磐田、MF清水貴文との契約満了を発表「いつかもっと成長した姿を見せられるように」2018.01.12 16:18 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジュビロ磐田は12日、MF清水貴文(25)と契約を満了し、2018シーズンの契約を更新しないことを発表した。▽磐田の下部組織で育った清水は、中京大学でのプレーを経て2015年に磐田に加入。昨シーズンは水戸ホーリーホックに期限付き移籍しており、明治安田生命J3リーグ3試合、天皇杯1試合に出場していた。

▽清水は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「ユース年代からお世話になったジュビロ磐田で、プロ人生を歩めて本当に幸せでした。少しでも応援してくださり、期待してくださったファン・サポーターの皆さんにはとても申し訳なく思っています。もっとジュビロのユニフォームを着てチームに貢献している姿を見てほしかったですが、それが出来ず悔しいです。ファン・サポーターの皆さんの温かい声援はいつも励みになっていました。いつかもっと成長した姿を見せられるように頑張ります」
コメント
関連ニュース
thumb

名古屋のグランパスくんが史上初の連覇! Jリーグマスコット総選挙結果

Jリーグは16日、Jリーグマスコット総選挙2019の結果発表を行い、名古屋グランパスのグランパスくんが1位に輝き、史上初の連覇を飾った。 1月28日の中間発表ではグランパスくん(名古屋グランパス)が1位だったが、そのまま首位をキープして連覇を達成した。グランパスくんは自身のツイッター(@grampuskun_No1)で、投票してくれたファンの皆に感謝すると共に、2019シーズンも盛り上げていくことを誓った。 「みんなの力で史上初の2連覇を達成したがね!応援してくれたみんな、ほんとにほんとにありがとさんだわ!」 「たくさんの応援うれしかった!投票期間中に同じ目標に向かってみんなと一丸だって感じたんよ! この勢いで2019シーズン一緒に盛り上げていくがね!よろしくなも!!」 ▽なお、2位はヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)、3位はベガッ太(ベガルタ仙台)という結果となった。 ■Jリーグマスコット総選挙2019 1位:グランパスくん/名古屋グランパス 2位:ヴィヴィくん/V・ファーレン長崎 3位:ベガッ太/ベガルタ仙台 4位:ドーレくん/北海道コンサドーレ札幌 5位:サンチェ/サンフレッチェ広島 6位:ガンズくん/松本山雅FC 7位:ニータン/大分トリニータ 8位:ふろん太/川崎フロンターレ 9位:パルちゃん/清水エスパルス 10位:マリノスケ/横浜F・マリノス 11位:東京ドロンパ/FC東京 12位:ガンバボーイ/ガンバ大阪 13位:しかお/鹿島アントラーズ 14位:ヴァンくん/ヴァンフォーレ甲府 15位:レノ丸/レノファ山口FC 16位:ギッフィー/FC岐阜 17位:ゲンゾー/ツエーゲン金沢 18位:アルビくん/アルビレックス新潟 19位:ウィントス/サガン鳥栖 20位:モーヴィ/ヴィッセル神戸 21位:ジュビロくん/ジュビロ磐田 22位:レイくん/柏レイソル 23位:ユニティ/ジェフユナイテッド千葉 24位:アビーくん/アビスパ福岡 25位:ヴォルタくん/徳島ヴォルティス 26位:ロビー/セレッソ大阪 27位:フリ丸/横浜FC 28位:ディーオ/モンテディオ山形 29位:キヅール/いわてグルージャ盛岡 30位:ファジ丸/ファジアーノ岡山 31位:さぬぴー/カマタマーレ讃岐 32位:ライオー/AC長野パルセイロ 33位:ギラン/ギラヴァンツ北九州 34位:ゼルビー/FC町田ゼルビア 35位:キングベルI世/湘南ベルマーレ 36位:コトノちゃん/京都サンガF.C. 37位:ジンベーニョ/FC琉球 38位:ライカくん/カターレ富山 39位:トッキー/栃木SC 40位:湯友/ザスパクサツ群馬 41位:ロアッソくん/ロアッソ熊本 42位:ガイナマン/ガイナーレ鳥取 43位:アルディ/大宮アルディージャ 44位:ゆないくー/鹿児島ユナイテッドFC 45位:レディア/浦和レッズ 46位:ヴェルディ君/東京ヴェルディ 47位:ヴァン太/ヴァンラーレ八戸 48位:ホーリーくん/水戸ホーリーホック 49位:ガミティ/SC相模原 50位:伊予柑太/愛媛FC 51位:ブラウゴン/ブラウブリッツ秋田 52位:蹴っとばし小僧/藤枝MYFC 53位:Jリーグキング/Jリーグ 2019.02.16 22:21 Sat
twitterfacebook
thumb

タイトル獲得でシーズンスタートも川崎F・家長昭博「スタートとしてはボチボチ」《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》

FUJI XEROX SUPER CUP2019が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレが浦和レッズを1-0で退け、初優勝した。 2018シーズンのJリーグMVPを受賞し、今シーズンも川崎Fの攻撃の軸として期待されるMF家長昭博がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。新加入のFWレアンドロ・ダミアンのゴールを喜んだ。 ◆MF家長昭博(川崎フロンターレ) ──この試合での収穫や課題は 「(レアンドロ・)ダミアンが点を取れたことは良かったです。プラス勝てたことも良かったです。スタートとしてはボチボチですね」 ──前線からのプレスも結構かかっていたと思いますが 「去年もやっていましたし、変わったことをやったという感じではないです」 ──レアンドロ・ダミアンも守備をかなりやっていました 「全員が最低限のことをやらないといけないですし、ダメだと思います。それをダミアンも求められたと思います」 2019.02.16 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

久々の右サイドでのプレーに浦和・宇賀神友弥「オプションとして考えてもらえるようなプレーを」《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》

FUJI XEROX SUPER CUP2019が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレが浦和レッズを1-0で退け、初優勝した。 浦和レッズのDF宇賀神友弥がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。敗れたことへの悔しさをにじませながらも、ここから向上させていくとかあった。 ◆MF宇賀神友弥(浦和レッズ) 「川崎Fは完成度が非常に高いですし、取りに行くと逆にスペースを上手く使われるので、難しいところです。チームとして前からハメて行くというプランを持っていれば、もっと上手くいったかなと」 「立ち上がりからスペースを消して、そこに出てきたボールに対して、取ってカウンターというのが狙いでした。1点リードされてから新しい選手が入ってきたりしたので、難しいところはあったと思います」 ──試合前のプラン通りにやれていたか 「リードされて慌てて1人1人バラバラになって、取りに行くのはやめようとしました。その中で、擦り合わせて行くことが大事です。もちろん今日の試合の勝敗も大事でしたが、しっかりと自分たちが課題を見つけて試合をしようと話していました」 「川崎はだいぶ特殊だとは思いますが、リードされた時にどういった形の試合運びをするかというのは、擦り合わせていければと思います」 ──山中選手が入ったことで右に回った部分は1つオプションだと思うが、久々にやった感触は 「久しぶりだったので、いきなりやると見える景色が違いますし、ボールの持ち方やヘディングの競るタイミングも難しいですが、回数をこなしていけば問題なくやれると思います。自分がオプションとして考えてもらえるようなプレーを見せていきたいと思います」 2019.02.16 22:14 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和・杉本健勇、攻撃面で良さが出せず「残念です」《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》

FUJI XEROX SUPER CUP2019が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレが浦和レッズを1-0で退け、初優勝した。 セレッソ大阪から浦和に移籍加入したFW杉本健勇がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。守備面では一定の手応えを掴みながらも、攻撃面ではまだまだ課題があると語った。 ◆FW杉本健勇(浦和レッズ) ──今日の試合を振り返って 「ボールを持たれる時間が長かったですが、それは想定内でした。耐えることができずに失点してしまいました。攻撃でもっと良い形が出せれば良かったですが、できなかったので、そこは残念です」 ──公式戦で興梠選手と2トップを組んだ感触は 「今日は少し難しかったです。守備に回る時間が長かったですし、そこから奪ってカウンターを狙っていました。ただ、そこで自分たちがバタついてしまいました」 ──守備のブロックは良い形でできていたと思うが、トライすることへの手応えは 「前半はスライドの部分だったりは、練習よりも良かったと思います。そんなにチャンスを作られていなかったです。耐えて一発取るのが理想的でした。スライドの部分は悪くなかったです」 ──攻撃面での課題は 「自分たちがもっとボールを握らないといけないですし、横パスだけじゃなく縦パスの所でもう少し合わせないといけないなと。そこはまた来週トライしたいです」 2019.02.16 22:12 Sat
twitterfacebook
thumb

攻撃の新たな槍として期待がかかる川崎F・マギーニョ「スタイルに合わせる必要がある」《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》

FUJI XEROX SUPER CUP2019が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレが浦和レッズを1-0で退け、初優勝した。 川崎フロンターレのDFマギーニョがミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。同胞のFWレアンドロ・ダミアンとプレーした印象は「信頼を置ける」とコメント。攻撃面については「チームに合わせながら、良さを出したい」と語った。 ◆DFマギーニョ(川崎フロンターレ) ──レアンドロ・ダミアンの印象は 「前で起点になれる選手です。背も高いです。チームメイトがみんな信頼をおけます。試合を重ねるごとに、連携の部分も高めていけると思います」 「ダミアンを中心として攻撃が噛み合うようになれば、攻撃力がさらに増すということも今日の試合を見ればわかると思います」 ──同サイドの小林選手が中に絞ってプレーすることで、スペースがあったと思うが 「練習の中で結構やっています。今日は、相手のラインがかなり低く、5バックで守備を固めてきました。なので、抉るような形のプレーはなかったですが、相手がいかに引いて後ろを固めようとも、抉って行くプレーができるように、連携というのはどんどん高めなければいけないと思います」 ──オフサイドラインぎりぎりを狙うプレーは自身の特徴か 「我々のチームの求めるものとして、サイドバックは攻撃力が必要です。相手のブロックを突破する1つの手段としてです。相手の裏を狙う。その中の1人として、常にオフサイドラインぎりぎりで狙うというのは必要だと思う」 ──自分の良さを出していきたいか、相手に合わせていきたいか、どちらのタイプか 「僕の方がチームのスタイルに合わせる必要があると思います。(リーグを)2連覇を達成したチームに僕が入ったということであれば、クラブのコンセンプトに合わせることが、まず僕がやることです」 ──谷口選手は引き出しを新たに発見したので、もっと引き出したいと語っていたが 「これは時間が経つにつれて、お互いが理解して行く所でできるものだと思います。最初の練習試合などで、なかなかわからない部分もありました。チームに合流してキャンプがあって、自分がまだフィットしていない部分があり、良さを出せていない部分もあったと思います」 「それはコンディションが整うにつれて、今日発見できたということであれば、もっと自分でも出していきたいし、チームメイトにも理解してもらいたい。チームとしても、力がアップすると思います」 2019.02.16 22:11 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース