 <span style="font-weight:700;">──大学4年次に残した結果や経験は、大きな自信になっていると思いますが</span> 「4年生の1年間は自分にとっても凄く自信になった1年でした。井の中の蛙という感じでしたが、その1年間で、自分がここまでできるのかという発見もありました。良かったですね」 <span style="font-weight:700;">──フロンターレ加入を決断したのは自身の強みを活かせると感じたからですか</span> 「どこのポジションでもできるとか、ケガをしないという自分の特長を凄く理解してくれているのがフロンターレでした。行きたいなと自分でも率直に思いました」 <span style="font-weight:700;">──フロンターレ入りを意識したのはオファーがあってからですか</span> 「声を掛けられて、見ているからと言われてからです。ただ、自分ではフロンターレが日本で一番面白いサッカーをしていると思っていましたし、日本一にもなったので、このクラブに入れて良かったと思っています」 <span style="font-weight:700;">──ファン・サポーターの印象はどうでしたか</span> 「ずっと温かさや一体感はすぐにわかるような感じでした。自分が想像していた以上のものでしたが、ずっと自分が期待していた通りの温かさを感じましたし、期待していただいているのを感じました」 <span style="font-weight:700;">──背番号は25ですが意味はありますか</span> 「クラブが決めてくれました。(希望は?)希望は、(谷口)彰悟さんが大卒で入った時に「15」をつけていたので、「15」がいいなとは思っていましたが、背番号はあってないようなものなので、気にしていません」 <span style="font-weight:700;">──ルーキーイヤーの目標は</span> 「スタメンを取れることが一番ですが、自分のような選手は、ケガをした選手の代わりに入った時に、その選手と同じぐらい、それ以上のクオリティでやれることが、ちーむに求められている部分だと思っています。まずはケガをしない、体調管理をする、そういった当たり前の部分をやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──理想の選手像はありますか</span> 「自分は守備で活躍して、守備で名を売って行きたいと思っています。ただ、それだけじゃなく、ボランチで出た時は攻撃も求められます。プロである以上は数字も求められるので、積極的にシュートを打ってゴールを決めたり、スルーパスをしてアシストするという部分が課題なので、できるようになりたいです」 <span style="font-weight:700;">──勝負したいポジションはボランチですか?センターバックですか?</span> 「強いて言えばボランチです。今までやってきたポジションなので。ただ、どこでもやります」 2018.01.22 00:04 Mon
twitterfacebook
thumb

“やっと”辿り着いたJ1へ意気込む川崎FのMF鈴木雄斗「気合いはかなり入っている」

▽川崎フロンターレは21日、2018シーズンの新体制発表会を実施した。 ▽モンテディオ山形から移籍加入したMF鈴木雄斗が新体制発表会後に報道陣の囲み取材に応対。初のJ1でのプレーへの意気込みや、自身のアピールポイントを語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF鈴木雄斗</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──クリスマスプレゼントの件は心を掴んでいたようですが</span> 「最高のクリスマスプレゼントだったので、これは話さなくてはいけないなと」 <span style="font-weight:700;">──やっとフロンターレの一員になった感じですか</span> 「触れ合えたことで、すごく感じました。サポーターも思ったより多かったです」 <span style="font-weight:700;">──横浜F・マリノスユース出身で、地元の神奈川県に戻ってきた形になりますが</span> 「そうですね。なんならマリノスには勝ちたいという気持ちです。家族も近いところにいてくれるので頑張りたいです」 <span style="font-weight:700;">──初めてJ1で戦うことになりますが</span> 「本当にずっと思っていたので、やっと来れたなという感じです。気合いはかなり入っています」 <span style="font-weight:700;">──これまでJ1のクラブでプレーするチャンスはありましたか</span> 「そうですね。実際のところはありました。ただ、色々な事情もあって、やっとです」 <span style="font-weight:700;">──選手層の厚いフロンターレに来ましたが、そこでやる自信は</span> 「僕のようなタイプの選手は前線でもいないと思います。自分の良さを出して、監督にチョイスしていただけるようにやるだけです。質を上げて行きたいですね」 <span style="font-weight:700;">──フロンターレのサッカーの中で特長を活かせるイメージはありますか</span> 「キャンプで良いものも掴めましたし、そういったことをしっかり続けて行きたいです。良い変化を起こせるようにやって行きます」 <span style="font-weight:700;">──J1だけでなくACLという舞台でもプレーするチャンスがありますが</span> 「素晴らしい環境ですね。楽しみで仕方がないです」 <span style="font-weight:700;">──ユース時代を含め、水戸ホーリーホック、モンテディオ山形と様々なJクラブのサッカーを経験していますが、プラスに働いている部分は</span> 「たくさんあります。水戸、山形の6年間では一から作り直された気もしますし、遡れば色々なところでサッカーをしていたことも活きています。経験が活きる感覚はあります」 <span style="font-weight:700;">──ファン・サポーターの方にアピールしたいポイントは</span> 「器用貧乏であると自分で言い張っています(笑)。何でもできるという部分は、自信を持っています。でも、僕は結構戦うタイプだと思っているので、ハードワークやパワフルなところですね。スピードやダイナミックなプレー、そういったところをピッチで表現できるようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンの目標は</span> 「とにかくチームの優勝やタイトルを獲るためにですね。試合は多いと思うので、戦力に絶対になりたいです。絶対試合に出るという気持ちでプレーします」 2018.01.21 23:35 Sun
twitterfacebook
thumb

川崎FのMF齋藤学、初めてつけた「37」を選んだ理由は「一から歩き始めるのにつけるのは良い番号」

▽川崎フロンターレは21日、2018シーズンの新体制発表会を実施した。 ▽横浜F・マリノスから移籍加入したMF齋藤学が新体制発表会後に報道陣の囲み取材に応対。移籍決断への思いや背番号に込めた思いを語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF齋藤学</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──いきなりフロンターレの洗礼を浴びたような新体制発表会でしたが</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180121manabu_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「キャンプに行けていなかったので、今日がフロンターレの選手としての最初の一歩でした。そこでお相撲さんになるのはビックリでした。チームは変わりましたが、このチームのために戦っていきたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──力士の格好をするというのはあまりキャラではないと思いますが</span> 「キャラではないですが、元々はイジられる方だったので、こういったことにもしっかりと対応していきたいと思います(笑)」 <span style="font-weight:700;">──フロンターレのアットホームな雰囲気は初めて体験したと思いますが</span> 「元々川崎出身ということもあり、最後にハイタッチでお見送りするときも待っていましたと声を掛けられることが多かったです。ここでもう一度サッカー選手として道を切り開いていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──色々な思いがあっての移籍だと思いますが</span> 「ケガをしている中で移籍したことで、色々な騒動を起こしてしまいました。結局僕はサッカー選手としてピッチの上で何をやるかが重要だと思っています。とにかく、ピッチに良い状態で戻れるようにリハビリをして、等々力のピッチで自分のプレーをしたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──選択肢が色々ある中で、フロンターレ移籍を決断した理由は</span> 「いくつか話をもらってはいました。僕は元々マリノスでサッカーを始めましたが、出身は川崎市で、小学校も中学校も高校も川崎市立の学校に通っていたので、そういった意味では、行くなら川崎フロンターレかなと思っていました。これだけ強いチームで自分が出られるチャンスというか、ポジションを争いをする中でチャンスを掴みに行くには、一番厳しいところかなとも思っていました。自分では一番厳しい場所に行きたいと思っていました」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンの目標は 「とにかく脚をしっかり治すということと、フロンターレの優勝のためにできることをしっかりしていこうと。個人の成績よりは、チームのタイトルの方が大事だと思うので、少しでも貢献できるように脚を治したいと思います」 <span style="font-weight:700;">──ケガの状態はいかがですか</span> 「8カ月の診断でしたが、早く復帰しようと思っています。フロンターレのメディカルチームやフィジカルコーチ、現場と話をして、なるべく良い状態で復帰したいと思います。3カ月とちょっとですが、慎重に焦らずにサッカーができる身体にしていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──移籍に関しては色々とありましたが</span> 「自分が決めた道なので、そういったこともあると思います。ただ、すごく応援してくれる声も多かったので、ありがたいです。こういった形で移籍しましたが、温かく送ってくれたサポーターがいたことは嬉しかったです」 「フロンターレのサポーターも待っていましたと言ってもらえて、川崎市出身の選手として、しっかりと戦っていければと思います」 <span style="font-weight:700;">──フロンターレサポーターからは大きな拍手が出ていました</span> 「すごく拍手が大きいかというのは伝わりましたし、どれだけ期待されているかというのは拍手の大きさでもわかりました。逆にプレッシャーにするというか、ここで何もできなかったら移籍してきた意味がないので、しっかりとリハビリからやって行きたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──川崎に戻ってきたというイメージか</span> 「正直、8歳からマリノスでサッカーをやっていて、愛媛FCはレンタルだったので、籍を移したことは初めてなので、わからないことだらけです。そこに対しての気持ちの整理はついていません」 「ただ、ずっと住んでいたのは川崎なので、帰ってきたでもなく、新天地でもなく、複雑な感じです」 <span style="font-weight:700;">──ロシア・ワールドカップもまだ諦めていないのか</span> 「サッカー選手としては当然ですね。タイミングとしては可能性は残せるぐらいの時期に復帰しようと思っています。ただ、そこを目指して復帰して再発させても意味がないので、万全の状態で復帰して、アピールできればと思います。何よりも1日1日を大事にしたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──背番号を「37」にした理由は</span> 「番号はあまりなかったというのもありました。選ぶ段階で空いていたので、それも縁かなと。プロデビューして10年という区切りで、一から歩き始めるのにつけるのは良い番号かなと思います」 「今までつけてきた番号には思い入れもあったので、つけたかったというのはあります。知らない方は、足すと「10」という方もいたんですが、それはないです。それよりは、この番号で一から頑張りたいという気持ちです」 <span style="font-weight:700;">──フロンターレではどんな齋藤学を見せたいですか</span> 「とにかく仕掛けるプレーをして行きたいですし、ドリブルもそうですが、フロンターレで新たな力を身に付けたいと思います。何よりもチームに貢献できる選手になりたいです」 2018.01.21 23:08 Sun
twitterfacebook
thumb

2年ぶりに復帰した川崎FのFW大久保嘉人、背番号4を選んだ理由が3つあると明かす「シンプルに1+3」

▽川崎フロンターレは21日、2018シーズンの新体制発表会を実施した。 ▽FC東京から復帰したFW大久保嘉人が新体制発表会後に報道陣の囲み取材に応対。背番号については、3つの理由があることを明かした。 <span style="font-weight:700;">◆FW大久保嘉人</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──2度目の新加入となりますが気持ちの面での変化は</span> 「前にフロンターレに来た時とあまり変わっていません」 <span style="font-weight:700;">──派手な登場シーンでした</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180121okubo_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「色々とハプニングがありました。凄く盛り上げる演出をしてくれたので、感謝しています」 <span style="font-weight:700;">──背番号が4番となりますが、理由はありますか</span> 「シンプルに「1+3」(以前着用していた番号)で「4」というのと、井川(祐輔)が同級生で、彼がずっとフロンターでつけていました。その後を継ごうかなと。それと、庄子春男さん(現川崎フロンターレGM)が、富士通で4番をつけていたらしいので、その後も継げたらなと」 <span style="font-weight:700;">──背番号「4」は初めてですか?</span> 「初めてですね。違和感しかまだないです。これから慣れるようにやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──フロンターレに戻って来て、メンバーも以前より豪華になっています。ポジション争いを含めていかがでしょうか</span> 「ポジション争いというか、全部のタイトルを獲るとなれば、これぐらいの選手は必要になると思います。本当に、どれ(タイトル)を獲りにいくというよりも、全てを獲りにいく。どの試合に出ても、A、Bとかではなく、全部がAでいけるように。そこで試合に出た時に貢献できればなと思います」 <span style="font-weight:700;">──昨シーズン得点王の小林悠選手と再びチームメイトになります</span> 「悠と自分だけでなく、2桁得点を獲っている選手がゴロゴロいるので、その全員がみんなで2桁いければ、間違いなく試合には負けないと思います。そういったチームを作りながらタイトルを獲れたらなと思います」 <span style="font-weight:700;">──一次キャンプではすでに一緒にプレーしていますが、手応えなどは</span> 「とても面白いです。みんな特徴もあります。どのチームでも嫌なプレーができるかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──改めて今シーズンの意気込みを</span> 「まずはゼロックスから始まります。そこでリベンジをしたいです。良いスタートを切って、全てのタイトルを獲れるように頑張りたいです」 「個人としては200得点を意識したいです。今年獲れればいいなと思います」 2018.01.21 22:15 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース