横浜FM10番主将の生え抜きMF齋藤学がJ王者川崎Fに完全移籍! 「恩を仇で返してしまうことに…」2018.01.12 15:17 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽川崎フロンターレは12日、横浜F・マリノスの元日本代表MF齋藤学(27)が完全移籍で加入することを発表した。

▽横浜FMの下部組織で育ち、2008年にプロデビューを果たした齋藤は、2011年にFC愛媛へと期限付き移籍。その後は横浜FMに復帰すると、2016シーズンの明治安田生命J1リーグでは33試合10ゴールを奪うなどチームの主力として活躍。昨シーズンからはジュビロ磐田に移籍した元日本代表MF中村俊輔の背番号「10」を引き継ぎキャプテンとしても任命されていた。

▽しかし、齊藤は昨年9月に右ヒザ前十字じん帯を損傷。全治8カ月と発表されており、昨シーズンは明治安田生命J1リーグ25試合1ゴール、YBCルヴァンカップ2試合、天皇杯2試合2ゴールという成績に。現在まで完治していない中で、昨季J1王者への移籍となった。

▽斎藤は、両クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆横浜F・マリノス
「8歳から育ててもらい、愛媛FCでの1年を除き18年間お世話になったF・マリノスを離れる決断をしました」

「昨年、キャプテン、10番と責任をもらいながらも、不甲斐ないプレーや満足のいく結果を残せない僕に、たくさんの声援を送っていただいたこと。9月の大怪我の際も、本当にたくさんの声、手紙、千羽鶴、ビックユニフォーム。本当に本当に勇気付けられ、辛いリハビリも日々続けてこれました。この移籍は、その恩を仇で返してしまうことになってしまいました」

「僕はこの移籍を挑戦と捉えてます。より難しいところにチャレンジしたいという想いが、今まで育ててもらったクラブでもない、キャプテンでもない、また一から自分を作っていきたいという想いが、F・マリノスを離れるという決断を後押ししました」

「F・マリノスで、優勝するという想いは道半ばにして僕はチームを離れますが、横浜F・マリノスというクラブが強くなっていくことを願っています。選手、スタッフ、会社の方々、ファン・サポーター、スポンサーの企業の皆さまへ感謝の想いとF・マリノスに関わる皆さんに良き日が訪れますように」

「今まで育ててくれたマリノスアカデミーのコーチたち、ここまで成長させてくれてありがとうございました。どんな時でも諦めず、最後まで一緒に闘ったファン、サポーターの皆さん、今まで本当に多くのご声援をありがとうございました」

「これから先もずっとF・マリノスのユニフォームを着てチームメイトと共に闘いキャプテンとしてプレーしていたことは、僕の誇りです」

◆川崎フロンターレ
「横浜F・マリノスから移籍してきました齋藤学です。まずはしっかりと怪我をなおし、最高のプレーができるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

ロンドン五輪得点王の元セレソンFWレアンドロ・ダミアンが王者・川崎Fに完全移籍!

▽川崎フロンターレは14日、インテルナシオナルに所属する元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽2007年にアトレチコ・イビラマでプロデビュー後、インテルナシオナルやサントス、ベティスでプレーした経験を持つレアンドロ・ダミアンは、2017年夏にサントスから古巣インテルナシオナルに2年間のレンタル移籍で加入。今シーズンのブラジル全国選手権では26試合に出場し10ゴールを記録し、チームの上位フィニッシュに貢献した。 ▽また、ブラジル代表では18試合3ゴール。2012年にパリ・サンジェルマンに所属するFWネイマールらと共にU-23ブラジル代表として臨んだロンドン・オリンピックでは6ゴールで大会得点王にも輝いた。 2018.12.14 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月12日は、チェルシーで不遇の時を過ごすナイジェリア代表FWのバースデー

◆ヴィクター・モーゼス 【Profile】 国籍:ナイジェリア 誕生日:1990年12月12日 クラブチーム:チェルシー ポジション:FW 身長:178㎝ 体重:73㎏ 『今日の誕生日は誰だ!』12月12日はチェルシーに所属するナイジェリア代表FWヴィクター・モーゼスだ ▽ナイジェリアで生まれ育ったモーゼスは11歳の頃に両親を殺人事件で失い、イングランドに移住。高校生の時にクリスタル・パレスの下部組織に入団し、2007-08シーズンにトップチームデビューを果たす。2010年にウィガンに移籍すると、加入2年目にはプレミアリーグ全38試合に出場し、6ゴール6アシストを記録。その活躍から2012年夏にチェルシー移籍を果たした。初年度からリーグ戦24試合に出場したモーゼスだったが、更なる出場機会を求めて、その後の3シーズンはリバプールやストーク・シティ、ウェストハムにレンタル移籍で転々とした。 ▽だが、2016-17シーズンにアントニオ・コンテ監督がチェルシーに就任すると、同監督はモーゼスを高く評価。シーズン序盤に導入された[3-4-3]のシステムの右ウイングバックで起用されると、豊富な運動量とハードワークで真価を発揮し、スタメンを勝ちとった。しかし、今シーズンからマウリツィオ・サッリ監督が就任すると一転。システムが[4-3-3]に変わり、公式戦6試合で176分のプレータイムにとどまるなど不遇の時を過ごしている。 ※誕生日が同じ主な著名人 ダニエル・アッガー(元サッカー選手) 山西惇(俳優) 村松有人(元プロ野球選手) 今野浩喜(タレント) 加藤あい(女優) 平愛梨(女優) 貫地谷しほり(女優) 宮崎敏郎(プロ野球選手/横浜DeNAベイスターズ) 2018.12.11 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

2019シーズンの到来を告げる一戦は川崎Fvs浦和に!《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》

▽9日に埼玉スタジアム2002で行われた第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝で、浦和レッズがベガルタ仙台を1-0で下し、優勝を飾った。これにより、FUJI XEROX SUPER CUP 2019の対戦カードが川崎フロンターレvs浦和レッズに決定した。 ▽2018明治安田生命J1リーグの優勝チームと第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会の優勝チームが激突する同大会。2019新シーズンの到来を告げる一戦で、2年連続2回目のJ1リーグ優勝を成し遂げた川崎Fと、12年ぶり7回目の天皇杯制覇を成し遂げた浦和が激突する。 ▽FUJI XEROX SUPER CUP 2019は、2019年2月16日(土)に埼玉スタジアムで開催。13時35分にキックオフを迎える。 ◆FUJI XEROX SUPER CUP 2019 ▽2019年2月16日(土) 《13:35》 川崎フロンターレ vs 浦和レッズ [埼玉スタジアム2002] 2018.12.09 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

鬼木達監督、優勝報告に喜び「もっとタイトルを獲ってもっと良い報告を」

▽J1優勝を成し遂げた川崎フロンターレは9日、川崎市内で2018明治安田生命J1リーグ優勝記念パレードを実施した。 ▽2年連続となる優勝パレードには、帰国したDFエウシーニョ、U-19日本代表に招集されているFW宮代大聖、体調不良のMF鈴木雄斗を除く全メンバーが参加。昨年はEAFF E-1選手権に出場する日本代表に招集され、不参加だったFW小林悠、MF阿部浩之、MF大島僚太、DF車屋紳太郎も今年は登場した。 ▽パレード終了後、鬼木達監督がメディア陣の囲み取材に応対。優勝報告に喜びを感じ、「もっとタイトルを獲ってもっと良い報告を」と来シーズンのタイトル獲得にも意気込んだ。 ◆鬼木達監督 ――パレードの感想 「やはり優勝という報告ができる喜びを感じています。大勢の方の前でそういう報告ができることはとても幸せなことだと思います。ただ、もっともっとタイトルを獲ってもっと良い報告がしたいと改めて思いました」 ――パレードで印象に残っていることは 「いろいろパネルを掲げてくださっていて、『3連覇』や『ACL』といってものに対する思いが詰まっていたので、そういうものへの期待に応えたいなと思いました」 ――来シーズンに向けて 「とにかくサッカーでは面白く、日本をリードできるようなサッカーをしていきたいです。なおかつ、多くのタイトルを獲りたいと思います」 2018.12.09 18:32 Sun
twitterfacebook
thumb

「今すぐにでもまたやりたいくらい」川崎Fの小林悠、初参加のパレードに興奮…来季3連覇誓う

▽J1優勝を成し遂げた川崎フロンターレは9日、川崎市内で2018明治安田生命J1リーグ優勝記念パレードを実施した。 ▽2年連続となる優勝パレードには、帰国したDFエウシーニョ、U-19日本代表に招集されているFW宮代大聖、体調不良のMF鈴木雄斗を除く全メンバーが参加。昨年はEAFF E-1選手権に出場する日本代表に招集され、不参加だったFW小林悠、MF阿部浩之、MF大島僚太、DF車屋紳太郎も今年は登場した。 ▽パレード終了後、FW小林悠はメディア陣の囲み取材に応対。初のパレード参加に「今すぐにでもまたやりたいくらい」と満足感を示し、来シーズンのJ1リーグ3連覇に意気込んだ。 ◆FW小林悠 ――今日のパレードの感想は 「昨年は優勝しましたけど、僕自身は(パレードに)出ることができなかったので、すごく楽しみにしていました。予想を超える大人数の方が来てくださったので、すごく嬉しかったです」 ──昨年パレードを経験したチームメイトから何か聞いていたか 「そんなには聞いてないですね。ただ、憲剛さんとは昨日にたまたま食事に行っていて、『明日やばいぞ』という話は聞いていました。言っていた通り、すごく多くの人が集まってくれて楽しい時間になりました」 ──来年は自身2度目のパレードを目指す形になるが 「そうですね。これだけ嬉しい気持ちになることはなかなかないですし、今すぐにでもまたやりたいくらいすごく楽しかったので、また来年もできるように頑張りたいです」 ――今年初めてのパレードだが、沿道のサポーターを見て何か印象に残ったものはあるか 「やはり『3連覇』してという声がたくさんありました。3連覇することは簡単なことではないですけど、自分たちなら絶対にできると思っているので、その期待に応えられるように頑張りたいです」 ――1人1人の顔はじっくり見られたか 「バスもゆっくり進んでくれたので、じっくり見れました。麻生グラウンドにも応援に来てくれるサポーターの方もいましたし、等々力でもよく観る顔がたくさんありました。嬉しかったです」 2018.12.09 18:31 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース