富山、MF西室隆規のヴェルスパ大分(JFL)入りを発表2018.01.12 16:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽カターレ富山は12日、2017シーズン限りで契約満了となっていたMF西室隆規(24)が、ヴェルスパ大分(JFL)に加入することを発表した。

▽鹿島アントラーズの下部組織で育った西室は、法政大学卒業後に富山に入団。昨シーズンは明治安田生命J3リーグ17試合、天皇杯3試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ゴン中山が沼津と契約更新!「応援宜しくお願いします!」

▽アスルクラロ沼津は17日、元日本代表FW中山雅史(50)との契約更新を発表した。 ▽中山は、筑波大学からジュビロ磐田、コンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)と渡り歩き、2012年に「一線を退く」と事実上の引退会見を実施。しかし、2015年9月に当時JFLの沼津へ入団していた。 ▽磐田ではJ1で3度の優勝、天皇杯、リーグカップも1度ずつ制しており、個人としてもJ1得点王を2回、ベストイレブンを5回受賞。日本代表としても1998年のフランス・ワールドカップ、2002年の日韓ワールドカップに出場し、日本人としてワールドカップで初ゴールを記録していた。なお、沼津加入後は公式戦の出場はなく、2017シーズンも出場機会はなかった。中山はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンもアスルクラロ沼津でプレーする、中山雅史です。応援宜しくお願いします!」 2018.01.17 19:29 Wed
twitterfacebook
thumb

“マイアミの奇跡の立役者”沼津MF伊東輝悦が契約更新! プロ26年目へ!

▽アスルクラロ沼津は16日、元日本代表MF伊東輝悦(43)との契約を更新したことを発表した。 ▽静岡県出身の伊東は、1993年に東海大学第一高校(現・東海大翔洋高校)より清水エスパルスに加入し、プロキャリアをスタート。1996年のアトランタオリンピックにU-23日本代表として出場すると、初戦のブラジル代表戦で決勝ゴールを決め、マイアミの奇跡の立役者となった。翌年の1997年にはA代表にも選出され、出場はなかったものの1998年のフランスワールドカップのメンバーにも選出されている。 ▽長きに渡り清水で活躍すると、2009年にはJ1史上初となる450試合出場を達成した。2010年に18年間プレーした清水からヴァンフォーレ甲府に移籍すると、2011年に500試合出場を達成。その後、AC長野パルセイロ、ブラウブリッツ秋田でのプレーを経て2017年に秋田から沼津に加入。昨シーズンは天皇杯に3試合出場した。 ▽プロ生活26年目も沼津でプレーすることとなった伊東は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「昨シーズンよりも上を目指すために、更なるレベルアップをしていけたらと思います。今シーズンもよろしくお願いします!」 2018.01.16 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

群馬、DFヨ・ソンヘが韓国の慶南FCに移籍することを発表「群馬を忘れずに韓国の地からいつも応援します」

▽ザスパクサツ群馬は15日、DFヨ・ソンヘ(30)が慶南FC(韓国)に移籍することを発表した。 ▽ヨ・ソンヘは、韓国の漢陽大を卒業後の2010年にサガン鳥栖へと入団。当時J2の鳥栖で2シーズンを過ごし56試合出場2得点を記録。J1昇格後も3シーズンプレーし、J1では66試合に出場し1ゴールをマークした。2015年からの2年間は兵役のため尚州尚武FCへ期限付き移籍し、昨年初めに松本山雅FCでJリーグ復帰。群馬には昨年夏に完全移籍で加入となり、昨シーズンは明治安田生命J2リーグ17試合に出場していた。 ▽ヨ・ソンヘは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「6ヶ月という短い時間でしたが、いつも応援してくださり本当にありがとうございます。ザスパクサツ群馬を忘れずに韓国の地からいつも応援します。カムサハムニダ」 2018.01.15 19:10 Mon
twitterfacebook
thumb

藤枝、町田FW遠藤純輝の完全移籍加入を発表「結果にこだわってプレーしていきます」

▽藤枝MYFCは15日、FC町田ゼルビアFW遠藤純輝(23)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽岐阜県出身の遠藤は、2014年に岐阜でプロデビュー。昨シーズンから町田に加入しており、明治安田生命J2リーグ8試合1ゴール、天皇杯1試合に出場していた。 ▽遠藤は、藤枝のクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FW遠藤純輝 「町田ゼルビアから移籍してきました、遠藤純輝です。チームが1つでも多く勝つことで、藤枝市全体が盛り上がるように頑張ります。ファン・サポーターの皆さん、僕のスピードあるプレーに是非期待し、スタジアムに足を運んでください。また、今まで応援してくれたファン・サポーターの皆さんに恩返しできるよう、結果にこだわってプレーしていきますので応援よろしくお願いします」 2018.01.15 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

長野FW荒田智之、32歳で現役引退 磐田や千葉、岡山などでプレー

▽AC長野パルセイロは13日、FW荒田智之(32)の現役引退を発表した。 ▽静岡県出身の荒田は、清水商業高校、専修大学を経て、水戸ホーリーホックに入団。初年度からJ2リーグ全試合に出場して17ゴールと活躍すると、2010年にジュビロ磐田に移籍した。 ▽だが、その磐田でうまくいかず、ジェフユナイテッド千葉、ファジアーノ岡山、松本山雅FC、大分トリニータを渡り歩き、2016年に長野入り。プロ最終年の昨シーズンはJ3リーグ8試合ノーゴールに終わった。 ▽キャリア通算はJ1リーグ26試合1ゴール、J2リーグ150試合50ゴール、J3リーグ24試合1ゴール。10年間のプロキャリアに終止符を打つことを決断した荒田は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントした。 「この度、荒田智之は、プロサッカー選手として現役引退することを決めました。 水戸ホーリーホック、ジュビロ磐田、ジェフユナイテッド千葉、ファジアーノ岡山、松本山雅、大分トリニータ、AC長野パルセイロでプレーできたこと、本当に嬉しく思います。尊敬できるチームメート、監督、コーチングスタッフ、トレーナー、ドクター、関係者のみなさん、本当にありがとうございました」 「そして、自分を成長させ、プロサッカー選手の道を切り開いてくれた、専修大学サッカー部、清水東高校サッカー部、ありがとうございました。どんな時でも支えてくれ、力になってくれた妻、子供達、ありがとう。ここまでサッカーをさせてくれた両親、応援してくれた兄、姉、ありがとう。最後に10年間、自分を応援してくれたサポーターのみなさん、自分のために歌ってくれたチャント嬉しかったです。忘れません。本当にありがとうございました」 2018.01.13 18:20 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース