群馬、tonan前橋(関東2部)からのMF志村駿太の復帰&プロ契約締結を発表2018.01.12 16:11 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ザスパクサツ群馬は12日、tonan前橋(関東リーグ2部)からMF志村駿太(20)が復帰し、プロ契約を結ぶことを発表した。

▽群馬県出身の志村は、2016年に群馬の下部組織からアマチュア契約でトップチーム昇格。昨シーズンは明治安田生命J2リーグに1試合出場していたが、8月に前橋に移籍となっていた。

▽志村は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「たくさんの方々の支えで、ザスパクサツ群馬でまたチャレンジさせてもらうことになりました。プロ契約にさせてくれた方々に恩返しできるよう個人、チームとしても良い結果を出せるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

昨季現役引退の平本一樹氏、町田のチームPRリーダー就任「満員のスタジアムをつくれるよう」

▽FC町田ゼルビアは、昨シーズン限りで現役を引退した平本一樹(36)がチームPRリーダーに就任することを発表した。正式契約は2月1日。 ▽平本氏は読売日本SCジュニア、読売日本SCJrユース、ヴェルディユースと下部組織で育ち、1999年にトップチームに昇格した。 ▽トップチームでは2004年に第84回の天皇杯で優勝。2005年のゼロックススーパーカップでも優勝。2007年に横浜FCへと期限付き移籍するも翌年には東京Vに復帰。2012年にFC町田ゼルビア、2013年にヴァンフォーレ甲府へと期限付き移籍でプレーしたが、2014年に復帰しプレーしていた。 ▽17シーズンに渡って東京Vでプレーしたが、今シーズンは公式戦の出場はなかった。J1リーグでは通算186試合出場29得点、J2では227試合出場45得点、YBCルヴァンカップでは31試合出場5得点、天皇杯では23試合出場5得点を記録。 ▽クラブ公式サイトによると、平本氏は祖父や親戚が町田在住と縁があり、チームの発展や地域の発展に貢献したいとの想いから入社した模様。今後は地域振興を主な業務とし、地域イベントの参加や各小学校の訪問、出前サッカーの参加など豊富な経験を活かした役割を担うとのことだ。 ▽町田のチームPRリーダーに就任することを発表した平本氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2018シーズンよりゼルビアで働かせていただくことになりました平本です。ゼルビア発展のため、今の自分に何ができるのかは、まだまだ未知数ですが、やるべきことは、もっと世の中にゼルビアを知ってもらうこと、一人でも多くの皆様に野津田へ足を運んでもらうようにすることだと思っております。満員のスタジアムをつくれるよう、これから努力して参ります」 「2012シーズンは、自分の力のなさでゼルビアを降格させてしまいました。その過去は消し去ることはできませんが、またこうして先祖や祖父、親戚も多い町田の地で、少しでも恩返しできる機会を与えてくださったゼルビア関係者の皆様には、本当に感謝しています」 「『平本が町田に来て良かった』関わる皆様にそう言ってもらえるように日々努力していきます。ファン・サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、行政の皆様、地域の皆様、自分のできる限りの力を捧げたいと思いますので、これからよろしくお願い申し上げます」 2018.01.17 17:20 Wed
twitterfacebook
thumb

J1昇格を目指す福岡がFWウィリアン・ポッピとの契約を解除

▽アビスパ福岡は17日、ブラジル人FWウィリアン・ポッピ(23)との契約を、双方合意のうえで解除したことを発表した。 ▽ウィリアン・ポッピは2016シーズンに韓国の釜山アイパークに所属。Kリーグ2部で18ゴールを奪いベストイレブンに選出された。 ▽鳴り物入りで加入した同選手は、2017シーズンの明治安田生命J2リーグで19試合に出場するもノーゴールに終わっていた。 ▽ウィリアン・ポッピはクラブの公式サイトを通じて別れの言葉を送っている。 「アビスパ福岡のファン、サポーターの皆様、この度、アビスパを離れることになりましたので、お別れの言葉を告げたいと思います」 「ファン・サポーターの皆さんには力強いサポートをしていただき、そしていつもあたたかい声援をいただきとても感謝しています。井原監督は根気よく私に色々と教えてくれて、チャンスを与えてくれて、1年でたくさんのことを学びました。チームメイトとJ1復帰を果たせなかったことは本当に残念な気持ちで皆様にお詫びしたいと思います」 「しかし、近い将来アビスパは必ずJ1復帰できると信じています。これからも変わらずアビスパを応援したいと思っています。 そして今後の自分のキャリアを皆さまに見守っていただければと思います。ありがとうございました」 2018.01.17 08:26 Wed
twitterfacebook
thumb

栃木がFW上形洋介、MF牛之濵拓の入籍をダブル発表!

▽栃木SCは15日、FW上形洋介(25)が12日に、MF牛之濵拓(25)が11日に入籍したことを発表。両名とも相手が一般女性であるため、プロフィール等の公表は控えている。 ▽上形は、早稲田大学から2015年に長崎へと入団。栃木には2016シーズンに期限付き移籍で、昨年からは完全移籍で加入となっており、昨シーズンは明治安田生命J3リーグ18試合4ゴールを記録した。 ▽牛之濵は福岡の下部組織で育ち、ジュニアユース、ユースを経て2011年にトップチームに昇格。2016シーズンにグルージャ盛岡への移籍を経た後、作シーズンから栃木に入団した。初年度となった昨シーズンは、明治安田生命J2リーグ28試合7ゴールを記録した。 ▽両名は、クラブ公式サイトを通じて以下のように喜びを伝えた。 ◆FW上形洋介 「私事ではございますが、この度1月12日に大学時代からお付き合いしている方と入籍いたしました。 愛する妻と愛する栃木SCのために、これからもピッチで戦います!よろしくお願いします!」 ◆MF牛之濵拓 「私事になりますが、この度1月11日に入籍いたしました。今後はこれまで以上に責任をもってサッカー選手としても、人間としても成長できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2018.01.15 17:29 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡、MF三島勇太のテゲバジャーロ宮崎(JFL)への完全移籍を発表

▽アビスパ福岡は15日、2017シーズン限りで契約満了となっていたMF三島勇太(23)が、テゲバジャーロ宮崎(JFL)に完全移籍で加入することを発表した。 ▽福岡県出身の三島は2013年に福岡U-18からトップ昇格した。初年度は明治安田生命J2リーグ27試合、2年目はJ2リーグ30試に出場していたものの、2015シーズンからは出場機会が激減。昨シーズンはJ2リーグでの出場はなく、天皇杯2試合1ゴールに留まっていた。 2018.01.15 13:31 Mon
twitterfacebook
thumb

千葉、アルゼンチン1部からGKロドリゲスが期限付き加入 「ジェフに感謝」

▽ジェフユナイテッド千葉は15日、ロサリオ・セントラル(アルゼンチン)から同国人GKディエゴ・マティアス・ロドリゲス(28)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期間は、2018年2月1日~2019年1月1日までとなる。 ▽ロドリゲスは、2010年にインデペンディエンテでプロキャリアをスタートさせた身長184cmのGK。2016年からアルゼンチン1部のロサリオ・セントラルに所属していた。 ▽千葉入り決定を受け、ロドリゲスはクラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「自分を信頼してくれたジェフに感謝しています。チームとして1つになって、チームの目標を達成し、自分もそれに貢献できるようベストを尽くします。 応援よろしくお願いします」 2018.01.15 10:40 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース