群馬、tonan前橋(関東2部)からのMF志村駿太の復帰&プロ契約締結を発表2018.01.12 16:11 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ザスパクサツ群馬は12日、tonan前橋(関東リーグ2部)からMF志村駿太(20)が復帰し、プロ契約を結ぶことを発表した。

▽群馬県出身の志村は、2016年に群馬の下部組織からアマチュア契約でトップチーム昇格。昨シーズンは明治安田生命J2リーグに1試合出場していたが、8月に前橋に移籍となっていた。

▽志村は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「たくさんの方々の支えで、ザスパクサツ群馬でまたチャレンジさせてもらうことになりました。プロ契約にさせてくれた方々に恩返しできるよう個人、チームとしても良い結果を出せるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

途中出場の藤本2発で大分が逆転勝利! 山口、先制守り抜けず14試合未勝利《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第34節の5試合が、22日に各地で開催された。 ▽また、大分トリニータがレノファ山口FCの本拠地に乗り込んだ試合は、3-1で大分が制した。 ▽連勝中の3位・大分(勝ち点57)と、リーグ13試合勝ちの無い12位・山口(勝ち点45/1試合未消化)による一戦。 ▽試合の序盤は大分が優位に試合を進行。3分に伊佐がボックス左からシュートを放ち右ポストを掠めれば、6分にも宮坂がボックス右からのクロスにダイレクトで合わせる。どちらも得点とはならなかったが、大分の時間が続く。 ▽しかし29分、山口の頼れるエースが逆境を跳ね返す。大分が低い位置でポゼッションを試みたところ、ボックス右の三幸が厳しくチェック。大分DFのバックパスが甘くなったところに反応したオナイウが、ネットを揺らしてみせた。 ▽勢いを得た山口は35分にも決定機を迎える。左サイドを持ち上がった高井が深い位置からクロスを上げると、大分DFにブロックされたボールがボックス手前にこぼれる。すると、枠を捉えなかったものの前のダイレクトシュートが大分ゴールを襲った。 ▽試合は山口の1点リードで折り返すことに。大分はハーフタイム中に宮坂に代えて清本を起用し、巻き返しを画策した。 ▽すると59分、ボックス手前で放たれた清本のミドルシュートが山口DFに当たりボックス内右にこぼれると、走り込んでいた星が中央に折り返す。最後は飛び込んだ松本が無人のゴールに蹴り込んだ。 ▽さらに、72分にも大分にチャンス。右サイドでボールを持った松本が中央に折り返すと、途中出場の藤本が反応。右足で合わせ、逆転弾とした。 ▽後半に山口を圧倒する大分は、勢いそのままに3点目を狙いに行く。75分、ボックス手前でフィードを受けた藤本が巧みなトラップで抜け出し、そのままGK吉満をドリブルで交わす。最後は落ち着いて流し込み、自身の2得点目とした。 ▽結局、試合は3-1で大分が逆転して終了。この結果、山口は未勝利試合数を「14」に伸ばすことに。対する大分は、3連勝を飾った。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽また、FC町田ゼルビアが徳島ヴォルティスをホームに迎えた試合は、1-1の引き分けに終わった。 ▽2試合勝ちの無い2位・町田(勝ち点60/1試合未消化)と、4連勝中の8位・徳島(勝ち点53)による一戦。 ▽序盤から攻勢をかける町田が、10分に最初の決定機を迎える。フィードに反応した右サイドの大谷がヘディングで折り返し、中央の森村がトラップして素早くシュートを放つ。しかし、枠を捉えられずスコアを動かすことはできない。 ▽さらに26分、町田のロングボールに対し徳島DFのクリアが中途半端になると、奥山がボックス手前中央でボールを拾い浮き球のラストパスを供給。すると、鈴木がボックス内で完全にフリーの状態で一対一を迎えたが、GK梶川が死守した。 ▽このままゴールレスで折り返すかに思われた前半終了間際の46分、町田の攻撃が実を結ぶ。ボックス手前中央でボールを持った中村が思い切って右足を振り抜くと、徳島DFに当たり軌道の変わったシュートがゴール左上を射抜いた。 ▽町田が1-0でリードして迎えた後半、徳島はバラルをターゲットにして追い上げを試みる。しかし、55分、57分に左CKの流れから立て続けにバラルが放ったシュートはネットを揺らすことができず。粘り強い町田の守備をなかなか崩し切ることができない。 ▽それでも徳島が攻め込むシーンが目立ち始めると、スコアは70分に再び動きをみせる。ディフェンスラインからフィードが上げられると、最前線のバラルが頭で最終ラインの裏に落とす。走り込んだピーター・ウタカがボックス左で一対一を迎え、左足でゴール右に流し込んだ。 ▽その後に町田が再びリードを奪うことはできず、1-1のまま試合は終了。この結果、優勝を目指す町田は3試合連続で白星から見放されている。対する徳島は5試合負けなしとなった。 ◆明治安田生命J2リーグ第34節 ▽9/22(土) FC町田ゼルビア 1-1 徳島ヴォルティス 京都サンガF.C. 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 栃木SC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-0 ファジアーノ岡山 レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 大分トリニータ</span> 愛媛FC 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 アビスパ福岡</span> ▽9/23(日) 《14:00》 FC岐阜 vs 東京ヴェルディ 水戸ホーリーホック vs アルビレックス新潟 カマタマーレ讃岐 vs 大宮アルディージャ 松本山雅FC vs ロアッソ熊本 《15:00》 ジェフユナイテッド千葉 vs 横浜FC ▽9/24(月) 《15:00》 ツエーゲン金沢 vs モンテディオ山形<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟に痛手…DF柳育崇とMF小川佳純が負傷離脱

▽アルビレックス新潟は22日、DF柳育崇とMF小川佳純の負傷を発表した。 ▽かねてから左内踝(ないか)を痛めていた柳は、左内踝疲労骨折と診断。全治は約4週間の見込み。 ▽小川は19日のトレーニング中に負傷。下腿三頭筋損傷で約4週間の見込みと診断された。 ▽柳は2018年にアルビレックス新潟シンガポールから加入。今シーズンは、ここまで公式戦10試合に出場している。小川は2017年8月からの半年間の期限付き移籍を経て、2018年に鳥栖から完全移籍。今シーズンはここまで公式戦22試合に出場している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 15:25 Sat
twitterfacebook
thumb

岡山DF椋原健太が練習中に負傷 全治2〜4週間の離脱へ

▽ファジアーノ岡山は21日、DF椋原健太の負傷離脱を発表した。 ▽椋原は、18日の練習中に負傷。左大腿部肉離れで全治2〜4週間の見込みだ。岡山加入初年度の今シーズンはここまで明治安田生命J23リーグ31試合に出場している。 ▽岡山は現在、J2リーグ13勝9分け11敗の10位。22日に行われる次節、ヴァンフォーレ甲府とアウェイで対戦する。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 16:15 Fri
twitterfacebook
thumb

徳島が筑波大MF鈴木徳真の来季加入内定を発表

▽徳島ヴォルティスは21日、筑波大学に在学するMF鈴木徳真(21)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽身長168cmのMFである鈴木は、前橋育英高校から筑波大学に進学。世代別代表歴も持つ。徳島加入内定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「はじめまして。来季から徳島ヴォルティスに加入することになりました鈴木徳真です。幼い頃からの夢であるプロサッカー選手のスタートを徳島ヴォルティスの選手として踏み出せることをとても嬉しく思います」 「今まで多くの方々に支えられて今の自分があると考えています。これからは徳島の地でファン、サポーター、チームメイト、関係者の皆様に多くの感動と喜びをお届けできるよう日々精進していきたいと思います。応援よろしくお願い致します」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

外人枠の規制緩和とHG制度の導入【六川亨の日本サッカー見聞録】

▽Jリーグの原博実副チェアマンは、9月18日の実行委員会後、日本版ホームグロウン制度(以下HG)の導入と外国籍選手の規制緩和について、メディアと意見交換の場を設けた。これは7月の実行委員会でも議題に上ったそうで、来シーズンの課題の1つとして育成と強化に新たなシステムを採り入れるため現在も検討中だという。 ▽そもそもの発端は、2016年にダゾーンと高額契約する際に、Jリーグの競争力を高めるために規制を緩和して外国人枠の見直しをすべきではないかという意見が出たことだった。これはその後、「アジアの提携国の選手は外人枠に入れない」という形で、まずは日本から門戸を開いて行こうということになった。 ▽その結果、今シーズンは札幌のチャナティップだけでなく広島にティーラシン、神戸にティーラトンらタイ代表がJリーグに参入したことで、タイ国内でもJリーグの人気が高まり、観戦に日本を訪れるファンの増加というプラス効果があった。戦力としても効果的なため、この「アジア提携国枠」は今後も見直した方がいいという議論も出ているという。 ▽ヨーロッパに目を向けると、イングランドのプレミアリーグだけでなく、ドイツのブンデスリーガ、スペインのラ・リーガも現地でデーゲームを開催することで、アジアのマーケットの拡大を意識している。そこで日本も外国人枠の規制を緩和し、イニエスタのようなスター選手を獲得することで、アジアのマーケットを拡大したいという狙いがある。 ▽原副チェアマンいわく「外国人を使えと言っているわけではなく、外国人も競争になる。その一方でバスク人だけのアスレチック・ビルバオのようなクラブがあってもいい」と、チーム作りは各クラブに任せる方針だ。 ▽こうした規制緩和に舵を切ると同時に欠かせないのが日本人選手の育成で、HG制度の導入は両輪の輪と言えるだろう。UEFAは25名の登録選手中、「年齢、国籍を問わず15~21歳の3年間、現クラブに登録されていた選手=CTPを4名」か、「同じく協会のクラブに登録されていた選手=ATPを4名」の計8名を登録することを各クラブに義務づけていて、不足した場合は登録枠そのものが減らされることになっている。 ▽現在の日本は登録25名枠にプラスして5名のユース枠を設けているが、将来的に7~8名のHG制度を採用する方向で検討中だ。 ▽現状ではACLは外国人枠が3+1に対し、Jリーグは「アジア提携国枠」がありレギュレーションが違う。さらにCWCでのヨーロッパ勢との対戦では、鹿島が外国人部隊のレアルと対戦するなど整合性が取れていない。このため「すべてを決めているわけではなく、話し合いの土台を作っているところ。多くの方の意見を聞きながら、制度設計のための議論をしているところ」(原副チェアマン)でもある。 ▽規制緩和にあたり、「ロシアW杯の強豪国のGKは190センチ台が常識になりつつあるが、日本人選手の大型GKやCBは少ない。その結果、韓国人選手が増加している。規制緩和でその傾向が強まるのではないか」と懸念をぶつけてみた。 ▽すると原副チェアマンは「GKコーチは各年代で、日本の指導スタッフで一番遅れている。このため指導者の育成が急務になる」との見解を示した。そして「U-17の日本と韓国の試合を比べると、日本はペナルティーエリア内でのプレーが少なく、中盤でのプレーが多い。それが優秀な中盤の選手を生んでいるが、逆に大型GKやストッパー、ストライカーが育ちにくいのではないか」と私見を述べた。 ▽まさに正鵠を射ていると思う。Jリーグの多くのチームはボールロストを恐れ、サイドから攻撃を仕掛けながらも、なかなかクロスを入れない。かつての闘莉王や中澤のように、空中戦に圧倒的な強さを誇る選手も近年は激減した。ゴール前の競り合いほどスリリングなシーンはないだろう。「外国人枠の規制緩和」がJリーグのレベル向上につながるならば、早期の導入を期待したい。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.09.20 21:01 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース