横浜FMがDF栗原勇蔵、MF吉尾海夏、MFイッペイ・シノヅカとの契約更新を発表! 2018.01.12 16:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは12日、元日本代表DF栗原勇蔵(34)、U-19日本代表MF吉尾海夏(19)、ロシア人MFイッペイ・シノヅカ(22)と2018シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽新シーズンで横浜FMでの17シーズン目となる栗原は、2002年にユースからトップチームへ昇格。チームの副キャプテンにも任命されているが、昨シーズンは負傷の影響もあり明治安田生命J1リーグ8試合、YBCルヴァンカップ6試合、天皇杯2試合の出場に留まった。

▽横浜FMの下部組織で育った吉尾は、昨シーズンから横浜FMのトップチームに昇格。明治安田生命J1リーグでの出場はないものの、YBCルヴァンカップでは5試合に出場。また、U-19日本代表としても、昨年6月に行われたトゥーロン国際大会2017に参加していた。

▽千葉県出身ながらロシア国籍のイッペイ・シノヅカは、2013年にスパルタク・モスクワIIでプロデビューし、同年にU-18ロシア代表招集歴を持つ。横浜FMには昨シーズンから加入しており、明治安田生命J1リーグ6試合1ゴールを記録した。

コメント

関連ニュース

thumb

サガン鳥栖の新ユニフォームは今年も「加速力」がコンセプト

▽ニューバランスは、サプライヤー契約クラブであるサガン鳥栖の2018シーズン新ユニフォームを発表した。 ▽デザインのコンセプトは昨年に続き、「加速力(アクセラレーション)」となっており、脇のb切り替え部分にシャープな切れ込みデザインをいれることでスピード感を表現。さらなる高みを目指すチームを後押ししている。 ▽全てのユニフォームは、ベース素材に吸汗速乾性に優れたニューバランスオリジナル素材「NBDRY」を採用したセミブライニットを用いており、編地組織によるライトストレッチ機能で身体の動きに負担を掛けない新機能を備えた生地で、闘う選手たちを機能面からもサポートする。 ▽ファーストユニフォームはチームの象徴カラーであるサガンブルーをベースに、サガンンピンクの鋭角な斜めピンストライプを重ね、加速力を表現。セカンドユニフォームは“サガン”の由来の1つである砂岩をテーマに、ブロックパターンを砂に見立て表現。1つ1つのブロックが集まる事で、1つの柄になるというデザインは、例え1粒1粒は小さくても、団結することで大きな岩となり、すさまじい力、そして新しい力を生むというメッセージが込められている。 ▽GKユニフォームは袖にアクセラレーションプリントを施し、相手より一瞬先に出てゴール前に立ちふさがるような加速力を表現している。また、全てのユニフォームの襟の内側には、チームスピリットである「True champions in the herarts of all who love Satantosu.」の文字が印字されている。ユニフォーム価格は1万3000円+税。2月下旬に発売される予定だ。 2018.01.19 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟、ヴァスコ・ダ・ガマのブラジル人FWターレス加入内定を発表…ヘディングと両足ともに正確な技術を備えたストライカー

▽アルビレックス新潟は19日、ヴァスコ・ダ・ガマのブラジル人FWターレス(22)の加入内定を発表した。 ▽ブラジル出身のターレスは2013年にヴァスコ・ダ・ガマでトップチームデビュー。今シーズンは国内リーグ戦で12試合に出場して2ゴールを記録している。また、これまでU-20ブラジル代表やU-21同国代表に選出されている。 ▽身長は185㎝、体重は93㎏。新潟はクラブ公式サイトで同選手の特徴を「打点の高いヘディングと、両足とも正確な技術を備えたストライカー。エリアに関わらずゴールを狙えるシュート力も持ち味」と紹介している。 2018.01.19 12:23 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和の槙野智章&李忠成が退団決定的のラファエル・シルバに別れ「チームに残してくれた事は本当に素晴らしい事ばかり」「いつまでもラファの成功を思う」

▽浦和レッズに所属するDF槙野智章とFW李忠成が、退団が決定的となっているFWラファエル・シルバに惜別のメッセージを送っている。 ▽ラファエル・シルバは、2014年8月にアルビレックス新潟へと加入。2017年から浦和に移籍すると、明治安田生命J1リーグで25試合に出場し12得点、YBCルヴァンカップで2試合に出場、天皇杯で1試合に出場。AFCチャンピオンズリーグでは11試合に出場し9得点を記録し、チームの10年ぶりのアジア制覇に貢献していた。 ▽新シーズンでも活躍が期待されたラファエル・シルバだが、浦和レッズは17日に中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部からのオファーを受け、同選手がメディカルチェックのためチームを離脱することを発表。「先方クラブからのオファーが、設定されている移籍補償金を支払う条件となっていることや選手がオファーを受け入れる意思を強く示していることなど」からオファーを受け入れる意向を示している。 ▽正式発表はまだ行われていないが、退団が決定的とみられるラファエル・シルバにインスタグラムで槙野(makino.5_official)と李(tadanarilee_official)がメッセージを送っている。 ◆槙野智章 「ラファがこのチームに残してくれた事は本当に素晴らしい事ばかりだ。ラファと一緒にプレイ出来て、最高に幸せだったよ! どこに行っても幸運を祈る! また、逢える日を楽しみにしてる!」 ◆李忠成 「仲間の旅立ち ONE PIECE ルフィみたいな純粋でヤンチャなラファ いつまでもラファの成功を思う」 2018.01.19 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月18日】横浜FMカイケがブラジルECバイーアに期限付き移籍! 長崎GK三浦雄也が28歳で現役引退を決断

▽1月18日(木)に決定した、Jリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽昨シーズン、ブラジルのサントスへ期限付き移籍していた横浜F・マリノスのFWカイケは、同じくブラジルのECバイーアへの期限付き移籍が決まった。また昨年11月にV・ファーレン長崎との契約満了が発表されていたGK三浦雄也が現役引退を発表した。 ▽1月18日(水) 【J1】 ◆V・ファーレン長崎 《OUT》 GK三浦雄也(28) [引退] ◆横浜F・マリノス 《OUT》 FWカイケ(29) [ECバイーア→期限付き移籍] 【J3】 ◆ザスパクサツ群馬 《契約更新》 MF松下裕樹(36) ◆Y.S.C.C.横浜 《IN》 FW浅川隼人(22) [桐蔭横浜大学←完全移籍] 2018.01.19 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

オールドルーキー・梅崎、移籍の決め手は「自分がやりたいことができると感じた」

▽湘南ベルマーレは18日、2018シーズンの新体制を発表した。 ▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を果たし2年ぶりにJ1の舞台へ復帰した湘南。今オフに獲得した選手たちが新体制発表会に出席し、その後囲み取材に応じている。 ▽浦和レッズから湘南に加入した梅崎は移籍の決め手についてコメント。曺貴裁監督との会話の中から自身とフィーリングが合うように感じたことが1つの要因であることを明かした。 ◆梅崎司 ――見てもらいたいプレーは 「ゴールに絡んでいくプレーを見てもらいたいと思っています」 ――移籍の決め手は 「自分のプレーを見せたいと思っていた中で監督からお話をいただいて、チームの考えなどを聞いて、自分がやりたいことができるなと感じました。成長できると感じています」 ――これまでの経験をどのように伝えていきたいか 「考えていません。伝えられれば伝えますが、まずは自分がやることだと思います。監督も言っていましたかまだ、若いかベテランかは関係ないので、自分の成長のために、チームが勝つために還元したいと思います」 ――2018シーズンの目標は 「まずは自分の殻を破ること。自分自身が楽しんでプレーして、みなさんにも楽しんでもらえるようなプレーをしたいと思います」 2018.01.18 19:42 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース